自律神経失調症とは?原因と予防、改善方法とは?その治療方法やセルフケア

Contents

自律神経失調症とは?

自律神経失調症の症状と原因は?

自律神経失調症って何?
聞いたことはあるけれど、よく分からないという方も多いでしょう。
実は困ったことに現代社会において身近にある症状でもあります。
なんだか疲れやすい、動悸や、めまい、頭痛など体の不調に加え、憂鬱な気分が続いたり元気が出ないときは自立神経失調症の可能性があるかもしれません。

自立神経とは、気温の変化や精神的ストレスなど、体外からの刺激があった時も精神や体のバランスを保とうとする働きを担っている神経のことで、交感神経と副交感神経という2つの神経をうまく調節しながら体内のバランスを保とうとしています。

自立神経は体の隅々に張り巡らされており、汗腺や心臓の動き、血圧や体温の調節、食べ物の消化など私たち人間が生きていく上で大切な生命活動に大きくかかわっています。
しかし、何らかの原因によってこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、体に様々な不調を抱え、精神的にも不安定になります。
これが、自立神経失調症です。

症状は、めまいや頭痛、不眠症、味覚障害、吐き気などの体の不調から、不安感、イライラ、被害妄想や情緒不安定などの精神的な症状まで様々あり、特に思い当たる原因がないのに体の疲れが取れなかったり倦怠感が続く場合は、自立神経失調症である可能性が高いです。

原因は色々考えられますが、最大の原因は過度な精神的ストレスです。

交感神経の働きが血圧を上昇させたり膀胱を広げたり、胃腸の働きを抑えたり、血管を収縮させるなどの働きに対し、副交感神経はそれと全く反対の働きをして、それが常に引っ張り合って体内のバランスを保とうとしているのを、長期間ストレスによる刺激が続くことによってそのストレスをなんとか排除しようと頑張りすぎると、神経同士の引っ張り合いの関係が崩れて自立神経失調症になると言われています。

自立神経失調症と診断されたら、薬の服用による薬物療法、マッサージや指圧などの理学治療法、サプリメントなどでのホルモンバランスを整える方法や、心理的な問題を解決していく心理療法など症状に合わせた様々な治療法で改善をはかります。
これ以外にも、本人の体質や性格、生活習慣なども要因として考えられることもあるので見直して一緒に考えながら治療して行くことが望ましいでしょう。

自律神経失調症の原因を簡単にチェックしてみましょう

自立神経失調症は精神的、肉体的なストレスが原因の事が多く、病院で検査をしても異常は発見される事は、ほとんどありません。
自分で自立神経失調症の原因を探してみて、もし仕事に対してストレスを感じているのなら、もう一度、今の職場環境をチェックする必要があるでしょう。

まず、勤務中は同一姿勢で長時間過ごしていないでしょうか?
休憩時間に歩いたり、ストレッチなどの軽い運動をすると血流が良くなり、自立神経のバランスが保てます。
身体を動かすことは、気分的に楽しくなり、前向きな気持ちになります。

また、休憩中に甘いものを食べすぎてはいないでしょうか?
甘いものや、カロリーの高いお菓子を食べ続けていると、自立神経だけでなく、糖尿病や高血圧のリスクも高くなります。

自宅に帰ってからは無理なスケジュールを入れてはいないでしょうか?
仕事中は緊張して交感神経が働いています。
そのため、自宅では緊張感を緩め、リラックスする事がとても大切です。
例えば、ぬるめのお湯で入浴してリラックスしましょう。
シャワーよりも入浴する方が、体全体を温め、血流を良くします。
その時にアロマオイルやハーブティーバスを使用すると効果的です。

また、睡眠の質が良いと疲れが一気に回復します。
枕や寝具を整えて睡眠の質を改善することも、自律神経失調症の症状を和らげます。
よく眠れない事が長期間続くより、医師の診察を受けて睡眠薬を飲む事も良い治療法です。
睡眠薬はちょっと、、、という方は、天然のハーブのみで作られたサプリメントなども利用すると良いでしょう。
このように周りの環境を整えても、まだ自立神経失調症が改善しないのなら、仕事が原因だと考えられてきます。

仕事関係でストレスが多寡になっていると感じている場合、上司に上手には伝える事ができないかもしれませんが思い切って休職を希望してみる事も良い方法です。
仕事が負担になっているのなら、休職して少しの間ストレスから解放されることで自立神経失調症の回復がみこめます。
悩みすぎて身体を壊すよりも賢い選択と思ってみることも大切です。

自律神経失調症の原因から改善策を見つけていこう

自立神経失調症になる原因は人それぞれであり、さまざまなことがきっかけで発症しやすい症状です。
仕事への大きなストレスを抱えていたり、休日でも自宅で業務を行なったり、常に職場の業務が頭から離れないというケースもバランスを崩しやすい要因となります。
家庭や友人との会話が少ないとか、食事や生活スタイルが不規則な人、勤務時間も不規則でゆとりがなく、ライフシーンの中で楽しみがないなども原因となることがあります。

中でもストレスは大きな原因となる要因です。
改善していくためには、何が原因かを理解して良くしていくための対策を焦らずに実行していくことです。

やるべき対処の1つ目は、自分自身の身体のバランスを整えることです。
良い人間関係を築くことは、心のストレスを軽減するためには必要です。
家族はもちろん、友人や、職場関係の人々にも感情を上手に表す習慣を少しずつつけていきましょう。
いつでもストレスとは、うまく付き合っていくことが大事です。
ただ、やはりどうしても上手く出来ないこともたくさんありますよね?
そんなときは、ストレス発散のためにスポーツで汗をかいたり関心があることで趣味を持つのも良い方法です。

