偏頭痛の原因や対処法とは?改善方法と偏頭痛に良い食物や成分とは?




偏頭痛の原因は神経痛?偏頭痛が起こる原因は?

偏頭痛は一般的な病気に随伴する症状ではないと言われています。
確かに、偏頭痛がある場合に他の病気が必ず起こっているという事はありません。
風邪であれば咳、くしゃみ、喉の痛み、酷い場合は全身の関節痛などがありますが偏頭痛の場合はそれ単体で症状があります。
東洋医学では未病という考え方があり、そこから考えると偏頭痛は未病と病気の間の病と考えます。

偏頭痛が起こった時に背中や首、腰などの動きが悪かったり、前の日に胃腸に過度の負担をかけていたりしませんか?
原因は様々ですが、その負担のしわ寄せが頭に来たと考えると理解しやすくなります。
これを放っておくと治癒力は常にそこにも力を割くことになる為、仕事の効率も下がり自然治癒力も落ちた状態で生活していることになります。
つまり身体がこれ以上は動かすのは良くないので、しっかり休んで欲しいという信号を常に発している状態なのです。
このような状態を続けていると結果として他の病気を起こしてまう遠因にもなりますが、病気と同時に発生することが少ない為、偏頭痛は単体の症状として捉えられがちなのです。
軽く考えずに最近の自分の疲れなどをしっかり観察する必要があります。

神経痛からくる偏頭痛

神経痛は、なんらかの原因で神経が圧迫されたり傷つけられたりすることで起こる痛みです。
なんらかの痛みとは姿勢や骨格の歪みによることが多いのですが、長期間姿勢や骨格の歪みが起きていると些細な内臓の負担で起こる事もあります。
そう考えると神経痛の前駆症状としても偏頭痛が起こっている可能性は高いのです。
年齢にもよりますが、一般的に腰や膝の神経痛は高齢者でもっていないという人はいないくらい多いのが現状です。

なぜならそれまで過度に使ったり曲げて使っていた部分は歪みによって神経が圧迫されているからです。
下半身の場合は長い年月をかけて鈍痛のような形であらわれますが、上半身は体重の荷重が少ない分、比較的若くても発症しやすいのが特徴で下半身や背骨の歪みがある程度続くと偏頭痛として表現されることも少なくないのです。
こう考えると神経痛から来る偏頭痛は、第一に骨格の歪み、第二に内臓のバランスや負担によって起こっていると言っても過言ではないでしょう。
神経痛の場合は特に自分で動かしてみないと分からない事も良くあります。
なぜなら老化に従って関節が固まってくると動かさない限りは痛くないからです。

頭痛の様々な種類と危険性

頭痛は大きく分けて四種類あります。
偏頭痛、片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛です。

東洋医学では部位によって分けます。
前頭部が胃腸の負担、側頭部が肝臓、胆のうの負担、頭頂部は肝臓の負担、後頭部は腎臓や腰、冷えによるものです。
こうして東西医学を全てみてみると現代医学的な観点は症状だけの分析で重症度はあらわしていますが、原因は掴みにくいのです。

東洋医学は内臓とのバランスを重視していますが、長期間負担がかかっていた場合は当然ながら脊柱の方への影響があり、その影響の強さで現代医学的な分類がされている事も多い為、この2つの医学的観点を使って自分がどの分類なのかを理解すると原因が分かりやすくなります。

例えば側頭部の痛みは緊張やストレスから起きやすく臓器では肝臓、胆のうにあたります。
急に症状が出た場合はそれ以前に緊張やストレスが無かったか健康診断で肝臓や胆のうが悪くなかったかを思い出してください。

更に長期間慢性的に持っていて今発症した場合などはかなり前から悪かったことを自覚しなければ、頭痛は最終的には脳の負担になり脳に影響が出る可能性も無視することはできないのです。

偏頭痛を飲み物で改善するには?

偏頭痛は薬に頼らなくても治る方法があります。
薬を使うとどんどん強い薬に頼っていくようになるので、なるべく自然療法で治るようにしたほうが身のためです。

飲み物ではカフェインの入ったものが偏頭痛に効きます。
脳の血管を収縮してくれるからと言われています。
カフェインが入っているものなのでコーヒーの他にも改善が期待できるものがあります。
緑茶や紅茶や炭酸水です。
ただし冷え性などの人は冷えたものを飲むのは控える必要があります。
身体が冷えることで血管が拡張してしまいますのでせっかくカフェインで収縮したとしても体全体が冷えてしまうと体調を悪くしてしまいます。
なるべく温かいものを飲んだほうが身体のためでもあります。

