更年期障害の仕組みと原因、症状と改善方法、自律神経失調症との違いは?




更年期障害とは?

大なり小なり症状の差はありますが誰もがなる可能性のある更年期障害。
ホルモンバランスの改善や、運動、サプリメントによる改善で様々な方法で少しでも和らげることが出来ます。
病気といえば病気なのかもしれませんが、病気に発展する可能性もあるのと共に自分でも気がつかないほどの症状から始まるものです。

そして、それは周りの人々にも影響を及ぼします。
自覚症状がないほど大変なことになったりします。
自分でもある程度の知識をつけ、そして自覚し家族や職場の人たちなどと円満な関係を維持できるよう努めていきたいものです。

自律神経失調症の違いと共通点

更年期障害とは、45~55歳ごろに現れる自律神経失調症と精神症が相互に関係して生じる障害のことです。
原因は、年を重ねるにつれ卵巣機能が低下することにより女性ホルモンの分泌量が減少し自律神経に影響を及ぼすことにより失調症が起こります。
また、生活環境悪化によるストレスが大脳皮質に影響を及ぼすことにより精神状態が良くない傾向になります。
これらが同時に発生することにより、更年期障害が起こるのです。

現れるものとしては、顔ののぼせ、ほてりや発汗です。
これらは閉経女性の4割~8割に起こり、そのうち2割ほどが治療が必要なものであるとされています。
そして、精神状態の悪化は4割ほどの女性が感じると認められています。
最近では、肩こりを訴える方も少なくありません。
これらがみられる場合、まずは血液ホルモン検査を行うことが必要です。
それ以外にも、うつ病などの精神疾患と似た症状を示す場合もあるので複数の診療が必要になることもあります。
自己判断で市販の薬に頼るのではなく、これらの症状が認められたら早めに医療機関を利用することが大切で、程度によっては、生活習慣や生活環境の改善によってよくなることもあります。

自律神経とは、心臓を動かしたり、汗をかいたりと体に必要なことを自動的に行ってくれる神経のことを言います。
不規則な生活などを送っていると、このバランスが乱れ、眠れない、めまいがするなど様々な身体の不調を感じるようになります。
体の一部が痛くなったり、具合が悪くなったり、自律神経失調症により現れる症状は人によって異なります。
また、もともとの性格やストレスの感受性など、これを引き起こす原因も人それぞれであるため自分に合った治療法を見つけなければなりません。

主な原因は以下の通りです。

夜更かしや夜間勤務など本来の人間のリズムを無視した生活、
仕事・人間関係・環境の変化による過度のストレス、環境が変わると眠れないなど生まれつきストレスに弱い、頼みごとをされると断れないなどストレスを溜めやすい生活、女性ホルモンの影響など多岐にわたります。

そして、症状やその人のタイプによって、治療法は異なります。
普段の生活を見直す、薬を飲む、カウンセリングを受ける、サプリメントを飲む、マッサージなどの理学療法を受ける、音楽などを聴くなど、医師に適切な治療法を指示してもらうことが必要です。
こちらも同様に、自己判断での治療は症状悪化を招いてしまうこともありますので、早めの医療機関の受診が大切です。

では、この2つの病気の違いはなんでしょうか。
自律神経失調症と精神疾患の相互作用によって起こるのが更年期障害であるということです。
自律神経失調症は、世代に関係なく起こる病気であるということも違いの一つでしょう。

更年期障害は45~55歳の女性に多く見られます。
閉経による女性ホルモンバランスが崩れることにより体の調子も崩れ、加えて精神的ストレスも抱えている場合に起こることが多い病気です。
それに対して、自律神経失調症は性別の境も、年代の境も特にありません。
ストレス社会といわれる現代の社会だからこそ、注目されている病気であると言えます。
また、夜間勤務や夜更かしなどの生活習慣の多様化により、身体のバランスが崩れてしまう人が多いというのも原因のひとつでしょう。

この2つの病気にみられる共通点は、ストレス耐性がなくなってきている現代人が掛かりやすいということです。
目まぐるしく変わる環境についていけずに体調を崩してしまう人が少なくありません。
そして、異変に気付いても自分で処理しようとして、更に悪化を招いてしまうということもあります。
自己判断をして市販の薬に頼ってしまうのもよくありません。
まずは医療機関を受診するなどしてひどくなる前に対策を施してみたりしましょう。

判断しづらい更年期障害の症状について

更年期障害のその症状は、本当に更年期障害なのか悩む方も多いはずです。
40代半ばから50代半ば頃にかけて、様々な不快症状に悩まされる女性たちのため息が聞こえてきそうです。

でも、少し待ってください。
その症状は本当に更年期障害によるものでしょうか?

実は更年期障害の症状によく似た症状を持つ病気が意外に多いのです。
しかも、女性の40代から50代は、それまでの生活習慣による影響が身体に出始める時期でもあります。
単に更年期障害による症状だと思って放置していたら、影に大変な病気が隠れていたということにもなりかねません。
例えば頭痛、耳鳴り、薄毛など、更年期にはよく見られる何でもない症状ですが、それぞれ別の病気の症状でもあります。
知らずにそのまま過ごしていて手遅れになってしまった、ということがないように、こんな症状にはこのような病気が隠れているかもしれない、という知識を頭に入れておきましょう。

そして、そのような症状が現れたら、まずは婦人科を受診してそれが更年期障害によるものかどうかを確認しましょう。
そして、もしそうでないということが分ったら迷わず専門の医療機関を受診してください。
そのためにも、更年期障害と似た症状を持つ病気は頭にしっかりと入れておくことをおすすめします。

頭痛や耳鳴りは更年期障害の代表的な症状の1つです。
俗に言う不定愁訴というもので、これにイラつかされている方も多いでしょう。
しかし、実は頭痛や耳鳴りは高血圧の代表的な症状の1つでもあるのです。
てっきり更年期障害だとばかり思っていて血圧を測ってみたらあまりに高くて驚いた、という方もたくさんいます。

この他にも肩こりやほてり、目まいなど更年期障害の症状とそっくり同じ症状が見られるのがこの高血圧なのです。
しかも、女性の場合、この閉経を挟んだ期間は女性ホルモンの低下によりコレステロール値が上昇し、ちょうど高血圧になりやすい時期でもあるのです。
目まいがする、顔がほてる、やっぱり更年期だから、と決めつけずこうした症状が見られたら、一度血圧を測定して高血圧になっていないか確認してください。
特に症状がやたら長引いている、更年期障害の治療をしているのに一向に改善しない、ということがあったら要注意です。
高血圧は自覚症状に乏しく知らない間に進んでしまう恐い病気です。
まさか自分は違うだろう、という自己判断は捨てて、何かおかしいと感じたらすぐに専門医を受診しましょう。
今は良い治療薬ができたので、比較的、簡単に治すことができるでしょう。

更年期障害の憂鬱な症状の1つに、抜け毛・薄毛があります。
女性ホルモンの低下により、どうしても髪の毛が抜けやすくなったり細く腰がなくなったりしがちなのです。
これはこれで女性にとっては悩みの種ですが、実は女性を薄毛にしてしまう犯人は更年期障害だけではありません。
頭髪に影響を及ぼす病気の1つに甲状腺機能障害があります。
甲状腺ホルモンには毛母細胞を活性化する働きがあるのですが、このホルモンが低下することにより髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

また、甲状腺ホルモンは分泌過多になっても髪の毛が抜けやすくなることが知られています。
甲状腺機能障害の他に糖尿病も薄毛に関連しているのです。
糖尿病の場合、血管がもろくなることにより髪の毛に栄養が行きわたらなくなるため抜け毛が促進されると考えられています。
しかも更年期世代は糖尿病世代でもあり、決して油断はできません。
いずれにしろ、身体に重大な影響を与える病気ですので決して見過ごすことのないよう注意したいものです。
やっぱり更年期障害だから仕方ない、確かにそれはあるでしょう。

しかし、更年期は他の病気が出やすい時期でもあるのです。
身体が送ってくれるサインに耳を澄ませましょう。
きっと、何かささやいてくれるはずです。

更年期障害の具体的な症状と治療法とは?