2つ目の対処としては、運動という身体を動かす習慣をもつことです。
1つ目の後半でストレス発散という意味で挙げましたが運動をすると頭のもやもやがすっきりしたり、気分が晴れてきたりするものです。
毎日のように仕事が忙しいという人でも、運動する日を設けることは努力次第でできます。
ハードなスポーツではなく、気楽にできる有酸素運動をするのも良いでしょう。
水泳は体にあまり負担をかけずに自分のペースで出来るので良いです。
ヨガ体操などは、自律神経を整えるためにも良い動きです。
呼吸法にも関心を持ち、リラックスできる呼吸法をマスターしてみるのもよいでしょう。
運動とともに短時間でも良いので日常的に太陽の光を全身で浴びてみるのも良いです。
ジョギングなどもおすすめですしウォーキングも良いでしょう。
自分自身で続けるのが困難なひとは、ジムやコースに思い切って申し込んでみるのも良いでしょう。
そうすることで、行かなくては!と続けれることも出来る人もいます。

3つ目としては、食事という面に着目して栄養バランスの良い食事を食べる習慣をつけることです。
自立神経失調症を改善していく上で、バランスの良い栄養成分は、活性化にも役に立ちます。
特にビタミン類はたっぷりと摂取すると良いです。
バランスの良い食事を心がけることが大切ですが、食事では摂取出来ない成分や摂取が難しいものなどもあります。
バランス良く配合されているマルチビタミンサプリメントは野菜や果物をあまり取れない方におすすめですし、自律神経に良いと言われているサプリメントのローヤルゼリーやプラセンタ、月見草オイルなどのサプリメントの吸収をサポートするのもビタミン群です。
生活の中でのストレスを溜め込み過ぎず、運動を心がけて体を動かし、食事などにも気を配って自律神経を整えていきましょう。

睡眠が原因の場合もある

慢性的な疲労、めまい、動悸などの身体的な不調や不安感、落ち込み、イライラなど精神的な不調などさまざまな症状となって現れる自立神経失調症。
その原因は交感神経と副交感神経のバランス崩れることにあります。
では、そのきっかけは何かというと、生活リズムの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどがあげられます。
また、原因は1つではなく、複数が絡みあい自立神経失調症になってしまうことによってまた別の原因を誘発して更にひどくなるというとても厄介な病気です。
前回までのコラムでも伝えていますが自立神経失調症を改善したいなら、まず生活習慣を見直すことをおすすめします。

なかでも生活リズムの中心となる睡眠を見直すことは大切です。
人は日が昇ったら目覚め夜になれば眠るサイクルがもともとのリズムですが、生活様式が多様化した現代人は昼夜逆転した生活や睡眠時間が極端に短い生活も珍しくはありません。
仕事や育児などで、どうしても眠る時間が取れないという方も多いでしょう。
しかし、改善すべきは眠る時間の長さではなく質です。

睡眠の質を高めるにはいくつか方法があります。
まずは明るさ、音、温度、湿度など、寝室の環境の見直しです。
間接照明を取り入れたり、ボリュームを抑えたヒーリング音楽を流したりして熟睡できる環境を整えましょう。
ベッドに入る前に心身をリラックスさせるために、ぬるめのお湯で入浴したり軽いストレッチをすることも有効です。
まくらや心地よいマットレスなども悩んでいる方は考えてみましょう。

逆にやってはいけないことは、テレビ、パソコン、スマートフォンなどを見ること。
これらから発せられる光は脳を刺激して興奮状態になります。
激しい音楽なども寝ている状態での「質」を求めるのであればNGです。
眠りの質を高めることは、リラックス状態を作りストレスを解消することにもつながります。
眠りの質を高めることで自律神経のバランスが整い心身の不調の軽減もできるはずです。

自立神経失調症の対策や種類と改善策は?

自立神経失調症の対策として重要なことを前項と重なりますが、基本となる4つをご紹介します。
自律神経失調症は日々の生活の乱れから起こってくる場合が多いです。
最初のうちは、自分ではあまり自覚がないため生活習慣を見直すことがあまりありませんが、自律神経失調症の予防にもなりますので、もう一度、普段の生活を見直してみましょう。

1つめは、やはりストレスをためないということです。
ストレスが溜まっているなと感じたら上手に気分転換を図ることが必要です。
たとえば旅行に行ってみる、カラオケで歌う、ストレッチをするなどです。
感情を表に出すと気分がすっきりするので映画やドラマを見て感動して泣くのも良い方法です。

2つめに十分な睡眠をとる事も必要です。
深い眠りは副交感神経が働き、体をリラックスさせ心身の緊張をゆるめます。
方法としては寝る前にぬるめのお風呂にゆっくりつかります。
そして、早寝早起きの習慣をつけることです。
近年のスマホ普及によって、当てはまる方も多いかと思いますが、寝る前にスマホやパソコンなどの電子機器を使うのはやめましょう。
ブルーライトと呼ばれる光が交感神経の働きを促して深い眠りにつくことができなくなってしまいます。
寝てから3時間ぐらいの間に成長ホルモンが分泌され、体の細胞の修復を行っています。
この時間帯に熟睡することが大事です。
なかなか寝付けないという方は、セントジョーンズワートなどをブレンドしたハーブティーもおすすめです。
セントジョーンズワートは、リラックス効果や鬱対策にドイツなどでは処方されているハーブとなります。
上記のように、ノンカフェインで人気のある様々なハーブティーや気分を安らげる働きをするアロマオイルなどを利用したり、安眠を促すサプリメントも活用するなども良いでしょう。

