リンゴ酸の美容、美肌効果がすごい!リンゴ酸の効能や効果、作用とは?




Contents

リンゴ酸を多く含む食品とは?

はじめにリンゴ酸が風味の基礎になるフルーツをみてみましょう。

リンゴ酸を多く含む食品ではフルーツが代表的ですが、そのままの状態では利用できる時期が限られてしまいます。
先人たちは保存性を高める手段として、発酵の技術を活用しましたが、その中ではワインが重要になってきます。
ワインの酸味を作る成分は多彩ですが、主に酒石酸やリンゴ酸で構成されています。
ブドウには最初から糖分が含まれることから、日本酒のように糖化の作業を行わなくてもアルコール発酵が進みます。
製法の変化によって違ったものに生まれ変わることは、ワインビネガーの製造例からも明らかです。ヨーロッパではワインを酢酸発酵させて利用することで、多彩な疲労回復成分を摂取して、健康を維持するという知恵が生まれました。

フルーツの種類としては、リンゴに含まれる量が圧倒的に多いために、ヨーロッパでは昔から健康長寿の象徴として大切にされています。
ブドウと同じように醸造することで、香りが素晴らしい果実酒として生まれ変わります。

ブドウよりはリンゴに含まれる量が多いのですから、特に重視して大量に摂取したい場合にはアップルパイして食べる方法も使えます。
生のリンゴを大量に食べることは難しいわけですが、ジュースに加工する場合には事情が違ってきます。
ジュースにすることで、リンゴ酸の量を十分に確保しながら、ミネラルやビタミンも含めて摂取量を増やすことができます。

リンゴだけでなく、キウイフルーツに関しても多く含まれることから、ジャムにして利用すると効果的です。
フルーツから摂取する場合には、季節の旬に合わせて種類を変えればリンゴ酸の慢性的な不足もなくなります。

梅干しはリンゴ酸が多いことで有名

リンゴ酸を多く含む加工食品として、伝統的な部類に入るものでは梅干しも代表的です。
原料になる梅は日本では古来から親しまれてきたフルーツであり、開花から果実の収穫に至るまでの作業は歳時記の中でも紹介されてきました。
梅は生の状態で食べることが不可能なために、先人たちは塩漬けにする方法を編み出したのです。
やがては製造法も進化して、戦国時代には梅干しが重要な兵糧になっていました。

梅干しに含まれるリンゴ酸や、クエン酸の働きは疲労回復とともにリラックス作用も与えるために戦国時代には息合いの薬としても重宝されていました。
具体的には急激な運動による息切れを防いで、筋肉に蓄積した疲労を回復させる意味もありますが昔の人は経験的に効果を知っていたことになります。
江戸時代になると、梅干しには紫蘇を加える製法も生まれたことでリンゴ酸と相性が良い成分も充実することになりました。
紫蘇を加えることで抗酸化成分のアントシアニンが豊富になり、特有な辛味成分と芳香によって発散作用も働くわけです。
紫蘇が入った梅干しには、リンゴ酸などの有機酸が豊富なだけでなく夏バテ予防に欠かせないビタミンB群やミネラルも多いのが特徴です。

リンゴ酸が豊富な梅干しは、現代では料理の調味料として使うことで、疲労回復を促進させることが一般的です。
豚肉料理と一緒にすると、補酵素のビタミンB1との相性が良くなります。
梅干しは和菓子の材料として使われることがありますが、小豆やインゲンの餡と合わせる場合には、強い酸味が軽減してサポニンなどの有用成分も同時に増やすことができます。

リンゴ酸の宝庫となる酢は種類が豊富

リンゴ酸が豊富な加工食品の種類で、海外のワインビネガーと対比できるものでは米や麹を主原料にする米酢も代表的なものです。
米自体の味わいは甘味が強く、最初の状態では酸味はほとんど含まれていません。
しかしながら、醸造の過程ではリンゴ酸やクエン酸などの成分が生まれ、猛烈な勢いで増えていきます。
米酢と日本酒は似たような製法で作るものですが、途中で酢酸発酵をさせることについてはワインビネガーと同じです。
完成直後の米酢には強烈な酸味があるわけですが、熟成させると強烈な部分は抑えられて、芳醇な風味へと変化してきます。

熟成させたものでは黒酢が代表的で、今ではリンゴ酸も豊富なサプリメントの原料としても重宝されています。
リンゴ酸を摂取するためには、ブドウを利用することが理想ですが日本の高温多湿の気候では上手に栽培することは簡単ではありません。
米の場合には国土の広い範囲で収穫できるもので、麹の発酵には高温多湿の環境が適していることから日本では米酢からリンゴ酸を摂取する習慣が根付いたのです。

リンゴ酸の代名詞になっているリンゴについても、米やブドウと同じように発酵させるとリンゴ酢として利用できるようになります。
リンゴ酢は新しい米酢に比べれば酸味が穏やかで、甘い香りも特徴なためにリンゴ酸を効率よく摂取したい場合にも適しています。
日本料理では酢を様々な料理で使いますが、全てが発酵によって作られているわけではありません。

瀬戸内海沿いの温暖な地域では、特産の柑橘類の果汁を原料にして即席のポン酢を作る伝統が根付いてます。
ポン酢もリンゴ酸の宝庫となりますから、刺身や和え物などの調味料として使えば健康的です。

リンゴ酸で歯の黄ばみをとる

リンゴ酸の効果としてあげられる美として口腔内の歯の黄ばみを、やさしく取る効果をもたらします。
表面にこびりついたなかなか普通のブラッシングでは取りきれない着色も、次第に浮き上がらせることができるので洗い流して本来の色を取り戻すということになります。
普段、日本人もよく口にする紅茶やコーヒーなどの飲み物には色素が色濃くあります。
色素の濃いドリンクや食べ物を口にすることで、色素沈着を起こすこととなるのです。
そんな色素沈着によるステインの汚れは、リンゴ酸の力により黄ばみ汚れや歯の汚れの隙間に入り込み、浮き上がらせて無理なく落としきることができます。
研磨剤や漂白剤とは違うので、歯に対して負担にはなりません。