カフェインは飲み過ぎると中毒になりますので、大量に飲まないように注意してください。
飲み過ぎるとかえって体調を悪化させてしまいます。
また水分だけでも適宜摂取することで防ぐことが可能です。
喉が渇いてからでは遅いので意識して定期的に白湯を飲むようにすると偏頭痛が起こりにくくなります。
漢方では呉茱萸湯(ごしゅゆとう)が効きます。
これは冷え性の予防になる漢方です。
冷えからくる偏頭痛持ちの人に効きます。

ハーブによる偏頭痛対処法

ハーブも偏頭痛に効果を発揮します。
アロマオイルやハーブティー、蒸気浴をして気分のリフレッシュとともに偏頭痛を改善することができます。
オレガノは胃もたれなどにも効くハーブです。
これは頭痛の他にも生理痛に効くなど女性を助けてくれるハーブです。

カモミールも整腸作用があります。
これは不眠症にも効くので睡眠不足が原因の一つである人におすすめです。
オレガノがスパイシーなのに対しカモミールは甘い香りです。
ストレスが原因であると考えている人はバーベインを試してみてください。
精神面に働きかけてくれます。

パッションフラワーも不安などをやわらげてくれ肩こりなどにも効きます。
フィーバーフューというハーブはヒスタミンを抑制してくれるハーブでアレルギー症状にも効いてくれます。
花粉症などを伴う頭痛に用います。

偏頭痛に効くペパーミントはよく食べ過ぎた時などに胃腸を整えてくれます。
これも鼻水の解消などに効くので花粉症の季節によく使われています。
ハーブの効果は通り一遍ではありません。
多面的な効能を持っているので、自分がどのような原因で頭痛になり他にも別の症状が出ていないかどうか考えてから使うようにしてください。

偏頭痛を食べ物で防ぐには?

偏頭痛は食べ物でも治すことができます。
血管を弛緩させてくれるとしてよく勧められる食べ物がマグネシウムを含むものです。
アーモンドやバナナなどに含まれています。
魚に含まれている栄養素、オメガ3脂肪酸も抗炎症作用により偏頭痛の対処法に用いられます。
イワシやサバ、サンマなどを摂取するよう心がけてください。

⇒ フィッシュ オイル ( オメガ3 ) サプリメント

ビタミンB(特にB2)も意識して取るようにします。
これには血圧を下げてくれる効果があるので偏頭痛持ちには高い効果を発揮します。
牛乳やヨーグルトといった乳製品に含まれています。

ほうれん草といった野菜にも含まれています。
夏であればスイカやトマト、キュウリを食べるだけでも違ってきます。
これらの野菜は同時に水分も摂取できるので偏頭痛とともに血液の改善が望めます。
逆にあまり摂取しないほうがいい食べ物もあります。
血管を拡張してしまう食べ物です。
ポリフェノールを含んでいるものはその代表です。
チラミンも同様に血管を拡張します。
チーズやたまねぎに含まれています。
グルタミン酸ナトリウムを多量に摂取するのもよくありません。
スナックやカップラーメンといったものは偏頭痛があるとき控えるようにしてください。

偏頭痛を引き起こす食べ物とは?

15歳以上の日本人のうち3人に一人は「頭痛もち」と言われ、およそ3000万人以上の人が頭痛に悩まされていると言われています。
頭痛と言っても原因はさまざまで、それによって予防法や対処法は変わってきます。

頭痛のタイプは主に3種類あります。
1つ目は脳の血管が拡がって痛む「偏頭痛」です。
2つ目は頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」です。
3つ目は目の後ろを通っている血管が拡がって炎症を起こし、目の奥がえぐられるような激しい痛みに襲われる「群発頭痛」です。

今回は「偏頭痛」について説明いたします。
偏頭痛が起こるメカニズムはストレスなどが原因で頭の血管の中で神経伝達物質の一つである「セロトニン」が異常に増加します。
増加したセロトニンが太い血管を収縮した後、過度に拡張をし始めます。
その結果、腫れや炎症を起こし頭痛を引き起こす仕組みになっています。
そのためストレスから解消される休日などに頭の血管が拡張し偏頭痛を起こすことも多いです。
頭痛を引き起こす誘因は寝過ぎ、寝不足、疲労、光や音の強い刺激などがあります。

また男性よりも女性の方が多いのも特徴です。
それは女性ホルモンの変動も頭痛の原因として考えられているためです。
偏頭痛を改善する方法の一つとして「食生活を変える」という方法があります。
食べ物に含まれる様々な栄養素から頭痛を和らげるもの、また反対に頭痛を誘発してしまうものがあります。

