不妊治療とは?原因や対策、病院での治療法やその費用とおすすめのサプリメント




不妊を知り、対策を知っていきましょう。

不妊治療になってしまう原因は男性にも

結婚して2年たって夫婦生活がありながら、赤ちゃんが授からない場合を一般的に不妊と呼んでいます。
不妊治療を始める場合、原因が男女どちらにあるのかはっきりさせたほうがその後の不妊治療が効果的になります。

男性側の不妊原因がいくつかあります。

一つ目は精子の異常です。
精子の数が極端に少なく1ml中に2000万以下しかいない場合には不妊の原因になります。
タイミング法で妊娠することもありますが、極端に少ないときは人工授精か顕微授精をすることもあります。

反対に精子過剰症というのもあり、精子が多すぎて自由に運動ができずにかたまったり、くっついたりすることがあります。
また無精子症という症状は精子が全く生産されない状態で、このままでは妊娠は望めません。
ほんの少しでも精子が見つかれば顕微授精で不妊治療ができることもあります。

ほかに精子死滅症というのもあります。
精子がまったく受精能力がないか死んでいる場合です。
精子の数は一定以上あっても、精子が元気でないと卵子までたどりつくことができません。
亜鉛やビタミンEを摂取することで精子の質や数を上げることができる場合もあります。

二つ目に精子の通路障害があります。
精子の通り道である精管や尿道が炎症を起こして狭くなっていたり生まれつき細い場合は、精子が出ていくことができないので不妊になります。

三つ目は性交障害です。
男性の勃起障害、早漏、性器の発育異常などで性行為が不可能な場合があります。
多くは精神的ストレスが原因で勃起不全、いわゆるEDになることがあります。
この場合はストレスを取り除き、リラックスした気持ちで過ごすようにすることが大切です。
それと同時にパートナーの深い理解も必要です。

仕事のストレスが原因かも?不妊治療で不妊改善するには

不妊治療の際には、出来るだけ早く不妊となる原因を知っておく必要があります。
多くの人は不妊は女性側に問題があると考えていますが、上記のように実は男性側に問題がある場合もあります。
身体的な要因の場合は検査などをすることで判明することもありますが、それ以外の要因の場合は判明が遅くなったり分かりづらかったりすることもあります。

そのため、不妊治療の前にまず自分自身の生活を見直す必要があります。

また、不妊はストレスが原因とされることもあります。
女性の場合は、ストレスが掛かると生理不順などになりやすく排卵がうまく起こらないことがあります。
このせいで女性の体が妊娠しづらい状態になっていることも考えられます。

また、男性であっても仕事などのストレスにより性機能障害などになることがあります。
これも不妊の原因とされることもあり、そういった点から不妊改善のためには自分達が普段生活する上で、どんなことにストレスを感じているか、もしくはそれをうまく解消できているかも知っておくことが重要です。

仕事をする上でストレスはどうしても発生してしまいがちですが、それが身体にまで影響を及ぼす場合には仕事環境などを見直し改善していった方が不妊治療には良いでしょう。
また、規則正しい生活を送れていない人や体力のない人などは、ストレスに弱く不妊にもなりやすくなってしまいます。
ストレスに強い体作りを実践したり、もう一度、自分の仕事への取り組み方などもチェックしておくことも重要です。
不妊治療は、長い期間続けていくことも必要となります。
その上で、自分たちで出来ることはなるべく実践し、より妊娠しやすい環境を作り上げていくことが大切だとも言えます。

高齢でも出産できる?不妊治療で心得ておきたい「年齢」というデメリット

一昔前、女性は30歳を過ぎてから初産を迎えると高齢出産と言われていましたが、今の時代はそれが35歳にまで延長されていて、結婚しても子供を持つことを先送りして仕事や趣味に打ち込む女性が増えています。
それが悪いこととは言いませんが、女性の体というのは医療がどれだけ進歩しても古代から基本的に変わっていないのです。
やはり30代に入ってから妊娠を試みるよりも20代のうちに妊娠しておく方が経過も良好で出産も安産であることの方が多いのです。
しかし、近年は優秀な不妊治療のおかげでかなりの高齢でも妊娠できると考えている女性が増え、不妊治療の専門クリニックは初診を数か月待つことも珍しくありません。
確かに不妊治療の進歩のおかげで様々な理由で自然妊娠できなかった人たちが子どもに恵まれていますが、それは比較的年齢が若い人に訪れる幸運だということを頭の片隅に置いておいてほしいものです。