リンゴ酸はりんごから発見された酸であり、りんごだけに含まれる酸というわけではありません。
もちろんメインのりんごにもリンゴ酸は豊富に含まれてはいますが、ほかのフルーツや野菜にも含まれている酸の成分です。
ヒドロキシ酸の有機化合物のひとつでもあり、口腔内へと入れてみますとピリッとした酸味を感じることになります。
クエン酸と一緒に含有されることも多く、酸味を感じますが有害ではありません。
人間の体の中へと入れても、問題はない安全な成分であることが確認されていますので食品にも利用は幅広いものです。
市販食品の味付けとして、酸味料として幅広い活用となっています。
ドリンクにも酸味のために利用されていますし、食品にも味付けで利用されています。
豊富にリンゴ酸が含有してる食材としては、りんごをはじめとしてパパイヤにいちご、それから梅に梨にナツメ、ほかにもトマトなど主あります。

リンゴ酸は他にも様々な効能をもたらす

リンゴ酸は歯の黄ばみを除去するためにも効果を発揮しますが、実は人間にとってさまざまなメリットも併せ持っている酸の種類でもあります。
まず、人間の体の中をリンゴ酸の働きにより、弱いアルカリ性にキープすることができます。
弱アルカリ性で保たれるために、人間が本来持っている事前治癒力を高めるためにも役立つこととなりますし、胃腸関連の疾患を予防することにもなります。
体内では酸性の物質を穏やかに分解することも得意としていますので、それからエネルギーへと速やかに変換させることができます。
肉体内を弱アルカリ性へと変化させてくれるクエン酸サイクルは元気に活動をスタートさせることができるので、それは疲れなどをなくすためにも役立つこととなります。

現代を走り生きている人間は常に疲労感を感じていますし、疲れとストレスとは隣り合わせで生きています。
疲れは体内にできる疲労物質が大きく関わりを持っておりますので、その点を忘れないことであり、それは酸の影響力でなくしていくことは可能となります。

これらは普段の食事から自然に摂取のできる酸であり、消化をされる過程で自然にクエン酸サイクルへと入り込んでいきます。
酸は形状を変えていきますし量も少なくはなりますが、汗や二酸化炭素に熱エネルギーとなります。
体内ではこのサイクルを良い状態で維持することが重要であり、このコンディションのキープができると体内における新陳代謝は活発になります。
特に糖質の代謝が良くなりために、エネルギーが今までよりも効率的に生産されるようになりますし、無駄に脂肪を作ることがなくなります。

リンゴ酸を利用するときの注意点

リンゴ酸を利用するときには良い部分もありながらも、注意をしなければならない事もあります。
基本的なこととして酸性であるという点を忘れてはならないのです。
酸性のものを口の中に使うということは、少量であれば問題はないままで済みます。

しかし長い時間賛成の成分を口の中に存在させた場合、酸はどのような作用をもたらすか考えてみると答えは浮かび上がってきます。
酸という存在は、元来、溶かすという働きを持っています。
つまりお口の中にいつまでもとどめておいたり、過剰な利用をすると歯の表面に存在をしている大切なエナメル質をどんどん溶かしてしまうということです。
良いことばかりを目にするものの内容的には酸であることには変わりはありません。

リンゴ酸は基本的に溶けるという自覚を持ち、そのさじ加減をうまく利用して口腔内の管理にも上手に活用するというのが賢い利用の方法だと言えるでしょう。
酸性を含む飲み物などは、できるだけ長い時間口腔内には止めないことです。
味わいを楽しむという点ではやってしまうかもしれませんが、ドリンクは口腔内へと入れて喉を流してしまうものですから留めることはありません。
口腔内の酸を意識するのであれば水を多めに飲んだりお茶などを飲むなどして、酸の成分を薄めるということを行うといいでしょう。
酸の中和をいう観点からして行動を起こすのであれば、食材にはカルシウムを含有する食べ物を意識して食べるようにすることです。
カルシウムたっぷりの食材は身近に多くありますのでチーズや牛乳などを食べれば大丈夫なのです。

リンゴ酸の消炎効果とは?風邪の時にもりんごが役に立つ理由

昔から、病院へお見舞いに行く際に持って行くお土産の定番も風邪をひいた時にお母さんが出してくれる果物の定番もりんごでしたよね。
実はそれって、本当に理にかなっていることだったのです。
というのも、りんごに含まれているリンゴ酸という成分には、様々な効能があり特に消炎効果が非常に高いため喉の炎症を抑えて痛みを和らげたり、身体全体の炎症を抑えることで熱を下げたり、関節の痛みなどを取り除く効果があるのです。
まさに風邪の時には、高い消炎効果を発揮するリンゴ酸を摂るのが一番なのですね。

リンゴ酸は有機酸の一種ですが、りんごの中に含まれている酸味の成分でもあります。
そのためリンゴ酸は様々な食品の酸味料として使われていることも多く市販のゼリーやシャーベットなどにもよく使われているようです。
リンゴ酸はりんごだけではなく、梨や赤ブドウ、いちご、梅、トマトなどの果物にも含まれていますので、りんごが苦手な方は他の果物から摂っても良いのです。

リンゴ酸の主要な働きとして、細胞内のクエン酸サイクルを活発にするというものがあります。
これにより組織内の代謝が促進されてエネルギーが補給されますので疲労回復に効果があります。
ですから、運動などをして身体が疲れた時にもりんごを食べると良いと言えます。

また、リンゴ酸が持っている作用の中で特徴的なのがキレート作用というものです。
キレート作用とは、特定の金属と特異的に結合する性質のことで、この作用を用いてリンゴ酸を金属の洗浄に使用したり放射性物質を身体から除去するために使用したりも出来るのです。

リンゴ酸のデトックス効果

リンゴ酸は消炎効果だけではなく他にも様々な効果と効能を持っています。
体内を弱アルカリ性に保ってくれる性質があるので、身体の自然治癒力が高まって健康になりますし、胃腸病などを予防したり、体内の老廃物を排出しやすくしてデトックスを促してくれます。
身体がデトックスされるとむくみも解消されてスッキリと美しくなれそうですね。
また、クエン酸サイクルを活性化するので糖の代謝がアップしてその結果、血糖値を下げる効果があります。
ですから、甘いものを食べる時にはリンゴ酸の含まれる食品を一緒に摂ると良いかもしれないですね。

糖の代謝がアップすると、身体に余分な糖分が脂肪として蓄えられることが減りますからダイエット効果も期待できるのではないでしょうか。

また、体調が悪い時や夏バテして食欲がない時などにリンゴ酸の含まれている食品を摂ることで、食欲が回復する効果も期待できます。
確かに、酸っぱいものを食べると元気になって食欲が増進しますよね。