まずは更年期というものについてですが、これは卵巣の機能が衰え始めて女性ホルモンが減少し始める時期のことをいいます。
分かりやすく言うと、閉経を迎える前後の期間というわけです。
閉経には個人差がありますので、何歳からという断言はできませんが月経異常や月経不順が続くという方に多いとも言われています。
そして、最も多い年齢が50代だともいわれています。
更年期障害とは更年期を迎える時期におこるもので、ホルモンバランスの乱れから生じる精神的、身体的な不調をあらわす自律神経失調症の一つなのです。

更年期に卵巣機能が衰えてくると、卵巣から分泌されるエストロゲンが減少してしまいます。
そのことにより、脳がエストロゲンを分泌するように促しますが、その機能が衰えているためそれができないためにホルモンのバランスの乱れが起きてしまうのです。

しかし、原因はホルモンバランスの乱れだけではありません。
丁度、更年期の時期というのは家庭の生活の環境ががらりと変わる時期でもあります。
子どもの独立や、夫の定年や、親の介護など今までとは違う生活を余儀なくされるということが多い時期でなのです。
ストレスも加わってさらに症状が悪化するということもあります。

更年期障害のもっともわかりやすい症状と言えば、体のほてり。
いわゆるホットフラッシュと言われる症状です。
または、大量の汗が出てしまうスウェッティングというのもあります。
これは、自律神経乱れてしまいうまく調整できなくなり、血管の収縮・拡張のコントロールができなくなることが原因です。

また、更年期になって肩こりや腰痛がひどくなる人や、何もする気にならない、疲れてだるいなど、疲れやすくなる人。
頭痛も女性には多いですし悪化するという人もいるようです。
また、感情の起伏が激しくなりちょっとしたことでイライラしてしまったり、不安になってしまったり、怒りっぽくなってしまったりと、これらも更年期障害の症状の一つです。

他にも様々あります。
不眠、動機や息切れ、うつ状態、めまいなど、なかなか周囲の人に理解してもらえるというのも難しい症状もあります。
しかし、これらの症状は近年、閉経前の若い人にも増えているようです。
生活環境の変化や、極度の冷え性や食生活の乱れ、無理なダイエットなどが原因と考えられています。
更年期障害の様な症状は年配の女性に起きるものだと言う考えではなく若いからと言って安心できません。

では、この苦しい更年期障害の症状は治るのでしょうか?
治療法は大きく分けて3つあります。
しかも、健康保険が適用される治療法もあります。
しかし、漢方による治療方法は保険適応外になります。

一番目に、ホルモン補充療法(HRT)という治療法。
これは、減少したエストロゲンを補充すると言う治療法で黄体ホルモンも一緒に投与します。
保険も適応されて一番負担が少ない治療法です。

二番目に、漢方薬による治療法です。
ホルモン補充療法(HRT)が使用できない場合や、更年期障害の症状によっては漢方を用いた治療を行った方が良い場合などにはよい方法です。

三番目に、抗うつ薬や抗不安薬などによる治療です。
不安やうつなどの精神的症状が強い人や、ホルモン補充療法(HRT)の治療の効果がない人には抗うつ薬が処方されます。
また、専門のカウンセラーによるカウンセリングも効果があると言われています。

更年期障害とは多岐にわたっていますので、一般的な病気となんら代わりのないようなこととしてまわりから見られてしまうということが多いです。
理解してもらえないという状況がさらに悪化させてしまうということもありますので、少しでも良くするためには周りの人々の理解も必要なのです。

更年期障害の基礎体温への現れ方とは?

更年期でも基礎体温の測定は大切です。
女性の身体はデリケートと言われますが、それは女性の身体がホルモン分泌と深く関わっているからです。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。
この二つの女性ホルモンの分泌量は常に同じではなく月経周期によって増えたり減ったりします。
そして、この増減の変化が体と心に大きな影響を与えます。

例えば、エストロゲンの分泌量が多いと問題もなく快適に過ごせますが、プロゲステロンの分泌量が多くなると体がむくんだり、イライラしたりと体と心が不調になります。
特に更年期には、このホルモンバランスが大きく変化します。
なぜなら、この時期は卵巣の機能が衰えるため体内の女性ホルモンが急激に減るからです。
特にエストロゲンの減少は、更年期障害の原因と言われています。

では、どのようにしてホルモンバランスの変化を知ることができるでしょうか?
それは、基礎体温を測りグラフに記録することです。
グラフを見れば基礎体温の変化を知ることができるので、身体に起こっていることを把握できます。
それによって体と心に起こる不快な症状に対して落ち着いて対処できますし、事前に予防や対策をすることも可能ですので、更年期の人でも基礎体温を測ることは大切なのです。

では更年期における基礎体温の変化はどうなのでしょうか。
通常、基礎体温は低温期と高温期に分かれ、排卵する時には低温期から高温期に移行します。
エストロゲンは、基礎体温を下げる役割があり低温期に多く分泌されます。

一方、プロゲステロンは、基礎体温を上げる役割があり、高温期に分泌が高まります。
低温期と高温期の変化が明らかであれば、2つの女性ホルモンがうまく機能していることを示しますが、閉経に近づくにつれ排卵が減るので低温期が長くなり、排卵してもプロゲステロンの分泌量が少ないため、高温期は長く続かないようになります。
それから無排卵月経も増えますが、この時は高温期ではなく低温期のままです。
また、頻発月経の症状が現れ、低温期の期間が短くなる場合もあります。
グラフを見て、低温期と高温期へ変化するのが早くなっていれば閉経前のサインと言えるでしょう。
そして、徐々に低温期と高温期の変化が分かりづらくなりグラフにも顕著な変化が見られなくなります。
閉経後は排卵がなくなり、プロゲステロンの分泌量もなくなるため高温期はなく低温期が続きます。

高温期と低温期の変化は人によって異なりますが、カーッと熱くなったり、のぼせたり、頭痛やめまい等の症状があるなら、基礎体温を測っているとそれらの症状が更年期障害かどうかが判断できます。

このように更年期においては、今まで経験したことのないような症状が身体に現れ始めます。
顔や体が突然熱くなってのぼせたり、大量の汗をかいたりする「ホットフラッシュ」や、疲労感、めまい、頭痛、冷え、不眠、寝汗、息切れ、動悸など、その症状は多岐にいたります。
また、イライラしたり、気分が落ち込んでしまったり前向きになれなかったりなどという不調が心にも現れます。

