肩こりの改善の筋トレ方法とは?肩こりがひどい時にはどの診療科に行く?




肩こりに筋トレが効果的な理由

肩こりに筋トレが効果的な理由として、整形外科などの医師の先生がよく説明をしてくださる内容のように肩こりが起きてしまう原因としてはその肩の部分に血などがうまく流れずに血の流れが止まってしまっているからです。
しかし、一方でこのような肩こりを解消するために筋トレを行うと当然ですが、その筋トレを行なった部分には筋肉がついてくれるため血液の流れがとても良くなります。
そうすると血液の流れがよくなることで肩の痛みや肩の酷いこりなどが治っていき筋肉がつくことで血流がよくなるため、なかなか肩こりにならないように体を改善していくことが可能となっているのです。

そのため肩こりには筋トレがとても効果的であり酷い痛みを解消してくれる素晴らしいものとなっています。
このときに行うオススメの運動としては肥満体質の人でも行うことが出来る水泳などの運動または背泳ぎやバタフライなど肩の筋肉を出来るだけ使う水泳の方法がとても効果があるとされています。

普通にプールの中を泳ぐだけでも肥満には良いものですが上記のようにバタフライなどを行うとより筋肉を体につけることが出来るからです。
筋肉を鍛えて治す、このことはとても重要であり酷い肩の痛みであまりの痛みに夜も眠れない…
このような辛い状況を味わっていた人ですら、しっかりと筋肉を体につけまた首のまわりや肩のまわりにしっかりとした筋肉をつけたことによってデスクワークなどを行っていても以前よりも肩こりが酷いことがなくなった!

このような感想を持つ方はとても多いです。

これは筋肉がしっかりと体についたことにより血流が良くなったため凝りなどがなくなったこと、さらに首を支える筋肉が肩の周りなどにしっかりとついてくれたために重い首を支える土台が出来たことで肩こりを治すことが出来たというものです。
首の重さは意外なことにかなり重いものであり、おおよそ60キロ前後の人であれば8キロほどの首の重さがあると言われているほどとても重いものとなっています。
そのためこれだけの重さを支えてくれる肩にはとても大きな負担がかかっているため、上記のように筋肉を鍛えることによって筋肉の力で首をきちんと支えることが出来ると酷い肩の痛みや酷い肩のこりなどをしっかりと治していくことが可能となっているのです。

肩こり改善のためのオススメの筋トレとは?

肩こり改善のためのオススメの筋トレとはどのようなものでしょうか?
これはよく多くの医師の先生、特に内科や整形外科の先生が多くの患者さんや肩の痛みや肩のこりに悩まされている患者さんを診察した結果、おすすめの筋トレとしては水泳などのスイミングである、このように述べられています。
スイミングや水泳などの利点としては、まずは水の抵抗力がとても良いものであるため、ただ普通にお散歩などをするよりも水の中を歩く方が体に負荷がかかりただ歩いているだけでもとても効果的に筋肉をつけることが出来ます。
そのため、病気がちな人であったり肥満が重度の人であっても、このようなスイミングや水泳であれば行うことも出来るため多くの人にオススメ出来る筋トレであり、スポーツであるとされています。
また、ただ上記のように歩くというよりも少しでも顔を水につけて背泳ぎや犬かきなど自分の出来る範囲で水泳を行う方が筋肉をより使うことが出来るためより効率的に筋トレを行い酷い肩こりなどを治すことが出来るとされています。
また、市民プールなどでよく行われている水泳エクササイズもとても効果的であるとされています。

肩こりになってしまう原因は様々なものがありますが、いちばん多いのが肩の筋肉を動かさないため血行が悪くなり老廃物である乳酸がたまってしまった状態になっていることです。
それにより筋肉は硬くなってしまってコリや痛みを感じてしまいます。
これは同じ姿勢や同じ動作をずっと続けるなど、特定の筋肉ばかりを使ってしまっていることが原因で起こってしまうものです。
1日中デスクに座ってパソコンのモニタを眺めている人などはパソコンを使うために指先は使っても肩をほとんど動かさない姿勢になっていたり、モニタをよく見るために前傾姿勢になってしまい、人間の身体の中で一番重い頭を支えるための首や肩の筋肉が凝ってしまうため肩こりが悪化してしまうこともあります。

また、仕事中の精神的なストレスによって身体が緊張してしまうことも原因の一つです。
ストレッチやマッサージを行ったり湿布を貼るなど多くの肩こり改善の方法がありますが、それでも全く効果がないという人におすすめしたいのが腕立て伏せです。
腕立て伏せを行うことで慢性的な肩こりがあっという間に解消したという声もあるほど手間も費用も掛からないのに効果が絶大な方法です。