まず初めに頭痛を引き起こす頭痛に悪い食べ物を紹介します。
1つ目に「ポリフェノール」が多く含まれる食べ物です。
代表的なものとして赤ワイン、チョコレートなどがあります。
ポリフェノールは血管を拡張する作用があるため偏頭痛には良くありません。
特に赤ワインはアルコールにも血管拡張作用があるため頭痛には大敵です。
なるべく控える必要があります。

2つ目に「チラミン」が多く含まれる食べ物です。
代表的なものとして玉ねぎ、ぶどう、チーズ、そして先ほどと同じチョコレートなどがあります。
チラミンは血管を収縮する作用があり、収縮するとその反動で過度に拡張し頭痛を引き起こします。

3つ目は「グルタミン酸ナトリウム」が多く含まれる食べ物です。
グルタミン酸ナトリウムとは、うま味調味料の成分のことです。
こちらはおもにカップ麺、スナック菓子に多く含まれています。
こちらの成分も血管を拡張する作用があるため頭痛には良くありません。

偏頭痛を解消する方法

では反対に頭痛を和らげる、頭痛に良いとされる食べ物を紹介します。

1つ目は「マグネシウム」を多く含む食べ物です。
代表的なものとしてアーモンド、バナナ、豆類などがあります。
マグネシウムは血管を弛緩する作用があるため、拡張しパンパンに張ってしまった血管を緩め和らげてくれます。

2つ目に「オメガ3脂肪酸」を多く含む食べ物です。
代表的なものはサーモン、イワシなどです。
オメガ3脂肪酸には抗炎症作用があり血管拡張による炎症にも効果があるとされています。

3つ目に「ビタミンB2」を多く含む食べ物です。
代表的なものはほうれん草、牛乳などです。
ビタミンB2は血圧を下げる効果があり偏頭痛にも効果的です。

そのほかには「ハーブティー」もおすすめです。
血行を促進するものは避け、鎮静効果の高い「フィーバーフュー」や「ホワイトウィロー」「オレガノ」などがおすすめです。
食べ物以外の対処法として頭痛が起きた日をチェックして、その時の環境や状態を知り原因を特定することが大切です。
またストレスの溜まるような生活の乱れ、睡眠不足は頭痛を引き起こします。
眠り過ぎもよくありません。
規則正しい生活を心がける必要があります。

偏頭痛を軽減させる意外なこと

「偏頭痛が酷いなら動くのも嫌だしSEXしたいなんて思うはずがない!」という人も多いでしょう。
確かに偏頭痛は痛みがひどく、寝込んでしまって日常生活ができないほどの状態になる人もいるほどです。
しかし、実際にドイツの大学の研究によってSEXによって偏頭痛が軽減するというデータが発表されました。

この研究によると偏頭痛に悩む人の約半数がパートナーとSEXすることでその後の痛みが緩和され、5人に1人は痛みが完全に治まったというのです。
「頭が痛い」というのはSEXを断る理由になっていたものが、特に男性においては逆に痛みを軽減するために行っているというデータも発表されています。
「動く方が余計に痛みがひどくなるのでは?」と思う人の方が多いでしょうが、しかしちゃんと痛みが治る理由がありました。
研究によるとSEXをすることは鎮痛剤を飲むのと同じくらいの痛みを軽減する効果があるということがわかってきました。

それは脳内でエンドルフィンの分泌が活発になることが理由で、エンドルフィンには鎮痛作用があるため偏頭痛のような動くことさえ痛いというような痛みさえ軽減する効果があると言われています。

エンドルフィンってどんなもの?

エンドルフィンは「脳内麻薬」とも呼ばれています。
脳内で機能する神経伝達物質の一つで人間が綺麗なものを見たり聞いたりしたときに「気持ちいい」と感じるときに放出されているものです。
マラソンなど一定の長い期間の苦しい状態を続けた時に起こる「ランナーズ・ハイ」もエンドルフィンの働きによるもので快感や多幸感、陶酔感を感じることができるため依存症にもなってしまうほどの力があります。

このエンドルフィンは美味しいものを食べたり綺麗だと思えるものを見たり、思い出すことや、ギャンブルを行うときにも分泌されると言われていますが、エンドルフィンの分泌が行われるものの一つにSEXがあります。
エンドルフィンは、がんなどの痛みの軽減に使われるモルヒネの数倍もの効果があると言われており偏頭痛の痛みを軽減させることができるのです。
偏頭痛の症状がある人の多くは痛みがある場合はSEXしたいと思わない、静かにしていたいと思っているものですが、一部の人にとっては逆に痛みを軽減するためにSEXを行っていたとも言われています。
そしてその行動は痛みを軽減するために行っているもののため、全くおかしいことではないとも言われています。