3つめに治療方法として日の光を浴びて、有酸素運動をする方法があります。
太陽の光を浴びるとメラニンが分泌されます。
メラトニンには自律神経を安定させて、体調を整えて快眠に導く作用があります。
有酸素運動はおしゃべりできる程度の速さでゆっくりウォーキングをすることで主に副交感神経が働きます。
そして、その副交感神経は体をリラックスさせ自律神経を整える効果がありますのでウォーキングの他にもヨガなどもおすすめです。
特にホットヨガは、体を温めてくれるほか、汗をかくことで代謝も良くなりすっきりした気分になれます。

4つ目は食事療法です。
人間はストレスを感じるとストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンをたくさん合成して免疫力を高めます。
ビタミンCをたくさんとると副腎皮質ホルモンがたくさん分泌されるのでストレスに強くなることができます。
また牛乳、大豆、小魚にはカルシウムがたくさん含まれています。
カルシウムをたくさんとる事でイライラが減りストレス防止になります。
またサプリメントなどで体で生成されない、されにくい成分を摂取するのも良いでしょう。
ビタミン群や鉄分が良い効果を期待できるため、ビタミンB12や、ビタミンC、鉄分やグレープシードなどをバランス良く含むマルチビタミンサプリメントや、豊富なアミノ酸やミネラルが含まれているローヤルゼリーやシーププラセンタもおすすめです。
普段の食生活では補えないものはサプリで補い、野菜や果物、小魚など、バランス良くしっかりした食生活を心がけましょう。

自律神経失調症を和らげる!?効果的なツボ療法も視野に。

自立神経とは暑くなってきた時には自然と汗が出たり、心臓の鼓動など自分では意識しなくても自動的に働いてくれる神経のことをいいます。
そして、自立神経失調症とは自律神経のバランスが崩れることによって、しびれの症状が出たり頭痛がするなどの症状が出ます。
自立神経失調症の原因は、ストレスを溜め込んだり環境の急激な変化など、さまざまなことが原因になって発症します。
女性の場合は、女性ホルモンのバランスが崩れることによっても発症するため、自立神経失調症は男性よりも女性の方が患うケースが多いのです。

自立神経失調症は、病院で検査を受けても
特に異常がないと診断されますので、とても厄介な症状です。
検査をしても異常がないにも関わらず、しびれや頭痛などの症状が出るため、病院では自律神経失調症を根本的に治療することはできず、対症療法によって治療を行うことになります。
自立神経失調症の症状を改善するには、ツボと呼ばれる経穴の刺激などの東洋医学に基づく方法で改善する場合があります。
ツボを刺激するには、鍼灸院や整体院に通うと、鍼灸師や整体師による施術が受けられます。
ご存知の通り、鍼灸師や整体師は経穴の正確な位置を熟知しており、鍼灸院では鍼や灸で経穴を刺激して治療を行います。
整体師は手技療法によって経穴に圧を加える方法で施術をします。
また、費用を考えるのであれば、正確なツボの位置がわかれば鍼灸院や整体院に通わなくてもある程度、自分自身で対処することができます。
経穴の位置については、いろいろな書籍が販売されており、図解入りでわかりやすく説明されていますので本を読みながら症状の改善が期待できるツボを探して、指圧などで刺激を与えると、自律神経失調症の改善の効果が期待できます。
食生活や生活環境、ストレスフリーの環境の他にもツボ押しを取り入れた改善方法もあるということも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

自律神経失調症を市販薬で改善する

自立神経失調症を克服するために通院するのも1つの手です。
しかし、薬で対処するという形に安易にしてしまうのが嫌だという方もおられるでしょう。
そんな時に、市販薬で色々な対策をされている方も多いことと思います。
自立神経失調症で眠れなくなったというのが一番多い症状の例の一つとされています。
そういう方は、市販の眠りの質を上げる補助薬を試されるのも良いでしょう。

そんな中で、心の不調全般に作用すると注目されている成分が、ビタミンB3です。
一般的にはサプリメントとして販売されている物で、ナイアシンという名前で売られている事が多いものです。
元々、玉子や赤身肉などに多く含まれている物質になり、体が機能的に働く為に重要な役割をすると言われています。
その中でも、最も注目すべき物は「血行の改善」という点でしょう。
自立神経失調症を起こしてしまうと、全身の虚脱感を引き起こす事が多く体の機能低下に繋がります。
そんなときに、血行を改善して全身のバランスを調える働きのあるナイアシンが効果的だと言われるのです。
血行が良くなる事で、頭痛などの改善や体に蓄積された疲れをデトックス出来るので、ある意味、血行改善によって美肌効果も期待出来ると言われており美容意識の高い女性にも愛飲者が多いサプリメントです。

海外では、心の病気の治療補助として医院の処方で使用され始めているという報告もある物質です。
市販薬というよりは、サプリメントに分類されてる物質ですが自立神経失調症対策には有効と言えるでしょう。
ただし、このナイアシン、適量以上を飲用した場合はナイアシンフラッシュといわれる症状が出ます。
血行が良くなりすぎた事で、顔が赤くなったり脈が速くなるなどの副作用です。
しばらくすれば収まりますが、利用する際は少量から試されると良いでしょう。

治療期間を作って自立神経失調症を対策

自立神経失調症を治す場合は、体重減少に注意を払う事、治療期間を作って計画的に行う対策が必要です。
体重減少が発生する原因には、食事量が低下したり、摂取カロリーが減少している事があります。
食事量が減ってしまうことはしょうがないことの場合がありますが、食事は健康な体や正常な神経を維持するエネルギーになり、同時に精神の安定を保つ役割もあります。
落ち着いて食べる食事は、気持ちが特に休まる状態なので自立神経失調症の改善に効果を発揮します。
しかし、慌てて食べる事が多い時は、緊張しながら食事を行う事になるので自立神経失調症の対策にはなりません。