腕立て伏せで肩こりが改善する

腕立て伏せを行うと肩こりが治ると言われている理由は肩の筋肉を大きく動かすことにあります。
肩こりの原因は肩の周りの僧帽筋や僧帽筋や三角筋、肩甲拳筋などの血行不良なのですが、腕立て伏せを行うことで肩の筋肉と肩甲骨を大きく動かすことができるため血行が良くなるのです。

普通のストレッチや体操、マッサージでは僧帽筋とその周囲にいくつもある筋肉を十分にほぐしてこりを解消することは難しいのですが、腕立て伏せを行うと十分にほぐすことができるため大きな効果が期待できます。
これは腕立て伏せの場合には自分の体重がかかるため、負荷を付けずに行うストレッチよりも肩甲骨を大きくしっかりと動かすことができることが大きな理由です。

肩こりを改善するためのストレッチに立ったままで両腕を90度に上げて肩甲骨をぎゅっとくっつけるようにするというものがありますが、それを大きな負荷をつけて行っているのと同じです。
また筋力をつけると頭の重さをしっかりと支えることができるようになるため前傾姿勢になりづらくなります。
一番重い頭をしっかりと支えることができるようになることで肩こり解消や予防効果が期待できます。

腕立て伏せのやり方は?

「ただ腕を曲げたり伸ばしたりすればいいんじゃないの?」と思われがちですが、きちんとした腕立て伏せが出来ている人は実はあまりいません。
特に女性の場合には筋力が少ないためなかなかちゃんと出来ていないのが実情です。

女性でも簡単に出来て職場でも空いた時間に出来るものとしては壁腕立て伏せがあります。

壁から数十センチ離れて手を壁に尽きます。
脚は肩幅より狭くしてゆっくりと腕を曲げて身体を壁に近づけます。
顎が壁に付くくらいまで腕を曲げ3~5秒キープしたらゆっくりと腕を伸ばします。

職場なら机に向かって行うこともできます。

家でじっくりと行うのなら膝をついて行います。
つま先をついて行うものは強度が強く筋力がない人や女性には辛いのですが、膝をつくだけで行いやすくなります。
この時に手の指先を内向きにすると肩こり解消の効果がさらにアップします。

また、肘が90度になるまで身体をゆっくりと落としていくのもポイントの一つです。

1日に何度も行うのではなく毎日少しずつで構わないので継続して行うようにしましょう。
慣れてきたら回数を増やしたり一般的なつま先立ちで行うものなど強度を上げていくようにします。
無理をしないように行ってみましょう。

デスクワークでも疲れない肩こりを解消する座り方

デスクワークをしている多くの方は辛い肩こりに悩まされています。
肩こりや腰痛などの辛い症状があるのであれば椅子の高さや背もたれを調整することで改善効果を実感したり予防することができるので試してみましょう。

デスクワークで肩こりを感じない椅子の座り方は、背もたれが背筋に沿うことが重要なポイントです。
椅子に座る際に背もたれをきちんと使用しないと前かがみの姿勢になってしまいます。
そのため、背もたれに背筋が沿うようにすることが大切です。

また、足の裏の全体が床につくことを意識しましょう。
椅子の高さを調整できない時は、両足をきちんとつくように心がけて足台などを置くと効果的です。
さらに背もたれとお尻部分に間が空かないように深く座ることで身体に負担をかけることがありません。

辛い肩こりは椅子に座った際の姿勢が悪いことで引き起こされてしまいます。
そのため、普段の姿勢を少し見直すだけでも十分に改善効果を実感したり予防することができます。
脇を締めることで肩への負担が軽減されたり肘かけに腕を乗せるだけでも腕の重さを分散させることができ肩への負担を減らすことができるなど嬉しい効果があります。

現在、短期間で効果を実感できる肩こり改善は様々な方法で行えますが最も効果を期待できるのが運動です。
若い方であればたっぷり睡眠を取ることで辛い肩の痛みを解消することができますが、年齢を重ねた方の場合、毎日、適度な運動を行うことが欠かせません。
朝晩、簡単な運動や体操を行うことで効率良く辛い肩の痛みを改善することも実現します。
朝の肩こり体操を行うことで睡眠中に起きた血行不良を改善することが可能です。
一方、夜の体操は一日の疲れの溜まってしまった肩の筋肉をほぐすことができリラックス効果を得ることもできるでしょう。

