プロポリスがもたらす「美肌効果」と、アンチエイジング効果はどんなもの?

beauty




プロポリスとはどのような物なのか?

現代の日本では、様々な方が美容や健康に気を使っているとされています。
実際にテレビや雑誌などのメディアで健康や美容がテーマとして取り上げられていますし、インターネットの発達に伴い様々な口コミなども投稿されています。
また多くの企業から健康食品が販売されていますし、同じ様に美容に役立つ商品も販売されています。

現在のところ非常に多数の商品が販売されていて様々な成分が美容や健康に良いとされていますが、その中でもここ数年で認知度が高まっているのがプロポリスになります。

プロポリスとはミツバチが採取して巣に使う物ですが、高い殺菌効果があるとされ美容にも健康にも効果が期待できるとされています。
そもそもプロポリスは、ミツバチが巣の周辺にある植物の樹脂や樹液に唾液を混ぜたものになります。

このプロポリスを巣の入り口や隙間に使うのですが、主目的は殺菌になります。

基本的に巣の中は湿度が高くなりやすく、雑菌などが繁殖しやすい環境になっています。
ですので巣の中を清潔にする必要があるのですが、人間のように掃除をする事がありませんので殺菌が重要なポイントになります。
また巣の中でミツバチが死んでしまったりする事もありますので、その腐敗を抑制する効果があるとされています。

なお、プロポリスと言う名前はギリシャ語が元になっていると言われています。
ギリシャ語で前を守ると言う意味の「プロ」と都市を意味する「ポリス」が元になっていて、巣を守ると言う意味でプロポリスと名付けられたとされています。

プロポリスにはおよそ300種類以上の生理学的活性成分が含まれていますので、様々な効果が期待できるとされています。
なおプロポリスは基本的に希少価値が高いので、高級な物は比較的高い値段の商品になっている事が多く見られます。

girl

プロポリスの美肌効果について

高い殺菌効果があるプロポリスですが、美肌効果もあるとされています。
プロポリスにはフラボノイドなども含まれていて、抗ストレス効果や抗菌効果などがあります。
そのため天然の抗生物質とも呼ばれる事があり、海外では医薬品に分類され癌の治療などにも使用されています。
またプロポリスの主成分であるフラボノイドには、高い抗酸化作用がある事が最近の研究で判明しました。

元々、フラボノイドはポリフェノールの一種で美容や健康に効果的とされていましたが、その中でも特に抗酸化作用が高い事が分かりました。
抗酸化作用は活性酸素を抑える効果の事で、簡単に言うと体が錆びる事を防ぐ効果の事を指しています。
抗酸化作用があるものを体内に入れる事で老化の防止や新陳代謝の正常化が期待できるとされています。

基本的に肌の新陳代謝はターンオーバーと呼ばれおよそ一ヶ月で行われますが、ターンオーバーが正常に行われない場合にはシミやくすみの原因になってしまいます。
この症状を改善するためにもプロポリスは効果的とされています。
なおプロポリスの摂取方法ですが、サプリメント以外では、基本的には液体の物を飲み物に落として使用します。
一般的にはこの方法が選ばれており、多くの方が飲み物に混ぜて摂取しています。
ただ、更なる効果を求める場合は直接、肌に塗ると言う方法もあります。
具体的には、化粧品のように肌に塗ったり市販されている化粧品に混ぜて使ったりします。

しかし、この方法は万人向けとは言えないとされています。
と言うのも上記のように高い殺菌効果がありますので、肌に強い刺激が加わる事になります。
肌が弱い方などはその刺激が原因で肌荒れを起こすことがありますし、場合によっては腫れる可能性もあります。
そのためこの利用方法をするのであれば、最初の内は様子を見ながら使用する事が推奨されています。

プロポリスの良い理由

プロポリスは、様々な植物の樹液や花粉と蜜蜂の分泌物が混ぜ合わさって生まれたものです。
プロポリスの本来の目的は、蜂の入り口付近にあって内部を守る役割をしています。
雨、風、外敵などから巣を守り、高い殺菌、消毒作用があるため衛生環境を整えます。

