不眠症の原因や改善方法、良質な睡眠をとるために。睡眠が及ぼす影響とは?




睡眠と育毛の密接な関係とは?

睡眠と抜け毛、薄毛は実は密接な関係にあります。
髪の毛を育てる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため眠る時間が短すぎる人は髪の毛が育つタイミングを逃していると言えます。
眠っている間に成長ホルモンを分泌させてくれる副交感神経を活発にすることも育毛に欠かせない要素です。
髪の毛はタンパク質でできていますので、タンパク質の合成を高める成長ホルモンが必要になります。
そして最初の3時間に大量の成長ホルモンが分泌されます。

ヒト成長ホルモンが髪の成長を助け、脳と体をリフレッシュしてくれますから、強い髪を作るためには、多くの成長ホルモンを分泌させる必要があります。
最低限必要な時間は7.5時間が良いと言われていますが、なかなか時間を確保できないと言う方は眠りの質を高める様に工夫しましょう。
寝ている時の人間は深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。

よく1.5時間の倍数で起きるとスッキリすると言われるのはこれが論拠です。
人間の新陳代謝は午後10時頃から午前2時頃までがゴールデンタイムと言われており、髪もその影響を受けます。
成長ホルモンは頭皮が受けたダメージを修復してくれる効果もありますから、深夜は体にとって成長と疲労回復の時間と言えるでしょう。

夜更かしが原因で薄毛になることもあります。
朝起きて、枕に散った髪の毛を見て不安になった事はありませんか?
えりに付いた抜け毛も心配の種ですね。
そもそも髪の毛は毎日約80から90本くらい抜けますし、季節によってはもっと抜けることもありますから過剰に心配する事はないはずです。
しかし、抜ける本数が多く生え変わる本数が少なくなってくると、明らかに頭髪が薄くなって見えます。
こうなると何か原因を探り解決する必要があります。

その原因の1つに睡眠不足があると考えられています。
睡眠不足は血行が悪くなる原因でもあります。
すると頭皮に栄養が行き届かなくなるために新しい毛が薄く、弱くなりがちです。
また、過剰に皮脂が分泌され毛穴を塞いでいることも考えられます。
皮膚には常在菌という菌がいて、普段は病原菌の侵入を防ぐ抗体の様な働きをしてくれているのですが、睡眠不足による男性ホルモンの低下がこの常在菌のバランスを崩し、頭皮にトラブルを起こすこともあります。

このように、夜更かしは育毛の観点からは決して良い状態とは言えないでしょう。
そもそも、人間の体はダメージを受けると重要な部位、つまり内臓から先に回復しようとエネルギーを回します。
髪の毛の優先順位は低い為に不健康になると真っ先に影響が出てしまうのです。

では、抜け毛予防する為にどんな睡眠をとるべきなのでしょうか。
出来ればたっぷりと眠りたいところではありますが、仕事が遅くなれば午後10時までにぐっすりと就寝などという余裕はなかなかできないでしょう。
せめて日付が変わる前、0時には眠りたいところです。

質の良い睡眠とはどのようなものでしょうか?
就寝する時間が、日によってバラバラなのは良くありません。
人間の体は無意識のうちに睡眠のサイクルを記憶しています。
毎日同じ時刻に就寝すれば副交感神経もその時間を覚えて活動するためストレスがかからずに高い効果を発揮します。
逆にサイクルがバラバラになると、眠っている時間が長くてもストレスがかかり成長ホルモンの分泌も不足します。
他にも、寝る前の行動も育毛には関係しています。

寝る前に食事をしてしまうと、人体は食事を消化する為にエネルギーを費やしてしまい育毛までエネルギーが回りません。
そもそも脂分が多い食事は髪の毛にはよくありませんから、夜食をして〆にラーメンなどというクセがある人は髪の為にも考え直しましょう。
ヘアケアに必要なことは生活習慣の見直し、特に決めた時間に深い睡眠を取る事がとても大事になってきます。
ぜひ毎日の睡眠を見直して薄毛予防に役立ててください。

睡眠時間はどのくらい必要?質と長さの関係は?

睡眠時間は8時間が良いとされていますが、人間は生きていく上で睡眠は重要なものであり欠かせないものとなっています。
睡眠は短すぎるのも良くないし、また長すぎるのもよくありません。
睡眠には、最適な睡眠時間があります。
一般的には8時間が良いとされていますが、個人によって違いがあり一概に8時間がベストとは言えません。

6時間から8時間の間で、朝の目覚めがよく頭もスッキリしており、疲れも取れているといった状態が自分にとってベストな睡眠時間と言えるようです。
人のアドバイスや情報などを参考にすることは大切ですが、自分で試してみて探っていくのが一番いい方法だといえるようです。
たまに仕事が忙しい人や、やりたいことがたくさんあって睡眠時間が3時間ぐらいと短く、それでもぐっすり眠れているから大丈夫だという人がいます。
そのときは大丈夫かもしれませんが、やはり短時間睡眠というのは長期的に考えるといいものではないようです。

また睡眠が長すぎるのも、一見よさようにみえますが体にとってはあまりいいことではないようです。
糖尿病や脳卒中などになるリスクは短時間睡眠や、長時間睡眠をとっている人に多く見られるようですので毎日、適度な睡眠時間を確保したほうが良さそうと言えるでしょう。

そして、睡眠は質も重要です。
睡眠は適度な時間も大切ですが、同時に質も大切なことです。
きちんと8時間をとっていても質の良くないものだと意味はありません。

質の良い睡眠とは、朝起きた時に頭がスッキリしていて、疲れが取れていて昼間に眠気に襲われることはなく、自分のパフォーマンスを最大限に発揮できることをいいます。
睡眠の
質が良くないと、頭が呆然としてしまったり、昼間眠くなってしまったり、能力を十分に発揮できなかったりします。
では質のよいものにするためにはどうしたらいいのか?というと日頃の生活習慣を少しずつ変えていくことです。

寝る前にやらないほうがいいことがあり、それは寝る一時間前はできるだけテレビを見たりパソコンやスマホをいじったり、ゲームをしたりしないほうがいいようです。
脳が興奮状態となり寝つきが悪くなり質の良い睡眠ではなくなるからです。
熱い風呂に入るのも脳を興奮させてしまうためあまりよくないようです。
また、カフェインも寝る前は控える方にしましょう。
良い睡眠を得るためには、寝る前には軽いストレッチをしたり照明を落としたりして寝る準備をすることが大切です。
そして、お風呂はぬるめの風呂にゆっくりとつかったほうがよく寝られるとともに質の良い睡眠も得られるようです。

レム睡眠と、ノンレム睡眠とは?

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。
人間が寝ているときは、この2種類の睡眠を繰り返しています。

レム睡眠とは、浅い眠りのことで体は寝ているのだけど
脳は寝ていなくて活発に動いている状態をいいます。
この状態のときにトイレに行きたくなったり、夢を見たりすると言われています。
また金縛りにある人もいるようですが、金縛りもこの状態のときに起こります。
目覚めのときはこのレム睡眠のときに起きると頭がスッキリするようです。

ノンレム睡眠とは、深い眠りに入っている状態で脳も身体も完全に寝ている状態のことをいいます。
言わば、何も考えていない状態で脳も体も開放されているのですから、日頃のストレスはこのときに解消されていると言われています。
またこの状態のときにホルモンが分泌されており、寝ている間にエネルギーが使われているのです。
ついつい居眠りしてしまうことがありますが、居眠りはこのノンレム睡眠であると言われています。
寝たのだけど何となく疲れが取れていないということがありますが、これはレム睡眠の時間が長いことから起こるようです。
よい睡眠を得るためには、この2つの睡眠をバランスよく取ることが大切なことと言えるでしょう。

大人の理想的な睡眠時間は?

理想的な睡眠時間は8時間と言われていますが人間が生きていく上で欠かせないのが睡眠することで、やりたいことがたくさんある人には無駄な時間に思えるかもしれませんが、健康に過ごすために、また自分の能力を十分に発揮するには睡眠は必要なのです。
では睡眠時間はどれくらいにしたほうがいいのかというと、一般的には8時間と言われています。
これは誰でも当てはまるものではないのですが、パフォーマンスを十分にあげるには6時間から8時間の間で自分の頭がスッキリしたと思えるのが理想的な睡眠と言われています。
しかし睡眠は同時に質も重要で、起きたときにスッキリ感がなかったり、頭が呆然としてしまったり、倦怠感が残ってしまっては良いとは言えません。
また寝つきが悪かったり、睡眠中に何度も起きてしまうのも質が良いとはいえません。

質を高めるには、不安やストレスを取り除くのも大事ですが普段のちょっとした心がけも大切です。
寝る前にできるだけやらないほうが良いことで多いのは寝る前にパソコンをしたりスマホをしたりすることです。
どうしてもやってしまいがちですが、脳を興奮させることになり寝つきが悪くなります。
寝る前には軽いストレッチをしたり、照明を間接照明にするほうがいいようです。

また、寝不足も寝すぎも良くないです。
睡眠は人間に必要なもので、健康や自分の能力を発揮する上で欠かせないもので、日本人は忙しいことが良いことのように思われています。
忙しい人はよく3時間しか寝てないとか話しているのをよく耳にしますが、本人にとっては忙しいのはいいのかもしれませんが健康の上では良くないです。
たとえ3時間の睡眠で頭がスッキリしたとしても良くないことなのです。