その症状の程度は様々ですが、早目に対策をとることで、症状の悪化を予防することができます。
まずは、ストレスを感じないような環境で生活することが大切です。

そして、バランスのとれた食事も欠かせません。
食材の中でも、大豆に含まれる大豆イソフラボンがエストロゲンの役割を補ってくれるので積極的に取り入れたいものです。
その他では、ホルモンバランスを整えるビタミンE、自律神経に働きかけるビタミンB1を摂取すると良いでしょう。
また、無理のない有酸素運動を生活にとり入れることで気持ちがリフレッシュできると同時に体力を養うことができます。
更年期はどの女性にも訪れるものですが予防と対策をすることは可能です。
ストレスのない程度に予防と対策を生活にとりいれ明るい更年期ライフを送れるようにしましょう。

更年期障害とメンタルケアの重要性

人間は男女問わず体内でホルモンの分泌が行われています。
男性が男性らしく髭を生やしたり体格を整えるのもホルモンの力が関係しており、女性らしい身体やきれいな肌をつくるのには女性ホルモンがカギとなってきます。
女性は特にホルモンの影響を受けやすく、バランスが少し崩れるだけで体調に変化をもたらします。
例えば生理中や妊娠中に体調不良を起こすのは、いつもと違うホルモンが多く分泌される事によってバランスを失ってその影響で不調を起こしているわけです。

また、体温の調整を行うのもホルモンが関係しているので、生理中に寒気やほてりを感じるのも体温が不安定になる事による症状です。
一生でスプーン1杯分程しか分泌されない女性ホルモンですがこれだけ身体に大きな影響を与える大切な存在です。
しかし年齢を重ねるとこの分泌量が急速に減少していきます。
女性ホルモンが分泌がされなくなるとバランスが崩れるので、生理中や生理前のような不快な症状が日常的に続くという事になります。

これが更年期障害と言われるもので、体温調整が突然できなくなったり、めまいを起こすなど生活に支障をきたす症状が多く表れますし精神状態も不安定になります。

では、女性ホルモンと自律神経の関係性をみてみましょう。
更年期障害によってイライラしたり、不安になるなど喜怒哀楽が激しくなるのは自律神経と関係しています。
ホルモンは神経を司っており、安定して分泌される事によって交感神経と副交感神経のバランスを保っています。
しかし分泌量が極端に減るとこれらの神経のバランスが不安定になって、本来は副交感神経が働くべき睡眠時に興奮状態を引き起こす交感神経が働いてしまうなどの問題が発生します。
こういった状態になると、自分でも驚くほど精神のバランスがとれなくなり、急にイライラしたり、なんでもない事に敏感に反応したりという状態に繋がっていきます。
精神の不安定は直接的に体調不良を起こすものではないので自分では気づきにくいという特徴がありますから、そのままにして自分を追い込むという事にもなりかねません。
原因不明のイライラや情緒不安定な状態に悩まされるようであれば、放置せずにメンタルケアの治療などを受けて解消していくのが大切です。

ホルモンバランスの問題とは言え、自分の好きな事をしたり楽しい事を考えるだけでも症状はかなり緩和されますし、そのように努力している内にホルモンバランスが安定化するという事もあります。
そして、ホルモンバランスを安定化する事が最も大切な更年期の対策と言えますが、具体的にどうすればバランスを整えられるのかわからないという人も多いでしょう。

まずは仕組みを知って正しい知識で対策をとっていくのが大切です。
女性ホルモンの分泌が少なくなると、体温が下がったりイライラしたりという現象が現れますが、これらの現象に対して直接解消をはかる事で、逆にホルモンバランスを安定化する事が出来ます。

まず体温ですが、入浴時間を長くしたり、
運動をしたりしながら体温を自分の力で上げていくというのが効果的です。
女性は下半身に筋肉をつける事によって血流がよくなり結果的に体温上昇につながる事が多いので、それを意識して身体を動かしていくのが良いでしょう。

精神面においてはメンタルケアを受けて気分を変えていくという対策がおすすめです。
また、ホルモンバランスを正常に整えるサプリメントなども市販されています。
これにも様々な種類があり、生姜の成分などで体温調整を促すものや、カルシウムなどで脳の安定化を図るものなどもあります。
自分の状態に合わせて適したものを選ぶ活用していけば、少しずつ改善に向かっていくのではないでしょうか。

更年期障害の身体的な症状と精神的な症状とは?

更年期障害が身体的な症状として出てくるのは、人によって違いますが大体は40代後半と言われています。
その特徴としてはホットフラッシュが代表となっていますが、そのほかに、倦怠感、頭痛、耳鳴り、めまい、便秘などいろいろで、これが複雑に組み合わさって症状として出てくるケースもあります。
本当につらくて自分の身体でありながらどうにもならないくらい不調に見舞われることが続くので、それだけでなにもやる気がでなくなってしまうというのも珍しくありません。
その対処法としての一つとしては、適度に体を動かしていくという方法が効果があります。
だるくてやる気がでなくても、ストレッチやヨガなど軽い運動をすることによって、血流がよくなってきます。
そうなるとなんとなく体が軽くなってくるようなきになりますし、汗をかくことによって自分の気持ちも満足して達成感を得られるようになるのです。
少しずつですが、身体も変化していくうちに不調も改善傾向にむかっていくことになるのです。
ただあくまでも自分が楽になる程度の運動だったり無理なく続けていくことが大切です。
更年期の時期は、自分を追い込まないことが乗り切りポイントです。

更年期障害の症状としては、身体的な症状だけでなく精神的にも今までにはない症状が現れます。
一番は、やる気がなくなってしまったり出かけるのも嫌になりさらに悪化するとうつ病にようになってしまう人もいます。
これは自分の体にも今まで感じたことのないような、つらい症状が現れてくるのでそれだけで気分がふさいでしまうということもありますし、更年期の時期が精神的にも落ち込む自分にさせてしまうのです。
更年期はエストロゲンというホルモンが減ることが原因でさまざまな症状がでるのですが、精神的な落ち込みというのも更年期の代表的な症状なのです。

この対処法は、自分だけでは解決が難しいと知ることです。
その年代の人はみな、程度こそ違いがありますが更年期の症状に苦しんでいるものです。
同年代の友人や知人に話してみると、みんな実は同じような悩みを抱えていることを知ったりするものです。
みな同じような感じでいることを知り、悩みを話しているうちに自分だけではないのだと思い気持ちが軽くなっていくものです。
また気分の良いときに友人同士でランチをしたり、旅行にいくなど気分転換をはかっていくのも良い対処法といえるのです。

では、更年期障害で苦しんでいる人は多いですが、どのようにして乗り切っていけばいいのでしょうか。
まずは、自分の身体を知るということです。
病院にいって血液検査を知り、本当に更年期の時期なのかを知ることも必要です。
自分勝手に更年期だと決めつけていても、血液検査をしてみるとそうではなかったとか、あるいは別の病気がわかることもあるので、まずは自分の体を知るのも必要です。
検査をして更年期なのだとわかったら、一番大切なことは期間限定のものなのだと認識することが大切です。
なぜなら
更年期の時期は一生続くものではありません。
だれもが、更年期障害が収まる時期というのはあるのですから、いずれ終わるのだと割り切るのも必要なことです。
そして、人に話すということも上手な対処法です。
今後、体調が悪い日があること、イライラしてしまう日もあること、いままでとはちがってしまうこともあるということを家族や友人、知人に話をしてしまうことで気が楽になることはありますし、思いもよらないいざこざを防ぐためにもなります。
いままで完璧に仕事や家事をこなしていた人もそうできないこともあるというのを、自分でも理解し家族やまわりの人にも理解してもらうことが一番大切なことなのです。

