アントシアニンやビルベリーの効果・効能 モデルも愛用している美容サプリ




抗酸化作用に優れている!?アントシアニンとは?

アントシアニンは酸化を予防する効果の高い成分です。
抗酸化作用と言う事は美容に敏感な方はご存知の通り、アンチエイジングにも大きく関与しています。
一番、知られているのは目にとても良いという事と知られていますが、果物に少量しか含まれていない為、多く摂取するのに大量に果物を食べなくてはなりません。

主にブルーベリーに多く含まれていると言われていますが、ビルベリーにはブルーベリー以上のアントシアニンがある事が知られています。
このビルベリーのサプリを飲み続ける事でアントシアニンの効能である抗酸化作用が体を若返らせる事ができます。

例えば、体の外は紫外線から肌をまもりシミソバカスなどの予防にもなります。
体の中では血流がよくなり、血管もしなやかになるなど若返りの効果が期待できます。
もともとアントシアニンが体に良い事は以前から知られていました。
アントシアニンは紫キャベツやナスなどの野菜やイチゴや葡萄などの果物に少量含まれている成分です。

しかし、元々の含有量が少ない為、大量に食べないとなかなか充分な量を体に取り込む事が難しいのが実情です。
アントシアニンの優れている所はその成分は加熱しても冷凍しても壊れる事が無いと言う事です。

ですから、たとえば野菜などは毎日、山の様に食べるとしても
煮物にしたり生で食べたり焼いたりしても体の中に取り込む事は出来ますが、
毎日、アントシアニンを取る目的で料理する事自体が大変です。
果物なら生でそのまま食べられますが、毎日、大量に食べていると同時に大量の果糖も食べる事になり今度はカロリーの面で心配をしなければなりません。
その中でもブルーベリーはアントシアニンを含む量が多い事で知られています。
ブルーベリーなら生ででも食べる事はできますが、それを毎日の食べ続けていると飽きてしまいます。
しかし、サプリメントとして毎日の習慣にすれば一日一粒を飲めば大量のブルーベリーを食べたのと同等のアントシアニンを取りこむ事ができます。

しかもサプリメントとして出ているものでは、
ブルーベリーよりさらにアントシアニンを多く含むと言われるビルベリーのサプリメントがあります。
ビルベリーとはブルーベリーの原種で野生で育ったものを指します。

それを一般に栽培用に品種改良されて育てられたものがブルーベリーです。
野生種なので厳しい自然の中で育つためその体内にアントシアニンを大量に含んで成長します。
ですからブルーベリーの2~5倍もアントシアニンの量が多いのがビルベリーです。

ところで、アントシアニンの必見すべき効能は抗酸化作用です。
酸化を抑える事に優れていると言う事です。
年を取ったりするのは細胞の酸化の影響を受けて起きている現象なのでそれを抑えると言う事は、いつまでも若さを保つ事が出来ると言う事につながります。
その効果は、暫くサプリメントを飲んでいくうちに効果がみられます。

まず疲れを感じにくくなります。
体内で細胞が酸化に傾くと循環が悪くなり、疲労物質などが溜まってきます。
そうなるとより疲れを感じるという悪循環が起こりますが、アントシアニンの効果でその循環を裁ち、朝の目覚めもよくなります。
肌の状態も新陳代謝が正常に行われターンオーバーが正常化する事でシミソバカスを予防したり、既にできているシミを目立たなくさせる効果が見えだします。

その他、肌のたるみなども酸化による仕業なので改善が期待できます。
効果は外見だけではなく、内部でもアンチエイジング効果が期待できます。
まず、血流がよくなり肌のくすみもとれ、動脈硬化を抑制してくれるので脳卒中や脳梗塞の予防にもつながります。
免疫力アップにも貢献し、病気になりにくくするなどまだまだ解明されていない未知の力を秘めています。

こうした効能が沢山詰まったビルベリーのサプリを毎日取る習慣を続けるだけで若返りの効果を体の中や外から実感できるというわけです。
その為、普段からオフィスワークや運転など、目からくる疲れや肩こりを気にする男性&女性の方だけでなく、美を維持するモデルや女優も愛用している人気のサプリメントとなっているのです。