ではたくさん寝るのは良いことなのかというとそうでもなくて、寝すぎるのも逆に体に悪い影響を与えてしまうようです。
糖尿病や脳卒中など重大な病気にかかってしまうひとは、短い睡眠や逆に長い睡眠をとっている人に多く見られ、6~8時間寝ている人は少ないようです。
そのほかに、仕事のときは短時間で休みの日はたくさん寝て家でゴロゴロしているという人も多いようですが、仕事の日と休みの日にかかわらず、毎日理想的な睡眠を取るほうが健康にも能力を発揮する上でもいいようです。

それに寝不足になると太ってしまうこともあるようです。
寝ている間も人間はエネルギーを使っており、寝る時間が短いとそのエネルギーを使う時間が減ってしまうので肥満につながりやすいということです。

また睡眠が不足すると人格が変わることもあるようです。
やることがたくさんあって忙しいひとは、どうしても寝不足になってしまいがちです。
それで質の良い睡眠が得られていればいいのですが、寝たいのに寝られないという人は体に疲れが残ってしまっていてイライラしてしまうこともあります。
イライラしてしまっては、本人にとっても良くないに周りの人も迷惑です。
それに寝不足になると、人によっては人格が変わってしまうという恐ろしいこともあるようです。

良くない宗教や、悪徳占い師などは、よく洗脳させるために寝る時間を与えないようにするそうです。
寝る間を与えないようにすることで、その人に考える能力をなくさせていき、その人の心をコントロールして思いどおりに操っていくのです。
同時に自分の意思のない無気力な人間にしていくのです。
それまでがどんなにやる気があって積極的な人間であったとしても、洗脳されると無気力になってしまうのです。
やることがあって寝る間もないぐらい忙しいという人は、自分にとっては充実しているかもしれませんが、ただ日々の仕事に追われているだけで自分の大事なことを見落としているかもしれません。
大事なことを見つけるためにも適度な睡眠は必要なのかもしれません。

睡眠不足がもたらす様々なリスクとは?

赤ちゃんから高齢者まで、誰もにとって必要な時間は睡眠時間です。
私達の人生の3分の1は眠るための時間と言われていますが、勤勉な日本人は他の国と比べて睡眠時間が短い傾向にあります。
睡眠時間は、長ければ長いほどいいわけではありませんが、多くの調査では、睡眠不足は死亡率を高めることが分かっています。
睡眠不足になると、ホルモンの働きによって食欲が増すため、肥満になる原因の一つとも考えられています。
他にも、糖尿病、高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因にもなることが分かっています。

また体への影響だけではなく、物事をネガティブに考えてしまうなど精神面にも大きな影響を与え、場合によってはうつ病になることもあります。
アメリカの神経科学者によると、眠っている間に脳に溜まった老廃物が血液中へと排出されることが分かっています。
つまり、十分に寝ていないと脳に老廃物が溜まったままになるのです。
さらにアルツハイマー病の患者の脳には老廃物が蓄積されていることが分かっていることから、睡眠不足がアルツハイマー病にも関係しているのではないかという仮説が立てられています。
このように、睡眠不足は私達に様々なリスクをもたらします。

カフェインと液晶画面が良い眠りを妨げる原因にもなります。
良く眠れると起きた時に疲れが取れたようなすっきりとした感覚が得られます。
これは、脳と体がしっかり休息できているというサインなのです。
逆に疲れが取れていないように感じるなら、脳と体はもっと休息を必要としているということです。
翌日すっきりと目覚めることができない人は、寝る前の行動を見直してみましょう。

まずはカフェインです。
眠気を覚ますためにはカフェインが有効であることはよく知られているので、寝る前にカフェインを避けている人も多いことでしょう。
ですが、カフェインの持続効果についてはあまり知られていないのではないでしょうか?
その持続効果は、個人差があるものの、5~7時間くらいと言われていますので、夕方以降はできるだけカフェインを含む飲み物は控えた方がいいと言えます。

次に挙げられるのは、テレビ、パソコン、スマホ、タブレット等の液晶画面です。
液晶画面から発せられるブルーライトには、覚醒作用がありブルーライトを就寝前に浴びることで、良い睡眠に関係しているメラトニンというホルモン分泌が抑えられます。
それによって寝付きが悪くなったり、就寝中何度も起きてしまうというようなことが起こります。
液晶画面を見るのは、就寝2時間前までにしておきましょう。

さらに運動と冷えは良い眠りに関係します。
良い睡眠を妨げる原因となるものをさらに見ていきます。
日中行う適切な運動は疲労感をもたらすので自然と眠りに入りやすくなりますが、就寝前の運動は交感神経が活発化し眠りを妨げます。
有酸素運動なら2時間、無酸素運動なら3時間以上は就寝するまでの時間を空けるとよいでしょう。
ただし、体を緩めて、リラックスすることを目的としたストレッチは、眠りを良くする効果があります。

また、女性に多い悩みの冷えも睡眠と大きく関わっています。
夜になると体温が下がり体は眠る準備をします。
健康な人ならこの体温調節は問題なく行われますが、冷え性の人は自分で体温をうまく下げることができず睡眠障害が起こるので、冷え性の人は眠る前にぬるめのお風呂や足湯などで軽く暖めるなど体を適度に温めるとよいでしょう。

このように、良い眠りを妨げている要因は私達の生活の中に潜んでいます。
ですが、要因が分かれば睡眠の質を上げることは可能です。
なかなか眠れない、朝起きるのが辛いなどの問題がある人は、一度寝る前の行動や環境を見直してみてはいかがでしょうか?
良い睡眠を取ることで、良い一日をスタートさせたいものです。

睡眠の質が低下する原因とは?

たっぷりと寝たはずなのに、疲れが取れなくて体がだるくなる原因は睡眠の質が良くないことが原因になっています。
睡眠は健康はもちろん、美容にもとても大切なことです。
寝ている間は肌の活性化や髪の毛などの成長にもとても大切です。
睡眠が低下してしまう原因として、運動不足や食べてすぐ寝ることベッドでスマートフォンを使用したり鼻づまりなどと様々な原因があります。

食事時間もとても大切なことで食後すぐに寝た場合の影響は眠りが浅くなり、睡眠の質が悪化する可能性があります。
深酒をすることも要注意で、お酒をたくさん飲むことによって浅い眠りが続き中途覚醒を招いてしまう原因になることで途中に起きてしまうことがあり、起きてしまうと今度は寝られなくなるなどの症状が出てしまいます。

ストレスなどの外的刺激などによって、眠れない症状もあります。
起きている時間に考え事や仕事や生活のストレスや悩み事を抱えていることで脳が興奮状態になってしまい、寝ていても寝ていない状態で睡眠をとってしまうことになります。
スマートフォンやパソコンなども同じで目を休めずに画面を見ていることによって浅い眠りになってしまったりします。

では、良質の睡眠をするポイントとはなんなのでしょうか?
良質の睡眠をとることによって、体や脳の疲れなども緩和され成長ホルモンなどの分泌が作りやすくなります。
良質の睡眠をするポイントとして、寝る時の寝具などを見直すことで良く寝ることができる事が期待できます。
体がリラックスできる寝巻きなどを着る事で、体を締め付ける事なく寝ることができます。
寝具を快適にすることや、寝ている間に布団の温度や湿度を調整することで、睡眠中でも快適に布団の中で寝ることができるのでリラックスしながらぐっすりと深い眠りにつくことが期待できます。

そして、食事時間は寝る前の3時間前に済ますことが大切で食事時間がいつも違う人や寝る前に食事をすることによって太る原因にもなり良い眠りができなくなります。
外的刺激などのストレスや考え事をしている時にはゆっくりと湯船に浸かって緊張をほぐすことで良い眠りの効果ができ、良い香りのする入浴剤やアロマオイルを湯船に数滴垂らして香りを楽しみながら入浴タイムを楽しむことで、体の血行も良くなり体や心の疲れなども緩和することができます。
寝る前には、目を休めることも良質な睡眠をするには大切なことなのでスマートフォンやパソコンを見ることは控える事です。

深酒はもちろん、寝る前のアルコールやカフェインを飲むことによって喉が渇いたり途中でトイレへ行きたくなってしまう原因にもなるので寝る前は控えること。
メールなどのパソコンやスマートフォンなどの使用や、食事時間は決まった時間でなるべく食べて、寝る3時間までに食事をすることなど、良い睡眠をするには生活の中で少し気をつけることで、ぐっすりと快適な睡眠をとる事ができます。

浅い眠りや、途中で何度も目が覚めてしまう事によって、寝た気がしなかったり朝の目覚めが悪く疲れが取れてないので体がだるいといった原因にもなり健康や美容にも良くない事です。
快適な温度の中で寝具などにも気をつけておく事で
良い眠りへと誘導する事もでき、翌朝はすっきりと目覚める事ができます。
体の疲れや外的刺激などの心の疲れなどは、なるべくその日のうちに解消して適度な運動や食事時間を気をつけて同じリズムで食事をする事で体にも良く消化不良などを起こす事もなくなります。
良質の睡眠をする事で体にも美容にも髪の毛にもホルモンなどの成長をする働きなどにも影響をすることにつながりますので、気持ち良くリラックスした状態で寝ることがとても大切なのです。

良質な睡眠のために簡単にできることとは?