植物が自分の身を守るための樹液や花粉と4000万年前から生き続ける蜂との分泌物ですから高い抗菌作用はもとより、優れた抗酸化作用もあります。
プロポリスの持つ抗酸化パワーが美容と健康のアンチエイジングにはかかせない成分をたくさん持つ天然のサプリメントの理由です。
老化の原因ともいわれる活性酸素は、細胞を酸化させて傷つけ様々な病気の原因にもなってしまいます。
口や鼻から入る空気や食べ物、医薬品などで増える活性酸素は、もともと体内にある酵素で分解されますが、大量の活性酸素には追いつきません。

さらに現代特有のライフスタイルは、活性酸素を増やす一方です。
食生活での添加物、アルコール、喫煙、医薬品による活性酸素やストレスにより活性酸素をもつ副腎皮質ホルモンの過剰分泌、紫外線、放射能の吸収により体内で増える活性酸素ときりがありません。

そこで血液や臓器などあらゆる場所でダメージを与える活性酸素の抑制が、体内のアンチエイジングにつながります。

プロポリスは抗酸化に高いパワーもつビタミン、ミネラルも豊富に配合されて高血圧、糖尿病など生活習慣病などの予防にも活躍します。

また口元はアンチエイジングでは、注目のポイントです。
コミュニケーションでの美しい笑顔のチャームポイントに、消化にとっても大切な歯は健康につながるものです。

プロポリスの高い抗菌作用が、歯周病の改善に大きな力を発揮することがわかってきました。
このような健康面でのアンチエイジングは、美容への効果にも影響していきます。

girl

加齢に大切なプロポリス

プロポリスのもつ抗酸化作用は体内の血液、皮下組織で増える活性酸素に力を発揮して肌環境を整えます。
プロポリスの中の成分のフラボノイドが、活性酸素の生成、抑制をコントロールする素晴らしい力をもってきます。
フラボノイドの強力な作用により新陳代謝が活発になり、内部から細胞の若返りに期待ができます。

加齢とともに気になるシワ、たるみ、乾燥などの予防にもアンチエイジング効果を担っています。
加齢によって蓄積した活性酸素が肌のターンオーバーのサイクルを乱しておこる老化現象を改善して、ターンオーバーを早めてツヤ、ハリを取り戻し美しいスキンケアにかかせない成分をたくさんもっています。
さらに紫外線の吸収によって肌内部で増える活性酸素のダメージを排除するパワーは、女性には嬉しいことです。

フラボノイドの一種のイソフラボンは、女性の大切なホルモンのエストロゲンと非常によく似た働きをしてアンチエイジングに重要な成分でもあります。
ホルモン効果のあるイソフラボンは肌にハリ、ツヤを与えるだけでなく髪の毛に潤いを与えて、いくつになっても女性らしい魅力を保つことができます。

年齢とともにどんどん失うホルモンは、私達の身体の心身ともにおこる不調の原因になっています。
動悸、頭痛、めまい、イライラなど酷い場合は、うつ状態にまで発展してしまうケースもあります。

最近の更年期障害は女性だけでなく男性にも出始めています。
疲労感が強くなったり、好奇心がなくなったりホルモンの影響は思いのほか大きなものがあります。

プロポリスはお薬ではないので、副作用は一切なく天然の抗生物質です。
プロポリスはお薬のように即効性はありませんが、徐々に改善して体調と素肌を実感できるようになります。
またライフスタイルの見直しや適度な運動でさらに早く実感できるようにもなります。

美容のためにプロポリスを摂るならどんな摂り方が効果的?