アントシアニンを含む野菜・食べ物について

アントシアニンはビルベリーに、特に豊富に含まれています。
健康に対しての効能は素晴らしく、メタボ予防や花粉症予防にも役立ちます。
眼病予防効果もありますし、視覚機能をよくしていく効果も期待ができます。

主に見た目が紫色をしている野菜類に、アントシアニンの栄養成分は豊富に含まれています。
色の濃い青紫とか黒色、それに赤色の食材にも含まれています。
ビルベリーをはじめとして、ブルーベリーやカシス、黒豆にも豊富です。
それからナスやブドウもですし、紫いもや紫キャベツ、それから紫たまねぎやシソにもたっぷりとアントシアニンは含まれています。
種類も多いので、健康のためにもアントシアニンを含む野菜を食事のメニューに取り入れていくことをしやすいです。

アントシアニンの成分を最も豊富に含むブルーベリーの一種がビルベリーです。
ビルベリーはヨーロッパにおいては、医薬品で商品化されるほどの高い健康効果があります。
ブルーベリーの種類のひとつであるビルベリーは、高さが20cmから60㎝ほどの落葉性の低木であり、青紫色をした果実をつけます。
果肉は7mm程のミニサイズで、柔らかくて強い酸味を持っています。

そのままを食べるケースは少なくて、ジュースやジャムに加工されて食べられるものです。
北欧においては、ジュースやジャムの他にも、シロップ漬けにしてそれを整腸剤という考えで食べたりもしています。

アントシアニンの健康に対しての効能は素晴らしく、日本人にとって他人事ではない、メタボリックシンドロームを予防する効果も期待ができます。
また、国民病にもなりつつある、花粉症を予防していく効果も期待ができます。

視覚機能を改善したり、眼病予防にも作用します。
青紫色の天然色素のアントシアニンは、ポリフェノールの一種になります。
ウィルスとか紫外線などの、有害な光から人間の体を守ってくれるのがアントシアニンには働きとしてあります。
糖と配糖体のアントシアニジンで構成されていて、抗酸化力も強いものです。
アントシアニンは、紫色をした野菜に豊富に含まれています。

紫色はアントシアニンの天然色素です。
豊富に含む野菜として、ナスもそのひとつです。
紫のカラーが特徴のナスですが、ナスニンというアントシアニンの成分を含んでいます。
ナスにはアクもありますが、そこにはポリフェノールのクロロゲン酸が含まれていて抗酸化作用を持っています。
水分を豊富に含むナスですが、それとともに食物繊維も豊富です。
コリンは夏バテを予防しますし、ナスニンや食物繊維のパワーで生活習慣の予防にもなります。

紫イモにもアントシアニンは含まれていて、他にも豊富な栄養素を含みます。
βーカロテンや食物繊維、ビタミンCやビタミンEも含んでおり視機能を改善したり、免疫力向上や肝機能を高める効果も期待ができます。

紫キャベツにも豊富な量のアントシアニンが含まれます。
それにほかにも、ビタミンCやカルシウム、カリウムや食物繊維もたくさん含んでいる野菜です。
ビタミンCは免疫力を向上させますし、ストレスを和らげてもくれます。
ビタミンUも含みますから、胃腸の粘膜を健康に保つためにも働いてくれます。

サラダなどでよく見かける、紫玉ねぎにも豊富です。
ふつうの玉ねぎよりも、臭みや辛味も少ないタイプで水分量も多い玉ねぎです。
アリシンも含んでいて動脈硬化の予防や血液循環の改善、それに疲労回復効果も期待ができます。
感染症の予防にもなりますし、血糖値の上昇も抑えてくれます。

赤紫シソにもアントシアニンは含まれていて、ほかにもロズマリン酸というポリフェノールや、ビタミン類も含みます。
赤シソジュースは、鮮やかなピンク色でとてもキレイなものです。
アレルギー症状を軽減したり、目の回復の健康を保つためにも役立ちます。

このようにアントシアニンを含む食物は意外と多くありますが、量はやはり少なくブルーベリーを食べるか、ブルーベリーの2〜5倍のアントシアニンを含むビルベリーサプリメントで摂取するのが一番、手頃と言えるでしょう。

⇒ ビルベリー サプリ 5000mg 60粒 アントシアニン