治療期間の計画は、食事を取る余裕のある時間の確保が欠かせません。
ストレスの軽減にも役立ちます。
自立神経失調症の改善計画を立てる時は、長期的な観点に加えて短期的な目標を定める事も効果的です。
治療には長い時間は必要になるので、焦らず最終的な目標は1年単位で定める事が計画のコツです。
また、自立神経失調症の状態によっても、必要になる治療期間は異なります。
計画の立て方としては、自立神経失調症の症状だけではなく、それに付随する問題の解決を含めて設計を行います。

体重減少が目立つ場合は、食事量を増やして平均体重を取り戻す必要があります。
カロリーを摂取するだけでは、自立神経失調症の改善にならないので適度な運動を取り入れる事も役立ちます。
リズミカルな運動は、精神を安定させるセロトニンの分泌を促してストレスを軽減する効果が得られます。
ただ、張り切り過ぎは逆効果になるので、一日、体と心を休める休息日を設定する事も対策方法の一つです。

治療期間中は、具体的に行った対策をメモしたり体重減少時から毎日の変化を記録する事が客観的な状況把握に役立ちます。
治療には、急激な変化や改善を求めず、一週間毎に記録を区切り、体重と体調の変化を把握しながら継続する事が大切です。
気持ちは早く治したい、改善したいと焦るかと思いますが、ゆっくりと余裕を持てる食事と適度な運動も楽しめる心の余裕。
それらを育むことで
自律神経失調症も改善してくるということに繋がりますので、コツコツと何かを楽しめる(楽しみながら)生活していきましょう。

自律神経失調症は病院で検査して適切な対処も必要

集中力がなくなって、なんだか精神的にも不安定。
眠りも浅いし肩こりや疲労感もある。
そんな症状は、自立神経失調症かもしれません。
人間は活発に活動しているときに働く交感神経と、眠っているときなどリラックスしているときに働く副交感神経が約12時間間隔で交代しながら働いています。
しかし、生活習慣の乱れや夜更かし、ストレスなどで交感神経が優位になり、働き続けてしまう症状が自立神経失調症と呼ばれています。
どんな症状が出るのかは人それぞれですが、そのまま放置しておくと、うつ病やがんになるというデータもあります。
なにかすっきりしない、調子が悪いと思ったら、まずは病院で検査を受けると良いでしょう。
耳鳴りや肩こりなどの症状がある場合には、対応している診療科で診察を受けましょう。

病院での治療法は、抗不安薬やホルモン薬などの薬物療法や生活を整える行動療法などが行われます。
病院で治療を受けながら、自分で生活を改善していくことで病院の治療の手助けをすることも可能です。

自立神経失調症で一番多い原因はストレスだと言われています。
仕事や人間関係で気の抜けない毎日を送っている人が多いということでしょう。
ストレス解消のため、軽くスポーツをするのも良いでしょう。
また、生活習慣の乱れも交感神経と副交感神経の入れ替わりがうまくいかない原因にもなります。
夜更かしをせずにゆっくりと睡眠をとることも重要なポイントです。
食事の面では、神経の働きを正常に保つビタミンB群、抵抗力を高めるビタミンC、自立神経をコントロールするビタミンA、ビタミンEを含んだ食品を摂取するのも効果的です。
軽度の場合は、ゆっくりと休養をとるだけで症状が改善されることもあります。
何よりも早期発見が大事な病気なのです。

病院での診断後の食事を考える

自立神経失調症と診断された場合、改善のために食事を見直すことも有効です。
バランスのとれた食事や規則正しい食生活を行うことは身体にとってプラスになります。
反対に不規則な時間に食べることは、身体にとってストレスとなります。

まず、朝食は、必ず食べましょう。
脳のエネルギーはブドウ糖です。
ブドウ糖は、炭水化物と糖に含まれており、脳にエネルギーが足りないと体も心も元気にならず、リズムも整わなくなります。
目覚めた直後は食欲がわかないため、少し早く起きてストレッチや散歩、体操などで体を動かしたりしてみましょう。
また、いつも朝食を摂らない生活だった人は、晩御飯を早めに食べる、間食をしないなど工夫を行い少しずつ朝食を摂るようにします。
自立神経失調症を改善するためには、3食を決まった時間に摂ることが大切です。
ただし、決まった時間に食べようと「完璧にしよう」とすることで、ストレスになったりする場合は逆効果になるため出来る範囲で時間を揃えるようにします。
夕食や朝食の時間がいつも同じ時間になると睡眠の時間も整ってくるのですが、その兆候が見られてきたら体内時計が整ってきた証拠です。

そして、よく噛んで食べることも大切です。
唾液がたくさん出ることで、消化が進みます。
さらに、唾液と食べ物がよく混ざった状態で胃に届くようになるため食べ物の刺激が和らぎ胃壁が守られます。
よく噛むことで満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎによる肥満を防ぐことが可能でダイエットにも良いですね。
食材としては、神経の働きを正常に保つ働きのあるビタミンB群が含まれているものを食べるようにします。
なぜかというと、ビタミンB群は強いストレスが続くことで急激に消費されます。

また、ビタミンCも積極的に摂ると良いでしょう。
なぜなら、ストレスにより副腎皮質ホルモンが分泌され全身の抵抗力を高めますが、この生成にもビタミンCが必要になります。
さらに、ビタミンAやビタミンEにも症状緩和効果が期待できます。
野菜や果物を朝食に摂るというのも良い方法ですが、野菜などはあまり多く食べれないものです。
そういった時は朝にミックスジュースを飲むのもおすすめです。
人参などの野菜とリンゴやオレンジ、キウイフルーツなど好きな風味の果物を少し多めにミキサーに入れることで自分に飲みやすいミックスジュースを作れます。
ミックスジュースであれば多くの野菜や果物を思った以上にたくさん摂取できるため、朝にはとても良いです。
また、それも難しい、という方はマルチビタミンサプリメントなどでビタミン群を摂取しましょう。
美肌だけではなくビタミンは神経関連にも影響を及ぼすということも覚えておき、バランス良くビタミンを摂取することで、自律神経を整えて改善していきましょう。