まず、眠るための服装にこだわってみることがあります。
寝る時の服装に手を抜いていませんか?
寝る時には1日の疲れを癒すためにふさわしい服装をするのがおすすめです。
体をしめつけることのないスウェットやパジャマもおすすめですが、贅沢にシルクを身にまとうのもおすすめです。
人によっては裸族として裸で眠ることもあるでしょうが体を締め付けないという点では理に適っている方法といえます。

寝ている間にリラックスできて寝返りを打ちやすい服装で眠ることは、眠りに入る前の気持ちを落ち着けてくれる働きをしてくれますし、お気に入りの服装で眠ることで精神的にもリラックス効果を与えてくれます。
シルクは皮膚に近い感触があるといわれていますし、肌を優しくいたわってくれますから副交感神経を穏やかにしてくれます。
一生のうち3分の1を費やすといわれる睡眠の時間を贅沢に過ごすことは美意識を高めることにもつながります。

良質な睡眠をとることができれば、目覚めもすっきりしますし、1日を快適に過ごすことにつながります。
眠るための服装は眠りに入るための準備という意味だけでなく、良質な睡眠を得るために必要な儀式という意味もあります。
毎日頑張っている自分にご褒美をあげるという意味でも眠るための服装にこだわってみることをおすすめします。

また、眠る前の数時間はリラックスタイムにすることも大切です。
良質な睡眠を得るためにはゴールデンタイムに熟睡状態にあることが望ましいといわれています。
ゴールデンタイムとは夜10時から午前2時までの間を指すといわれており、細胞の修復タイムとして利用されているといわれています。
この時間に熟睡していることができれば、美容効果がアップし、
免疫力をアップさせることにつながるといわれています。

ゴールデンタイムになったら眠るという習慣も大事ですが、
眠る前の数時間の過ごし方によって眠りの質が変わってくることに注意が必要です。
テレビやパソコン、スマホなどを長時間見ていると目からの情報が入ってきて刺激になり、交感神経が刺激されて体が休めなくなります。
眠る前の数時間前には電化製品の電源はオフにして、読書をしたり、アロマを焚いて空気感を楽しんだり、瞑想をしたりするのがおすすめです。
眠りだけで疲労を回復させるのではなく、眠りに入る前の儀式としてリラックスタイムを用意することで睡眠の質が劇的に向上し、毎日を快適に過ごせるようになっていることに気が付くはずです。

また、ヨガやストレッチなどのエクササイズもおすすめですが、激しい運動をすると逆効果になります。
食事も終了させておくことが大事で、お腹が空いた時にはホットミルクを飲むのがおすすめです。

毎日同じ時間に起きるように心がけることも重要です。
良質な睡眠をとろうと思うと、早く寝て長時間眠ればよいと考えがちです。
しかし睡眠時間は個人差があり、頭と体がすっきりとする睡眠時間は自分でいろいろ試してみないことにはわからないものです。
自分にとってちょうどよい睡眠時間が把握できたら、起床時間から逆算した時間にふとんに入ることが大切です。

最初は眠りにつきにくいと感じるかもしれませんが、就寝時間と起床時間が一定の生活をしてリズムが整ってくると自然に快適な生活を送ることができるようになります。
用事があって眠る時間が遅くなったとしても、起床時間は変えないようにするのが大切です。
多少、睡眠不足を感じたとしても、リズムができているのであまり辛く感じることがありません。
昼寝をしたり、寝だめをしてしまうほうが疲労を蓄積しがちになりますし体内時計が狂ってしまうのです。
朝、少しでも余裕がある時間ができれば、散歩をしたり、勉強をしたりと自分だけの時間を持つことができるようになります。
生活に余裕ができるようになり、考え方も寛大になります。
睡眠時間を確保することからスタートした生活習慣の変更が生活のレベルをアップさせるようになり、良質な睡眠時間とともに充実した人生を約束してくれるのです。

美容と美肌に欠かせない睡眠のこと

睡眠の生きていく上での重要性とはなんでしょうか。
睡眠は人間が生きていくうえでなくてはならないもので人間の生きている時間の大半は睡眠で占められています。
忙しい人や、やりたいことがたくさんある人にとっては、寝る時間がもったいないという人もいますが寝ることはとても大切なことで、健康維持していく上でも、また自分の能力を十分に発揮するうえでも重要性があるのですが、さまざまな美容効果もありますので女性にとってはとくに欠かせないでしょう。
寝ることは体を休めるだけではなく、頭の中を整理してリセット状態にする効果もありますので、疲労回復効果ももちろんありますが同時にストレス解消効果もあるのです。

また女性にとっては美容効果だけではない、うれしい効果があります。
それは十分な睡眠を取ることは、太りにくい体を作ってくれるのです。
ダイエットは寝るだけではなく他にも食事制限や運動なども必要ですが、同時にしっかりと睡眠することも重要なのです。
太りにくくなるのは、なぜかというと人間は寝ている間にエネルギーを消費しているようですので寝不足のひとは太りやすい傾向にあります。
いくら食事制限や運動を頑張ってやったとしても肝心の睡眠を十分に得られていなければ、ダイエットを成功させることはできないのです。

不眠症とその対策とは?

睡眠は人間にとって重要なのですが、世の中には眠りたくても眠れないという不眠症で悩んでいる人も多いです。
不眠症はわからない人から一見すると大した問題ではなさそうに見えますが、実際には健康を維持できなくなり、また自分の能力を発揮することができなくなります。
特に日頃、仕事をしている人にとっては不眠症にかかることはこのうえもなくつらいことです。
効率よく仕事をこなせなくなり、昼間はねむくなります。
そうして仕事ができない自分に悩んでしまいストレスを抱え、そしてまた夜に眠れなくなるという悪循環に陥ります。
ひどくなるとうつ病にかかることもあるので、早めの対処したほうが良さそうです。

不眠症を解消するには、一番いいのはストレスや悩みをなくすことなのですがなくそうと思ってもなくなるものでもないので、運動や趣味など自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。
また、良い眠りを作る環境を整えることも大切です。
良い眠りとは質の高い眠りということです。
寝る前には、テレビを見たり、パソコンやスマホをやったりするのはなるべくさけたほうが良い理由は、脳が興奮してしまいなかなか寝つけなくなるからです。
また熱い風呂に入るのもさけたほうが良いです。
これも脳が興奮状態になる原因となります。

不眠症にかかることは、思った以上につらいもので日常生活や仕事にも悪影響を及ぼしますし、ひどい場合はうつ病にかかるひともいますが、不眠症を治していくには、まずは日頃の生活を見直してよく寝られるような環境を作ることも大切です。
しかし、
それでもなかなか治らないということも多いようです。
そんなときはてっとり早く睡眠導入剤や睡眠薬に頼りたくなりますが、それはできるだけ避けたほうがよさそうです。

睡眠薬を飲むと確かによく寝ることができるのですが、
薬の力を借りている状態なので起きたときは頭が呆然としてしまったり、また昼間も眠くなってしまいます。
何より怖いのは睡眠薬を続けると、飲まないと眠れなくなくなってしまうことです。
どうしても不眠症を解消したいのであれば、まずはサプリメントから試したほうがいいでしょう。
今は不眠に良い効果のあるサプリメントも多くありますので、まずは試してみるのもいいでしょう。
サプリメントでも効果がないのであれば病院のなかには不眠症専門を扱っているところもありますので、その医師に相談してみたほうがいいかもしれません。
そういう医師は、まずはその人の生活習慣から見直し、アドバイスをしてくれて薬の力を借りずに不眠症を治してくれるようです。

睡眠の質の向上で得られる効果とは?

人間と睡眠の関係は研究され続けており、睡眠時間が足りない事で様々な悪影響が脳に及ぼされる事がわかり、やがて最適な時間とは何時間なのか、といった研究も進んでいます。
その後、脳波に周期がある事がわかると一般的に深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が周期的に現れることまで発見され、この時間に記憶を定着させたり、学習効果を出すことがわかりました。
現在では眠る事は単なる休養ではなく、人間の代謝能力や脳の機能を高める為に必要なサイクルの1つである事がわかっています。
そのためにも、ただ長く寝れば良いという物ではなく、良質な眠りが必要であるという説が有力です。

良い眠りは成長ホルモンを分泌させ、体組織の修復や再生、代謝を行って体内の免疫力を高め、病気に強くします。
また基礎代謝が活性化されれば若い細胞に生まれ変わるスピードが上がる為に若返り、アンチエイジングといった効果もあるとされます。
さらに成長ホルモンの分泌の為には大きなエネルギーが必要になる為に、脂肪の燃焼効果も期待できます。
寝ているだけでダイエット、というと大げさに聞こえるかも知れませんが、太り辛く脂肪が燃焼しやすい体質になるという効果は確かにあります。

寝る子は育つと言いますが、寝る事で得られる物は成長ホルモンの分泌だけではありません。
人間は体力的には数日間、寝なくても死にませんが脳は定期的に睡眠を取らなければ著しく機能が低下してしまうことが様々な実験で実証されています。
これは起きている時の脳が神経伝達物質を絶えず送っていることで過度に興奮してしまうことや、伝達物質であるニューロンによって脳が損傷してしまうなどが原因です。
これらを一旦リフレッシュして新しい状態にしてあげることが睡眠の役割です。
コンピューターでいうなら最適化するようなものです。
新しくセットアップされるのは脳だけではなく、肌もまた同じです。