いくら優れた技術があっても不妊治療の成功を決めるのは卵子の年齢、いかに良質な卵子があるかということが医療界の常識で誰でも高齢出産ができるというわけではないのです。
実年齢よりも卵巣年齢が若い人はやはり成功率も上がりますし、逆に実年齢が若くても卵巣機能が弱っている場合は望む結果が出ないこともあります。
また、妊娠しても子供に重い障害が判明するリスクも年齢が上がるほどに増えていき、流産や死産の確率も上がります。

いずれにせよ、確実に妊娠できる治療方法ではないので、それを忘れずに治療することが大切です。
特に体外受精以降の高度不妊治療は心身ともに疲弊しますし、経済的な負担も相当です。
自分を追い込みすぎず夫婦ともに、ゆとりを持って臨むことが妊娠への近道と言えるかもしれません。

ストレス対策!女性が不妊治療を開始するときの心構え

赤ちゃんが欲しいのになかなか授からない状態が続くと、このまま妊娠できないのではないかと不安感が募る方が増えてきます。
そのためパートナーと一緒に産婦人科を受診して、不妊治療を検討するカップルもみられます。

不妊の原因は男性側、女性側にそれぞれあるといわれ男性の側には性機能障害や精液の性状に関わる問題などがあげられ、女性側では、主に排卵障害や卵管の閉塞、子宮や頸管の問題などがあげられます。
しかし、実際の不妊ではこうした機能的な問題がなくても妊娠できないケースが多く、全体の3分の1を占めているとされています。
一般的には卵子の環境などから、できるだけ早い時期に不妊治療を開始する方が妊娠しやすいといわれています。
そのためある程度の期間妊娠できなかった場合には、不妊治療に移行するカップルも比較的多くみられます。

一方でゴールの見通しが立たない不妊治療は、カップルにとって大きなストレスにもなります。
不妊治療を続けながら自然に赤ちゃんを授かるための対策として、こころのゆとりを保ちながら治療を受けられるようにすることが大切です。
不妊の主な治療法としてはタイミング法や人工授精、体外受精や顕微授精などがあり、人工授精から体外受精、顕微授精に移行するにつれて、かかる費用も膨らんでいきます。

次は妊娠するかもしれないと年数を重ねるうちに、経済的な負担が大きくなるケースも目立ちます。
不妊治療を始める際に、夫婦でどのくらいの費用がかけられるか、何年程度、治療に取り組むかあらかじめ話し合ってゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。
治療以外のことを考えて2人で楽しむ時間を持つと、ストレスを和らげる効果があります。
日常の中でも運動をしたり、ハーブティーなどを飲んだりとストレス過多にならないように過ごすことも大切です。
常に考えすぎるのではなく二人の時間を楽しみつつ、治療計画なども両立して立てていくことでストレスの負担を軽減し、不妊治療に取り組んでいけると良いでしょう。

不妊治療のタイミング法や薬治療の基本知識

赤ちゃんが欲しいと思い、いざ子作りを始めてもなかなか妊娠できなくて焦りばかりが募っていくと感じたことのある女性は少なくないのではないでしょうか。
避妊を止めればすぐに妊娠するものだと思っている女性はとても多く、実際に妊娠を望んでその周期に願いが叶う人もいますが平均して半年ほどかかることが多いものです。
しかし、妊娠しない期間が半年以上ある場合は婦人科に相談してみるのが妊娠への近道になる場合もあります。
最近は不妊治療について様々な情報が溢れていますので、婦人科へ行くのがそれほど抵抗がないという人もいるかもしれません。
婦人科に相談したからといって、いきなり専門的な不妊治療が始まるわけではないので安心してください。
多くの場合、問診や基礎体温表のチェック、内診や超音波検査などを経て何も問題がなければタイミング法という方法で妊娠を試みることになります。