自律神経失調症で治療のために入院して対策することも必要です

自立神経失調症の自立神経とは意識と関係なく生命を保つために働く神経のことを言いますが、例えば、心臓を動かす、暑いと感じたら汗をかいて体温を下げる、などは意識して行なわれるものではなく、勝手に行い生きていることができる状態になります。
自立神経失調症というのは、この自立神経が何らかの原因で正常に働いていない状態を指します。

どうしてこのようなことになるのでしょうか?
自立神経は、大脳の視床下部にあります。
人は、活動的な交換神経とリラックス状態の副交感神経のバランスをとっています。
この視床下部のそばには、脳下垂体があり、多種多様のホルモンを分泌しています。
そして、視床下部もこの脳下垂体も支配下にあります。
ホルモンは、ときに体調を大きく崩す原因にもなり、視床下部はホルモンの影響を大きく受けます。

そして、ホルモンバランスの変化そのもので、自律神経の働きに影響を及ぼし、精神的・肉体的ストレスが合ったときに、大きく体調を崩すことになります。
病気ではないという方も多いですが、不快な症状は人によって違いますから時には入院が必要な事もあります。
少し安静と言うよりは日常生活から少し離れる入院生活を送ることで、ホルモンバランスを正常にしなくては本当に内臓の病気になってしまうこともあります。
もともと病気の部類には入らないとされている自立神経失調症ですが、病は気からという言葉通り、実は万病の元ということも言えます。
こうしたことにならないよう自立神経失調症の対策としてホルモンの働きを正常にするため必要な事は、基本的にはバランスのとれた食事と規則正しい生活になります。
これが何よりも大切でどうしてもできない時には、安静の意味を込めた入院生活が良い治療になることが多いとされています。
体のどこかが悪いから入院という意味合いでなく、体のどこかが悪くなる前に入院をして、精神的にもホルモンバランス的にも健やかな生活を送れるようにするということです。

子供がうつっぽい時の対処法とは?

自立神経の乱れによって心身のバランスを崩すのは、大人だけではありません。
子供でも自立神経失調症を起こすリスクはあり、特に思春期(11〜17歳頃)は体調不良を訴える危険性が高くなると言われています。

子供がうつっぽいときの4つの対策があります。

体を温めさせる
1つ目の体を温めるというのは、自立神経のコントロール機能を鍛えさせるために行うことです。
冷房や暖房が完備された環境でばかり過ごしていると自立神経の体温調節機能を使う必要がなくなります。
人間の体は機械と同じように使わないでいると衰えてしまいますので、なるべく冷房や暖房を使わない生活を心がけさせるようにします。

運動させる
2つ目の運動させるは、ストレスの解消と体を温める効果が期待出来ます。
塾通いで勉強ばかりしている子供は筋力が衰えてしまいます。
筋肉が衰えると1つ目で言った体を温める機能が衰えて冷えやすい体になってしまいます。
また、体を思いっきり動かすことでストレスを発散させる効果も得られるので、時間を見て運動させるようにしましょう。

・規則正しい生活をさせる
3つ目の規則正しい生活は早寝早起きが重要です。
朝に弱い子供に対しては、朝はカーテンを開けて朝日を浴びさせるようにすると体内時計のリズムが改善してきます。
そうすると寝ている間にしっかりと疲労回復させることが出来るようになるので気持ちの乱れが整ってきます。

・自分で決めさせる
最後の4つ目の自分で決めさせるというのは、親や先生などまわりから決められた道を歩ませてしまわないようにするためです。
失敗してうつになりやすい子は自分以外の人に判断を委ねてしまっていることが多いです。
失敗しても成功しても自分で決めた道だからと納得出来るように、自分のことは自分で決めさせるようにしましょう。

自律神経失調症にはハーブティーも有効です

ゼラニウムティーで自律神経失調症を対策するのがおすすめな理由

自立神経失調症の症状を和らげる効果があるとして、ハーブティーを取り入れる方法もあります。
普通にリラックスタイムとしてティータイムに飲むのにも良いハーブティーですが、ハーブティーには自律神経を整える作用もあります。

おすすめの種類としては、ゼラニウムティーというティーもあります。
原産地は南アフリカのフウロウソウ科ぺラルゴニウム属の植物になります。
ゼラニウム自体の種類は280種類ととても多く、オーストラリアやシリア等でも生産されています。
ゼラニウムは一重もあれば八重咲きの花もあります。
ホワイトやピンク、赤やサーモンピンクと、華やかさのある色合いも魅力的で様々な形状とカラーを持っています。
国内においては、花を咲かせるシーズンは、春から秋の季節になります。
ゼラニウムティーでも楽しめるゼラニウムは、甘いバラの香りと爽やかなミントの香りがミックスした不思議な香りがありますから、この香りが一つ目のおすすめな理由です。
このティーは、ローズゼラニウムといった名称でも親しまれていてアロマオイルでも使用されています。
ゼラニウムのメイン成分は、リナロールにゲラニオール、そしてシトロネロールです。
視床下部や副腎を適度に刺激して、自律神経をバランスよく調整する働きがあります。
そのため、ゼラニウムティーを飲むことによっても、ストレス解消となっていきますから精神的に安定がもたらされることになり、これが2つ目の理由です。
ホルモン分泌も整える作用がありますので、女性にとっては、月経期間の体調も整いやすくなります。
月経のお悩みとして多いPMSの症状が和らいだり、更年期障害や生理不順も改善するサポートにもなります。
これが3つ目の理由です。