肌のゴールデンタイムは深夜二時くらいに訪れると言われ、この時間帯に質の良い睡眠を取る事で基礎代謝が高まり肌のターンオーバー、細胞のリセットが行われます。
逆にこの時間帯に起きていると新しい肌を作る事が出来ずに、代謝が落ちてしまいます。
この状態でいくら水分を与えても肌荒れは治らないでしょう。
賢者には毎朝が新しい人生であるという言葉もありますが、大げさではなく人間は寝ている間に細胞分裂が活性化され、脳、肌、全てが生まれ変わっていると言えます。

では美容に良い睡眠とはどのようなものでしょう。
慢性的な寝不足に陥っている方は、週末にまとめて長く眠ったりしていませんか?
実は睡眠に限っては貯蓄をする事が出来ず、まとめて眠る事では寝不足をカバーする事は出来ない事がマウスの実験などで判明しています。
これは三時間周期で浅い眠りと深い眠りが変わることも関係していますが、10時間以上眠る人は8時間眠る人よりも逆に作業効率が落ちているという実験結果があります。

眠りに適切な長さの時間というのがあるのも事実です。
では、美容という観点から見て、どのような睡眠が良い眠りなのでしょうか?
そのカギは眠る時間帯にあります。
22時から深夜2時までの時間にヒト成長ホルモンが活発に分泌される為、この時間に深い睡眠をとれば体の新陳代謝を活発にする事が可能です。
0時を回ってからベッドに入る方も多いのですが、日付が変わる前に就寝する事が理想です。
なかなか寝つきが悪いという方は、寝る前にスマートフォンやパソコンの画面を見ていませんか?
画面の光は視床下部に強い影響を与える為に脳が興奮して眠りが遅く、浅くなりがちです。
早めに光の刺激から離れて、休む準備をすることがポイントです。
良い睡眠は肌を若返らせ、脳も体も活性化してくれます。
美肌を目指すならば、
あらためて睡眠の質を見直してみてはいかがでしょうか。

良い睡眠を取るための入浴方法と睡眠環境について

よく眠るためには入浴の時間帯に注意することが重要です。
一日の疲れを癒して、ぐっすりとよく眠るためには入浴の質を上げることもとても大切で、眠る前に入浴するのは一日活動して汚れた体を清潔にするこというイメージが強いのですが、実は体をきれいにすること以外にとても重要なのが一日の終わりに血液の流れを整えることにあります。
それは、血流を整え心身ともにリフレッシュできる入浴によって質の良い睡眠を得ることにつながります。

疲れているとつい長湯をしてしまいがちですが、最も疲れをとって血流を整えるために効果的なのは眠る一時間半ほど前の時間帯に入るのが適していると考えられています。
冬の寒い時期など、お風呂で温まった体のままベッドに入って眠った方が気持ちもよいし熟睡できるのではないかと考えてしまいがちですが、時間帯としては、眠る直前ではなくこれくらい時間をあけて入るのがベストタイミングだと言われています。
あまり長い時間お湯につかり過ぎていると皮脂を奪って肌を乾燥させてしまう恐れもあり、体がほてり過ぎてよく眠れない状態になることもあります。
眠る時間から逆算してちょうど良い時間帯を選び、時間は15分から長くても20分程度にすることが質の良い睡眠のためには効果的です。

入浴時のお湯の温度も大切です。
熱いお風呂にざぶんと浸かるのは人によってはとても気持ちの良いものです。
けれども全身浴の場合、あまり温度の高いお風呂に浸かることは体を興奮させてしまうことにつながります。
熱すぎるお風呂に入ると交感神経が急激に上がってしまい自律神経のバランスが乱れるので危険を招くことにつながります。
熱すぎるお風呂に入ったことで血管が急に収縮してしまい、お風呂で倒れてしまうという事故が起こりやすくなることも見逃せません。

安眠のためのお風呂は39度から40度くらいのお湯が適しており、この温度のお湯に15分程度ゆっくりとつかることで血流が整い、細胞や血管がリフレッシュできる入浴方法です。
熱すぎるお風呂やサウナで心筋梗塞などを起こす人がいるのは、脱水症状になってしまうことが原因の事が多いためです。
お風呂に入る前と出た後に少し水分補給することもお風呂の温度に気を配る事と同じくらい大切です。
自宅以外で温泉などで熱いお湯にゆっくりとつかりたい時には、熱すぎる温度の時にはゆっくり足湯などで体を慣らしてから入るようにするのがおすすめです。
眠る前のお風呂の温度は熱すぎないようにすることで副交感神経を高めて自律神経のバランスを整えることができます。

ぐっすり眠るためには寝室の照明にも気を配ることも挙げられます。
眠りを司るホルモンにメラトニンがありますが、このホルモンの働きには目から入る光の反応が大きく関係しています。
体が浴びる光の量や色がホルモンの分泌や自律神経に深い影響を与えるので、眠りにつく前にはメラトニンの濃度を高めるために暖かくてやや暗めの照明が求められます。

自律神経には人の活動や緊張を高める効果のある交感神経とリラックスして休息を促す副交感神経があります。

朝はベッドから起きたら、まずはカーテンを開けて朝日を浴びることで体内時計がリセットされて体内時計が正常に刻まれます。
そして一日の活動を終えた夜には、ほの暗く暖かめの照明の中で過ごすことが睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を促し、心地よい入浴に入るための必要な環境になります。
眠る直前までパソコンの画面やテレビの画面などを見ていることは、明らかに安眠を妨げ環境を作り出していることにつながります。
質の高い睡眠をきちんととるためには家で過ごす時間は照明に注意して自然な眠りに入りやすい環境にすることが大切です。
逆にきちんと眠ることができない状態が続くと、うつ病などを発症するリスクが高まるとも言われています。
照明は睡眠と覚醒をコントロールする重要なポイントの一つです。

睡眠の質が関わる病気とは?

睡眠の質の違いとは何かをもう一度、おさらいしてみましょう。
私達人間だけでなく、全ての動物に共通している本能の1つに睡眠が挙げられます。
体力、及び精神の疲れをリセットして翌日も頑張れるのは睡眠のおかげと言っても過言ではありません。

では、睡眠の質とは何でしょう?
簡単です。
脳の細胞に至るまでリセット出来る良い睡眠を取る事が出来ているか否かです。

身体を横にして眠った気になっていても、実は脳が興奮状態で疲れが翌日に残っている、朝から身体が怠いという症状は例外なく睡眠の質が低下している、もしくは質の良い睡眠を取っていない証拠です。
睡眠の良し悪しは時間ではありません。
短時間でもスッキリと身体の底から元気が湧き出る様な眠りが出来れば最高の眠りが出来たと言えます。
これを踏まえて、貴方の眠りの質は普段から良いか否か考えてみましょう。

1日をパワフルに精一杯気持ち良く過ごせるか、毎日を楽しいと思えるか、身体に感じる不調はないか、自分にしか分からない小さな変化こそ眠りに直結するシグナルです。
自分を守る為にも日々の眠りについて改めて見直してみましょう。
質の良い睡眠を取れば、毎日が充実して少々のトラブルも超える事が可能な精神力も養えます。
年齢は関係ありません、あなたや家族の睡眠についても考えましょう。

眠りの重要性が理解出来た所で、次はこれらが引き起こす病気について考えます。
昨今、急増している精神的な病である「うつ病」は、脳の疲れによって引き起こされる事が臨床試験で実証済みで、もはや誰もが知るところですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病も実は不眠から発症する可能性がある事が分かってきました。
脳の神経を休める事で精神的な疲れは回復しますが、身体に十分な酸素を行き届かしながらリラックスして休める事で臓器の1つ1つもリセットしているのです。

糖尿病になると現れる症状の1つに頻尿があります。
夜中に何度もトイレに起きる事で身体の回復力に影響を及ぼし、糖尿用特有の不眠を招き眠りの質の低下による身体の臓器の回復が出来ない、という負のスパイラルに陥ってしまう訳です。

こうした大きな病の原因にもなる睡眠の質がいかに重要か理解出来るかと思います。
今、健康な人でも無縁な話ではありません。
暴飲暴食を繰り返したり、偏食ばかりの食事生活の人は特に臓器の回復が重要です。
体を休ませる事は明日への糧になるのです。
普段、酷使している脳も身体も十分にリラックスして休ませる事、これこそがいつまでも健康に生きる源になります。

前述の事が分かってもどうしたら質の良い睡眠を取る事が出来るのでしょうか。
それは、あまり
難しく考える必要はありません。
太陽と同じ生活習慣を心掛ける事です。

つまり、まとめて週末に何十時間も眠ったり徹夜をしたりするのではなく、定時に朝起きて規則正しく食生活も取り、夜になったら浴槽に浸かって神経を落ち着かせて、部屋全体を暗くして眠り易い雰囲気を作る事、こうした当たりまえの事がポイントです。

仕事の関係で2、3日無理な生活をした程度では影響はありませんし、また暴飲暴食をしてしまった次の週は食事の量を抑えたりすること。
そうすることで
1日単位ではなく1ケ月の中でバランスを取れば良い、という気楽な気分で臨む事も大切です。

あまり神経質になると、往々にして人間は良い方向に進みません。
今日が駄目でも明日があるくらいの気構えも必要です。
無理を続ける事がいけないのです。
ある程度のスパンを決めて、メリハリを付けた生活習慣を意識しましょう。