タイミング法とは、もっとも妊娠しやすいとされる排卵日周辺を特定し、医師の指導を受け成功して妊娠を目指す方法です。
排卵日を特定するために生理が終わってから数回通院し、超音波を使って卵胞の育ち具合を見ておおよその排卵日を割り出してもらいます。
費用の負担も軽く、初診料込でも約3000円もあれば足りることが多いです。
人によりますが、卵胞の育ちが悪い場合や長くタイミング法を試しても妊娠しない場合には排卵誘発剤などの薬を投与されることもあります。
最初は飲み薬のことが多く、それでも効果がなければより強い注射というケースが一般的です。
排卵誘発剤などの薬の副作用として双子を妊娠しやすくなることや卵巣が腫れるOHSSという症状にかかるリスクが上がるなどの例が報告されていますので、医師からしっかり説明を聞いてからトライしましょう。

不妊治療の注射で対策する方法と流れ

不妊治療は、まずタイミング治療からスタートします。
通院し卵胞の大きさなどを確認し、排卵のタイミングを逃さぬよう指導する方法です。
もちろん不妊の原因をさぐる為、夫婦とも検査を受ける必要があります。
そのタイミング治療でうまくいかなかった場合にはステップアップを考えます。

それが人工授精という方法です。
排卵が起こるタイミングを見計らい、そこに精子を送り込む方法です。
このタイミングや人工授精のときにも排卵を確実にさせるためには必要なhcgという注射を利用する場合があります。
排卵がたとえうまくいってもピックアップ障害などの可能性もあり、なかなか妊娠につながらないことも多いのです。

そこで最後の手段の高度不妊治療として、排卵前の成熟した卵胞を複数育てて体外にて精子と受精させる体外受精があります。
体外受精の中には、顕微授精も含まれます。
内服薬も用いますが、卵の成長具合や採卵個数によっては注射が用いられることも多くなっています。
以前は、そのためだけに通院することも多く宿泊をしなければいけないなどのケースもありましたので患者の負担になっていました。
特に遠方から通っている患者さんにとっては大きな悩みでした。
不妊治療を続けるためには、頑張ってきた仕事を辞めなくてはいけないことも多かったのです。

今では卵を育てていく時に使用するhmg(排卵誘発剤)や、hcg(排卵を促す薬)を自宅で自己注射をすることで不妊治療における通院の負担を軽減するなどの対策がとられていたりと待ち時間の削減にもつながります。
方法については看護士さんから直接指導を受けたり、中にはご主人様が練習を受けて奥様に注射してあげるケースもあります。
どんな場合でも夫婦で助け合っていく事が治療中のストレスの影響も軽減する力となるでしょう。

不妊治療で病院にかかる費用&相場

夫婦2人とも特に問題がなく、避妊をやめて子どもを望んだ場合は通常2年以内に9割が子どもを授かることができると言われています。
しかし、その期間を過ぎてもなかなか子宝に恵まれない場合は病院で相談して不妊治療をスタートする人も少なくありません。
不妊治療はデリケートな分野ですし、普通の病気を治療するのとはストレスの大きさが違います。
心身のストレスやプレッシャーも大きいですが、治療が進むにつれかかる費用も大きくなっていきます。

タイミング法や排卵誘発剤の投与ぐらいであれば1回につき数千円で済みます。
人工授精ですと病院にもよりますが1万円から3万円代というのが相場となります。
最も費用に開きが大きくなるのが体外受精や顕微授精といった高度不妊治療になります。
保険適用外の治療になり病院が自由に価格を決められるため、人気のある病院だとさらに費用は高くなる傾向があります。
体外受精ですと安いところで20万円ぐらいから可能ですが、知名度や実績のある個人クリニックでは50万から60万円にも上ることも珍しくありません。