また、リンゴ酸はph調整剤としての役割も持っているのでシャンプーなどに使用されることがあります。
リンゴ酸は他の有機酸に比べて、ph コンロトール力が大変高く、アルカリ性に傾いた髪の毛を酸性に戻してくれる効果があります。
消炎効果が頭皮にも作用するので、皮膚のかゆみなども抑えてくれるのではないでしょうか。

以上のように、リンゴ酸は本当に沢山の効果と効能を持ったすごい成分ですから、是非とも毎日の生活の中で健康と美容増進のためにリンゴ酸が多く含まれる食品を意識して食べるようにしていきたいものですね。

リンゴ酸の効果を高める食べ方

このようにリンゴ酸には本当にすごい効果、効能が沢山ありますが、これらの消炎効果や疲労回復効果をさらに高めるためには赤ブドウエキスなどを配合したサプリメントを一緒に摂ると良いということです。

プロポリス 赤ぶどうエキス配合

トマトを食べる時には良質な油分と一緒に食べることで、栄養成分の吸収がさらに良くなるようですからオリーブオイルをかけて食べるといいですね。
また、りんごは皮に栄養が沢山含まれているので出来れば皮ごと食べるのが良いでしょう。
その際には農薬なども気になりますから、よく洗うようにしてください。
皮が固くて食べにくい場合は、おろし金ですりおろしてしまうのがお勧めです。

りんごを丸ごと凍らせて、それをすりおろすと高級なシャーベットのようになってとても美味しいですよ。

レンジで簡単に作れる焼きリンゴもお勧めです。
りんごを半分に切って、その上に少し砂糖を振りかけ、レンジでチンするだけで美味しくて食べやすいコンポートが出来上がります。

少しレモン汁を加えて煮詰めることで、りんごジャムにしてもいいですね。
これなら日持ちしますし、ヨーグルトに混ぜたりパンに塗ったりして色々なバリエーションで楽しむことが出来ます。

どんなに効果、効能がある成分を含んだ食品でも、やはり味が美味しくなければ継続して食べようという気持ちにはなりませんから、身体に良い食べ物を美味しく楽しく食べるということも心掛けていきたいです。
リンゴ酸を含む食品は、健康を増進させたい方、疲労回復させたい方、デトックスを促進して美しくなりたい方などに特にお勧めですので毎日の食事に取り入れてみてください。

リンゴ酸と女性に嬉しい美容効果

リンゴ酸は世の中の女性たちが喜ぶ、美容効果ももたらしてくれる効果が期待できます。
リンゴ酸が女性たちのビューティーケアにもたらす働きは、長い目で見ても美しさを維持するサポートになります。
リンゴ酸はスキンケアにも大きな影響力をもたらしますので、これは世代を問わないほど女子たちには興味深い働きともあるでしょう。

人の見た目の美しさを判断する基準ですが、顔の作りが良いに越したことはありません。
しかし顔の作りは個性はありますが、人が美しいと判断するのはいかに肌の状態が良いかということです。
シミやシワが多くて、くすみのある乾燥した状態では誰の目から見ても美しいとは感じないでしょう。

しかし、リンゴ酸の働きというのは、そうしたマイナスのスキン状態を緩やかに良い方向へと導いてくれることになります。
皮膚からは表皮の汚れをマイルドに取り去ることができますので、皮膚の持つ様々な悩みからの開放となります。
皮膚には年齢とともにシワが生じやすくなりますが、皮膚の弾力繊維が増える事となるためにシワなどを気にする必要もなくなります。
皮膚はずっと同じ状態ではなく、静かにサイクルを繰り返して生存をしています。
皮膚は新しい細胞を誕生させて、やがては垢となって剥がれ落ちてはまた新しい皮膚を生まれさせています。

しかし、年齢が高くなったり、乾燥をしたり、生活の習慣が乱れることでそのサイクルが遅くなります。
すると、皮膚には様々な問題が起こりやすくなります。
それを救うのもリンゴ酸の働きであり、皮膚のターンオーバーは正常化されていきます。

リンゴ酸と美しい肌への効果

リンゴ酸は古い角質をやさしく取り除くことができる点でも、女性には嬉しいな肌の作用として働くことになります。
スキンコンディションは、女性であれば誰でもベストな状態を望みますし思わず触れたくなる様は表皮には誰もが憧れを抱きます。
でも人間の皮膚というのは、毎日顔を洗っているだけでは汚れ等はすべてがきれいにはなりにくいものです。
表皮には古い角質も蓄積がされますし、皮脂や油汚れも古くなって溜まりやすくなります。
鏡を見てもくすみがちになりますし、自分で触ってもがさつく状態は気になります。

リンゴ酸はそんな表面の汚れを落とすためにも、貢献をする酸でもあります。
自然の酸でありますので、とても肌にも優しい細胞であり、それでいて素敵な美しさへの効果を発揮してくれます。
特に定期的なスキンケアのスペシャルケアとして、ピーリングなるものがありますが、ピーリング効果で良い皮膚状態に導いてくれます。
ピーリングは、表皮の古い角質をソフトにはがすことができる方法であり皮膚への刺激は少ないものです。
古くて洗顔では落としきれない表皮の部分の角質層を柔軟に溶かしてくれます。
それは最も上の表皮細胞だけなので、そのあとで皮膚は自然治癒力を発揮していきます。
これにより自然の力で、まるで赤ちゃんのような美しい、ベビースキンが再生をすることとなります。
古く不要な角質がなくなるので、遅くなっていた皮膚のサイクルは正常に戻ることができます。
リンゴ酸でのピーリングによりスベスベとした表皮となりますし、それは顔色にも変化が現れ、くすみがちな色は、やがて明るくなります。

リンゴ酸と女性の美髪効果

リンゴ酸の有機酸と一緒に浸透促進剤の組み合わせをすることにより、傷んだ髪の毛への補修にも役立つことになります。
リンゴ酸のヘアケアでの働きも、世の中の女子たちにはハッピーをもたらす要素となってくれます。
りんごというのは様々な栄養を含むことで知られていますし、ビタミンにペクチンにカリウムなども豊富なものです。