全ての頭痛が改善するわけではない

この研究には続きがあります。
他の研究チームがSEXをすることで片頭痛の症状が本当に軽減するのかを無記名のアンケートで検証したところ、偏頭痛の患者の3人に2人は症状が改善されたと答えています。
そして、ほぼ4人に3人は偏頭痛の痛みが中程度から完全に解消したと回答し、3分の1は悪化したという回答が返ってきています。
また群発頭痛の人の場合には約37%の人は症状が改善され、約50%の人は症状が悪化したと答えています。
そのためSEXをすることで偏頭痛の痛みが治るという効果が全ての人に確実に当てはまるものだとは言うことは出来ません。

しかし偏頭痛以外の頭痛の症状を持っている人でも多くの場合で確実に痛みが軽減していると答えていることから全く効果がないというわけではないようです。
別の医師によれば、快楽を感じることでエンドルフィンと同じように「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が活発になるため、偏頭痛の痛みが軽減されるのは当然だとも言っています。
「薬に頼りたくない」という人は、なんだか調子が悪い、偏頭痛が起こる前兆があるというような場合に一度試してみる価値はあるかもしれません。

偏頭痛とカフェインについて

偏頭痛の予防にカフェインが効果的ということはよく指摘されており、その働きとして交感神経を刺激して覚醒させる作用や血管を拡張する作用があげられます。
偏頭痛が起きる仕組みについてはまだよくわかっていないのですが、頭部の三叉神経の末梢から血管に対して刺激が伝わり、炎症反応が起きることで頭痛が起きる可能性が指摘されています。
こうしたことから血管を収縮させる作用のあるカフェインを摂取することで、片頭痛を予防したり和らげたりする効果があるのではないかと考えられています。

コーヒーや紅茶を飲んで頭痛が起こりにくくなったり症状が和らぐ場合には、症状をコントロールするのに有効と考えられます。
最近では栄養ドリンクなどでも手軽に摂取できるようになりましたが、摂りすぎはよくありませんので1日の限度量を守ることが大切です。
またカフェインには血管収縮作用がありますので、ごく一部の方にとっては偏頭痛を誘発する要因となることもあります。
例えばコーヒーや紅茶、緑茶などを飲むたびに偏頭痛が起こるという場合には、カフェインが関わっている可能性もありますので摂取を控える方がよいでしょう。

マグネシウムとビタミンB2の効果

マグネシウムは体内の骨や臓器、筋肉などにあり、タンパク質を合成したり血圧や体温を調整する働きがあります。
また酵素やホルモンの働きもサポートしています。
マグネシウムはストレスが高まると失われやすい栄養素といわれています。
マグネシウムが不足すると血管が拡張して胸がドキドキしたり高血圧や不整脈を起こすことがあります。
偏頭痛の改善という観点では、血流や代謝を良好に保つ上で重要と考えられますので不足しないように摂取することが望まれます。

食品ではアーモンドやピーナッツ、昆布、ひじき、玄米などに多く含まれています。
ビタミンB2は皮膚や粘膜を状態を保ち、疲れ目などを改善する働きがあり他のビタミンをつくり出す働きもあるとされています。
また動脈硬化の原因となる過酸化脂質を分解する働きもあるとされています。
偏頭痛の予防の観点では血管の状態を良好に保ったり、目の粘膜を保護する観点などから摂取が望まれる栄養素と考えられます。
ビタミンBが豊富に含まれている食品としては、うなぎやたらこ、ブリ、海苔やレバー、卵やアーモンド、納豆などがあげられます。
ビタミンB群は水溶性のため、洗いすぎると栄養が流れてしまう恐れがありますので食材を調理する際には気をつけて調理しましょう。

トリプトファン+ビタミンB6について

トリプトファンは神経伝達物質のセロトニンや睡眠に関わるメラトニンをつくり出す材料になる必須アミノ酸です。
トリプトファンにはナイアシンをつくり出す働きもあり、ナイアシンは糖質やタンパク質、脂質などの分解に関わっています。
トリプトファンは人間の体内でつくることができないので、食事から摂取したりサプリメントで補うことが望まれます。
不足すると睡眠障害を起こすことがあるとされているため偏頭痛の予防の点でも適量を摂取することが大切です。
トリプトファンが多く含まれている食品として納豆やチーズ、アーモンドなどがあげられます。
サプリメントで摂取する場合、一部の内服薬との飲みあわせを考慮する必要がありますので治療中の医師に相談するとよいでしょう。

ビタミンB6については筋肉や血液をつくる働きがあり、皮膚の状態を健やかに保つ働きもあります。
ビタミンB6が不足すると貧血や口内炎を起こしたり、脳波に異常が出る場合もあるとされています。
人間の体内でも合成されるため不足することはあまりないのですが、月経前症候群の患者さんにビタミンB6不足の方がみられるとされ月経前症候群で頭痛がおこる方は月見草オイルなどと共に摂取するとよいかもしれません。