そのほかに成功報酬型というスタイルのクリニックもありますので、説明会などに参加して事前に調べておくと安心でしょう。
顕微授精になると体外受精の金額にプラスして5万円程かかることが多くなり、出費に関してはある程度あきらめが必要と言えます。
該当する条件の方にはお住まいの自治体によっては、わずかですが助成金が出ますので治療をすると決めたらしっかり調べ、領収書などは保管しておくようにします。
それほどの費用をかけて努力をしても妊娠率は年代にもよりますが3割から4割ほどですので、それを考慮して回数を決めて行うようにするのがいいかもしれません。

助成金がある公共団体も。不妊治療と知っておくべき妊娠率

多くの人は結婚したら自分の子を持ちたいと望むものです。
それは人間の本能ですから自然なことですが、いざ子作りを始めてもなかなか妊娠できないこともあります。

子どもは授かりものですから時間がかかることもありますが、一般に避妊を止めて2年経っても妊娠できなければ不妊症と定義づけられていますが、2年を待たずに婦人科に相談して不妊治療を開始する人が多いです。
不妊治療の流れとしては排卵日周辺を特定してもらい性交をするタイミング法から始まり、膣内に人工的に精子を注入する人工授精、採卵をして体外で精子と掛け合わせて受精させる体外受精や顕微授精といったふうにステップアップしていくのが通常です。
ステップアップが進むにつれて心身の負担は重くなり、体外受精や顕微授精においては経済的負担もとても大きなものになります。

先にも伝えましたが病院にもよりますが、1回の体外受精で安くても平均30万円ほどはかかります。
そうした負担を軽減するために地方自治体では助成金を支給していたりします。
助成金を受けるには所得制限があり、夫婦合算の年間所得が730万円未満でないと対象にはなりません。(2015年現在)
また対象となるのは体外受精や顕微授精や凍結胚移植などの高度不妊治療で、治療が終わった後に申請をすることで助成されます。

また、自治体によっては人工授精などの治療にも助成金が出るところがあります。
高度不妊治療に対する助成金は1回につき最大15万円となっていますが、平成28年度から女性の年齢が43歳未満に制限されることが決まっています。
これは女性の妊娠率を考えての制限であり、40代になると体外受精などの高度治療を行っても約1割しか妊娠することができなくなり非常に厳しい結果となるためです。
40代でも42歳を境に妊娠率が下がるためこの年齢制限が設けられました。
妊娠を望む人は1日でも早く治療をスタートさせた方がいい結果が得られると考えておいた方がいいでしょう。

病院での不妊治療に疲れたときは。鍼灸で不妊治療するメリット

不妊治療を行っても妊娠しない場合に心身とも疲れた状態になることがあります。
そして、そんな時には西洋医学と違って東洋医学には体を根本から癒してくれる方法があります。
その一つの鍼灸のメリットをあげてみます。

一つ目はリラックス効果が高いということです。
じんわり体を温めることで気持ちも落ち着き自律神経のバランスも整ってきます。
不妊治療は体だけではなく心も疲弊してしまうことがすくなくないので、針灸で高ぶった神経を落ち着けることで気持ちの安定化を図ることができます。

二つ目は鍼灸には副作用がないということです。
不妊治療で薬や注射、検査に処置というのは大変な体の負担で、中には辛い副作用がでることもあります。
一方、東洋医学は体に優しい治療法なので辛い痛みや苦しい副作用はありませんので安心して治療を受ける事ができます。

三つ目は体質改善作用があることです。
鍼灸は気の流れや血液の流れ、水分代謝をよくして体を整えてくれますから、その結果、卵子の質や子宮内膜の状態が良くなっていくのです。
体の根本から治療していくので体質が変わり妊娠しやすい体になっていきます。

四つ目は免疫力や自然治癒力を高める効果があることです。
三つ目と少し重なる点がありますが、本来人間には自然治癒力があります。
針灸をすると人間本来の自然治癒力が呼び起こされ、免疫力も向上します。

5つ目はオーダーメイドの治療ができるということです。
人間の体は一人一人違いますから、妊娠しやすい体になるためのツボも個人個人で違ってきますので鍼灸ならその人にあったツボを刺激することができます。

このようにメリットをあげてみましたが大事なことは不妊治療で
疲れた体と心を癒してくれる効果があるということです。
より健康になってリラックスして妊娠のための準備ができるようになることも非常に大切なことですので、興味がある方は治療中に試してみてはいかがでしょうか?