現在では、様々な種類の健康や美容に良いとされる商品が販売されています。

例を挙げればキリがないくらい多数の商品がありますが、その中でもここ数年で認知度が高くなっているのがプロポリスになります。
ただプロポリスはローヤルゼリーと混同される事が多く、正確な効果などが認知されているとは言えません。
そのため、まずはプロポリスの効果や効能を把握しておく事が重要なポイントになります。

まず、プロポリスの最大の特徴は高い殺菌作用になります。
そもそもプロポリスはミツバチの巣などに使用され、ウイルスや細菌の侵入を防いだり巣の内部や自身を清潔に保つ効果があるとされています。
したがって高い殺菌作用を持っており、天然の抗生物質と呼ばれる事があります。
実際に海外では医薬品に分類されていて、癌の治療などに使用されています。

また高い殺菌作用により水疱性口内炎ウイルスや単純ヘルペスウイルス、センダイウイルスなどに抗ウィルス効果が確認されています。
なおウイルス以外にも花粉症やものもらい、アトピー性皮膚炎や関節炎など様々な病気や怪我に効果が期待できるとされています。
さらに、プロポリスには美容効果もあるとされています。
抗菌効果や抗炎症効果、抗酸化作用などが美容に効果的とされ、石鹸やシャンプー、歯磨き粉などにも配合される事があります。

また肌のシミやそばかす、ニキビなどにも効果を発揮し、老化を防ぎ若返ったように見える効果もあるとされています。
様々な効果が期待できるプロポリスですが、副作用を心配される方もいらっしゃいます。

しかし、現在のところは決定的な副作用は報告されていません。
ただし、すべてのプロポリスが安全なわけではなく、粗悪な商品や品質の低い商品などの場合は便秘や下痢などの副作用があると報告されています。

bee

プロポリスの効果的な摂り方について

基本的にプロポリスを摂取する際には、サプリメントか液体の2種類になります。
その他にもキャンディータイプなどもありますが、多くの場合はこの2種類の内から選択することになります。

サプリメントの場合は、特に気にするポイントはありません。
一般的に摂取されている他のサプリメントと同じように水で飲めば大きな問題はないとされています。
しかし液体の場合には、やや工夫しなくてはならないケースがあります。
と言うのも液体のプロポリスは内側から摂取しますので吸収率は高いのですが、非常に飲みづらく感じます。

もちろん個人差はありますが、基本的にアルコールで抽出されていますので味や匂いが強い場合がほとんどになります。
なので、そのまま飲むことはほぼ不可能になっています。

一番多く用いられている方法は、大量の水で薄める方法になります。
コップに入れた水にプロポリスを数滴落として、それを飲むと言う方法になります。
しかし一番多く用いられていると言っても、それでも飲めない方がいらっしゃいます。
その様な方の場合は、牛乳やジュースで割って飲むことが良いとされています。
最も効果的に摂取するためには、純粋な水で飲むことが良いのですが、どうしても飲めない場合は味のついたものでも良いとされています。

摂取できないよりはできたほうが良いので、あまり推奨はされていませんが牛乳やジュースで割って飲むことも次善の策とされています。
また、それでも飲めないと言う場合にはカプセルなどに入れて飲むと良いとされています。

なおプロポリスの吸収率を最大にするためには、空腹時に摂取する必要があると言われています。
空腹時は栄養の吸収率が高くなっているのでそのように言われていますが、同じように吸収率が上昇している食事の直後も良いとされています。

beautiful

女性特有の「更年期」の症状をプロポリスで改善!

プロポリスは様々な樹木から集めた樹脂とミツバチの唾液がミックスされたワックス状のものです。
ミツバチは4000万年以上もの昔から絶滅する事なく存在しつづける昆虫でプロポリスは天然の抗生物質といわれています。

効果、効能はたくさんあって、風邪を始めとする感染症予防、生活習慣病の予防、抗酸化、抗がん作用、アトピーの改善などあらゆる方面に期待される天然の抗生物質です。
これほどのパワーをもつ、源は高いレベルの抗酸化パワーによるものです。

抗酸化パワーはすべての病気、老化の原因になる活性酸素を除去するパワーです。
活性酸素は紫外線、食生活、取り込む酸素、日常生活のストレスで増加して、血行や新陳代謝をさまたげて、攻撃性が強いため、身体中の細胞を傷つけてしまいます。
さらに身体の中だけでなくその悪影響は肌表面にも及び、くすみ、シワなどの老化は美容の敵でもあります。