なんども伝えますが、近年増えているのはパソコンやテレビ、スマートフォンなどの液晶画面からの刺激による眠りの妨げです。
これらは努力でいくらでも調整出来るものです。
良い眠りの為には身体を横にする(布団に入る)2時間前にはシャットアウトする事が理想だと言われます。
疲れていないと思っていても活動している体、脳、神経は疲れているものです。
その気持ちを持ち、一日の疲れを良質な睡眠でリセットする。
その流れが様々な病気や気持ちの不安定を改善してくれる一歩になるでしょう。

不眠症について。寝ても疲れが取れない原因と解消法

睡眠がとれないことによるデメリットとはなんでしょう。
夜になり暗闇にして目をつぶっても、眠れない、もしくは寝たはずなのに朝起きた時に体が重く感じる症状に悩む人の大半は、それらすべての症状をひとくくりにして不眠症に悩んでいることになります。

不眠症になると、体の中では様々な悪影響が生まれます。
睡眠の効果は体が寝ていることに集中していることで心の不安の解消そして脳内情報の整理する時間によるストレス解消と、寝ている間は体の中で代謝が行われ体の再生による病気への回復力を促進させます。
そのことから睡眠は健康にとって根本的に大事なことですが、不眠症になるとそれらのすべてのことがうまくいかなくなるため体への影響を大きくなります。

心の整理ができないということは、その日々にため込んだ精神不安が解消されないことによって情緒不安定となり、やがて、うつ病への進行するリスクがあります。
そして、睡眠時に行われる代謝による回復力が行われないことで、その日にため込んだ食事での脂肪分を燃焼できないことによる肥満の増加、そして病への対抗力を失うことでアレルギーの発症リスクや健康であればかからないはずの風邪などの症状にもかかりやすくなり、日常生活に不眠症は大きくかかわることになります。

睡眠がとれない2つの理由で起こる体内時計の乱れ

不眠症の原因としてあげられるのは、ひとえに寝ている最中の体内時計のリズムが狂いが生じていることですが体内時計のリズムを狂わせる原因として、ストレスと肝臓の状態が悪いことが挙げられます。
基本的に良い睡眠というのは浅い眠りと深い眠りが交互に現れることが良いのですが、ストレスによって体が常に覚醒状態になると深い眠りの頻度が少なくなり浅い眠りの頻度が多くなる状態になります。
浅い眠りの回数が多くなると寝ているはずなのに起きているのと同じ状態となってしまうことになります。

そして、寝られない状態が続くとその日に溜まった疲れが解消されないため、溜まった疲れを分解するために脳からの指令を受けた肝臓から分解酵素を出して疲れの元を分解しようとします。
しかし、肝臓は沈黙の臓器と言われるほど負荷がかかっているのに症状として出ない臓器の一つで、溜まった疲れを取るために出した分解酵素の量が多ければ多いほど負荷がかかるのにそれが表面として出るのにはある程度、進行してから出ることになります。
そのことから浅い眠りが続き脳の指令が過剰に働いて肝臓に負荷がかかることが続くと、脳が分泌の限界に近いことを教えるために脳の指令が活発になることも不眠症に発展する原因の一つになります。

先に言ったとおりに不眠症の原因には、その日に溜まったストレスが体を過剰に反応させることによって浅い眠りの回数を増やし疲労物質が溜まり、それを肝臓が分解させるために活動を活発化せることで促進させることによって起こることです。
そのことから不眠症改善にはストレス解消と共に肝臓機能を回復させることが対処法となります。

肝臓機能が衰えることは元気にする栄養が不足する栄養不足が原因なので、その状態から元に戻す栄養である野菜や果物から取れるビタミンとミネラル、そして、シジミなどの貝類に含まれているオルニチンを摂取します。
貝類のオルニチンの場合には毎日摂取することは難しいため、現在ではシジミエキスを凝縮して一粒で一日の摂取量を取れるサプリメントなどが販売されているので摂取すると良いでしょう。
そして、ストレスの場合には、実際に自分にとって何が原因で溜まっているのかを把握し、そのうえで原因となる物から離れてそれとは別の物事を集中的に行うことで軽減させます。

さらに睡眠の体内時計をしっかり整えるために、寝る前の10分前ぐらいからテレビやパソコンなどの強い光を浴びないようにして暗い光の中で軽い運動のストレッチを行うと改善することができます。
日常の中でのストレスを解消し、また肝機能を考えた暮らしを心がけてみましょう。

不眠予防に大切なこと

不眠予防に関係している食べ物や飲み物を考えてみましょう。
不眠を予防するには、起きているときの食べ物や飲み物を気を付けることができます。
まず、誰もが思い浮かぶのが不眠になる飲み物としてカフェインを含んだものを避けるのがポイントです。
夕方以降は、カフェインを含む飲み物は控えるようにします。
カフェインが含まれている飲み物としてはコーヒーや紅茶、お茶であればほうじ茶や緑茶になります。

最近は、カフェインレスのコーヒーも販売されているため、コーヒーを習慣化していて我慢できない人はカフェインレスコーヒーに替えるだけでも効果があります。

逆に、就寝前に飲むと睡眠に効果があるものとしては、ラベンダーやカモミールなどの気分を落ち着かせるハーブティーがおすすめです。
質の良い睡眠に影響を与える栄養素としては、グリシンがあります。
グリシンは休息アミノ酸と呼ばれています。
グリシンを多く含む食べ物としては、ホタテやズワイガニ、伊勢海老、クロマグロの甲殻類や魚類が有名です。
豚肉や牛肉などの肉類にも含まれています。
昼間の食事には、このグルシンを含んだ食材で調理したものを積極的に摂取するのがおすすめです。
注意点としては、就寝前に食事をすると胃や腸が活発に動き、深い睡眠がとれない可能性があります。
そのため、食事は就寝する3時間前に終了するように心がけるのが良いでしょう。

不眠予防に気をつける行動

睡眠を妨げる原因の一つとして、テレビやパソコン画面から出ているブルーライトが有名です。
ブルーライトは睡眠に影響を与えるメラトニンというホルモンを減少させます。
そのため、就寝する数時間前からテレビやパソコン、スマートフォンの操作は控えるようにします。

また、起床後は必ず太陽の光を浴びるようにします。
メラトニンは、朝日を浴びてから14時間から16時間後に分泌されます。
そのため、予定している就寝時間から逆算して、14時間前には太陽の光を浴びるように習慣化するのがおすすめです。
在宅で仕事をしている人の場合は、太陽を浴びずに室内で1日を過ごしやすいため不眠症になりやすいです。
夜の11時に就寝するのであれば、遅くとも朝7時までに起床して太陽を浴びるようにします。

質のよい睡眠を得るには、副交感神経を活発にさせる必要があります。
副交感神経を活発にさせる方法としては、入浴があります。
30分程度、40度ぐらいのぬるま湯につかって、体温が下がる1時間後に就寝すると副交感神経が働き寝つきがよくなります。
昼寝をする習慣がある人は、長くても1時間程度にとどめると夜の睡眠に影響を与えません。
昼寝は3時以降に行うと夜の睡眠に支障がでるため、避けた方が良いと言われています。

精神医学的原因による不眠の対処法

不眠には、昼間の運動不足や普段の食事、就寝前の行動などが総合的に関係しています。
多忙で食事が偏ってしまう人の場合は、セロトニンを増やすサプリメントを服用する方法もあります。
それ以外には、病院で睡眠薬を処方してもらう方法もあります。
しかし、不眠の中には、うつ病や総合失調症などの精神的な病気が原因で睡眠に障害がでるときもあります。

睡眠が妨げられる原因には、仕事や私生活での人間関係のストレスや悩みも含まれています。
うつ病や総合失調症などの精神疾患が原因の場合は、心療科や精神科などの専門機関で受診するのが最善の対処法です。
精神疾患による不眠は、医師の処方による薬で改善されることが多いです。
うつ病や総合失調症の初期症状は、本人も家族もなかなか病気だとは気づきにくいです。
そのため、不眠が長引くようであれば一度、心療内科や精神科に受診するのもおすすめです。

最近の病院では、患者さんが来院しやすいように内装を工夫したり、ほかの患者さんに姿を見られないように医師とのカウンセリングのときには話す内容がほかのスタッフや患者さんに聞こえないように防音装置がついている部屋を用意するなど配慮がされていたりします。
そのため、昔よりも来院しやすい環境にありますので、あまりにも不眠に悩むようであれば病院に行き、アドバイスを受けるのも方法の一つです。

生活リズムが重要!不眠を解消する対処法

睡眠を取れないことの影響を考えましょう。
私たちが生きていくうえで、睡眠は非常に重要なもので、日中の活動による疲れを取ることによってまた次の日に活動することが出来るのです。
また、身体の成長や新陳代謝にも大きく影響しているといわれています。
そのため、睡眠がきちんと取れていないと体に問題が生じることもあるのです。

疲労が解消できないために、いつも疲れているという感覚が抜けないなどという方は、きちんと眠ることが出来ていないのかもしれません。
もちろん体もつらいですが、うまく行動できなかったり疲れを感じたりすることによって精神的にも大きな悪影響が出てきます。
不調を感じながらも長期間放置していると、うつ病などにも発展する恐れがあるので注意が必要です。

そこで、まずは生活リズムを整えていくことを意識してみましょう。
また、寝ていると思っていてもしっかりとした睡眠できちんと眠れていないと体にも影響が出てきます。
成長が阻害されたり皮膚などの新陳代謝がうまくいかなかったりという事になります。
そして、
成長期には特に注意すべきです。