また、セントジョーンズワートというハーブもオススメです。
このハーブはドイツなどの医療先進国でも年間300万通にも及ぶ処方箋が発行されていて患者に処方されているほど立証されたハーブとなっています。
主に鬱対策にも利用されていますが、安眠、リラックス、ストレス改善などに効果的なのです。
セントジョーンズワートをブレンドしたティーもご紹介します。
名前の通り、気分をリラックスさせるハーブをブレンドした
⇒ リラックスティー

主に安眠、快眠、寝つきの悪い方へのハーブをブレンドした
⇒ ドリームタイムティー

その他、ハーブティーに分類される女性にとって嬉しい効果のあるルイボスティーもおすすめです。
ルイボスティーは、同じくノンカフェインでカルシウムやミネラルも豊富、不妊治療対策にもなると近年、話題になっていますね。
不妊治療対策の由来は、ルイボスティーの持つSOD酵素による活性酸素の除去などの作用によるものです。
⇒ ルイボスティー

これらハーブティーはノンカフェインで夜でも気軽に飲めるため特に自律神経失調症の方にはおすすめですが日常生活の中でも取り入れるのもおすすめです。
なぜなら、ハーブは西洋の漢方とも言われるほど、様々な効能や効果を各種ハーブが持っていて古来から現在でも利用され重宝されている優れたものだからです。
利尿作用もあることから、体内の老廃物を体外へと排出するのにも効果的ですのでデトックス作用も期待できますし、体のむくみが気になる人にも、おすすめなお茶なのです。

ハーブティー療法で解決するために有効成分を知っておこう

何事にもやる気がでない、朝から疲れている、いつも手足がだるい、ちょっとしたことでもイライラする。
自律神経に負担がかかるとこれらの症状が出てくることがあります。
自律神経とは呼吸や消化、血流などの活動を調整することによってバランスを保ってくれている重要な神経で、体を動かす時や昼間に優位になる交感神経と、安静にしている時や夜に優位になる副交感神経があります。
この2つがバランスを崩して心身に不具合が出てくることを自立神経失調症といい、自立神経失調症の原因はさまざまですがストレス社会と言われる現代人にとってはハードワークや人間関係など心身への負担も大きな要因の1つです。

それを改善するためのポイントはリラックスです。
リラックス状態になるための方法としてはヒーリング音楽と聞いたりアロマオイルを利用したりハーブティーを飲む方法があります。
ヒーリング音楽を聴くことでリラックスするとアルファ波が増えてストレスの軽減が期待できます。
前項でご紹介したセントジョーンズワートなどの有効成分の入ったハーブティーもおすすめです。

その他、例えば、やさしいフルーティーな香りが特徴のジャーマンカモミールティーは頭痛、生理痛、ストレスで寝付けない時などに良いとされており、ヨーロッパでとても親しまれています。
爽やかな香りが特徴のジャスミンティーにはベンゼルアセテートという物質がふくまれていて緊張を和らげ、集中力を高めてくれる効果があると言われています。

バラに似た香りが特徴のローズゼラニウムティーは、副腎や視床下部に働きかけて自律神経のバランスを整える効果があると言われています。
アロマオイルは難しそうと思っている方でも、ハーブティー療法なら比較的簡単に利用できるのではないでしょうか。
ただし、アレルギーを持っている方や妊婦の方は体に悪影響を与えてしまうものもあるので注意が必要ですので各ハーブティーを飲む際には見てみましょう。

ハーブティーを飲むならジャーマンカモミールでリフレッシュ!

ストレスが発生しやすかったり溜まりやすいと言われる現代社会ですから、自立神経のバランスが乱れやすく頭痛や喉の圧迫感であったり、冷え・だるさ・しびれ・肩こり・便秘など様々な症状を体の各部に引き起こす自立神経失調症なってしまう事があります。
また、自立神経失調症は、睡眠不足など不規則な生活習慣が原因になったりしますし、女性の場合は妊娠や出産のときにホルモンバランスが乱れやすいので、それに連動する形で自立神経失調を引き起こす可能性があります。

特に自立神経失調症の中でも特徴的なのが倦怠感や不眠症であったり食欲不振や目眩だと言われているので、こういった症状がある場合は自立神経失調症を疑った方が良いかもしれません。
そういった自立神経失調症の改善策として薬物療法や鍼灸治療などがありますが、精神面でのケアを行う心理療法も効果的だと言われているので、自立神経失調症の大きな原因とされるストレスの緩和や解消効果が期待できる対策は非常に効果的になるのです。

自立神経を整える対策として普段から手軽に取り組めるハーブ療法が有効だと言われていますが、ハーブ療法の中でハーブティーの香りと飲用する事で得られるリラックス効果やリフレッシュ効果があるためにおすすめされています。

特に世界中で人気なのがジャーマンカモミールティーと呼ばれるハーブティであり、化粧品などにも使用されているハーブですが、血行を良くしたり自立神経を整える作用があるので女性特有の月経不順であったり、緊張・不安感・冷え・不眠症にも効くと言われていて、昔から民間薬としても利用されてきたハーブティーです。
ジャーマンカモミールティーは濃い目の方がおいしく飲みやすいですし、紅茶と1対1の割合でブレンドしてもおいしくいただけます。
ただ注意したいのが、ジャーマンカモミールティーはキク科のアレルギーを引き起こす可能性があるので、アレルギー症状を持たれている方は気を付けるようにしましょう。

ジャスミンティーも自律神経失調症におすすめ

自立神経失調症は、自律神経に負担がかかることで引き起こり、自律神経は呼吸や血液の流れ、消化などの器官を上手にコントロールして行くための大切な神経ですので自律神経がバランスを崩してしまうと、心身のいたるところに不調を感じることになります。
もし、その症状を感じている人や自律神経失調症と診断されたら、自律神経失調症の症状をできるだけ軽くする方法を生活の中に取り入れてみるとよいでしょう。
日常生活で取り入れやすいものの一つとして、一息つくときにも使えるハーブティーも自律神経に効くひとつになります。
ハーブティーには精神面を落ち着かせてリラックスして過ごすことのできる有効成分が含まれています。