ポリフェノールも多いことでに知られていて、ポリフェノールによって毛母細胞は増えていくことになります。
更に、遅くなり乱れてしまったヘアサイクルはポリフェノールの働きで正常化されることになります。
ポリフェノールには、アニジンが含まれていますので頭皮の乱れた環境をよくすることにもなります。
頭皮の血液の流れが良くなりますので、その土台となる頭皮が健康になりそこには丈夫な髪が生えやすくなるということになります。

人間は年齢を重ねるごとに頭皮の環境も乱れていきますし、髪も細く弱くなり抜けやすくなります。
それはひとえに頭皮環境が悪くなっている合図でもあるので、根本の土台を立て直すことが重要課題になります。
リンゴポリフェノールの構成成分は、ほとんどがアニジンであり発毛を促すことにもなります。

ヘアケアというとヘアだけに意識が行くのが、多くの人間がやることです。
でもその土台となっている頭皮という部分を抜きにはできません。
この頭皮の状態がいかに良いかによりまして、丈夫で健康で美しいヘアを維持できるかが決まってきます。
頭皮が硬いままではなく柔らかくてよく血液もめぐる状態にすることが重要になります。

意外に知らない「リンゴ酸」の効果と特徴

リンゴ酸とはリンゴやぶどう、さくらんぼなどのフルーツに含まれる有機酸の一つで、その名のとおり主にリンゴに多く含まれています。
リンゴ酸は1785年に発見され、その別名を「オキシコハク酸」ともいいます。
リンゴ酸は、リンゴの爽やかな酸味の成分でもありゼリーやシャーベットなどの菓子類や、果実飲料などの清涼飲料水などの酸味料としても使用されています。

リンゴ酸の主な働きとして、クエン酸サイクルの働きを活発にするということが挙げられます。
人は食べ物から摂取した糖質や脂質などをエネルギーに変換していますが、その際に栄養素がクエン酸などの8種類の酸に分解されます。
これらの酸は老廃物を排除しその後また元の物質に戻るのですが、このサイクルのことをクエン酸サイクルといいます。

クエン酸サイクルが活発なほど乳酸などの疲労物質がこのサイクルの中に入って燃えていきます。
乳酸とはその名のとおり酸性の物質です。
体内に乳酸が増えると体内が酸性に傾き、そうなると通常より疲れやすく、なおかつ疲れが取れにくくなってしまいます。
そのため、クエン酸サイクルを活発にしておくことは基礎代謝をあげ、疲労回復の効果や肉体疲労を軽減することに繋がります。

また、リンゴ酸は体内を弱アルカリ性に保つ働きがあり、これは胃腸病などを予防したり自然治癒力を高めることに繋がります。
そして、リンゴ酸は他の物質と組み合わせることによって更なる効果を発揮します。
例えばリンゴ酸とクエン酸とカルシウムを組み合わせたものをクエン酸リンゴ酸カルシウムと呼び、カルシウムの吸収率を高める効果を発揮します。

女性に嬉しい美肌効果も

リンゴにはリンゴ酸の他にも、ビタミンA、ビタミンC、カリウム、食物繊維、セルロース、ポリフェノールなどのさまざまな栄養素が含まれており、「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」と言われるぐらい、健康に良いフルーツとして知られています。

そして、リンゴには、女性に嬉しい美肌効果が期待できます。
リンゴには「リンゴポリフェノール」という成分が含まれており、これにはカテキンやケルセチン配合体、プロシアニジンなどのたくさんのポリフェノールが含まれています。

これらには抗酸化作用があり、中でもプロシアニジンは他のポリフェノールと比べてより強い抗酸化作用を持つとされています。
そもそも抗酸化作用とは、シミやシワなどの原因となる活性酸素の発生を抑える作用のことです。

活性酸素は体内に進入したウイルスを排除する役割を持っていますが、紫外線やストレスなどが原因で増えすぎてしまうと正常な細胞まで傷つけてしまい、その結果シミやシワなどの原因になるだけでなく動脈硬化や生活習慣病の原因にまでなってしまいます。
「リンゴポリフェノール」を存分に含むリンゴを食べることは、体をこういった酸化から守ることに繋がるのです。

また、「リンゴポリフェノール」には、シミやソバカスの原因の一つとなるメラニン色素の生成を抑え、紫外線をカットする働きもあるため美白効果も期待できます。
そして実はリンゴの皮には栄養がたっぷり含まれており、皮と実の間は実以上に栄養が豊富です。
特にポリフェノールは、皮には実の4倍以上もの成分が含まれているため食べる際は皮ごと食べることがオススメです。

整腸作用とダイエット効果

リンゴ酸には整腸作用があります。
胃腸が弱った状態だと老廃物がうまく排出できずに有害な物質が腸内に滞留しますが、リンゴ酸は腸内を刺激しぜん動運動を高めます。
また、リンゴは実に水溶性食物繊維を含み、皮に不溶性食物繊維と二種類の食物繊維を含んでいます。
特に実に多く含まれる水溶性食物繊維であるペクチンは、腸の粘膜を保護して守ってくれて腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌を増やす働きがあります。

また、皮に含まれる不溶性食物繊維にはデトックス効果があります。
その名のとおり水に溶けない食物繊維のため胃や腸の中で水分を吸って大きく膨らみ、便のかさましや、ぜん動運動の働きがあります。
そのため皮ごと食べることで整腸作用が期待できます。

気になるカロリーですが、可食部、約250gほどの中サイズのリンゴは1個あたり130〜140kcalほどです。
糖質が多いためダイエットには向かないといったイメージがあるかもしれませんが、リンゴに含まれる糖質はほとんどが果糖です。
果糖は体内に取り込まれる際、一度、ブドウ糖に分解されるため食べてから消化吸収するまでに時間がかかり血糖値が上がりにくいことが特徴として挙げられます。
そのためお腹が空きにくく、摂取カロリーが抑えられます。

またリンゴに含まれるカリウムは体内のナトリウムを排出する働きがあるため、むくみの解消も期待できます。
そのため、食べ過ぎてしまった後の食事に取り入れると、デトックス効果や整腸作用のより良い働きが期待できます。
リンゴにはリンゴ酸の他にもさまざまな栄養素が含まれており、健康だけでなく美容にもよい作用が期待できます。

