つらいアトピー性皮膚炎を知り、改善に導く食事療法やサプリメントとは?

アトピー性皮膚炎の原因と代表的な治療法は?

アトピー性皮膚炎とは、体の本来持つ免疫機能が過剰に反応し、皮膚にアレルギー反応である発疹、発赤、炎症を引き起こす皮膚疾患のことです。
アトピー性皮膚炎の最大の原因として、アトピー素因を持っていることが挙げられます。
アトピー素因とは患者本人、もしくはその家族がなんらかのアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、喘息などのアレルギー疾患を持っていて、アレルギー反応に関与するIgEという抗体を作りやすい体質的な問題をいいます。
つまり、体質的にアトピーを起こしやすい人がいるということです。

しかし、それ以外にも原因があります。
それは、
アトピー性皮膚炎は外的刺激によって起こることもあることです。
外的刺激には、アレルゲンといってアレルギーの原因となる物質による刺激と汗、摩擦、乾燥などの物理的刺激とが挙げられます。
アトピー素因のある方は、こういった刺激があると即座にアレルギー反応を引き起こしてしまい皮膚炎が起こります。
また皮膚炎が起こることで、引っかいたりしたり、乾燥してしまったりすると皮膚のバリア機能が低下してしまうために余計にアレルギー反応が起こってしまいます。

こういったアトピー性皮膚炎には3種類の治療法が存在します。

1つ目は、まず薬による治療です。
症状がひどい場合には免疫抑制剤やステロイドが使用されます。
症状がそこまでひどくない場合には、抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー薬によって予防的な治療が行われます。

2つ目は、スキンケアです。
これには保湿などが挙げられます。
肌を清潔に保つことで、アレルゲンを除去し、保湿で潤いを与えることでバリア機能を高めることができます。

3つ目は、悪化因子の除去です。
これはアレルゲンとなる物質との接触を避けることを意味します。
パッチテスト等でアレルゲンの特定が可能なので、気になる方は是非受けてみましょう。

食事療法でアトピー性皮膚炎を対策する

アトピー性皮膚炎の症状に悩んでいる人は少なくありません。
名前は聞いたことがあっても実際にアトピーの病気にかかっている人が周囲にいない人にとっては、あまり具体的な症状を知る機会がないのではないでしょうか。
アトピー性皮膚炎という病気を知るためにも、正しい理解が必要です。

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が特徴の皮膚疾患です。
良くなったり悪くなったりを繰り返すため、慢性的に症状が続きます。
どのような人がなりやすいかというと、アレルギーを起こしやすい体質だったり皮膚のバリア機能が弱く乾燥肌の人に多くみられる病気です。
皮膚のバリア機能が弱いと外部からの物理的な刺激に対して抵抗できなくなってしまいますので、肌をひっかくと炎症を起こしやすくなるのです。
上述したようにご家族に同じような皮膚疾患やアレルギー体質をもっている人がいる場合も、アトピー性皮膚炎の要因のひとつと考えられます。

繰り返すアトピー性皮膚炎の症状を抑える対策の
ひとつとして考えられるのが、正しい食事療法です。
アトピー性皮膚炎の原因となっている食べ物にはいろいろな説があります。
食品添加物による化学物質や、何らかの食物アレルギーから引き起こされている説までさまざまなことが言われてきています。
アレルギー反応を引き起こしやすい食品は、牛乳や卵などの動物性食品や、肉類、ピーナッツ、砂糖や果物などが上げられます。
これらの食品を避けるようにすることで、症状の改善を期待できます。
実は、これらのことから私たち日本人が昔から食べてきた和食が、一番健康的な食事療法となることも話題になっています。
栄養バランスの優れた和食中心の食事メニューにすることで、アトピー性皮膚炎の症状を緩和することができるでしょう。

アトピー性皮膚炎を完治するにはヨーグルト?