プロポリスの抗酸化パワーの強さは、治療の難しい歯周病、水虫などにも効力を発揮します。
プロポリスのすばらしさは、この抗酸化作用とそれによって高い免疫力を維持できることにあります。
この高い免疫力からアトピー性皮膚炎を始め様々なアレルギーに対しても効力が認められる点も実証されています。

さらに天然のため、医薬品の抗生物質と違って副作用はいっさいありません。
ライフスタイルの見直しと、このプロポリスの服用だけで健康と、アンチエイジングが手に入る注目のサプリメントです。
現在は商品化が進みサプリメントも錠剤から液体タイプまで、エイジング化粧品、歯周病予防の歯磨き粉やスプレー、キャンディーなどあらゆる種類が登場しています。
液体のタイプは匂いと苦みがありますので、プロポリスに慣れていない方には難しい場合もあります。

ごく稀にアレルギーが出る型もいますが、いったん身体の中の毒素をだしてしまう場合もありますので、プロポリスによるものかどうかは経緯を見ないとわからない場合もあります。

プロポリスとホルモンの関係

抗酸化作用でも注目のプロポリスですが、さらにビタミン、ミネラル、女性ホルモンとおなじ働きをするフラボノイドが多く含まれているので、更年期障害にも大きな効力があります。
更年期のサプリメントにはたくさんの種類が出回っていますが、即効性はなく結構時間のかかるものです。
さらに更年期の医薬品や漢方薬などは体質、更年期の種類も様々あってピッタリのお薬を探し出すことは大変です。
更年期の症状自体に、ホットフラッシュ、動悸、めまい、うつなど、移行する場合もあります。

最近では、男性の更年期も注目をあびる程、多くなる中、プロポリスは、体質、病状、男女問わず安心して服用出来るサプリメントです。
更年期には個人差がありますが、女性ホルモンの乱れ、低下によって発症する病気で人によってては何年間も長引く場合があります。
そんな女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似た働きをする成分にイソフラボンがあります。

よく大豆イソフラボンなど健康食品で耳にしますが、プロポリスにはフラボノイドの中にこのイソフラボンが豊富に含まれています。
更年期でいっきに減少したエストロゲンの不足をプロポリスが持つイソフラボンが何の副作用もなく改善させてくれます。
特にホットフラッシュ、めまい、肌の乾燥には効果があります。

さらにイソフラボンだけではなく、その他のフラノボイドはもちろん、ビタミン、ミネラル、アミノ酸も同時に身体に取り入れることが出来る総合的なサプリメントです。
プロポリスは医薬品のように急激に作用するのではなく、じっくりと身体をケアしてくれるもので長い服用でも安心です。

原料となる成分は、産地、起源植物、ハチの種類によって大きな差があります。
特に産地は重要でブラジル産のプロポリスは世界最高といわれていますがマヌカハニーで有名なニュージーランドのプロポリスも非常に人気が高くなってきています。
プロポリスの効果を裏付ける桂皮酸誘導体(ピクノジェノールやフラバンジェノール)やフラノボイドなどの含有率が決め手です。

おすすめ!プロポリスとハーブティーの相乗効果でおいしく美しくなっちゃおう!

プロポリスとは、ミツバチが様々な樹木から集めた樹脂を咀嚼して、ミツバチの唾液とミックスさせたワックス状のもので、人工的には生成することの出来ない貴重なものです。
自然界の抗生物質とも呼ばれています。
プロポリスには様々な効果、効能があることが研究、実験によって実証されています。

主なものに、感染症予防、生活習慣病の予防、抗菌作用、抗酸化作用、抗がん作用、アレルギーの改善などがあります。
中でも近年、プロポリスの主成分であるフラボノイドが持っている抗菌作用、抗酸化作用が美容、美白にも効果があるという事に注目が集まってきています。
そして、さまざまな化粧品やサプリメントの成分にも利用され始めています。