月見草 オイル ( イブニングプリムローズ オイル ) サプリメント

偏頭痛を和らげる5つのツボ

偏頭痛の原因は何らかの理由によって血管が拡張し神経が引っ張られる事で発症します。
その要因に入るものとして疲れから来る睡眠不足や逆に寝過ぎ、空腹、体質の遺伝などもあります。
そのため肉体的な疲れや精神的なストレスがかかり続けている時には起こりやすくなる傾向が強くなります。
特に女性の場合には、生理のはじまる前や生理中にも起こる傾向が高くなります。
また「チラミン」という成分を含んだ熟成したチーズやソーセージなどの食べもので誘発されることもあります。

他にも大量のアルコール摂取により誘引することもあります。
アルコールを大量に摂取することで脱水を引き起こすようになることもありますし、ワインを大量に摂取すれば防腐剤が入っているものの場合にはそれにより頭痛が引き起こされる場合もあります。
またマグネシウムが極端に不足していることで起こる場合もあるので、食生活のバランスも要因になることを把握しておく必要があります。
偏頭痛が起こるのはこれらの要因の一つがあることが原因で発症するのではなく、複合的にいくつかの要因が絡み合って起こることが多くなっているのが特徴です。

偏頭痛の緩和に役立つマッサージ

偏頭痛の緩和や改善を目指すためには自分で出来るマッサージもお勧めです。
そんなマッサージのツボを紹介していきます。

まず「百会」ですが、頭のてっぺんにあるので自分でも探しやすいでしょう。
自律神経を整えるのに有効です。
次に「完骨」は耳の後ろにあります。
押して痛みを感じるので見つけやすいでしょう。
そして耳の下にある「天容」は風邪や肩こりでも効果があります。
さらに、足の裏にある「臨泣」も有効です。

それから足の親指です。
ここは反射区では頭に当たる部分なので良くもみほぐすことで予防になります。
これらのツボは自分でマッサージしやすい場所にあるので予防として行う習慣をつけることも出来ます。
また偏頭痛が起こった場合にも直ちにこのツボをマッサージをすることで外出先であっても緩和できるようになるのでお勧めです。

これらのツボを意識しておけば普段からテレビを見ながらだったり、ちょっとした隙間時間を利用したりして揉むことが出来るようになるので偏頭痛の対策としてもとても役立ちますのでお勧めです。
偏頭痛が酷くて自分で押すことすらつらい場合には家族など頼める肩にツボを押してもらうことで緩和が目指せるようになります。

偏頭痛の解消法と予防法

またカフェインを多く含んでいる飲み物は鎮痛作用や脳の血管を収縮させる働きがあり偏頭痛に効果的です。
コーヒー紅茶、緑茶、煎茶、ウーロン茶などにはカフェインが含まれているのでお勧めです。
ただし一部の人にはカフェインが偏頭痛の要因になる人もいるほか、飲み過ぎもよくありませんので注意が必要です。
そしてリラックス効果を与えてくれるハーブティーも緩和に役立ちます。
普段からお好みの飲み物を適度に摂る習慣をつけるようにしておくと、心身のリラックスが期待できるのでハーブティーもブレンドをしてみたりするのもお勧めです。

その他、サプリメントで血流を改善することも解消方法として有効です。
実際に偏頭痛が起きている最中にお勧めなのが頭にはちまきを巻くことです。
これはこめかみを圧迫することでツボを刺激することになり症状の軽減が目指せるからです。
このように偏頭痛が起こった時やなりやすい人は、事前に普段から出来る対処方法も実践して行くようにするのがお勧めです。
すでに起こってしまった場合にも役立つ方法なのでいざという時のために知っておくと安心できるでしょう。
また偏頭痛の要因となる事柄を出来るだけ無くすために規則正しい生活や食生活を整えるなど自分で出来る注意点を意識しておくことも大切な予防になります。

偏頭痛の病態と誘発因子

よく目の奥が痛い、このように感じ目が痛いよりも偏頭痛がする症状が体に出る場合があります。
この場合には目の奥が痛いということで、誘発因子は偏頭痛による頭の痛みであり目の奥が痛いということはとても疲れている状態、病態になっているということです。
そのため一刻も早く休息をとることが必要な状況となっており、偏頭痛の原因には目の奥からの痛みなどで肩なども痛くなり同時にめまいや頭の酷い重さ、体のだるさのようなものが出てきます。
これは日常生活に疲れがたまっていることが原因であり、また同時に睡眠不足であるとこのような病態が出てくることがあります。