更年期障害の対処法

更年期障害の対処法としてまず一つ目は、婦人科にいくことです。
更年期障害とは40代後半くらいに女性に現れる症状ですが、これはエストロゲンというホルモンが減ることによってさまざまな不調が起こってくるといわれており、その症状とは、ホットフラッシュといって、顔がかっと暑くなって汗が噴き出してきたり、疲労感を常に感じていたり、常にやる気がなかったりネガティブに考えてしまうこともあります。
また頭痛や耳鳴りや体の痒みなどさまざまな症状がでてくるので、これが更年期なのか分からなくなることがあります。

そんなときはまずは婦人科にいって、血液検査をしてもらうことが必要です。
血液検査によってホルモンの値がわかるので、そのうえで更年期障害とわかればホルモン剤の服用でかなり症状はよくなってくるのです。
これが婦人科での対処法としては一番、一般的に行われていることですしそれによって体が楽になってくる人もいます。
まずは自分の体の変化というのを婦人科で知ることからはじめたほうがいいのです。
ホルモンの値が変わっていないのに、かゆみなどの症状があるときはほかの病気も疑われるので、そのときは内科など別の機関で調べてもらうことも必要です。
40代以降は、体の変化に敏感になることでいろいろなことを知ることが出来ます。

更年期障害には漢方が効果があるときもあります。
更年期の時期には誰でもいままで感じたことのないような、倦怠感のほかに気力がなくなったり、なにもやる気が起こらない、イライラしてどうしようもないなど気持ちの落ち込みを感じる人が多いです。
これはその人が怠け者だからそういう症状がでるのではなくホルモンの変化に体がついていかない時期がくるためにそういう症状がでるのです。

そんなときは、対処法として、漢方を服用するという方法もあります。

漢方の中には、女性の更年期に効果のある漢方薬もあるので、それを飲むことがいいでしょう。
ただ、漢方といっても実にさまざまな種類があるので、
自己判断で飲んでしまっても効果がないばかりか、体調を崩す原因になることもあります。
例えば、
胃がいたくなったり吐き気がでることもあるのです。
ですから漢方を飲むときは必ず医師の診察をうけたり、薬剤師に相談をしてから服用をしていくといいでしょう。
飲んだあとに体調が悪くなったら、速やかない飲むのを中断するなどしたほうがいいです。
漢方は体にやさしいといわれることもありますが本当に本人の体にあえばすぐに効果がありますし、まったく合わないこともあるので、自分の体にあうか慎重に飲んだようがいいでしょう。

更年期が気になるなら、サプリメントをよく利用することも有効です。
更年期障害になってしまったらその時期が終わるまでとにかく我慢だと思わないほうがいいです。
いまは更年期を乗り切れる薬のほかにサプリメントなども売られています。
特にサプリメントはとても種類が多くどれを選んだほうがいいのか迷ってしまうくらいあります。
そんなときはネットの情報を集めてみるのもいいでしょう。
ネットの口コミ評判で更年期障害の緩和に役立つサプリメントのサイトもあるのでそこをしっかり調べてみるといいのです。
ネットには利用している人の素直な感想がよせられているので、自分と同じような不調を抱えている人の意見なども参考にしてみるといいのです。
特に女性ホルモンのエストロゲンに似た成分がイソフラボンに含まれていることがわかっているので、それが含まれているサプリメントは特に人気になっているようです。
プラセンタやローヤルゼリー、月見草オイル、マカなども人気が高いサプリメントです。
さらには血流をよくしたりビタミンがバランスよく含まれているものも人気ですし、いろいろなサプリを取り入れるだけでなく適度な運動をするのも効果があります。
運動といってもいきなり激しい運動をするのではなくて、ヨガなどリラックスできる運動を取り入れていくのもおすすめで効果が期待されます。

更年期障害の治療に必要な期間とは?

更年期に出現する一般的な症状として、ほてりやのぼせ、発汗などのホットフラッシュと呼ばれるものや、動悸や息切れ、めまいなどの身体的なもの、そして、イライラや憂鬱感などを強く感じる精神的なものがあります。
そして、これらの症状は更年期障害の典型的な症状ですが、人によってはほとんどこのような症状を感じない場合もあれば、床に伏せるほど重篤な症状が現れる場合もあるなど、更年期の症状は個々の体質や心身のさまざまな状態などにより大きな差がある場合が少なくありません。
また、更年期の症状の大きな要因は加齢によるエストロゲンの減少によって起こる症状であることから、完全に防ぐことは難しいといえますが早期に対処することにより辛い症状の予防や緩和が可能となります。

このような更年期障害の症状では、月経異常や、ほてりなどのホットフラッシュのほか、膣や尿路異常、睡眠障害や頭痛、肩こりや、性欲の低下、そして物忘れや疲労感など多彩な症状として現れることが特徴です。
そして、これらの更年期障害の治療方法は、症状ごとに異なりますが、一般的な治療方法としてホルモン補充療法や植物性エストロゲン、そして、サプリメントなどのほか睡眠や運動、禁煙の実行などが挙げられます。

ではその更年期障害の期間と症状のチェックの仕方はどうすればよいのでしょうか。
一般に更年期障害の起こる時期として、閉経する年代である40代後半~50代前半の前後10年が発症時期と言われていますが、近年では30代や40代前半という早期で発症する人も増えています。
そして、一般に自然閉経の平均年齢は50~51歳と言われ、その前後の5年間の45~55歳がもっとも更年期障害が出やすく、更年期障害であるという確率が高まる時期ともいえます。

また、更年期障害の症状は月経異常から始まって、 ほてりや汗をかきやすくなったり、手足のしびれや、めまい、うつが出たり、疲れやすく手足の節々が痛み、動悸がするなどの症状が出ますが、更年期前の女性の基礎体温は月経周期の前半が低めで後半は高めが一般的です。

そして、自分の症状が更年期から来ているのか、いつごろ閉経が来るのかという予測は難しいのですが、更年期の期間には身体から出るサインがありこのサインと年齢や症状などから総合的に更年期の有無や期間、他の疾病などの可能性を判断します。
また、基礎体温や無月経期間や排卵検査、さらにホルモン検査や血清AMHなどにより更年期障害や閉経をチェックする内容の検査法では、これらの検査結果を総合的に判断し更年期の期間や閉経の時期を予測します。

更年期障害に良い食べ物とは?