なぜ美容や美白に効果があると繋がるかというと、プロポリスの主な抗菌作用には外部からの有害な刺激から身体を守るという働きがあります。
抗酸化作用とは、様々な病気、老化の原因となる活性酸素を除去するパワーの事です。

活性酸素は紫外線を過度に浴びる事や日常生活の中で受けるストレスなどで増加して、血行や新陳代謝をさまたげるだけでなく、細胞まで傷つけてしまいます。
その影響は肌にも悪影響を及ぼします。
新陳代謝が低下すると肌のターンオーバーが正常にできなくなり、しみ、シワ、くすみ、たるみなどの原因にもなり美容にとっては大敵です。
この活性酸素を除去することでアンチエイジングを手に入れることが期待できるのです。

また、抗酸化作用によって高い免疫力を維持することが出来るため、アトピー性皮膚炎による肌荒れ軽減や美白にも効果的です。

プロポリスの成分は産地、起源植物、ハチの種類などによって大きな差がでます。
特に、フラボノイドの含有率が多い程、細胞に働きかけるパワーも高くなりますので、出来る事なら高品質の安価で産地もあやふやなプロポリスよりもGMP認可の産地のしっかりとしたプロポリスを選ぶようにしてください。

tea

プロポリスとハーブティーは好相性

プロポリス以外にも美容効果に優れていると言われているのがハーブティーです。
ハーブティーは健康に良いと言われていますが、美容効果にも注目が集まっています。
体内を正常化する働きがあり、肌トラブルを引き起こす要因を最小限にしてくれます。
ハーブティーにもたくさんの種類があって、その効果、効能も様々です。

美容効果があると言われるハーブティーには新陳代謝を向上させるもの、デトックス効果があるもの、老化を防ぐもの(アンチエイジング)、ビタミン類が豊富に含まれていて肌に働きかけ、美容効果を高めてくれるものなどたくさんあります。
今、巷でよく耳にするデトックス効果とは、体内に溜まった毒素を体外に排出することです。
このデトックス効果が、体内の老廃物を除去して健康的で美しい体づくりの手助けをしてくれます。

また、ハーブティーには消化器系の調整をしてくれるものが多く、便秘解消などの効果もあり、便秘による肌荒れでお悩みの方は是非お試しください。
ハーブの種類によって働きかける場所、効果、効能も違ってきますので、ご自身の美容の悩みに合ったものを選ぶ必要があります。

中には味に癖があって飲みにくい種類のものもあります。
そのような時は、数種類のハーブをブレンドして自分好みの美味しい味にしてからお飲みください。

もう一つ、ハーブティーには精神をリラックスさせる効果もあり、ストレスが溜まったときなどにも効果を発揮してくれます。

そして、なぜハーブティーかというと、ハーブティーはプロポリスとも相性が抜群なので併用すると相乗効果で効果もさらに高まります。
ハーブティーにプロポリス液を数適いれて飲んだり、ハーブの持つ美容効果とプロポリスの上記に書いたような美容効果が相まってナチュラル志向の美容効果を期待できるのです。

サプリメントでプロポリスを取る場合でも、日頃からハーブティーを飲む生活をすることでより美肌に近づくことも期待できます。
おすすめなのがマヌカハニーで有名なニュージーランドのマヌカの葉をブレンドしたマヌカフラワーデトックスティーです。

プロポリスとマヌカと、どちらも蜂の関連性がありますが、このマヌカフラワーデトックスティーはデトックスを念頭に抗菌作用のあるマヌカの葉を中心にさまざまなデトックスを促すハーブがブレンドされており、美容に注力したハーブティーで、そして、口当たりも良く飲みやすいのが特徴です。

日本のメーカーではなかなか出来ない独自のブレンドですし、こちらのブランドのティーはオリジナル性がどのハーブティーもあり非常に人気のティーです。

どちらも天然の物なのでそれ自体に医学的な副作用の心配をする必要は特にはありませんが、ハーブティーは出来るだけやはり上記に紹介したようなハーブティーのように、自然由来のものにした方がより安心です。