また、不眠は特に肌荒れにもつながりやすいので、忙しくて肌が荒れがちな方は積極的に眠る時間を確保するようにしてみましょう。
睡眠は、心身に大きな影響を及ぼすため、しっかり眠れるような対処法を探していきましょう。

なかなか眠りにつくことが出来ないという方は、眠るための環境を整えることから始めてみましょう。
明るい部屋にずっといるのではなく、眠る前は少し明るさを落としておくようにすると落ち着きやすいため眠りやすくなります。
明るさの調整が難しいようなら、間接照明などを使ってみるのもおすすめです。

また、眠る前には神経を興奮させるような作業をすることは避けましょう。
やるべきことは眠る一時間前には終わらせておき、その後はゆったりと過ごしてみるとよいでしょう。
マッサージや、ツボ押しなどを行いながら自分の心を落ち着けてみましょう。
最近はスマートフォンなどを使ってコミュニケーションをとる方も多いですが、寝る前は画面を見ることを避けたほうが良いです。
なぜなら、コミュニケーションで頭を使うので興奮しがちですし、強い光が目に入ることになるため眠りにくくなってしまうのです。
なかなか眠れない方は眠る前はスマートフォンを見ない、という事を徹底してみましょう。
それだけでも、かなり眠りやすさが変わってきます。

また、眠る前に刺激物などを口にしないという事も大切です。
飲み物であればハーブティーなどを飲むというように、できるだけ穏やかに眠ることが出来るように環境を整えてみてください。

忙しくて眠れないから、休日には朝寝坊してゆっくり眠ろうと考えている方も多いでしょう。
しかし、そういった形で生活のリズムを崩してしまうと、ますます眠れなくなるという悪循環が起きてしまうことになります。
そういったことを防ぐために、休日でも朝はきちんと起きて活動することを心がけましょう。
楽しい予定を入れておくのもおすすめです。
もし眠れなかったとしても、その後、一日活動して疲れを感じると眠りやすくなることもあります。
朝方に眠ったとしても、決まった時間に起きてしまうという事を意識してみてください。

起きた時に朝日を浴びてみるのも効果的です。
朝日を浴びることで体が起きることを認識し、気持ちよく起きやすくなります。
朝日が入る窓のカーテンを開けておくと、朝日を浴びることが出来るので気持ちよく起きやすくなります。
どうしても眠れない時は無理に眠らなくてもよいですから、その分、朝起きることを意識してみましょう。
そうすることで生活リズムが徐々に整っていき、睡眠も規則的にとりやすくなります。
仕事などで忙しい人はどうしても生活リズムが崩れがちになります。
できるだけ決まった時間に布団に入り、決まった時間に起きることを意識してください。
少しずつでも生活リズムを規則正しくすることで改善できる対処法です。

不眠症や睡眠不足が及ぼす影響

不眠は、美容にとても悪影響を与えます。
睡眠不足で肌が荒れるのでわかりやすい影響です。
まず人間の身体には交感神経と副交感神経があり、昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働きます。
この自律神経は、睡眠が十分に足りていないと乱れてしまいます。
自律神経が乱れるとホルモンも正常に分泌されず、特に眠っているときに分泌される成長ホルモンが少なくなってしまいます。
この成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれており、肌の修復や弾力性、皮膚のたるみやシワの改善に影響があります。

具体的には睡眠不足の生活が続くと、にきびの原因になったり、肌の新陳代謝が悪くなるため古い角質が毛穴につまります。
成長ホルモンは肌だけでなく髪の成長にも影響があるため、白髪や切れ毛、枝毛などが出やすくなります。
成長ホルモンは脳や心臓などの生命維持に必要な内臓に優先的に使われていき、肌や髪の毛、爪などの生命維持に重要でない箇所は後回しになります。
そのため、十分な睡眠がとれていないと成長ホルモンが生命維持に必要な個所にしか回す量がなく、肌や髪の毛などには届かなくなります。

基礎化粧品やヘアトリートメントなどでケアするよりも質のよい睡眠をとって、成長ホルモンを十分に分泌できる状態を維持することが大事です。

睡眠不足の深刻な問題としては、美容面だけでなく健康面でも大きな影響を与えます。
日常生活でも集中力の低下など仕事や勉強にも悪影響を与えます。
不眠による自律神経の乱れは、身体にもともと備わっている免疫力を低下させてしまいます。
そのため、十分な睡眠をとっている人よりも風邪をひきやすくなります。
また、免疫力の低下にともなってワクチンが作られにくくなってしまうため、インフルエンザなどの予防接種をしても効果がでなくなりやすいです。

睡眠は、脳や身体を休めるために行うため、それが十分にできないと疲労感が起きている間常に続くことになり、仕事中も集中力が続かなかったり運動してもすぐに疲れてしまうなどの影響がでます。
風邪だけでなく命にもかかわる重い病気になる可能性も高めてしまいます。
睡眠不足になると免疫力が低下するだけでなく、メラトニンの量も減少させてしまいます。
このメラトニンには、眠気を引き起こす作用と抗酸化作用の働きがあります。
抗酸化作用が弱くなってしまうため、発がんリスクが高くなってしまいます。
不眠は身体的な面だけでなく、うつ病などの精神疾患にもかかりやすくなります。
データでは、睡眠時間が少ない人ほど寿命が短い傾向にあります。

このように美容や健康のためには、まず質のよい睡眠をとる生活習慣を送るのが大事です。
睡眠時間は大人だと6時間から8時間が理想的とされていますが、睡眠は時間よりも質が重視されるため8時間寝ていても熟睡していなければ、数時間しか寝ていない人と同じ健康状態になってしまいます。
適した睡眠時間は体質によって個人差があります。
寝る時間は、できれば夜10時には就寝できるのがベストです。

夜10時から午前2時は成長ホルモンが活発に分泌される時間帯で、ゴールデンタイムとも呼ばれています。
夜10時が難しい場合は、遅くとも日付が変わる前にはベッドに入るようにします。
また、就寝する前の数時間前の行動も眠りの質に影響します。
まず、食事は就寝前の3時間前には済ませておくことがポイントです。
寝る直前に食事をすると寝ているときに消化器官が働き、身体は十分に休むことができなくなるからです。
どうしても夜食が必要な場合は、消化によいものを選ぶようにします。
飲み物も夕方以降はコーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが多く含んだものは飲まないようにし、ハーブティーなどリラックスできるものにするか、睡眠に効果がある飲み物としてココアやホットミルクもおすすめです。

入眠障害と不眠の関係

眠ろうとしても眠れない状態を入眠障害と呼びますが、この障害は眠りに入れないことで睡眠不足となり、その疲労から生活全体に影響を及ぼしてしまうという辛い障害です。
そして、この入眠障害が起こる原因は仕事や家事、学校などで起きるストレスやイライラを眠る時にまで抱え込むことで起きるといわれています。
また、緊張している時に働く自律神経は食事中や睡眠中に体をリラックスさせる副交感神経と違い、自律神経が興奮状態にあるとなかなか寝付くことができません。
通常、夕刻とともに交感神経の活動は弱まり、副交感神経が働きだして体はリラックスモードになりますがスマートフォンなどのモバイルの灯りは、目に刺戟を与え続け、交感神経が働いた状態で興奮状態が続くために眠りにくくなるため、寝る前にモバイルを見ることは好ましくないといえます。

また、人は暗くなると自然に脳から睡眠ホルモンの一種のメラトニンが分泌されますが、夜になっても明るい環境下ではメラトニンの分泌量を減らし副交感神経を働きにくくして寝つきを悪くします。
このようなメラトニンを作るきっかけとなるのが太陽の光で、この光をスイッチにしてメラトニンの分泌が盛んになり、通常、交感神経は昼に働き副交感神経は夜に働くようになります。

暗くなると脳から睡眠ホルモンの一種のメラトニンが自然分泌しますが、夜になっても明るい環境下ではメラトニンの分泌量を減らし副交感神経を働きにくくして寝つきを悪くします。
通常、交感神経は昼に働き、副交感神経は夜に働いています。
そのため、正しい睡眠リズムを作り規則的な生活リズムを取り戻す対処法として、睡眠の材料の補給と寝るタイミングの14〜16時間前に、最低でも30分ほど光を浴びるという生活をすることが重要なポイントとなります。

例えば、睡眠の材料は眠りに就くために脳の興奮を抑えるものとして、トリプトファンやGABA等の栄養素があり、トリプトファンは脳内でセロトニンに変化してリラックス効果を生み出し睡眠ホルモンのメラトニンへと変化し、睡眠のリズムを作りだします。

また、GABAは、第二の脳とも言われる腸内に作用しストレスや興奮を抑える効果があると言われていますが、これらの栄養素は通常の食事から補給が可能ですが、過剰なストレスや欧米化した食事、不規則な生活などによりそれが不足しがちな日本人が増加していて不眠の大きな要因ともなっています。
なお、昼間に上手に15分ほどの仮眠を取ることで、行動の生産性があがり夜には眠くなる効果もあります。