リンゴ酸によるダイエット効果

リンゴ酸は特にはハードなスポーツをしなくてもダイエット効果をもたらすものとして知られています。
リパーゼは脂肪を分解する酵素であり、それが体内で活性化するのをリンゴ酸は抑制するのでこれも大きなダイエット効果につながります。
天然のりんごには実に豊富なリンゴ酸というのは、体内の新陳代謝を高めてくれる成分でもあります。

人間は脂肪がついた体よりもスレンダーでナイスバディを好みます。
しかし、人間は生命の誕生をしてから、食べることの快楽を知ってしまうと必要以上に食物を体内へ入れてしまい、太りすぎになるなどの問題を引き起こすことがあります。
太るというのは見た目にもよくはないですし、健康面を脅かすことにもなります。

しかし、人間の過食傾向は年々高まる傾向にもあります。
それは食品業界の戦略とも関わっている部分は否めないものです。
食べ物を新鮮な食材だけではなく、本来は天然のものに無いような合成のものを入れてくる事から脳はコントロールされやすくなります。
砂糖を過剰に摂取する事で、脳は何度でも甘いものをリピートして求めますし、血糖値がアップダウンしてデブ菌の大量発生とともに精神的にも不安定になります。
だんだんと代謝も悪くなり食べることばかりに気を取られていては、あっという間に健康な時期は通り過ぎてしまいます。

でもリンゴ酸を上手に利用をすることで、元気をなくしていた体内の代謝は、次第によく変わっていきます。
代謝が悪ければ太りやすいというのは、もはや多くの人が知っていることです。
リンゴ酸を摂取していくことにより代謝がアップして痩せやすくなります。

リンゴ酸とクエン酸サイクル

エネルギー生産工場のクエン酸サイクルで、人間が生きていくためにエネルギーは作られることになります。
食事からたくさんの栄養を体に入れて酢酸と結合します。
そこから最後にはクエン酸へと変わっていくこととなります。
さらに、酸は8つの種類に変わり、少しずつ量も少なくなり熱というエネルギーになり、汗などの水分や吸気などの炭酸ガスとなって燃えることとなります。
このサイクルを円滑にするためも、スムーズなクエン酸サイクルをキープする必要があります。

これを維持できなくなると体にとっては、マイナスの要素となってきます。
体内は流れが悪くなるので、身体的な不調を感じやすくなるためです。
スムーズな流れがないと今度は、体への不調とともに乳酸やピルビン酸がたまりやすくなります。
回路を順調に円滑にさせるには、クエン酸の摂取を積極的にするということです。

クエン酸がたっぷりと満たされて入ればサイクルは活性化されます。
サイクルの活発になるのとともに、それはピルビン酸や乳酸も燃焼に使われるようになります。
ピルビン酸や乳酸もサイクルに入っていくので、一緒にエネルギー源として利用されて燃やされてしまえば不調和とは縁も切れることになります。
健康に良いとされているクエン酸は、サイクルこそがその健康の秘訣にもなっているということです。

そして、りんごの酸味のベースとなっていますのも、やはりクエン酸ということになります。
りんごの持つ秘めた力は海外でも大きく賞賛されています。
それは日本でも同様でありクエン酸も多く体調をリセットさせやすくダイエットにも貢献をします。

リンゴ酸で痩せやすい体に

リンゴ酸のダイエット効果はゆっくりと、体内からのリセットを図ることになります。
過剰なインスリンが分泌をするのをセーブさせることもダイエット効果に通じています。
ホルモンの一つであるインスリンは、体内で血糖値を低下させる役割があります。
健康体の人であれば、過剰な分泌は控えたいところです。

リンゴ酸の働きにより、体内での急激な血糖値アップを抑えることができます。
体内で血糖値が上がらない状態にすると、無駄なインスリンは出てこないため余計な脂肪を体に溜め込む必要がなくなります。

リンゴ酸の働きとして、ダイエットの敵とも言えるべき便秘から助けてくれる働きもあります。
肥満の人や食べすぎの人は、だいたい便秘とお友達の状態です。
それは食べ過ぎているので腸内がすっかり良い状態から遠くなっているためであり、善玉菌よりも確実に悪玉菌が猛威を振るっている環境でもあります。
でも本来は外へ出ていくはずの老廃物がいつまでのお腹の中にあるのですから、ダイエットにも良くはないですし健康面とお肌にもいい訳がありません。

腸の中にたくさんの便がたまることで、今度は内蔵が圧迫をされていきます。
その圧迫が血液の流れを邪魔して、全身への血流まで悪くさせて代謝を落とすことになります。
肉体の循環機能である代謝が低下すれば、もっと痩せにくい体を作ることになります。
糖質なども燃えにくくなって、そのまま体内にストックです。
そんな状態を阻止する為にも便秘は解消をする必要があり、そこにはリンゴ酸が大活躍をしてくれます。
そして、さらには善玉コレステロールを高めてくれるのです。

リンゴ酸に副作用は?1日の摂取量上限は?

リンゴやぶどう、梨、バナナなどの果物に含まれる有機酸のひとつがリンゴ酸です。
その名の通りリンゴから発見されたことからこの名がつけられています。
この有機酸とは体内で糖を分解してエネルギーを得る過程で作り出される酸のことで、他にクエン酸やほうれん草に含まれるシュウ酸などがあります。
このリンゴ酸はクエン酸サイクルを活発にする役割があるほか、乳酸を分解する作用があり疲労回復を促したり、肉体疲労を軽減し自然治癒力を高める作用があります。

通常、食べ物に含まれている栄養素は体内に取り込まれると様々な酸に変化しながらクエン酸へと変化しますが、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足や激しい運動などによりスムーズにいかないことがあります。
これは疲労の元である乳酸やピルピン酸などが蓄積されるからですが、そこでクエン酸を摂取することやクエン酸サイクルを活発にすることで、疲労の回復効果が期待できるのです。

他には歯のホワイトニング効果や、体内を弱アルカリ性にするため胃腸病を予防する働きなどもあります。
そして、リンゴ酸のすごいところは他の物質との組み合わせで様々な効果を発揮することです。

例えば他の有機酸・経皮吸収促進剤の組み合わせで、ダメージを受けてできた毛髪の空洞を埋める効果を発揮したり、クエン酸やカルシウムを組み合わせたものにはカルシウムの吸収率を高める効果を発揮します。
疲れやストレスが溜まっているときはもちろん、暴飲暴食してしまった時などに摂取することで胃の中の炎症を抑えてくれることも期待できますし、美肌にも一役買うなど意識して取り入れたい成分です。