目の奥が痛い、偏頭痛がする、上記のようなケースでは睡眠不足や睡眠をしていてもしっかりと眠りにつけていない場合にこのような症状が出てしまうため出来るだけ早く眠りにつき、またリラックスできるように眠る前にぬるめのお風呂にゆっくりと浸かりしっかりと入浴をすることでだいぶ疲れはとれて眠れるようになります。
リラックスをすること、また眠る前にはパソコンやスマートフォンなどを操作しないことがとても大切になります。

偏頭痛と疲れについて

偏頭痛と疲れで偏頭痛の病態が出てくる場合には、極度に体が疲弊しておりうまく睡眠がとれていない場合にこのように頭に嫌な痛みが出てくるものです。
健康でよく眠れている人の場合にはこのような偏頭痛の病態は出てこないものであり、原因としては上記のように睡眠不足と極度に精神的にも体力的にも疲れ切ってしまっている状態、疲弊してしまっている状態で、偏頭痛が突発的に出てくることがあります。

そのためうつ病などの患者さんや精神疾患を患っておられる患者さんの中にもしっかりとした睡眠をとることが出来ないことからこのような頭の痛み、偏頭痛を訴える人はとても多く、この原因としては不安定な気持ちやリラックス出来ない強い恐怖心など神経の過敏さなどからうまく睡眠をとれないことが原因となっています。
そのためこのような患者さんへの対処としては睡眠薬などが医師から出され、まずは睡眠をしっかりと取り体に免疫力などを与えることを前提とし治療が行われます。
しっかりとした睡眠がないと人は体がかなり疲弊してしまい体のあちこちに頭痛などのような痛みが出てしまうものだからです。

偏頭痛を治すためには?

偏頭痛を治すためには、とてもリラックスした気持ちで日々を過ごすことが大切になります。
とはいったものの、現在の日本は超ストレス社会と言われており大変なストレスが日常のいたるところにあります。
そのためすぐにリラックスして日々を過ごせるようになることはなかなか難しいものです。
職場環境などの人間関係や友人同士での人間関係など、時には望まないことが色々と起きてしまうものですから、静かにリラックスして生活するには色々と人間関係を整理するか環境などが悪い場合には環境を変えることが必要となってきます。

リラックスが出来る方法としては1日に30分程度でも運動などを行うと自律神経などが活発化され、とてもリラックスできる状態になると同時に、体も心もとてもリフレッシュさせることが出来ます。
また緊張状態が強い人の場合にはリンパの流れにそってマッサージなどを行ってみると、肩などのこりなどが取れて楽になることを感じることが出来ます。
偏頭痛に対するリンパのツボなどもあるため、痛みが酷い場合にはアロマオイルなどを使ってマッサージを行うととてもリラックスした気持ちになれます。

子供の「頭痛い」は偏頭痛かも!

現在、熱が無くても頭が痛いなどの偏頭痛の症状に悩んでいる子供も少なくありません。
これは心理的なストレスが原因となっていると言われていますが、緊張型頭痛や偏頭痛などの痛みに悩み不登校の原因ともなってしまうので注意が必要です。
頭が痛いことで学校生活に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。
頭痛があっても他人には目に見えにくいことから仮病なのではと思われてしまい大きな悩みになってしまう子供もいます。

早い子供であれば3歳ごろから辛い偏頭痛に悩まされる人もいます。
偏頭痛は子供に多い頭痛ですが、急に痛みが出たり短時間で改善されるなどの特徴があります。
また頭が痛いだけでなく吐き気やおう吐、腹痛などの症状が同時に出てしまう人もいます。
さらに音や光、臭いに敏感になってしまうなどの特徴もあるでしょう。

短時間の頭の痛みとは言え小さな子供にとっては辛い症状でもあります。
不登校になってしまったのは偏頭痛が原因だったなんてこともあることから、親や教師は子供を注意深く見ることが大切です。
様々な事が原因となって引き起こされてしまう症状でもある為、まずは原因を知ることから始めましょう。

偏頭痛の原因は様々です。
人によって違いがありますが、寝過ぎや睡眠不足など生活リズムが乱れてしまうことも原因のひとつです。
またお腹が空いていたり低血糖などの食生活の乱れ、さらにチョコレートやチーズなどが大好きという方も要注意です。
人の多い場所や換気の悪い場所によるものや、テレビゲームなどの強い光や音などに影響されることもあります。
さらに臭いや気温の変化などによって辛い頭痛に見舞われてしまうことも少なくありません。