辛い更年期障害の症状を食事で緩和したいという方もいるかと思います。
毎日食べる食事はとても大切で、薬などに頼らず食事に気を配ることで緩和することができたら嬉しいですね。

年齢を重ねた女性の多くが経験するのが更年期障害で、更年期障害とは閉経を挟んだ前後5年間に現れるさまざまな不快な症状をさします。
全く不快な症状がでない方もいれば、頭痛やめまい、火照りや耳鳴り、うつ症状などを実感する方もいらっしゃいます。
ひどい場合には起き上がれなくなり、日常生活に支障が出てしまうほど重症化する方もいらっしゃるのです。

このように重症化した場合には婦人科などのクリニックに通い、ホルモン療法やプラセンタ注入などの治療を行う必要があります。
婦人科ではホルモン注射や漢方薬などを使って症状を緩和したり、ホルモンバランスの乱れを整える治療をするので辛い状態を改善することができます。
ただし、通院は時間もお金もかかりますし、負担が大きく通い続けることがストレスになってしまうケースも考えられます。

そこで注目したい対策が毎日の食事でホルモンバランスや自律神経のバランスを整えるということです。
重症化する前に毎日の食事に気をつけることによって重い更年期障害の症状が出るのを予防することもできます。
毎日の食事で緩和することができれば副作用の心配もなく健康で生き生きと過ごすことが出来るでしょう。

では、ホルモンバランスを整える食事とはなんなのでしょうか?

更年期障害の多くが閉経に向けた女性ホルモンの急激な変化に体がついていけずに不快な症状が出てしまうというケースです。
こうしたホルモンバランスの乱れをサポートすることができる食材の代表が大豆です。
大豆には大豆イソフラボンという成分が含まれていますが、これは別名、植物性エストロゲンとも呼ばれ体の中に入って女性ホルモンに似た働きをすることが知られています。
納豆や豆腐、豆乳、味噌などの大豆を使った食品を毎日の食卓に取り入れることによって、女性ホルモンの不足を補ってホルモンバランスを整えることができますので、更年期のつらい症状を緩和させることができるようになります。
特に大豆製品は日本人に馴染みの深い食品ですので無理なく食卓に取り入れることが出来るでしょう。

大豆製品のほかにホルモンバランスを整える効果があるものがビタミンEです。
ビタミンEは若返りのビタミンとも言われている抗酸化作用もありますが、同時にホルモンバランスも調整してくれる効果があります。
アボガドやアーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれているので、朝食や、おやつに、このような食品を取り入れホルモンバランスの調整に役立てることをおすすめします。

そして、自律神経に働きかけ調整してくれる食品をみてみましょう。
何らかの不調があっても病気などの原因がはっきりしない場合には自律神経失調症と診断されますが、この自律神経のバランスが乱れることは更年期障害においてもつらい症状を引き起こす原因となっています。

自律神経を整える栄養の代表がビタミンCです。
ビタミンCは抗酸化作用がある成分として知られており、ストレスや睡眠不足、加齢などが原因で発生した活性酸素の働きを還元して無毒化する効果があります。
同時に自律神経の乱れを整えてくれるので、落ち込みがちな気持ちをサポートして精神的なバランスも改善することが出来るのです。
ビタミンCはいちごやオレンジ、ほうれん草やカブなどのフルーツや野菜に豊富に含まれていますが、水に溶けて流出しやすい上に加熱にも弱いのでサラダなどで生食することをおすすめします。

そこでさらにオススメなのが、スムージーです。
こうしたフルーツや野菜を使って作るスムージーなら無理なくたっぷりのビタミンCを摂取することができます。
また、ビタミンB1、ビタミンB12も効果的に自律神経のバランスを整える働きがあります。

他にもうなぎや豚肉、牡蠣、あさりなどに多く含まれているため、毎日の食事にこうした食材を積極的に取り入れることで自律神経の働きをサポートしてくれます。
日々の食事をこうした食材に目を向けて取り入れることで少しでも更年期障害を軽減、改善していく気持ちも大切と言えるでしょう。

更年期障害を運動やウォーキングで改善する

辛い更年期障害の症状は運動も効果的です。
閉経前後の更年期に出てくる女性特有のつらい症状の中には、めまいや耳鳴りといった三半規管に症状のでる方もいれば、肩こりや腰痛、頭痛といった痛みに出てしまう方、イライラやうつっぽい気分など精神的な辛さを実感する方など様々です。
中にはホットフラッシュと言って汗を大量にかいてしまう火照りに悩まされる方もいます。
このような更年期障害は余りにも症状が重い場合には、ホルモン療法などを行ってクリニックで治療することもあります。
症状がそれほど重くない方や更年期障害の予防をしたい方は、食生活に気をつけたり運動を取り入れるなど生活習慣の見直しがとても有効です。

更年期障害が起こる主な原因は二つあり、一つは閉経に向けて女性ホルモンのバランスが乱れること、もう一つが女性ホルモンの乱れにより自律神経が上手く働かなくなることです。
適度な運動はこの自律神経の乱れを改善する働きがあるため、取り入れることで更年期障害のつらい症状を緩和したり予防することが出来るようになるのです。

更年期を迎える女性におすすめなエクササイズやストレッチをご紹介しますので毎日の生活に取り入れて快適に過ごしましょう。
注意点は運動しすぎると筋肉痛などを引き起こしてしまうのであくまで適度な量をおすすめします。

もっとも手軽に取り入れることができるウォーキングはやはりおすすめです。
更年期の女性が無理なく取り入れることができるエクササイズがウォーキングです。
これはどなたでも思い立ったらすぐに行えるエクササイズで、一人でもできますし時間も場所も選びません。
しかもジョギングのように心肺機能に負担がかかることがないので循環器系が弱い方や膝や腰などに不安がある方でも取り入れることができます。
もっとも手軽で、ついでにでも出来るため、続けやすいというメリットがあります。

ウォーキングをする時に気をつけたいのが一定の速度で歩幅を大きめにして歩くということです。
一定のリズムで歩くことでその振動が足の裏から脳につかわりセロトニンという脳内物質の分泌が促されます。
セロトニンは鬱々とした気持ちに働きかけて楽しい気分にすることができる快楽物質ですから、落ち込みがちな更年期の心を晴れやかで前向きに整えることが出来るのです。
また、ウォーキングで汗をかくことによって自律神経の乱れも整いますし手足に適度な筋力も付けることができます。
このようにウォーキングはまず始めたい更年期の不快な症状を緩和するのに最適なまず始めたいエクササイズと言えますし、一人で、夫婦で、仲間と一緒に楽しめるエクササイズです。

ストレッチを取り入れて自律神経を整えるのも有効です。
更年期障害の緩和や予防に最適なのが有酸素運動です。
ウォーキングの他にはスロージョギングや水泳などがこうしたエクササイズにあたります。
特に水泳はプールの中で浮力がかかるのに足腰に負担をかけずにエクササイズすることができるというメリットがあります。
また水圧によりむくみがちな更年期の体をスッキリと整えることもでき、無理なく筋力も付けることができるので最適なエクササイズと言えるでしょう。

こうした有酸素運動をした後に必ず取り入れたいのがストレッチです。
股関節や太もも、ふくらはぎ、肩、腕と筋をのばすストレッチを取り入れることで、普段使わない筋肉を刺激し固くなりがちな更年期の筋肉や関節を柔らかく保つことができ怪我予防にもつながります。
また、ストレッチすることによって全身の血行をアップすることができるので更年期に起こりがちな冷えを解消することができます。
ストレッチをすると気持ちがいいのは筋肉への刺激が脳に伝わり、自律神経を刺激する効果があるためです。
筋肉を伸ばすことにより自律神経を整えて更年期特有の心の不安やイライラを穏やかに緩和することが出来るようになるのです。
このように、適度な有酸素運動とストレッチが更年期の体と心をしっかりとサポートしてくれます。