アトピー性皮膚炎とは皮膚に接触したアレルゲンに対して、本来体を守るために存在する免疫細胞が過剰に反応してしまい、皮膚に発赤、発疹、かゆみなどの症状をもたらすアレルギー性疾患ですが、このアトピー性皮膚炎の治療法は様々です。
まず症状がひどい時にはアレルギー反応を抑える薬による治療が行われます。
免疫抑制剤、副腎皮質ステロイド、抗ヒスタミン剤、ケミカルメディエーター遊離抑制薬などが内服薬、外用薬として使用されます。

また、アレルゲンの除去も重要な治療法です。
アトピー性皮膚炎が継続する場合にはパッチテストなどでアレルゲン検査を行い、そのアレルゲンを取り除く生活環境づくりが行われます。
また、皮膚に炎症が続いたり、乾燥したりすると皮膚のバリア機能が低下し、余計にアトピー性皮膚炎が悪化しやすくなります。
そこで保湿を行ってバリア機能を保つことも重要な治療です。

しかし、これらの治療を行って症状が改善しても、治療をやめて元の状態に戻すと再びアトピー性皮膚炎も再発することが多いです。
これはその人にやはりアトピー素因があるためです。
アトピー素因とはアレルギー疾患になりやすい体質のことをいいます。
これを改善しなければ完治することはありません。

そこで注目すべきは食事療法にも取り入れたい、ヨーグルトによる治療です。
ヨーグルトによって乳酸菌などの善玉菌を腸内に増やし、腸内環境を整えるとアトピー性皮膚炎などのアレルギーが完治することがあります。
そこで重要なのがヨーグルトの摂取方法です。
ヨーグルトは夕食後に摂取するようにしましょう。
なぜかというと寝ている間に腸の動きが活発になり、善玉菌が腸の広い範囲に届くようになるからです。
またオリゴ糖を同時に摂取すると、ヨーグルトの乳酸菌が腸内で繁殖しやすくなるので効果が現れやすいです。
アトピーに悩んでいる方は、一度、続けてみてはいかがでしょうか?

アトピー性皮膚炎とニキビ

アトピー性皮膚炎やニキビは多くの方が悩まされる皮膚疾患です。
特に思春期には容姿に強い意識を持つため、悩みを抱えている方も多いでしょう。
ここではアトピー性皮膚炎とニキビの治し方に関して解説していきます。

まず、アトピー性皮膚炎に関してですが、症状がひどい時にはとりあえず薬で症状を改善していきます。
治療薬には、免疫抑制剤、副腎皮質ステロイド、抗ヒスタミン剤やケミカルメディエーター遊離抑制薬などの抗アレルギー薬が使用されます。
これらには内服薬と塗り薬があり、両者を併用するケースも多いです。
しかしこれらは完治するわけではなく、出ている症状を抑えるだけで薬の使用を中止するとまた症状が現れることが多いです。
完治するにはアトピー素因というアレルギー体質自体を改善していく必要があります。
そのアトピー素因の改善にはヨーグルトなどで腸内環境を改善することが有効な場合がありますが、ただ完治には長期間善玉菌を補充する必要があるため数年はかかると思って体質改善すべきです。
またオリゴ糖を摂取することで腸内で善玉菌が増殖しやすくなるので、ヨーグルトと併用すると相乗効果が期待できます。

続いてニキビに関してですが、これはアクネ菌という細菌が原因となって起こっているのでその細菌を死滅させる必要があります。
これにはテトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質の内服、または、塗り薬が使用されるケースが多いです。
また清上防風湯などの漢方薬が使用されるケースもあります。
ニキビに関しては、肌のコンディションを整えることが最も重要です。
原因となる細菌や汚れを皮膚表面に残さないために、ケミカルピーリングを行ったりして、汚れや角質を定期的に取り除くことも重要となってきます。

どちらも腸内環境が良くなると改善される要因にもなる症状ですので野菜やビタミン、ヨーグルトなどを積極的に取り入れる生活を作り腸内環境を整える食生活を目指しましょう。

 