最も注意しなければいけないのはストレスです。
学校がストレスになってしまっている子供の場合、偏頭痛との関係が疑われます。
子供は感情や欲求を溜めこみがちです。
良い自分でいようと感情を内にため込んでしまうことでストレスを感じてしまうこともあるでしょう。
このような気質を持った方の場合、身体に不調をきたすことがあります。
その例として頭痛や過敏性大腸症候群などが挙げられます。
このように様々な事が原因となり辛い頭痛に悩まされることもあるので、まずは食生活や生活習慣の乱れを改善することも大切です。
さらにストレスを上手に発散できるように周りの大人が手助けするといいでしょう。

改善法をチェックしてみよう。

偏頭痛によって生活に支障をきたしてしまうこともあります。
熱が無いことからと軽く考えてしまう方もいますが、偏頭痛の痛みが疑われる場合には頭痛の専門医などを受診して適切な治療を受けることをおすすめします。
偏頭痛になりやすい子供の特徴として乗り物酔いをしやすかったりぜんそくやアレルギーがある、几帳面な性格であることも挙げられます。

また身近な肉親に偏頭痛で悩んでいる場合も要注意です。
偏頭痛は遺伝的要素が高く、母親が偏頭痛の症状を持っていると約70%の子供が遺伝すると言われています。
現在、簡単なセルフケアで改善することもできるのでチェックしてみましょう。

まず規則正しく食事をさせることを心がけます。
さらに睡眠をきちんととり規則正しいスケジュールで生活することが大切です。
また毎日の運動も欠かせません。
ただし適度な運動がベストであり、させ過ぎてしまうと逆効果です。
ストレスや激しい運動や気候の変化などが要因になってしまっていることもあるので、まずはこれらに対応できる強い体を日々の生活の中で作ることが大切です。
原因をきちんと探り的確なケアを行なうことで辛い偏頭痛は改善できます。

偏頭痛とどう違う?「緊張型頭痛」

頭痛の中でも多くの割合を占めているのが「緊張型頭痛」と言われるものです。
緊張型頭痛は頭全体が圧迫されているかのような鈍い痛みが特徴で、首や肩など頭から背中にかけての筋肉が緊張することにより血流が悪くなることが原因です。
血流が悪くなると筋肉内にある乳酸などの老廃物がうまく排出されず、それらが周囲の神経を刺激することで頭痛を引き起こすのです。
血流の増加から起こる偏頭痛とは原因が正反対の為、当然その対処法も違ってきます。

まずは偏頭痛なのか緊張型頭痛なのかを見極めることが大切です。
頭や体を動かしてみて痛みがひどくなるようなら偏頭痛、痛みが和らぐようなら緊張性頭痛の可能性が高いので、その場合はストレッチやマッサージをして筋肉の緊張をほぐしてあげましょう。
シャワーや蒸しタオルなどで首筋を温めるのも効果的です。
日頃運動不足だったり同じ姿勢を取り続けているような場合には、定期的に軽い運動をすることで緊張性頭痛の慢性化を予防することができます。
また、精神的なストレスも自律神経に作用し血流を悪くする要因となっている場合がありますので、上手くストレスを解消してリラックスすることも重要です。

重度の頭痛は「髄膜炎」や「脳腫瘍」かも

髄膜炎とはウイルスや細菌などに感染することにより脳や脊髄を覆う保護膜に炎症が生じた状態のことで、頭が割れるような強い頭痛を感じる場合が多いようです。
風邪や疲労で免疫力や体力が落ちている時に罹りやすく、症状も高熱や嘔吐など風邪と同じようなものが現れます。
風邪やインフルエンザウイルスによって罹る場合には、その症状が髄膜炎なのか元々の風邪からくるものなのか判断がつきにくいです。

判別するポイントとしては髄膜炎の場合は首に痛みを感じたり板のように硬くなってしまい、下を向くことができないと言った特徴的な症状が現れることがあります。
症状が急激に悪化したりウイルスや細菌の種類によっては最悪の場合は死に至ることもあるので、普段の頭痛と痛み方が違ったり痛みの他に症状がある場合には速やかに病院を受診しましょう。

また脳腫瘍が原因で同じく強い頭痛が引き起こされている場合もあります。
脳腫瘍の場合も吐き気などの症状があらわれることがありますが、偏頭痛や髄膜炎と違うのは数日から数カ月をかけて症状が悪化していくという点です。
また脳圧が高くなる起床時に最も痛みが強く、嘔吐により脳圧が下がると痛みが和らぐという特徴があります。

突発的な頭痛は「くも膜下出血」の可能性

他の頭痛とは違い、突発的に強い頭痛が起こるのがくも膜下出血です。
くも膜下出血とは脳内の血管にできたコブが破裂したり、外傷を受けたために頭の中で出血することで引き起こされます。
まるでハンマーで殴られたような強い痛みが突発的に起こるのが特徴で、同時に吐き気や意識障害といった症状が起こることも多いです。
処置が遅れると死亡する確率も非常に高く、死亡を免れても重い後遺症が残ってしまうケースも多くあります。
何の前触れもなく突然に頭痛が起こった場合には速やかに病院へ行きましょう。