不妊治療でのサプリメントの選び方と3つのポイント

結婚して子供が欲しいと思っていてもなかなか妊娠せず悩む人がいます。
避妊せずに性行為をおこなっていて一年以上妊娠しない場合をWHOでは不妊症と定義しています。
日本では10組に1組が不妊症であるともいわれており、不妊治療を受けるカップルも増加しています。

不妊の原因が男性にある場合が40%、女性にある場合が40%、両方に問題がある場合が15%、原因がわからない場合が5%となっています。
男性側の問題としては精子がまったくいない、もしくは極端に数が少ないなどで女性側の問題は排卵に問題があるまたは受精卵が子宮に着床できない、卵子の老化などです。
不妊の原因がはっきりしている場合は、産婦人科で適切な指導を受け不妊治療をすることで妊娠は可能になります。

しかし、原因がわからない場合は妊娠しやすい体質づくりから始めてみてはいかがでしょうか?
手軽な方法としてサプリメントを使用するという方法があります。

ではどのようなサプリメントの選び方をすればよいのでしょうか?
まず、冷え症の方には体を温める効果のあるマカというサプリです。
冷えは不妊の方には大敵となるのですが、マカは植物エストロゲンというものを含みそれがホルモンバランスを整えて冷えを改善してくれるのです。
また精巣機能を活発にするので男性にもおすすめです。

次に葉酸のサプリです。
葉酸は貧血を改善することで妊娠しやすくする効果が期待できます。
また妊娠前だけでなく、妊娠中にも積極的な摂取が厚生労働省よりすすめられているものです。
また、ビタミンやミネラルがバランスよく配合されたサプリメントもオススメです。
マルチビタミンサプリメントなど、バランスを考えて作られた商品もありますので手軽に摂れるのも良い点です。
精子や卵子、子宮などの状態をよりよく保つのに一番必要なのは基本栄養素をバランスよく摂ることです。
ビタミン・ミネラルは体の機能を整えるものなので、普段の食事で不足していると思う場合はこのサプリがオススメです。

また、プラセンタサプリメントもおすすめです。
プラセンタサプリメントには豚や馬や羊など様々な種類がありますが、羊のシーププラセンタサプリメントが一番、人間の組成に近いと言われており海外セレブなども美を保つために利用しているものです。
日本ではあまり知られていない羊のシーププラセンタですが、ホルモンバランスを整えてくれるほか、女性の卵巣の機能を活性化する作用もあるのです。
さらにプラセンタには抗うつ作用もあるため、近年ではうつ病治療にプラセンタを用いている病院も増加しています。
このように、シーププラセンタサプリメントは不妊治療や更年期障害にも、またストレスなどでのうつ病対策にもおすすめのサプリメントと言えるでしょう。

不妊治療についてのまとめ

不妊治療については結婚後、次は家族をと思うのは誰でも同じかもしれません。
いつでも出来ると思っていたのにいざとなると出来なかったり、そして、その際には、悩むのは女性だけでなく、男性も悩む夫婦の「悩みの種」になるでしょう。
人によっては年齢というものもあり、ストレスは多大なものになったりします。
そして、それが原因で夫婦の中もすれ違ったりするかもしれません。
出来たら夫婦ともに笑顔で幸せに日々を過ごしたいですよね。
現代医学が進んでいると言われていますが、やはり人間の体ですので年齢が高くなるにつれて生まれてくる子供の健康や母体への影響など、そして生まれてからの育児での負担などを考えて夫婦で計画的に不妊治療に目を向けても良いでしょう。

また、日頃から体作りを心がけておくのも重要です。
夫婦の体が健康であればそれに越したことはなく、薬でなくともマカや、プラセンタ、マルチビタミンサプリメントなど日頃の生活もサポートしてくれるサプリメントが多数あります。
カフェインが多いコーヒーから紅茶やハーブティーなどに少しずつ変えてみるのも良いでしょう。
ストレスを溜め込みすぎず、悩みすぎず、一日一日を大切に生きていきましょう。