知らずに多く摂取すれば副作用の危険も

このように様々な効果を発揮することもあり、食品添加物として酸味料、膨張剤、乳化剤などの目的で使われることが多いです。
主にジュースやアイス、ゼリー、飴、マヨネーズなどの加工食品や漬物など多くの食品に使われています。
特に酸味料としてはクエン酸、乳酸に次いで使われていることが多く、比較的、安全な添加物のひとつとされています。
このように多くの人は意識しなくてもリンゴ酸を多く摂取していることになります。
しかし、いくら健康面で多大な効果を発揮するとはいえ過剰摂取は他の栄養素と同様、身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

しかも、上記で述べたようにあらゆる食品に使われていますので、リンゴ酸は過剰摂取になりやすく目安として一日1.2gの容量とされています。
もし過剰に摂取してしまった場合、口内炎になってしまうほか虫歯のように歯がボロボロになってしまう可能性があります。
また、過剰摂取した場合には吐き気や蕁麻疹が見られるケースもあります。
健康のために摂取している成分が、実は身体に悪影響を及ぼしてしまう典型だと言えます。

それでもリンゴ酸は規定量の数倍程度を摂取したときにはこのような症状が出るようですが、上記で述べたように1.2gの規定量を摂取している限りにおいては特に問題が起きることはないようです。
逆に言えば、これだけ食品に多く使われていますので意識して摂る必要もないとさえ言えます。
それだけ過剰摂取だけには気をつけ成分として使われている食品を把握しているだけで健康効果を得られるとも言えます。
身近な存在となっているだけに摂取量は気をつけたいところです。

気をつけたい副作用とまとめ

上記でも述べたように、このリンゴ酸の最大の副作用は過剰摂取と言えてしまいます。
これは効果が大きい分、その反動やリスクも大きくなると考えることができます。
疲労回復を期待しての大量摂取は逆に身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。
吐き気や蕁麻疹などはその典型で、意外に知られいないのが食べ過ぎで虫歯になってしまうリスクです。
リンゴの生産が盛んな地域で行われた調査では、リンゴをおやつ代わりに毎日10個以上食べている子ほど虫歯は多かったそうです。

これはリンゴに含まれるリンゴ酸に長時間さらされ続けていたために、歯の表面が溶かされてしまったとされています。
ただし、これはリンゴ生産地やリンゴ好きな人はともかく、普通の人はリンゴを毎日10個以上は食べませんのであまり関係ないとも言えます。
ただ、ホワイトニング効果を期待して大量に摂取している人は副作用があるため今一度、見直す必要があります。
このように摂取の仕方さえ間違わなければ、多様な健康効果が期待できるリンゴ酸ですが、できれば効果的に摂取したいところです。

リンゴにおいてはできるだけ皮ごと摂取するということです。
というのも皮にはリンゴの中身よりも多くの食物繊維やビタミン類が含まれているからです。
当然、皮ごと食べるためには無農薬のリンゴを選びたいところですが、リンゴの性質上、残念ながら無農薬での栽培は非常に困難で、ほとんど市場に出回っていないのが現状です。
ですので、できるだけ原産地などを確認し安全な環境で育ったリンゴを選び、よく洗って食べることや、すりおろして食べるのも胃にやさしく効果的とされています。
副作用となる過剰摂取に気をつけておいしく摂取したいところです。

リンゴ酸と一緒に摂るといい成分とは?

リンゴ酸との相性が素晴らしいビタミンC

リンゴ酸を意識的に摂取する際には酸味がしっかりとしている果物を選ぶことによって、抗酸化成分のビタミンCも含めて余すことなく摂取できます。
キウイフルーツやブドウなどから摂取すると、抗酸化成分の働きによって体内では活性酸素の働きが抑制されることが重要で、抗酸化によって老化に対抗することができるのですから慢性的な疲れが残る可能性も大幅に低くなっていきます。

ビタミンCと一緒に摂取する場合には、様々な工夫を施すことで、同時に疲労回復も促進できます。
果物をデザートとして使うだけでなく、加工して調味料として使う場合には摂取方法の種類も多彩になるのが利点です。

リンゴ酸とビタミンCを効率よく摂取するためには、梅干しと野菜を合わせて使う方法が極めて有効です。
梅干しを加工した梅肉エキスを使うようにすれば、リンゴ酸を有効に活用しながら抗酸化や疲労回復に必要な栄養を確保できます。
熱に強い特性を持っているジャガイモは蒸してからは梅肉ソースで味付けするとリンゴ酸も含めて大量に摂取できます。
この方法を使うと、ジャガイモに含まれるカリウムも含めて摂取できることから総合的なミネラル不足にも対処できることになります。
梅干しを作るときに残る梅酢は料理ではサラダのドレッシングとして使うことでビタミンCも含めて大量に吸収できます。
トマトのサラダとは特に相性が良く、各種の有機酸を総合的に補うためにも適しています。
あるいは熟成した黒酢にはレモンや蜂蜜を加えて飲む場合にも、万能的な栄養を満遍なく吸収できることになります。

リンゴ酸と合わせると代謝が向上する成分

リンゴ酸には代謝を活発にさせる働きがあると同時に、クエン酸と一緒に疲労回復を促進させる機能も持ち合わせていますが他の酵素と合わせると非常に効果的になります。
普段から体力が弱くて食事が不規則な場合には、副菜が充実した食事に切り替えることで両方の組み合わせは特に充実していきます。

リンゴ酸とクエン酸をバランス良く含むトマトをサラダにする場合には、味噌を使ったドレッシングをかけると酵素の量を大量に増やすことが可能です。
この方法にすると味噌に含まれるタンパク質との相性も良くなることから、筋肉増強と代謝アップを促進したい場合にも有効になります。
トマトサラダのドレッシングに甘味を付け足したい場合には、甘酒を砂糖の代わりとして使えば酵素の不足を十分に補うことができます。