漢方薬とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、なんらかのアレルゲン(アレルギーの原因物質)に対して体の本来持つ免疫機能が過剰に反応して、皮膚に発疹、発赤等を引き起こすアレルギー性疾患で、この治療薬としては、免疫抑制剤のタクロリムス、副腎皮質ステロイド剤、抗ヒスタミン剤、ケミカルメディエーター遊離抑制剤などの抗アレルギー薬が使用されます。
これらは、いずれもアレルギー反応を静める効果がありますし、これらの塗り薬と飲み薬が併用されるケースも多いです。
しかし、ステロイドの使用によって、免疫機能が低下し、感染症を引き起こしやすくなったり代謝異常になったりなど様々な副作用を生じる可能性があります。
抗ヒスタミン剤でも眠気、作業効率の低下などが起こることがあります。
こういった副作用の問題から漢方薬がアトピー性皮膚炎の治療に使用されることがあります。
六君子湯や五苓散が皮膚のジュクジュクした状態に、当帰飲子が皮膚のカサカサに、防風通聖散が皮膚の赤みを抑えるためにそれぞれ使用されます。

では、なぜ漢方薬は副作用がないと言われるのでしょうか?
実のところ漢方薬にも副作用が発現することはあります。
しかしながら、それ以外の薬と比較すれば確かに副作用発生頻度は少ないでしょう。
それはなぜかというと天然の植物等をそのまま使用しているからです。
それ以外の薬は天然の有効成分を分析し、その化学構造をヒントに改良を加え有効性を増幅させています。
そのような場合には有効性も上がる分、副作用発現の確立も上がってしまいます。
しかし、天然由来の成分は効き目を増幅していない分、安全性は高いのです。
その代わりに有効性が不十分なこともあり、効果が得られなかったり効果発現に時間がかかることがあります。
身体に多大な負荷をかけるよりも時間をかけて、予防と改善という観点からみながら、ゆっくりと改善させる方法の一つとも言えるでしょう。

アトピー性皮膚炎患者でも美肌に!肌ストレスの改善方法と洗顔

アトピー性皮膚炎は両親からの遺伝や卵・乳製品・大豆など特定の食物が原因だったり、ハウスダスト・花粉など生活環境やストレス・睡眠不足など生活習慣が原因になったりと症状がでるには様々な原因があります。
しかし、これらの内の一つが原因というより様々な要因が重なりあってアトピー性皮膚炎を発症する場合が最近では多いようです。
そのため治療するには皮膚科などに行って血液検査や皮膚のテスト等の検査をし、症状が出てしまう原因は何なのかを調べることが大切になります。
検査により原因が判明すればその原因に合わせて、アレルゲンの除去や塗り薬・飲み薬などが処方され予防と治療がされていきます。
ただ、アトピー性皮膚炎の方のほとんどが乾燥肌で水分保持力が弱いという特徴を持っていますので、保湿やかゆみ防止のためのスキンケアをきちんと行い皮膚の状態を良くするという方法で症状が改善されることがあります。

まずはお風呂に入り体を洗って汗などを綺麗に洗い流し皮膚を清潔にしますが、入浴のお湯が熱過ぎると「かゆみ」が出てきますのでお湯はぬるめに設定しましょう。
入浴後は肌の保湿のために市販の化粧水や保湿クリーム・オイル、皮膚科で処方される保湿のための軟膏などを使用して皮膚の水分を保ち油分を補給していきます。

また、日焼けで皮膚が炎症を起こすこともアトピー性皮膚炎を悪化させてしまいますので自分の肌に合う日焼け止めクリームなどを塗って外出するようにし、加えてカーディガンや帽子などを着用し肌を露出しないようにしましょう。
美肌を目指しているアトピー性皮膚炎の方は、このようにスキンケアをきちんと行って皮膚の状態を良くすることが大事になりますが、症状が悪化した場合などは、すぐに皮膚科へ行き医師に相談するようにするのが悪化を止める一番の方法でしょう。