不眠解消に効くサプリメントと選び方

多忙な現代人にとって身体に配慮した生活習慣や、栄養バランスの取れた正しい食生活の維持は継続することが難しいといえますが、そのような時でも、睡眠の質を上げるためには、睡眠に必要な材料が必要です。
現実的には、手軽に摂取できるものとしてサプリメントの活用があります。
そして、睡眠のサプリメントのなかでも、特に休息系サプリの利用がおススメとなります。
なお、休息の有効性が確認できる代表的なサプリとして、睡眠ホルモンの材料となるトリプトファンやストレスに有効なGABA、高いリラックス効果のあるテアニンが配合されているサプリが最も効果的と言えます。

また毎日飲み続けるものなので、厚生労働省が健康食品の安全基準として認定しているGMPマークのあるものを目印にして、安心で安全なものを選ぶようにします。
さらに、不眠解消に効くサプリメントのおすすめポイントとして配合している成分の種類が多いこと、GMP認定工場の製造、睡眠のプロの睡眠健康指導士の推薦があること、モニターテストで9割以上の人が休息の体感を実感したこと、さらにトリプトファンやGABA、テアニンの三つの成分が配合されているサプリメントが望ましいといえます。

睡眠は人の脳や体の疲労を回復したりストレスを取り除いたりするのに必要なことで、睡眠中には成長ホルモンが分泌され、これにより疲労が回復されます。
睡眠は時間よりも質が問題と言われており、睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌も悪くなります。
夜に、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅い、寝ても疲れが取れないなど不眠の症状を訴える人は多く健康にも影響を及ぼします。
睡眠には記憶する学習効果もありますが、質が悪いと記憶にも影響します。

朝から頭がすっきりしないため、作業効率が悪くなってしまったりもします。
疲れが一日中取れないといった症状もおこります。
成長ホルモンは細胞の新陳代謝に関わっているので、細胞が新しくできることが妨げられ老化も進行します。
また、夜型の生活をして遅くまで起きていたり、寝不足の人は食欲が亢進する傾向があり過食となり肥満気味になります。

そして、不眠になって一番問題となるのがストレスが取り除かれないことでしょう。
ストレスがたまると、やる気がない、気が滅入るなどのうつ状態となりがちです。
そして、さらに眠れなくなるという悪循環に陥りがちです。
そうなると、うつ病の発症の可能性もあります。
人には朝は起きて活動し、夜は眠くなるという体内時計というものが備わっています。
この体内時計に関与しているのが睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンで、質のよい睡眠を取るためには、まずメラトニンが正常に分泌されなくてはなりません。
しかし、現代社会では遅くまで働き、夜はテレビやスマートフォンやゲームをするといった生活になっています。
夜明るいところにいるとメラトニンの分泌は減少してしまいます。

また、スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトはメラトニンの分泌を抑制してしまいます。
朝日を浴びることで体内時計はリセットされますが、朝遅くまで寝ていると体内時計はくるってしまいます。
そのためストレスや過労などにより自律神経のバランスが壊れ、交感神経が常に優位な状態になると、夜にリラックスすることができなくなります。
そして、寝付けなくなったり眠りが浅くなってしまいますから、質の良い睡眠を取るためには朝日を浴び、昼間は明るい日光を浴び夜は部屋を暗くしてメリハリをつけることと、寝る前のスマートフォンやパソコンはやめることです。
また、自律神経を副交感神経優位にするために夜はゆっくりとお風呂につかり、音楽を聴くなどリラックスすることや、ストレスを発散することも大事です。

サプリメントを摂取することは、眠りを助けるために効果があります。
選び方としては、不規則な生活で体内時計が狂っている睡眠障害の場合は、メラトニンを増やす必要があり、メラトニンは脳内伝達物質のセロトニンとビタミンB6から作られます。
これらを多く含む食品を摂取することも有効ですが、これらのサプリメントを摂取することはおすすめです。
ただし、摂りすぎないように用量を守りましょう。
セロトニン症候群という副作用が出ることがあるといいますので注意しましょう。

ストレスを和らげ自律神経のバランスを取るための選び方としては、ギャバを選ぶとよいでしょう。
発芽玄米などに含まれる成分で、イライラをしずめたり自律神経のバランスを保つ効果があります。
お茶に含まれるテアニンはリラックスに効果がありこれもおすすめです。
また、ハーブの一種であるバレリアンは、不眠に用いられギャバを成分として含んでいます。

アミノ酸の一種であるグリシンには入眠困難や中途覚醒などの不眠の症状を改善するだけでなく、日中の眠気など睡眠の質を改善する効果があります。
ストレスや疲労が多い人はマグネシウムが不足気味で、これにより不眠になりやすいためマグネシウムもとりたいサプリメントです。

睡眠の仕組みを知る

人間、そのほかの生命全てが必要としている睡眠。
体の疲れはゆっくり休むだけでも癒せますが、脳の休息は睡眠によってのみ回復することができます。
眠ることで精神的な疲労を癒してくれるのです。
また、睡眠中に分泌される成長ホルモンが、新陳代謝を促したり皮膚や筋肉、内蔵などを修復したりしてくれます。
要するに一日活動して疲れた体を元通りにしてくれます。

人間は睡眠を取るとき、まず深い眠りのノンレム睡眠に入ります。
この間こそが脳の休まっているときで、眠りが深くなるに従って呼吸の回数や脈拍なども少なくなります。
ちなみに昼寝や居眠りは、ほとんどがノンレム睡眠。
だからこそ、起きた時にスッキリ感じるのですね。
そして、その後、体は眠っているのに脳が起きている浅い眠りのレム睡眠へと移っていきます。
これは、体が目覚めへと準備している時期で、脳が活動しはじめているので、眼球が動いたり呼吸や脈拍が上がったり夢を見たりします。
ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は約90分ですが、睡眠時間が長くなるにつれてレム睡眠の時間も長くなり体は本格的に起きる状態へと導かれていく仕組みです。
寝覚めをよくしたい方は、このタイミングをはかって目覚ましを掛けるといいですね。

睡眠が体に必要なことは分かりましたが、眠るのが苦手な人もいるでしょう。
ベッドに入っても、さっきまでは眠かったのにいきなり目が冴えてしまって眠気もやって来ない。
あるいは、一度起きたら、まだ真夜中なのにもう眠れない…。
そんな方が、日常生活の中でできる改善点があります。

たとえば、夕食後にカフェインを飲んでいませんか?
カフェインは、かなり強力な興奮剤。
しかも効果が半減するのに8時間もかかります。
コーヒーだけではありません。
食後に飲むお茶が不眠を招いているのかも。

あるいは、不規則な生活を送っていませんか?
特に食生活は睡眠に大きな影響を与えます。
朝食を取れば体が起きますし、過分な夕食は寝付きを悪くしてしまいます。
毎日のことですから、気をつけるようにしたいです。

また、軽い運動も効果的です。
ウォーキングやジョギング、寝る前のストレッチなどもかなり有効で体内時計を意識することも重要です。
というのも、実は人間の体内時計は約25時間仕様で、これを毎日24時間に戻さないといけないのです。
そのために覚えておきたいのが、光の使い方。
朝は朝日を浴びましょう。
そして、夜の明るすぎる環境はNG。
電気を暗めにして、パソコンやスマホの使用は控えるようにしましょう。
それでもだめなら、睡眠薬やサプリメントを使うのもアリです。
色々工夫したけどやっぱり眠れないというそんな時には奥の手、睡眠薬やサプリメントに頼るのはいかがでしょう。
市販されている睡眠薬だと、エスエス製薬のドリエル、ドリエルEX、大正製薬のネオディ、皇漢堂製薬のリポスミンなどがあります。
それぞれの含有成分はジフェンヒドラミン塩酸塩が50mgですが、ドリエルEXはラベンダーアロマが配合されていて、リラックスを促してくれます。
また、ネオディは錠剤が小さいので女性におすすめ。

サプリメントなら、トリプトファンが入ったものがおすすめ。
トリプトファンは必須アミノ酸のひとつで、体内に入った後、セロトニンに変化します。
そしてこのセロトニンは、夜には睡眠ホルモンのメラトニンに変わって眠りを促してくれるのです。
トリプトファンは、通常は体重1kgにつき、2mgが必要とされていますが、不眠を解消するために摂取するなら500mg〜600mgくらい飲んでおきたいところ。
(過剰摂取には要注意。6000mg以上を取ると反対に脳が覚醒されてしまいます)
ほかにも、カモミールやラベンダー、ミントやオレンジピールなどのハーブティーもリラックス効果があるのでおすすめです。
睡眠薬は依存する可能性があるのであまりおすすめはできませんので奥の手です。
どちらにしても、よっぽど不眠が長く続く場合はそれが原因で健康状態を損ねる恐れが高くなるため、お医者さんに相談するようにしましょう。

不眠の改善法と不眠の種類

不眠症で悩んでいる人が増えていて、世の中には寝たくてもどうして寝られない不眠症で悩んでいる人もいます。
とくに最近は悩んでいる人が特に増えてきています。
これは自分は寝たいと思っていても、寝られないのですからつらいし気の毒です。
不眠症にかかると十分な睡眠を得られていないわけですから、頭が呆然としてしまいどうしても昼間に眠くなってしまいます。
それに頭の回転も鈍くなり、注意力が失われていきます。

特に仕事をしているのなら効率よくやらなければいけないのですから、できない自分に悩んでしまいそしてまた寝られなくなるという悪循環に陥っていきます。
一時的なものならいいのですが、これがしばらく続くとひどい場合はうつ病になってしまう人もいるようで、一見大したことのないことのようですが、実は重大な病気なのです。