セントジョーンズワートやカモミールなどを過去にご紹介しましたが、ジャスミンティーも、自立神経失調症の対策として取り入れたいひとつです。
ジャスミンには、心に感じるストレスを和らげる作用があります。
もともと魅惑的な香りを持つのも特徴で、気分を自然と高揚させる力があるため沈みがちなメンタルも回復させるパワーがあります。
医薬品ではありませんから、即効性とはいきませんが、緩やかな効果を感じさせます。
神経が高ぶるとか、気分がイライラしたり、神経疲労やストレスの蓄積で不眠になった時にも効果を発揮します。
タイムやレモングラスなど、ほかのハーブとミックスさせてリフレッシュティーにしても楽しむことができます。
上記のように、ジャスミンティー単品だけではなく様々なハーブをブレンドしたものもおすすめです。

ジャスミンというハーブとしてみてみると、ジャスミンには素晴らしい働きが期待できます。
軽いうつや、神経性呼吸障害、生理不順や不眠、消化器官機能不全を予防するなど広く人間の心身にメリットとなる作用を持っています。
ジャスミンを摂取するときの注意点としては、通経作用がありますから妊娠中の場合は摂取には気をつけることです。
花を乾燥させていただくジャスミンティーは、見た目からも落ち込んだ気分も回復させたり良い方向へ導いてくれます。
そして、飲みやすいのもまたおすすめの一つと言えるでしょう。
身体の内側からのケアと、メンタル面でのケアも兼ね備えたハーブで心身共に無意識的にも緊張した気持ちを和らげて過ごしてみてはいかがでしょうか?

自律神経失調症への対策と改善におすすめなサプリメントとは?

自律神経失調症と漢方の高麗人参

自立神経失調症の症状軽減のために様々な対処法などをご紹介してきましたが漢方の高麗人参を利用する方法もあります。
高麗人参は入手が大変であっても、配合されているサプリであれば手軽に摂取ができます。
和名にオタネニンジンという呼び名を持ち、ウコギ科の薬用植物の根の部分を乾燥させてできています。
朝鮮半島や中国東北部に自生している植物で、東洋では昔から滋養強壮剤として馴染みのあったものです。
普通にスーパーで販売している人参は、セリ科の植物であり、種類としても異なります。

自立神経失調症を和らげるのにも良い為、サプリメントにも使われていますが、そこにはストレスを和らげる効果もあるためです。
心と体に大きなストレスを抱えてしまうと、眠れなくなったり、過呼吸を起こしたり、うつ病になったりと自律神経が乱れて心身ともに不調を感じるようになります。
ジンノセサイドの成分も含んでいるのが高麗人参の特徴で、この成分によって自律神経は正常に整えられていきます。
そうすることで、全身の倦怠感や心身症も和らぎます。
サポニンの一種であるジンノセサイドも含んでおり、脳内受容体を適度に刺激することで認知機能低下防止の効果も期待がされています。
つまり脳の機能を改善していく効果も期待ができるということになります。
外側からの情報に対しての受け取り方や考え方を認知機能といい、脳の高次的な機能を指しているものです。

その他にも、動脈硬化を予防する効果も期待がされています。
中性脂肪を下げて、コレステロールを分解したり、排出を促進する作用もあります。
高麗人参のサプリを上手に利用することで自立神経失調症にも役立ちますし、体やお肌にも嬉しいメリットが期待できます。
成分的にタンパク質合成を促す作用が有るためお肌のターンオーバーも促進させますから、美肌作りにも一役買うことになりますので、女性にはまた嬉しい効果が期待できるでしょう。

自律神経失調症でプラセンタサプリを飲む人が増えている理由とその効果

自律神経失調症は呼吸や体温維持、血液循環、消化といった生命維持のための機能を制御し、健康維持に重要な役割を果たしている自律神経の働きが乱れることで、倦怠感や疲労感、ほてり、冷え、消化不良、下痢、抑うつなど、心身に様々な不調が生じる病気ですが、自律神経の乱れは主に日々の生活習慣の乱れやストレスに起因しています。
このため、自立神経失調症が疑われるときには栄養バランスのよい食事を心がけるとともに、早寝早起きをして十分な睡眠時間を確保するなど乱れた生活習慣を改善していくことが重要です。
とはいえ、自律神経は一度バランスを崩してしまうと、なかなか改善しないので自律神経のバランスを整えるサプリメントを毎日飲むことも有効です。

たとえば、自律神経のバランスを整える効果が期待できるとして、最近飲む人が増えているのがプラセンタのサプリメントですが、これにはどんな理由があるのでしょうか?
動物の胎盤から抽出した成分であるプラセンタは、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれており、健康維持に必要な栄養素を効率よく摂取できます。
このため自立神経失調症による体調不良の緩和にも貢献してくれますが、特に多くの人に飲まれている大きな理由となっているのが、プラセンタが持つホルモンバランスを整える効果です。
女性は妊娠できる体を維持するために女性ホルモンの分泌量を周期的に調節しながら月経周期をつくっています。
女性ホルモンは月経のために自律神経に働きかけ、体の状態を変化させているため、ホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れてしまいます。

特に、女性は40代、50代の更年期になると卵巣機能の低下からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少するためホルモンバランスが崩れやすいのですが、プラセンタは、このエストロゲンの分泌をスムーズにする働きがあると言われており、これによってホルモンバランスを整えて自立神経失調症を改善する効果が期待できるというわけです。
美肌などで有名なプラセンタですが、女性ホルモンのバランスを整える効果も期待できるため、こちらも女性には特に嬉しいサプリメントといえるでしょう。