リンゴ酸との相性が素晴らしい酵素の種類において、栄養の代謝を促進させるものではビタミンB群も重要な役割を担っています。
ビタミンB群は補酵素として働く性質がありますから、上手に組み合わせる場合には栄養摂取の無駄がなくなっていきます。
ビタミンB1が非常に多い玄米ご飯には梅干しを組み合わせて食べるようにすればリンゴ酸との相乗効果が働きます。
ビタミンB1は豚肉にも多く含まれますが、リンゴ酸を含む黒酢やトマトを合わせると互いに抜群の相性で調和してくれます。
豚肉の生姜焼きに甘味を付け足すために、リンゴやキウイなどを一緒に加えることは疲労回復のためにも役立つ組み合わせです。
豚肉の鍋料理に対しては、リンゴ酸とビタミンCが豊富な柚子を薬味として使うことも賢い知恵と言えます。

カルシウムなどのミネラルとの相性も良い

リンゴ酸がカルシウムと調和すると、体への吸収率が同時に高まり弱った髪も含めて補修する働きが顕著になります。
このような仕組みを上手に利用すれば、不規則な食事で衰えてしまった骨格や頭髪を丈夫にして老化に抗するための健康体を作れるようになるわけです。
さらには、歯の土台を作るためにも重要な働きをしてくれるため日常的な食材やサプリなどから一緒に摂取することが大切です。

独特な機能を発揮させるためには、魚介類と合わせて摂取する方法が有効ですが日本では昔から行われてきたことです。
カルシウムが豊富な魚を鍋料理にする場合にはリンゴ酸が豊富なポン酢を利用することがありますが、これも最高の組み合わせの一つです。
ポン酢で魚を食べれば、骨と歯を丈夫にしながら同時に筋肉の発達も助けることができます。
さらには、滞っている血流を促進する働きもあることから寒さによる倦怠感や不眠を解消する場合にも有効になります。

ミネラルを含む食材と合わせれば良いわけですが、料理では塩分の過剰摂取も心配になるものです。
ところが、リンゴ酸の豊かな酸味のおかげで薄味にしても美味しさを感じやすくなります。
カリウムも豊富な食材と合わせておけば、無駄なナトリウムは排出して体にたまっている余計な水分も含めて発散できるのです。
肉や魚が苦手な人の場合には、リンゴ酸が豊富な食材を納豆に入れて食べる方法を使えば効果的です。
納豆には骨を強化するために役立つビタミンKも多く含まれることから、リンゴ酸の塊となる梅干しを一緒に入れて食べれば骨粗しょう症の予防にもつながります。

「L-リンゴ酸」と「DL-リンゴ酸」その違いとは?

リンゴ酸は、1785年に発見された有機酸(酸性の有機化合物の1種)の1種で、リンゴをはじめ、野菜や果物に多く含まれています。
この成分は体の中にあるブドウ糖を分解するクエン酸サイクルの中の化合物の一つで、リンゴ酸を摂取すると、クエン酸サイクルが良く活動をして疲労を回復させる作用があります。
その他、ダメージをうけた毛髪は表面に空洞ができているのですが、リンゴ酸はこの空洞を埋める作用がありヘアケア商品としても使われています。

さらに、カルシウムを加えたクエン酸リンゴ酸カルシウムはカルシウムの吸収を高める性質があり、特定保健用食品としても発売されています。
私たちの体は本来は弱アルカリ性に保たれていますが、弱酸性に体が傾くと太り過ぎたり白髪や皺が増えたり老化現象が進みやすくなります。
リンゴ酸には体内を弱アルカリ性に保つ作用があるので、アンチエイジングに役立つばかりでなく胃腸病を予防したりデトックス作用があったり自然治癒力を高める作用があります。

その他、この成分には爽やかな酸味があるので食品添加物の中の酸味料として使われています。
ジュース等の飲料やシャーベットやアイスやゼリーによく使われます。
マヨネーズや漬物の酸味料としても使われています。
その他、食品の酸性度、アルカリ性度を調整して適度のph度に保つためにも使われます。
この適度のph度を保つことにより、食品に細菌が増えるのを防いだり、食品の変質や変色を防いだり、水と油のように混ざりにくい物を混ぜる乳化剤としても使われます。
乳化剤としては口紅などのメイクアップ製品の顔料を均質にするのにも使われています。

L-リンゴ酸とDL-リンゴ酸の違い

リンゴ酸は、真ん中に炭素を持つ化合物です。
炭素には4本の手があり、それぞれの手が別の化合物と手をつなぐと、化学式では全く同じように書き表すことができますが、違った性質の化合物が2種類出来上がります。
いいかえると、炭素の上と下の手が持つ化合物は同じで右手に持つ化合物と左手に持つ化合物が入れ替わった場合、鏡に映すと同じ構造になるものが存在して、一方をL-リンゴ酸、他方をD-リンゴ酸と呼んで区別します。
天然に存在するのは、すベてL-リンゴ酸です。

従って体内で疲労回復や、アンチエイジングようにサプリメントとして用いられるのは、すべて、L-リンゴ酸となります。
一般に酸味料やph調性剤、乳化剤のような食品添加物、口紅などのメイクアップ商品などの乳化剤に使われる場合はL-リンゴ酸とD-リンゴ酸が等量混じったものが安価に手に入りますのでよく使われます。
その理由は化学合成によってDL-リンゴ酸は作ることができるからです。

このDL-リンゴ酸はL-リンゴ酸とD-リンゴ酸に分けることは困難です。
なお、D-リンゴ酸は、空気中の水分を吸いこみやすい無色の針状であり、融点が100℃、水、アルコールに溶けやすい性質を持っています。
DL-リンゴ酸は、融点130℃から131℃で、食品添加物や口紅やヘアケア商品に添加するのに非常に適した物質です。
体に有用で食品添加物としても広く用いられているリンゴ酸ですが注意すべき事は過剰に摂取してしまうと、口内炎を起こすと言う作用が見られる場合があるのでサプリメントとして利用する場合は、目安量を守るようにしましょう。

自然界に存在するリンゴ酸

リンゴ酸は、自然界に存在するものがL-リンゴ酸であり、この成分がヒトの体の中のブドウ糖を分解するクエン酸サイクルの中の1種の化合物であることから疲労回復に効果があります。
クエン酸サイクルは疲労で体内に乳酸がたまると、その乳酸を分解する事により活発に活動しますのでリンゴ酸によりクエン酸サイクルを活性化させるとストレスや食生活の乱れやストレスで停滞していたクエン酸サイクルが良く動き疲労回復がなされるのです。
さらに、この働きにより体内にエネルギーがスムーズに提供されますので新陳代謝が活発となります。
このために使われるリンゴ酸は天然に存在するL-リンゴ酸であり、サプリメントとして販売されています。