さらに、アトピー性皮膚炎の人は子供だけでなく大人になっても辛い症状に悩む人が大勢います。
社会人になると、マナーとして仕事の時にはメイクをする必要が出てくることが多いのですが、アトピー性皮膚炎の人は当然ながらあまりヘビーなメイクは避ける必要があります。
メイクをするとメイク汚れを落とすためにクレンジング剤を使いますが、今、主流になっている水で洗い流せるクレンジング剤には洗浄成分である界面活性剤が含まれていて、このようなクレンジング剤や洗顔剤などで洗うと皮脂や角質層の天然保湿因子も一緒に洗い流されてしまいます。
かといって汚れをそのままにしておくのは言語道断で酸化した汚れは綺麗に洗い落としておくことが大切ですが、アトピー性皮膚炎の人は洗顔方法にも気を使う必要があります。

そして、洗顔時には、肌をこすることは角質層を傷つけることになるので絶対にしないように気をつけます。
クレンジングクリームなどは十分な量を使い、可能であればオーガニックのものを使い、使う前に手のひらにとって軽く暖めるようにすることで肌へのなじみが格段に良くなります。
メイク汚れを十分に馴染ませたら上から押えて優しくティッシュオフし、ごしごしこすったりしないようにします。

そして、洗顔には純度の高い石鹸を使用して優しさと同時に汚れはきちんと洗い落とすようにします。
朝は刺激を与えすぎないようにと、ぬるま湯だけを使うという人もいますが眠っている間に分泌された皮脂などは優しく洗い流すことが大切です。
洗顔料はしっかりとあわ立て泡を転がすようにして優しく洗い、ぬるま湯でしっかりとすすいで肌を清潔にします。
最後にやわらかなタオルで水分を押えるようにしてふき取れば完了です。
ただし、アトピー性皮膚炎の症状が重くぬるま湯さえ肌に刺激を感じるようなら医師に相談することがおすすめです。

アトピー性皮膚炎に良いサプリメントとは?

プロポリスがアトピー性皮膚炎に良い理由

プロポリスは、天然の抗菌作用があると言われています。
プロポリスは、さまざまな樹木から集めてきた樹脂をミツバチが唾液とともにかみ続け、ワックス状にしたものが原料となっています。
アトピー性皮膚炎にも効果がありアレルギー反応のように過剰に反応している場合、これらを抑制してくれる効果があります。

アトピー性皮膚炎に悩まれている人にとってステロイドはきってもきれないものですが、副作用も強く依存しやすいデメリットもあります。
そこでステロイドを使用しないで治療を行っている皮膚科もあります。
アトピー性皮膚炎に使うプロポリスは、多方面から原因を追求し、きちんと診察し、脱ステロイドに向けてステップを踏んでいきます。
肌の保湿剤として使用したり、入浴剤として使用するなどいろいろな方法があります。

プロポリスは、免疫力が低下したときに強化し、過剰に反応する場合には抑制する免疫調整効果を持っています。
そのため、アトピーだけでなく、にきびや水虫、糖尿病などの生活習慣病にも効くと言われています。

さらに、近年では花粉症の軽減やアレルギー性鼻炎を軽減する結果が得られていることからますます注目を集めています。
もちろんプロポリスは
自然由来の食品なので、皮膚に塗ってもそれが有害になることはありません。
ただ人によってはハチアレルギー反応がでる場合があるので、蜂蜜やローヤルゼリーなどにアレルギーを持っているひとは念のために気をつけるようにしましょう。
もしアレルギーに対して不安なことがあれば、利用前に医師に相談するなどして診断することをおすすめします。
プロポリスは、アレルギー反応がない場合小児患者から年輩の方まで、誰もが使える心強い味方です。

最近では抗炎症作用が注目を集め、
口内炎や歯周病などの口内のトラブルにも使用されはじめているためプロポリスは、歯磨き粉や喉スプレーなどにも応用されています。
肌や粘膜を強化し抗酸化性から肌を傷つける活性酸素を排除してくれるので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ローヤルゼリーがアトピー性皮膚炎を和らげる