ローヤルゼリーも自律神経失調症に効果的

自立神経失調症へのサプリをお探しなのであれば、前項でご紹介したプラセンタ、そしてローヤルゼリーもチェックしてみるとよいでしょう。
なぜなら、ローヤルゼリーにも自律神経失調症に効果が高いとされている成分が含まれているからです。

自立神経失調症になると交感神経と副交感神経との切り替えがスムーズにいかなくなるため、それにより様々な症状が現れてきます。
そして、自立神経失調症は体に様々な症状が出るだけでなく心にも影響を与えます。

ローヤルゼリーには、デセン酸やアセチルコリンといった成分が含まれています。
デセン酸はエストロゲンに似た働きがあり、ホルモンバランスを整える働きがあります。
そのため、冷え性や肩こり、抑うつなどといった症状の軽減や改善にも効果を期待することができます。

デセン酸と共に、アセチルコリンも自律神経失調症に効果が期待できます。
なぜならアセチルコリンが不足することで、自律神経失調症の根本的問題となる自律神経が乱れるからです。
そのため、ローヤルゼリーを摂ることにより不足しているアセチルコリンを補うことで症状の緩和を期待することができます。

また、自律神経が乱れることによって起きる肩こりや頭痛にも効果が期待できます。
自律神経失調症の場合、なんらかの症状が出ていても病院で検査を受けたときに異常がないと診断されてしまうことが多く、それでいて、うつ病への移行などが懸念される病気であるため早めに対策をしたほうが安心です。

自律神経失調症になってしまう原因には様々なものがあり、過度なストレスや環境の変化、女性ホルモンの乱れなどが原因として考えられます。
危険性が高いと感じたときには、早めに生活習慣の改善をするなどの対策をとるとよいです。

また、予防策としてもローヤルゼリーやプラセンタはおすすめできます。
自律神経への効果を期待できるサプリメントには色々なものがありますので、対策のひとつにローヤルゼリーのサプリメントを加えるのであれば品質の確かなものを選びましょう。

サプリメントは薬ではなく健康補助食品であるので、数日飲んだだけでは薬でもすぐに改善するとは言えませんのですぐに改善とはいかないかもしれません。
そのため、まずは生活習慣を見直しつつ続けてみることをお勧めします。
そして、
知らぬ間になっていたりする自律神経失調症、知らぬ間に治っていたら嬉しいものです。

自律神経失調症におすすめなその他のサプリの種類のまとめ

あまり自覚症状を実感せぬまま進行し、気がついた時には実はなっている、そんな現代人の多くが悩んでいる自立神経失調症と呼ばれる病気。
ストレスや生活習慣の乱れなどによって自律神経の働きが乱れてしまい、精神的な不調や肉体的な不調などの症状を感じ、人によって症状の度合いは異なりますが重度の場合は仕事や日常生活にまで支障をきたすため要注意です。
そんなときは自立神経失調症の症状を予防、改善できるサプリを利用するのがおすすめです。

サプリには色々な種類があります。
プラセンタやローヤルゼリー、フィッシュオイルや月見草オイルサプリなども記事で紹介したようにおすすめです。
そのほかにも自立神経失調症の原因となる「セロトニン不足」を解消するために今回はもう2つ、成分をご紹介します。

それは、ギャバやトリプトファンといった成分が含まれている種類がおすすめです。
なぜかというと、特に日ごろ太陽の光に当たっていない人や身体を動かす時間が少ない人は脳内のセロトニンが不足しがちになるためサプリで補ってあげることが重要です。

女性の場合は女性ホルモンの乱れも自立神経失調症に大きく関係するためプラセンタや月見草オイルサプリや、大豆イソフラボンなど、女性ホルモンの分泌やバランス調整に役立つ成分がおすすめです。
サプリを利用するときには説明どおり用法や用量を守って服用することが大切です。
毎日、飲み続けることで徐々に身体へ効果が実感できるようになるため、飲み忘れないように朝食後や夕食後など自分自身で良いタイミングを決めてとりましょう。

自立神経失調症は気の持ちようだけでは改善するのが難しく、脳やホルモンの働きも大きく関係しているため、自分はもちろん家族が自立神経失調症のような症状で悩んでいるときは早めの対策を行うことが大切です。

セルフケアを行っても改善しない場合は本格的に病院で検査を受けるなどの対策を行うことも検討できるため、最初に行うセルフケアとしてサプリを利用してみると良いでしょう。
いくつかの種類を飲み比べて、自分の体質に合ったものを利用するのがおすすめです。
サプリはあくまで健康補助食品ですので薬のような改善を求めすぎるのは禁物です。
ただ、多くの人が病院での薬を服用する前に、ある程度の期間を続けて効果があったり、研究期間で実績のあるサプリなどもたくさんあります。
即効性を求めずサプリを摂りつつ日頃の生活の見直しなども含め、徐々に自分自身を改善を目指して続けていくことが何よりも大切でしょう。

まとめ

現代社会の中、ストレスなどもあり知らないうちに実は自律神経失調症の症状になっている!?なんてことも。
私には関係ない病気だな、と思っている方ほど実はその症状などを知ると、実は自律神経失調症の前兆なのかもしれません。
鬱、倦怠感、ストレス、不眠、生理不順など、日常生活をあまり良く過ごせない様々な症状が自律神経失調症の症状でもあります。

酷くなると体調を崩してしまったりし、そして入院という状況になったりしてしまいますので予防も怠らずに、毎日の食生活や生活サイクル、サプリメントやハーブティー、食事の見直し改善で野菜や果物もしっかりと取り、睡眠と運動と、そして、日頃のストレスを上手く発散できる毎日を自身で作っていきましょう。