また頭部に外傷を負った時には大したことない場合でも検査をしておくか、慎重に様子を見たほうが良いでしょう。
その時は何ともなくても、じわじわと頭の中で出血している場合もあるからです。
くも膜下出血を予防するためには食生活の改善や適度な運動が大切になってきます。
喫煙や暴飲暴食は避け規則正しい生活を送ることが予防の第一歩です。
また、くも膜下出血は発症するまで自覚症状がないことが多く発症して初めて気づくというケースが少なくありません。
定期的に検診を受けることで早期発見につながり発症を予防することができます。

偏頭痛を防ぐためにできること

偏頭痛とは吐き気などを伴う激しい頭痛で普段の生活に支障を伴うこともあります。
偏頭痛が起こる原因はいろいろ考えられます。

例えば脱水症状で水分が不足していると激しい頭痛が起こったりします。
女性であれば生理痛として起こることもあります。
現代社会においてはストレスも原因のひとつとなり得ます。
原因はいろいろありますが偏頭痛を防ぐためにできることを考えてみましょう。

まず毎日簡単にできることは水を普段からたっぷり取る習慣をつけることです。
1日、2リットルを目安にするとよいでしょう。
夏場は汗をかく量も増えるので少し多めに取る習慣をつけましょう。

ビタミンを食事からたっぷり取ることも大事ですので毎日の食事にフルーツを取り入れるとよいでしょう。
ストレスを軽減するために適度な運動をすることも重要でウォーキングやストレッチ、ヨガなども効果的です。
お風呂やサウナで身体を温め血行を良くすることも大事ですから汗と共に激しい頭痛も洗い流しましょう。
そして、汗をかいたら忘れずに必ずたっぷりと水分補給をしましょう。
以上のことを習慣づけることで激しい頭痛の原因を未然に防ぐことを心がけましょう。

偏頭痛のツボとマッサージ

普段から偏頭痛を防ぐことを意識して生活していても偏頭痛が起こることがあります。
偏頭痛が起きた時の自分でできる簡単なマッサージ方法を紹介します。

まずは顔のマッサージから始めましょう。
親指と人差し指を使って顎から耳の付け根あたりまで、小さな円を描くようにマッサージします。
その後、耳の付け根から首筋まで4本の指を使って流れるように肩のあたりまでマッサージします。
さらに腕と肩の付け根部分を親指と人差し指を使って強く揉みほぐしましょう。
顔に戻り目の周りをマッサージするのもよいでしょう。
指の腹を使って、目の周りを強めに刺激しましょう。

頬は拳で円を描くように下から上に向かってマッサージします。
こめかみのあたりも同様に拳を使って強めに刺激しましょう。
顔の筋肉は普段あまり意識することがないのではないでしょうか。
頭痛でなくても日頃から習慣的に顔マッサージをすることで頭痛の原因を軽減することにもつながります。
マッサージをするときにオイルを使うことも効果的です。
5ml程度のオリーブオイルやココナッツオイル、グレープシードオイルなどにラベンダーオイルなど鎮痛作用のあるエッセンシャルオイルを加えてマッサージするとさらに効果的です。

偏頭痛を軽減するためにできるストレッチ

偏頭痛が起こったときの対処法としてストレッチをすることによって痛みを軽減することが挙げられます。
時間とお金に余裕があればヨガクラスに参加することをお勧めします。
ヨガには効果的なストレッチからゆっくりとした運動によって血行を促進させ頭痛を汗と共に洗い流すことができます。
ただ平日の仕事中であれば、ヨガクラスに参加というわけにはいかないので空いた時間にできる簡単なストレッチを紹介します。

まずは首の運動からゆっくり行いましょう。
首を前、後ろ、左右へそれぞれゆっくりと両手を使って押し首のスジを伸ばすように運動をしましょう。
そして、ゆっくりと時計回り、反時計回りと交互に行います。

次に腕と肩の関節の運動を行います。
まず左腕をまっすぐ右側に伸ばします。
伸ばした左腕に右腕を絡め、右側へ引っ張るようにスジを伸ばします。
右腕も左腕と同様にスジを伸ばしましょう。
さらに両手を天井に向かって突き上げて、両手を組み運動を行いましょう。
両手を突き上げた状態のまま、お辞儀をするように腰から身体を曲げましょう。
オフィスでも場所を取らずに簡単に身体をほぐすことができますので普段から習慣的に行うことで頭痛予防にもなりますからぜひ実践してみてください。