アトピー性皮膚炎はとても辛い病気で、体全体が痒くなり夜も眠れないほど辛い病気であり、痛い病気も辛いですが痒みが治まらない病気もとても辛いのです。
そのため、この痒みを和らげるためにステロイド剤を使用する人も多いのですが、このステロイド剤には副作用があるので使用する場合には注意する必要があります。

また、アトピー性皮膚炎は小さな子供がなってしまうケースが多いです。

そして、痒くて我慢できずに掻きまくってしまい体中に傷跡が残ってしまうのです。
顔も痒くなってしまう人も多く、とても痛々しい姿となってしまいます。

またアトピー性皮膚炎は不治の病と言われており、大人になってもなかなか治りません。
幼少期から大人になるまでずっとそれに苦しんでいると、思春期であれば部活にも差し障りがありますし受験勉強にも影響してきます。
特に痒みを我慢しながら勉強をするのは、とても辛いことです。
そういった辛さを我慢しながら勉強をしなければならないので、それを見ている親御さんにとってはとても辛いことです。
また思春期にアトピー性皮膚炎で苦しんでいると、恋愛にも影響します。
その掻いた傷跡などを見て好きな異性に引かれてしまうこともありそういった場合には激しく傷つきます。
このようにアトピー性皮膚炎という病気は、肉体的だけでなく精神的にもとても辛い病気なのです。

このアトピー性皮膚炎の激しい痒みを、ロイヤルゼリーを服用することによって和らげることができることが最近知られるようになりました。
掻かなくなれば傷跡も残らなくなるのでロイヤルゼリーを服用することによって痒みを和らげるというのはとても画期的な治療法であると言えます。
このロイヤルゼリーは市販でも売っているので、比較的安価な値段で購入することができます。
その意味でも、今後、アトピー性皮膚炎の治療法として注目されることと思われます。

 

プラセンタがアトピー性皮膚炎にも効果あり

保湿や美白など美肌情報に敏感な人ならプラセンタのことはご存知でしょう。
動物の胎盤から抽出された成分で若返り効果があるなどとも言われています。
実はアトピー性皮膚炎の治療にも効果があります。
アトピー性皮膚炎は免疫機能が異常な状態となるアレルギー疾患のひとつです。
花粉やハウスダストなど普通なら反応しないものに対して過剰に反応してしまい、かゆみを感じます。
また、バリア機能を高める保湿成分や、セラミドが不足した乾燥した肌は外部からの刺激に弱く少しの刺激でもかゆみを感じます。
皮膚をかくことによってさらにバリア機能が破壊されるという悪循環に陥ります。

アトピー性皮膚炎の症状を改善するためには免疫機能を正常な状態に戻す必要があります。
ステロイド剤は、たしかにアトピーの症状を抑えることはできますがアトピー性皮膚炎を根本から改善するわけではありません。
副腎の機能の低下や皮膚が薄く弱くなるなどの副作用のリスクもあります。

では、プラセンタはアトピー性皮膚炎に対してどのような効果をもたらすのでしょうか?
プラセンタはビタミンDやオメガ3系多価不飽和脂肪酸、コンドロイチン硫酸など含んでおり免疫調節作用があります。
また、抗アレルギー作用や炎症を抑える抗炎症作用もあります。
さらに内分泌調整作用がホルモンバランスを調節します。
これらが複合的に作用して免疫機能を正常な状態に戻したり肌を健康な状態にしていくと考えられます。

プラセンタ療法は副作用もないためステロイド剤を比べて安全性も高く、なにより根本からアトピー性皮膚炎を改善してくれます。
医師と相談しながらステロイド剤の投与を徐々に減らしてスライドしていくことをおすすめします。
また、プラセンタの種類の中でも羊のプラセンタ(シーププラセンタ)が人の組成に一番近いと言われており重宝されています。
やみくもにプラセンタを購入するのではなく、どの種類のプラセンタを選ぶかも効果を感じるポイントと言えるでしょう。