是非、日常生活にプロポリスとハーブティーを取り入れて健康な体と、みずみずしくハリと弾力のある美肌を手に入れてください。

美白効果も期待できちゃう!プロポリスの美容効果まとめ

プロポリスは、なんとなくハチミツに入っている成分で健康効果があるというようなぼんやりとしたイメージがあるかもしれませんが、確かに美容のためというよりは、高齢者の健康への効能がフォーカスされがちです。
しかし、最近では若い女性にもうれしい美白や美肌などの美容効果がたくさんあるとして、プロポリスは化粧品やサプリメントなどにもよく配合されるようになってきています。

プロポリスはミツバチが作り出している自然成分なので、もちろん自然派志向の人にもぴったりですし、ミネラルや葉酸まで入っているのでたとえば妊活対策をしながら美容もアップさせたいなどよくばりな女性の願いもかなえてくれるとても優秀な栄養素となっています。
プロポリスと結び付けられて語られるのはハチミツですが、まさにミツバチたちがハチミツのための巣を作るときにその巣がウイルスや菌によってやられないようにと
抗菌効果の高い成分を分泌するものがプロポリスです。

もちろん、ミツバチが作り出すものなので天然成分であり、単一の効能しかない化学薬品とも違うので、とてもバランスよくさまざまな栄養素が含まれているのが特徴でその数は40種類以上にものぼります。
中でも、アミノ酸は、ロイシンやリジンなど自分では合成できないため食事など外から摂取することが求められる必須アミノ酸をはじめ、そのほかにも、わたしたちの皮膚や髪の毛を作っていくのには欠かせないセリンや、アルギニン、プロリンなどのアミノ酸もとても豊富です。
アミノ酸はタンパク質の一種なので、これが不足してしまうとお肌や髪の毛がどんどんパサパサになって乾燥してしまいますし、もちろんコラーゲンを作ることもできなくなるため、お肌の弾力にもかかわる効能があります。
お肌の美容のための栄養素はビタミン類も特にプロポリスにはビタミンB群が豊富に配合されているため、皮脂が多めでオイリー肌の人にも嬉しいビタミン構成といえるでしょう。

さらには、妊婦さんや妊活をしているひとにも欠かせない葉酸や、健康には必須の鉄や亜鉛、カルシウムといったミネラル類までしっかり配合されているので、健康に留意しつつ美容に気を使いたい女性にもぴったりです。

さらに、あまり知られていない美容効果としては美白の効能まで備えているのがプロポリスのうれしいポイントです。
プロポリスには、プリフェノールという色素の一種であるフラボノイドが豊富という特徴もありますが、同じフラボノイドの仲間には、アントシアニンやイソフラボン、カテキンやルチンなど美容に敏感なひとならきっと聞いたことのある成分たちが名を連ねています。
このプロポリスのフラボノイドは、メラノサイトでメラニンを作らせてしまう酵素であるチロシナーゼのはたらきを抑制させる効果があるので、プロポリスのサプリメントを飲んでおいたり、プロポリスの配合されているスキンケア化粧品でお手入れをしておけば紫外線に多くさらされるような季節であってもシミを作らせることを抑制して透明感のある美白を実現することができるのです。

さらに、このプロポリスにも含まれるフラボノイドは、普段からカラダにしっかり摂取させておくと乾燥によるストレスにも強いお肌を作って行ったり、高い抗酸化作用があるためにお肌の老化の大敵である酸化という現象にもストップをかけることができるとされています。

このように、昔から滋養強壮や健康にと重宝されてきたプロポリスなので若いうちからこの効能の恩恵を受けていれば、より早い時期から老化にストップがかけられ、シミやシワなどのお肌のエイジングへの対策としてもぴったりであり、薬ではなく自然成分なので飲み合わせの心配もなく、誰でも気軽に取り入れられます。

プロポリス ( フラボノイド 配合 ) サプリメント

プロポリス ( ピクノジェノール フラバンジェノール 配合 ) サプリメント

プロポリス ( 赤ブドウ エキス ポリフェノール 配合 ) サプリメント