不眠症にはいろんな種類があります。
不眠症は一言で片付けてしまいがちですが、実はいろんな種類があるのです。
主に、3つのタイプに分かれるようです。

まず1つ目は、布団に入ってもなかなか寝付けないというタイプです。
これはとてもつらいもので寝ていればあっという間に朝を迎えるのですが、寝付けないのですから時間が長く感じます。
寝ようと思うと余計に寝られなくなるという悪循環に陥っていきます。

2つ目は、ふとんに入って一応、眠ることはできるのですが、2・3時間するとまた目が覚めてしまい、そのあと目が冴えてしまってなかなか寝られなくなるタイプです。これもまたやっかいなものです。

3つ目は布団に入ったときは寝つきがよく、途中で目が覚めてしまうこともないのですが朝早く目が覚めてしまうというものです。
起きる時間まで寝ていたいのですが、それより早く目が覚めてしまってそのまま起きる時間を迎えてしまうというものです。

3つのタイプともに十分な睡眠をとれていないわけですから、寝覚めが悪く頭もスッキリしないし、昼間の活動しなければならないときに眠くなってしまい、日常生活や仕事に支障をきたしてしまいます。
なかには1つだけではなく、3つとも当てはまる人もいるようです。

そこで、まずは日頃の生活習慣から見直しましょう。
不眠症は一度かかってしまうと、すぐに治るものはありませんし、治したくても治らないという厄介なものです。
よくてっとり早い治療法として睡眠導入剤や睡眠薬を飲む人がいますが、それはできるだけやらないほうがいいでしょう。

睡眠薬を飲むと確かに眠ることはできます。
しかし質の良い睡眠は得られないので寝られたとしても頭が呆然としてしまい、十分なパフォーマンスを発揮することはできません。
そして今度は睡眠薬を飲まないと寝られなくなるという悪循環に陥り健康にもよくありません。
もし、薬に頼りたいのであれば不眠症に聞くサプリメントも探せばあるので、まずはサプリメントから試したほうがいいでしょう。
それなら体にはあまり害はないかもしれません。

不眠症の原因として一番多いのがストレスや不安などからくるものなので、それを取り除くことが一番なのですが、そうはいっても生きていればストレスはつきものですからなくすというのもできないかもしれません。
あとは生活習慣を見直すことです。
軽い運動を取り入れてみたり、コーヒーなどのカフェインの強い飲み物を控えたり、寝る前にはテレビを見たりパソコンをやったりしないことです。
どうしてもつらいのなら病院の不眠症外来に行って相談したほうがいいでしょう。

睡眠不足が及ぼす子供への影響とは?

睡眠は子供の成長に大切します。
赤ちゃんが生まれてしばらくの間は寝てばかりいる時間が多いものですが、それは成長するために重要な事を証明しているものとも言えます。
だんだんと月齢が上がっていくうちに、眠る時間も少なくなり大人になると人間の睡眠時間は6時間や8時間などになります。

しかし子供のうちはまだまだ体力も無いこと、そして、体の中の器官などが十分に出来上がっていないこともあり無意識の中にもエネルギーを大量に使っているために、沢山の睡眠をとることが重要になります。
そのために、あまり眠らない赤ちゃんがいた場合などには小児科でしっかりと検査をしてもらったりなどし診断をしてもらうことも大切になります。

昔から言われてきた日本のことわざに、「寝る子は育つ」というものがありますがまさにその通りで、睡眠時間を十分にとってしっかりと体を休める時間を日ごろから持っている子供は、精神的にも身体的にも健康的に成長していくことは科学的にも証明されているものと言えます。
そのような理由からも子供がまだ小さいうちからしっかりと夜になったらベッドに入り、穏やかな時間の中で眠りにつくという習慣づけをしてあげることが大切です。

睡眠と学習能力の関係も大きいです。
だんだんと子供が大きくなり小学校で勉強をするようになってくると、今度はその子の能力というものが成績になって表れてくるために親御さんとしては、はっきりと自分の子の実力というものを目の当たりにすることになります。
保育園や幼稚園に通っていたころには、多少、走るのが遅いとかパズルが出来ないとかいう小さな事なのであまり気にならないことも少なくないかもしれませんが、通知表などにその評価が出るとやはりそれは大きなものとなるのです。
ここ数年で改めて問題になっているのが、子供の睡眠時間が減少してきているために学習能力が以前に比べて劣ってきているというものです。

景気悪化に伴い、家庭の中でお父さんとお母さんの両方が働きに出るというケースが増えていることもあり、何かと一日のリズムというものが正しく保てないという家族が多くなっています。
そうなると子供も理想的な時間にベッドに入ることが出来ずに夜中まで起きていたりすることも増えて、日中に学校で授業を受けていても集中出来ないというような結果になります。
その積み重ねにより、年齢相応の学力をキープ出来ないという子供たちの増加が社会問題にもなりつつあります。

睡眠時間と忍耐力についても関係があります。
子供だけに限って言えることではなく、睡眠時間が少なくなればなるほど忍耐力がなくなるということも広く知られているものです。
しっかりと夜の間に睡眠をとることにより、脳が正常な状態で機能することにもつながるために、普段からよく眠ることの出来る人は概して忍耐力を持ち合わせていると言われています。
しかし、あまり質の良くない睡眠しかとれない人や、一日のうちに数時間しか眠れないというような人の場合には、何かとイライラしてしまったりストレスを常に感じてしまったりと我慢が出来ないという傾向に陥りやすいのです。

ですから、あまりよく眠らない子が学校で友達と問題を起こしてしまいがちであったり、授業中に言われた課題をこなせないまま落ちこぼれてしまうという事は教育者の間での常識となっているほどです。
そのような事から考えても、いかに子供にとって睡眠時間が大切であるかということはお分かり頂けるのではないかと思います。

親に出来ることは限られているものですが毎日の生活の中で規則正しいリズムを作り、バランスのとれた食事を与え、夜は決まった時間にお布団に入るという基本的なことをまずは徹底してあげる事が大切なのではないでしょうか。

不眠による心体の不調を解消する方法

眠っている時間は何もしていないから、無駄な時間だと思っていないでしょうか。
実は睡眠中は私たちの体を休めるだけではなく、成長などに大きな影響を及ぼすことになります。
きちんと眠ることが出来ない場合は、成長ホルモンなどがうまく出なかったりすることでトラブルになることがあります。

女性の場合は毎日のお肌のコンディションが気になるところですが、こうしたところもきちんと眠れているかどうかが関係していることが多いのです。
精神面にも大きな影響があり不眠状態が長く続くとつらさを感じることもありますし、うつ病などに発展しやすくなってしまいます。

昼間の活動にも影響してしまいます。
心と体を健やかに保つためには眠るという事を重視して生活を整えていく必要があります。
しかし、単に睡眠時間を長くすればよいというものではありません。
適切な時間は人によっても異なります。
基本的には7時間から9時間の間を目安にしていくとよいでしょう。
まずはその時間当たりで試してみて、自分にとって心地よい時間を探していくとよいです。

時間だけではなく眠りの質も重要になります。
心地よく眠ることが出来るようリラックスできる環境づくりを心がけていきましょう。

そして、生活リズムを整えていきましょう。
不眠で苦しんでいる方は、まずは生活リズムを整えることを意識してみましょう。
毎日、同じ時間に起床し就寝時間も同じにしておくとリズムを作れます。
学校や会社が休みの時にはついつい朝寝をしてしまいがちですが、そうなるとせっかく作ってきたリズムが崩れてしまいまた不眠に陥ってしまうことがあります。
眠りすぎも体には良くありません。
眠りすぎることで、夜、眠くなくなってしまうという事も多いのです。
眠れないことが多い方などは休日であっても、何か予定を入れるなどして平日の生活リズムを崩さないようにしておきましょう。

また、食事なども同じタイミングで摂るようにして行くと、体全体でリズムを整えていくことが出来ます。
もし夜、眠れないようなときには、布団に入って横になっていましょう。
ぐっすり眠れなくても体の疲れなどはとれます。
眠れないことを気にしすぎてしまうことも精神的な問題につながることがありますから気にしすぎないことも大切です。
布団の中にいる時間を守ることで、まずはリズムづくりをして眠る前には自分なりの儀式をするという方も多くいますので、自分なりにリラックスできることを探してみるのもよいでしょう。

自分にとって心地よい環境を作ることで眠りやすくなったり、気持ちが安らいでリラックスできることもあります。
まずはそういった環境づくりを行っていきましょう。
明るすぎる部屋は作業するには良いですが眠るという観点から見ると向いていません。
眠る前の時間は、少し明るさを落とした部屋で過ごすようにしてみましょう。
またパソコンやスマートフォンなどの画面を見ていると光を目に入れることになるため神経が興奮し眠りにくくなることがあります。
頭を使う作業を眠る前にしているとリラックスできずに眠りにくくなってしまうものです。
眠る前にはこうした機器の使用を控え、休む準備をしてみることをお勧めします。

例えば、ゆっくりスキンケアをしてみたり、軽いストレッチをするなど心と体を休める準備をしてみましょう。
部屋の環境を整えることも大切で、間接照明を使い明るすぎない部屋を作ることもその一つですし、心が安らぐ香りを取り入れていくことも効果的です。

しっかり眠ろうと自分を追いつめることは心にも良くありません。
眠りは精神面とも大きくかかわっていますから、まずは自分が心地よく眠ることが出来る環境づくりを心がけてみましょう。