更年期障害とホルモン療法の有効性

ホルモンバランスを考える

女性ホルモンの分泌量が少なくなって、閉経する前後の期間を更年期と言い、50歳前後の期間です。
そして、女性ホルモンのエストロゲンが少なくなることが原因で起こる、色々な症状を更年期障害と言います。
子供が独立したり、親を介護することが必要になったりなどの急激な生活の変化にともなうストレスも大きな影響があります。
この更年期障害は自律神経失調症の1種です。

その症状については、個人差がすごく大きく、寝込んでしまう程に重い人もいますし気にならない程に軽い人もいます。
具体的には顔がほてったり、のぼせたりしますし、動悸がしたり、脈が早くなったりもしたり、太ったり、反対に痩せたり、むくんだり、冷えを感じたりします。
肩や腰が痛くなったり、手足がしびれる人も、めまいがする、汗をいっぱいかく人もいます。
精神的な症状としては不安を感じたり、鬱になったり、イライラしたりします。

更年期障害の症状が重い場合、専門の病院などで診てもらいましょう。
病院などではホルモン療法などを施してもらえます。
また、病院などで療法を施してもらうだけでなく、自分に合うリラックス法を見つけて行うことも効果的です。

では、ホルモン療法はどんなものなのでしょうか?

それは減少したホルモンを錠剤で補充する方法です。

人によっては数日で更年期障害の症状が軽くなります。
ホルモン療法と合わせて、更年期障害に効果があるサプリメントを取り入れることもおすすめです。
エストロゲンが含まれたサプリメントなどが良いでしょう。
プラセンタが含まれたサプリメントもおすすめです。
胎盤から抽出されたエキスがプラセンタで、このプラセンタには更年期障害を予防したりホルモンバランスを整えたりする作用もあります。
この更年期障害に有効なサプリメントは、健康に関する雑誌やインターネットの口コミサイトなどでよく取り上げられて、効果が紹介されています。

その費用については、思う以上に少なくて済むでしょう。
ですから、経済的に余裕がない女性でも取り入れることができるでしょう。

なお、このサプリメントは長い期間に渡って飲み続けても副作用が出るようなことはなく
安全なものです。
購入することができる所は様々なところです。
コンビニやドラッグストアなどや、通販サイトで簡単に購入することもできます。
また、男性の中にもこの女性ホルモンのサプリメントを購入している人がいます。
なぜならプラセンタによって女性ホルモンのホルモンバランスを整えることにより男性でも毛髪への効果もあるという点も多くの男性が購入する理由の一つでしょう。

ホルモンバランスを整えるものとして漢方薬と更年期障害についてもみてみましょう。
更年期障害の対策として漢方薬や食事療法などを取り入れる人もいます。
漢方薬はもちろん副作用はないとても安全なものです。

この漢方薬は、即効性はないものの、自分に合ったものを途中でやめてしまったりせずにきちんと継続して飲み続ければ長期間に渡って充分な効果を実感するでしょう。
のぼせや冷えの症状には当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、精神的な症状には加味逍遙散(カミショウヨウサン)などが効果があるでしょう。
ですから、きちんと自分の症状に合ったものを取り入れてください。
そのため自分にどんな症状が出ているかちゃんと把握してください。
症状が出ているのにも関わらず、気のせいだと片づけてしまう人も多いです。
症状が気にならない程に軽くても、更年期障害かもしれないとうたがってみましょう。

食事療法に関しては、自分の症状を改善する作用がある食べ物を積極的に食べるようにするというものです。
また、その症状に対して一人で悩まずに、同じような症状で悩んでいる人と交流することなども対策の1つです。
同じような症状の人がたくさんいることを知って、気持ちを明るく持っていくということもすごく大切なことです。

更年期障害の症状のほてり・発汗・肩こり、更年期障害を引き起こす原因をみてみましょう。
きちんとメークをしておしゃれして出かけたのに、いきなり顔がほてって汗がポタポタ、こんな経験をされた女性も多いのではないでしょうか?

肩こり、頭痛、イライラ、更年期障害の不快症状はなぜ起こるのでしょうか?
私たち女性の身体には、女性ホルモンが豊富に分泌されています。
その大切な女性ホルモンのエストロゲンが年齢と共に減っていきますと、身体のバランスを調整する自律神経が乱れてしまいます。
俗に言う自律神経失調症です。
そこから様々な症状が起こって来るのです。
更年期障害の症状は、大きく分けると肩こりやほてり、発汗などの身体症状と、うつやイライラなどの精神症状に分けられます。
更年期障害は症状も多様ですがその程度も個人差が大きく、中にはほとんど感じないという方もいる反面、仕事や家事も手につかず寝たり起きたりという状態になってしまうほど深刻な方もいます。

たかが女性ホルモンの不足、年齢がくれば誰でもなるもので病気じゃないなどと軽視しないで、更年期障害かなと感じたら早めに女性クリニックを受診しましょう。
これからは更年期障害もクリニックで治して、元気に明るく過ごす時代です。
更年期障害は、必ず軽減できる症状なのですから。

更年期障害に威力を発揮するホルモン治療

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの減少により起こる症状ですから、その症状を緩和・改善するためにはその減少したエストロゲンを補ってやれば良い、これがホルモン治療です。
ホルモン治療の基本は、通常エストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステンを一緒に投与することにより行います。

効果は劇的で、「ホルモン治療を開始したら、それまでの憂鬱な症状が嘘のように一気に治まった」という声を聞くことも珍しくありません。
ホルモン治療のメリットとしては、のぼせやほてり、発汗などの更年期障害の代表的な症状を抑えてくれるだけではなく、性交時の痛みの軽減、骨粗鬆症の予防・改善、悪玉コレステロール値の低下、さらには肌の弾力やハリにも効果があるなどまさに中高年の女性にとっては嬉しいことが山盛りです。
これを利用しない手はないでしょう。
さらに、不眠や、うつなどの精神症状にも人によっては効果を発揮するということで、様々な不快症状を解決に導いてくれるのです。
確かに、食べ物などからも女性ホルモンと同等の物質を補うことができますが、これほどの効果をあげてくれるのはホルモン治療をおいて他にはありません。

画期的なホルモン治療、でも気になる副作用は?!