しかしながらリンゴ酸自体を1日1200mg以上を摂取すると、口内炎が起きる可能性がありますので過剰摂取に注意しましょう。
前述したように、化学反応でつくられるリンゴ酸はL-リンゴ酸とそれと鏡に映った関係のあるD-リンゴ酸が混じったもので化学反応により作られDL-リンゴ酸と呼ばれます。
こちらは、値段が安価なので食品添加物や口紅などの化粧品の顔料の乳化剤や歯磨き粉などに広く使われています。
食品の中では野菜や果物に多く含まれていますが果物の方は野菜より多く含まれています。
その他、この成分を多く含む果物を原料としたワインや、酢にも多く含まれています。

例えばリンゴ酢や、ブドウを原料としたワインにも含まれていますので、リンゴ酸を摂取したいと思えばワインやリンゴ酢を利用するのも良い方法の一つです。
もちろん自然界に存在するリンゴ酸もL-リンゴ酸です。

「リンゴ酸」の健康効果まとめ

毎日を健康で元気でいる為に

健康で元気な体を維持したいと考えた場合に有効と注目を集めているのが、リンゴ酸です。
その名前の通り、リンゴに多く含まれている有機酸の一種です。
リンゴというのはただ甘いだけでなく独特の酸味があります。
この酸味を生み出しているのがリンゴ酸と呼ばれる成分です。

この成分はリンゴのみに含まれているというものではなく、バナナやザクロ、サクランボやブドウ等の果物にも含まれていて、その中でも代表的な果物がリンゴの為、リンゴ酸と呼ばれています。
このリンゴ酸の特徴は、疲労回復効果や新陳代謝の促進効果です。

疲労というのは体内に疲労物質が溜まる事で起きるものです。
疲労をしにくい体を作りたい、疲労をしても短時間で回復する体を作りたいと考えた場合に、有効な成分のひとつが疲労物質を分解する働きを持つクエン酸です。
クエン酸を摂取する事で疲労物質を素早く分解し、疲労に悩まされない体作りをしていく事が出来ます。
リンゴ酸はそんなクエン酸と同じ働きをしてくれる成分で、摂取をすれば疲労物質を分解してくれる働きを期待する事が出来ます。
その為、疲労回復を考えた時に有効な成分として注目を集めています。

更に、新陳代謝を高める事で体の細胞を若々しい状態に変えていく事が出来るだけでなく、肌トラブル等も早く改善しやすい効果を期待する事が出来ます。
それ以外にも血液浄化作用や胃腸の働きを活性化させてくれる効果もありますから、健康で元気に生活をしたいと考えた場合には、リンゴ酸を生活に取り入れておく事がおすすめです。
それにより様々な健康効果を期待する事が出来ます。

リンゴ酸は様々な年代の人におすすめ

リンゴ酸は健康効果がある事で注目を集める成分ですが、それ以外にも綺麗になりたい人にもおすすめです。
綺麗になりたいと考えた場合に有効とされるのは、肌を若々しく保ってくれる効果があるだけでなく歯を白くしてくれる効果も期待出来るためです。
歯が白くない事で悩む人は少なくありません。
ですが、歯というのはしっかりと磨いても簡単に白く変わるものではありません。
それは歯磨きでは落としきれない汚れが付着している為です。

リンゴ酸はそんな歯の黄ばみ汚れを取り除いてくれる効果がある事で注目を集めています。
実際に歯の黄ばみ汚れを落としたいと考えたら、直接、歯につけるのでなく、水などで薄めながら口に含む、チーズや牛乳で中和しながら口に含んでいく事がおすすめです。
それによりエナメル質に影響を与えない状態で、歯の黄ばみ汚れを減らしていく事が出来ます。
実際にこの歯の黄ばみ汚れを取るという効果は審美歯科で行われているホワイトニングの治療等でも使われています。
ですから、歯の黄ばみが気になる人はリンゴを食べる習慣をつけるなどリンゴ酸が働きやすい状態を作っておくと良いでしょう。

リンゴ酸というのはただ健康に良いだけでなく、美容面でも良い働きを期待できると注目を集めています。
その為、健康効果を期待する年齢の人が摂取した方が良い成分というイメージを持つ人は少なくないでしょう。
ですが、肌の状態や歯の見た目などは若い人でも気になる美容面にも効果を発揮する成分です。
ですから、年齢に関わらず気になる効果や効能があるのであれば取り入れておく事がおすすめです。

リンゴ酸を摂取をしたいと考えたら

実際にリンゴ酸を摂取したいと考えたら、リンゴをはじめとしたリンゴ酸が含まれた果物を食べるようにしておく事が有効です。
ただ、果物を食べる機会が少ないという人も多いでしょう。
その場合は、日常食べている食品の原料に注目をしてみるという事も有効です。

リンゴ酸というのは酸味がある食品添加物として、様々なものに使われています。
多いのはゼリーやキャンディー、ジュースなどです。
そのため気づかない間に口にしているという事が多いものです。
それ以外にも様々食品等に使われています。

ゼリーやジュースなどではある程度の量の摂取を期待できますが、それ以外の食品の場合は香り付け程度に使われている事も少なくありませんので手軽に摂取したいならゼリーやジュースがおすすめです。
それ以外にも、サプリメントでの摂取も有効です。
サプリメントに対して抵抗を感じる人もいるでしょう。
ですが、リンゴ酸というのは他の成分との組み合わせによってカルシウムの吸収率を高める効果や、胃腸の働きをより良い状態に変えていく効果を期待する事が出来る成分です。
その為、単独で摂取を考えるよりも他の成分と組み合わせた方がより高い健康効果を期待出来るようになっています。
サプリメントの場合、この健康効果をしっかりと意識して作られているものが多く、一緒に摂取しておきたい成分も合わせて含まれている事がほとんどです。
その為、高い健康効果を期待するのであればサプリメントの活用が有効です。
素早い疲労回復や健康促進効果を期待するのであれば、リンゴを食べるなど生活にリンゴ酸を取り入れておく事がおすすめなのです。
また、リンゴ酸の優れた消炎作用やクエン酸の疲労回復作用を高めてくれる赤ぶどうエキスと一緒に取り入れるのもおすすめです。

プロポリス 赤ぶどうエキス配合

グレープシードオイル サプリメント