ホルモン治療に数々のメリットがあることは分かりましたが、しかしホルモンを補充する、そんなことをして副作用は大丈夫なの?と気がかりを覚える方もいるのではないでしょうか。
一時期はこのホルモン治療に乳癌のリスクがある、ということで問題になったこともあります。
結論から言ってしまうと、確かに副作用は皆無ではありません。
乳房が張る、おりものや不正出血が見られることがある、吐き気がするなど人によってはこうした症状が出ることがあります。
しかし、たいていは薬に慣れるまでの一過性のもので、医師に相談して薬の量を加減してもらうことで防げる程度のものなのです。
心配な乳癌リスクについては、様々な調査研究の結果からホルモン治療を行ったからと言って乳癌リスクが特に高まるといった現象は必ずしも当てはまらないということが分かってきました。
そうした副作用を考えるよりも治療を受けることの人によってはメリットの方がはるかに大きい治療法と言えるのです。
更年期障害は、女性であれば誰しもが通る道でもあります。
そして、やがてはそれも通り過ぎていく一つの過程にしか過ぎない、とも言えます。
どうせ通り過ぎるなら、明るく、楽しく、元気よく、通り過ぎて行くのも良い選択肢でしょう。

更年期障害の改善や予防にサプリメントを活用する

更年期障害に有効なサプリメントと病院の治療

更年期障害はエストロゲンの分泌低下によって起こる障害のため、エストロゲンを増やすホルモン補充療法は更年期障害の症状に非常に効果的ですがエストロゲンと併用して黄体ホルモン剤のプロゲステロンも投与することで子宮がんの発生リスクが非常に低くなるといわれています。
そして、このプロゲステロンを増やすことで、症状の緩和だけでなく不妊の原因となる黄体機能不全を治したり体脂肪の減少や血糖値の調整などの効果もあります。

また、更年期の症状を緩和するサプリメントとして代表的なものに大豆イソフラボンがありますが、このサプリはエストロゲンと似た作用があり骨粗しょう症の予防やめまい、ホットフラッシュによるほてりや、のぼせの症状の改善に有効です。
さらに、大豆イソフラボンは豆腐や豆乳、味噌などの大豆加工食品に多く含まれるほか、サプリメントでも摂取できますが摂りすぎには注意が必要です。

また、ザクロにはエストロゲン様物質のエストロンが含まれ女性ホルモンのバランスを整える効果があり、さらにアミノ酸の一種であるギャバは更年期障害のイライラを緩和するのに役立つリラックス効果が高いことで知られ、副交感神経を活発にし脳の興奮を抑えて気持ちを落ち着かせる作用があります。
様々なホルモンバランスを整える食物やサプリメントも積極的に取り入れて症状の軽減、回復を目指していきましょう。

 

漢方薬とサプリメント、どちらが良いのか?

更年期障害の症状に合わせて選びたいのが漢方薬やサプリメントです。
更年期障害は年齢を重ねた女性ならどなたでもかかる可能性のあるつらい症状です。
女性の40代後半から60代にかけては閉経に向けてホルモンバランスが大きく変化していく時期です。

初潮以降、毎月繰り返されてきた月経とそれに伴う排卵を起こしてきたホルモンの働きが弱まり変化していき、このホルモンバランスの急激な変化についていけなくなった体が不調を引き起こしてしまうのです。
その症状は、ホットフラッシュと呼ばれる火照りや、頭痛、めまいや耳鳴りなどの三半規管の症状、気分的な落ち込みやイライラなど様々なものがありますが重症化してしまうと起き上がれないほど辛く感じる方もいらっしゃいますから、このような更年期障害を緩和し治療として使われているものの一つが漢方薬で、また自分でサプリメントを選んで症状を緩和する方もいらっしゃいます。

重症の方はクリニックに通いホルモン治療などを行う必要がありますが、それ以外のケアとして漢方やサプリはどちらが良いのかと迷う方もいらっしゃいます。
漢方とサプリ、どちらもメリットがありデメリットがありますので、そうした違いをよく知って自分にあったものを選ぶことで使い更年期の症状を改善して生き生きと明るい毎日を送ることができるようになります。

まずは、更年期障害に効果的な漢方薬とはなんでしょうか?
漢方とは中国に古くから伝わる伝統的な生薬のことです。
長い歴史の中で培われてきた知識と効果を持つ薬ですので安全性が高く副作用もほとんどないというメリットがあります。
漢方薬の良いところは、一つの症状を改善するのではなく、血行を良くして体全体の調子をアップしていくというところにあります。
そのため西洋医学のように一つの症状や病巣を攻撃するのではなく、全体のエネルギーをアップして調子をよくするので複数の症状を同時に緩和できるということがあります。

更年期障害に使われる漢方薬には加味逍遥散、当帰芍薬散、温経湯などがあります。
めまいや肩こりなど複数の症状がある方に最適なものですが、体質によっても効果の出方が違いますので専門の漢方医に処方してもらうのが良いでしょう。
漢方薬は専門の漢方医に診察してもらう必要があるというところをデメリットに感じる方もいます。
知り合いに効果があったからといって自分に同じ漢方が合うとは限りませんので、必ず専門の漢方医や漢方薬局で様子を見ながら処方してもらう必要があります。
こうした手間をデメリットと捉えずに、しっかり見てもらうことでより漢方の効果を引き出して更年期障害をケアすることができます。

次に漢方薬とは逆に手軽に利用できる更年期障害をサポートするサプリメントです。
更年期障害をサポートするサプリメントにはプラセンタやイソフラボンなどがあります。
プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出された成分で、更年期のさまざまな不調を抱える方の治療にも使われています。
サプリとして使われているのは馬や豚や羊から抽出されたプラセンタですが、女性ホルモンのバランスを整えて効果的に症状をケアする優れた成分です。
特に羊プラセンタは人の組成に一番近いと言われており、豚など他のプラセンタに比べて効果を実感する人が多いようです。
食品からプラセンタを抽出することはできませんのでサプリから摂取することになりますが、ドリンクタイプ、カプセル状のもの、ゼリータイプなど様々なタイプがありますので自分にあった飲みやすいものを選ぶことができます。

イソフラボンも女性ホルモンのバランスを整える効果がある成分でサプリを利用することで毎日一定の量を摂取し続けて更年期のつらい症状をケアすることができます。
サプリメントのメリットはやはり医師の処方が必要なく自分で手軽に選んで購入できるというところです。
健康食品ですので副作用もなく安全に摂取することができます。
デメリットとしては医療機関で処方される薬ほどの高い即効性があるわけではないので、根気よく飲み続けることが必要だというところです。
漢方薬とサプリメントどちらも上手に使いこなして更年期をしなやかに乗り切りましょう。

更年期障害に良いサプリメントの選び方

更年期障害の原因についてをまずおさらいしておきましょう。
更年期とは女性の場合、卵巣機能が衰え始めることで女性ホルモンの分泌が減少する、閉経を迎える前後の期間のことを言い、女性の更年期は個人差があり一般に40代半ばから月経異常や月経不順が続く方が多い頃と言われています。
更年期に入ることで体の変化が始まり、更年期障害とはホルモンバランスの乱れが原因の身体的、精神不調などの自律神経失調症の症状が出ることです。
更年期障害になる事によって、顔の火照りや、のぼせ、多汗や体がだるい症状などや頭痛や冷えなどと、様々な変化が出てきます。

そして、更年期障害と上手に付き合っていく中で、サプリメントなどでホルモンのバランスを整えていく事で症状も緩和する事が期待できます。
睡眠や食事、規則正しい生活のリズムや適度な運動などと生活の見直しなどを行いながら、サプリメントで体の中から更年期障害を乗り越える事などを行う事によって、体のだるさや気分の落ち込みや火照りや動悸なども緩和して楽に過ごす事が期待できます。
精神的にもとても辛く、ホルモンのバランスが崩れていく事によって今までとは違う症状が続いてしまうので、ストレスなどもためないように行う事がポイントです。

では、更年期障害へのおすすめのサプリメントをみていきましょう。
女性ばかりではなく、男性にも起こる更年期は、サプリメントを摂取する事によって体の中から良い成分で更年期の症状を緩和する事が期待できます。

更年期に多くの方が飲むとされているローヤルゼリーのサプリメントは、ローヤルゼリーに含まれる成分が女性ホルモンであるエストロゲンと同様の作用をする為、自律神経やホルモンバランスを整えてくれる期待ができます。


美容にも良いとされるプラセンタは、体の自律機能の調節に関係している成分な為、
疲れた体や、だるい体にも有効に働きかけ美肌効果にも効果を期待することができます。
様々なプラセンタの中でも羊プラセンタが人間の組成に一番近いと言われているため、スクレイピーなどの病気の心配の無い安全なニュージーランド産のシーププラセンタが人気です。

その他にも女性にも男性にも良いとされるマカでは、特に更年期の症状改善に役にたつとされる亜鉛とアルギニンなどをはじめとする豊富なアミノ酸が入っている為、更年期障害に悩んでいる人たちに緩和されるサプリメントとして人気があります。
海外ではPMS対策で病院から処方されることもある月見草オイルのサプリメントは更年期障害だけでなく女性にとって嬉しい効果が期待できますので、更年期障害の対策だけでなく普段から飲んでいても良いでしょう。

一人一人の症状によって自分の体にあった症状のサプリメントを選ぶことによって、効果が実感することができるサプリメントを選び、食事などでは摂取できない成分などを気軽に体の中に入れることができるので、更年期の症状を緩和するにはサプリメントを代用することで毎日が穏やかに過ごすことができます。

その他にもサプリメントだけでなく更年期障害の効果的な予防や対処法があり、それらを偏りなく行うことでより改善に向かうでしょう。
多くの人たちに見られる更年期障害は加齢によるエストロゲンの減少が原因のため体に様々な変化が起きてしまいますが、早めに対処することで更年期障害の症状を予防や軽減することもあります。
更年期の時期に近づいてくる前に食事の見直しをすることで、軽減出来ることもあります。
なぜなら、食生活の乱れも自律神経のバランスを乱す原因になります。
甘いものばかり食べたり脂っこい食事などは食生活の乱れの原因になってしまうので、更年期障害の予防には栄養バランスの良い食生活が重要です。
かぼちゃなどの緑黄色野菜やビタミンEの含まれる食材を食べることによって、更年期障害の症状でもある火照りなどを和らげる効果も期待できます。

適度な運動を習慣にすることも予防になりウォーキングや水泳などの有酸素運動で呼吸器や循環器などの内臓の働きを活発にして、運動によって快適な睡眠を得られ心身のリフレッシュにつながります。
食事の他にサプリメントを飲むことによって、更年期障害の緩和や予防も期待することができるので辛い時期の更年期を乗り越えていくために、また普段から食事や運動や食生活などのリズムを整えておくことによって症状を緩和することが期待できますので活用してみてはいかがでしょうか。

更年期障害へのサプリメントの活用方法とおすすめのサプリメント

更年期障害のつらい症状はサプリメントを使って緩和したい!
40代後半から50代に差し掛かると多くの女性がめまいや火照り、イライラや鬱々とした気持ちの変化、頭痛や肩こりなどの症状を訴えます。
これはホルモンバランスや自律神経の乱れによって起こる更年期障害の可能性があります。
更年期障害とは閉経を前に起こる急激なホルモンバランスの変化に体がついていけなくなった時に起こるさまざまな不快な症状で、軽い方は全く更年期の症状を感じないというケースもありますが、重症化してしまう方はだるさに起き上がれないほどの不調を感じて日常生活に支障も出てしまうケースがあります。

このように重症化してしまった方は婦人科などでホルモン療法や漢方薬での治療を行いますが、あらかじめ更年期障害の症状を緩和するための栄養を摂取していくことで重症化することを防いだり、症状を軽くすることもできる可能性があります。

毎日の食生活でも心がけていきたいところですが、上手く活用したいのが更年期障害対策のサプリメントです。
サプリは健康食品ですのでクリニックで処方してもらう必要がなく、手軽に購入して自分にあったものを続けることができるのです。
更年期障害のケアに最適なサプリメントは、女性ホルモンのバランスを整える効果があるものです。

更年期障害の緩和に最適なプラセンタは更年期障害の治療にも使われるとても有効な成分です。
この成分は哺乳類の胎盤から抽出されたエキスで、命を育み健康に育てる神秘とも言えるほどののパワーを秘めています。
更年期の治療では人の胎盤から抽出したこの成分を直接注入する注入療法を行ないますが、サプリとして利用するものは馬や豚、羊から抽出した原材料を衛生的な工場で加工したものです。
プラセンタを摂取することでホルモンバランスの乱れが収まり、心が落ち着いて晴れやかになるという方がいらっしゃいます。
イライラしたり落ち込んだりしがちな更年期障害の不快な心の症状を緩和する働きに優れています。
また、全身の代謝を活発にする作用があるので女性ホルモンの減少がもとで起きる肌の乾燥やシミやくすみなどの肌トラブルも効果的に改善することが出来るのです。

女性ホルモンの減少が原因で起こる髪のパサつきなどもケアする効果があるので、つらい更年期障害の症状をケアするだけでなく女性としての美しさを高める働きもある点がプラセンタサプリメントの大きな魅力となっています。

様々なプラセンタサプリメントがある中でも一番、人間との組成が近く、吸収率が優れているのが羊のプラセンタです。
シーププラセンタは主にニュージーランドやオーストラリアなどの羊からのものが有名で世界中の有名人やセレブもシーププラセンタを愛用しているほど優れているほか、特にニュージーランドの羊はストレスも少なく、羊特有のスクレイピーという病気もなく、飼料への農薬などにも政府管轄の元、徹底されているため安心して利用できると人気があります。
馬や豚、羊などの原材料のチェックや、どのくらいの量が入っているかなどは製品ごとに違いますのでよく確認して選びましょう。

イソフラボンサプリで更年期障害をしなやかに過ごすのもおすすめで、なぜなら更年期障害のケアをするためには女性ホルモンのバランスを整える効果があるサプリメントが必須ですが、もっとも効果的な成分の一つがイソフラボンです。
イソフラボンは大豆に多く含まれる成分で別名を植物性エストロゲンといいます。
エストロゲンというのは更年期に差し掛かると減少してしまう女性ホルモンの一種ですが、イソフラボンを摂取することでエストロゲンの不足を補って豊かな女性ホルモンバランスを維持することが出来るのです。
サプリメントとしてのイソフラボンは毎日決められた摂取量をしっかりと守って飲む必要があるほど、効果的なサプリです。
飲み続けることで、こちらも更年期特有のイライラや肌の乾燥や髪のパサつきなどを抑えて、ゆったりとした気持ちで活力のある毎日を過ごすことができるようになります。
エストロゲンと同様の作用をするローヤルゼリーもやはりおすすめです。
イソフラボンでエストロゲンを補うのも、ローヤルゼリーで豊富なアミノ酸と共にエストロゲンを補うのも良いでしょう。

また更年期は骨粗鬆症になる女性も増えますのでカルシウムのサプリメントを摂取するのもおすすめです。
このように更年期障害を緩和するサプリにはさまざまなものがありますが、大事なことは毎日の食生活をきちんと整えることです。
栄養バランスのとれた食事を毎日食べることでベースを作り、女性ホルモンを整える働きのあるサプリを摂取することで、健康的に更年期を乗り切ることができます。