肩こり体操は簡単にできるのもメリットです。
肩を上げ下げしたり、力を抜いて上げた肩をストンと落とすだけでいいので手間や時間がかかりません。
また、肩で円を描くように回したり両肩を後ろに引くだけでも効果を実感することができるので簡単です。
さらに仕事をしながら効率よく肩こり改善を行うこともできます。
仕事中のリフレッシュにもなるので試してみましょう。
現在は様々な方法で辛い肩こりを解消することができるので、まずは自分に合った方法で毎日諦めずに実践することが大切です。

肩こり改善に注目を集めているのがハーブティーやサプリメントです。
今は手軽に服用することができるハーブサプリもあり、効率良く辛い肩の痛みや腰の痛みを解消することができます。

クチコミでも人気を集めているハーブサプリメントは無添加のオーガニックで作られているのも大きな特徴です。
水があればいつでも好きな時に飲むことができ、手間や時間をかけずに肩こりを改善することが可能なのでおすすめです。
また、むくみが原因となって辛い肩こりや腰痛に悩まされてしまう方も少なくありませんが、自分の体質を知って的確なハーブティーを選ぶことも重要です。

肩こりやむくみに効果のあるハーブの代表がローズマリーです。
ローズマリーは低血圧の方や肩の痛みに悩んでいる方におすすめです。
また、鉄分も含まれていることから辛い肩の痛みや腰痛を改善するだけでなく貧血で悩んでいる方や妊婦さんにもうってつけと言えるでしょう。
さらにミネラルやカリウムなどが多く含まれているハーブティーを飲むことで老廃物や余分な水分を効率よく排出してくれるので効果的に身体の辛い痛みを改善することも夢ではありません。
また、同時にリラックス効果を得られるのも非常に大きなメリットです。

肩こりと睡眠の関係

肩こりと緊張の関係性では、肩こりなどになりやすい人には実は精神疾患などを患っており、極度に緊張状態にある場合には常に体がこわばってしまっている状態であるため肩こりなどがとても頻繁に起こりやすいとされています。
当然ですが常に緊張している状態であるため、疲労などもとても酷くなかなか夜眠れない、睡眠をとれない、不眠症である、このような人がとても多いです。
このようなケースではリラックスをすることで緊張がほぐれるケースが多いため体の緊張をとるために、また、疲労を少しでも癒すために天然の温泉に入ることやゆっくりと自宅でバスソルトなどや入浴剤を入れて疲労を回復することがとても大切であると言われています。
また、医師が勧めてくれたサプリメントなどを飲むと脳に足りない栄養などが補給され緊張などがほぐれリラックスできるケースもあるとされています。

このように緊張と肩こりはとても密接な関係にあるため、極力、緊張などをせずにリラックスできる環境を作ることで、次第に辛かった肩こりが治ってくれるケースもあります。
また、環境によって緊張してしまう場合は職場環境などを見直す必要もあります。

肩こりと疲労について

肩こりが起きてしまう原因としては、例えばスマートフォンなどやパソコンなどの画面を見ていると肩が固まった状態になってしまいます。
その結果、体が一定の姿勢に固定がされてしまい、それが原因で体の中にうまく血液が循環されず肩に血の巡りがうまくいかない。
このような状態になってしまいます。

そのため、定期的に運動をしたり血液の流れをよくするサプリなどを使うと肩こりなどは改善されることが多いものです。
どうしようもなく倦怠感などが酷い。
このような場合にも上記のように肩が固まってしまった状態で血液の流れがとても悪い状態になってしまっているため、同時にうつ病などを発生してしまうことなどもあるのです。

肩が痛い、肩が重い、このような感覚が酷くなると気分も塞ぎがちになり疲れるだけでなく、上記のようにうつ病や神経症などの精神疾患などを起こしやすくなると言われています。
そのため、そのような精神疾患を引き起こさないためにも定期的に良いサプリなどを飲むようにするなど、またしっかりと運動などを行うことでこのような疲れからは解放されます。

肩こりと睡眠の関係について

肩こりと睡眠の関係についてはとても密接な関係があります。
そのため、よくパソコンなどを使っている人や常に仕事などでパソコン関係やスマートフォンなどを使っている人の場合には、これらを使っていない人に比べて圧倒的に肩が疲れやすいという研究結果などがあります。
ブルーライトには睡眠に導入したい際に睡眠に入りづらくする悪い作用が出てしまうケースがあり、そのため二重に睡眠がうまくいかないという悪循環になってしまいます。
そのため、就寝に就く前などには決してパソコンなどやスマートフォンなどでブルーライトを浴びないようにすることと不眠症を防ぐための指導をされる医師の先生はとても多いです。

よく知られているものですがブルーライトなどはパソコンなどから出されているものですが、また同時にスマートフォンからも強いブルーライトなどが出ているものです。
そのため、医師の先生によればこのブルーライトを浴び続けることで肩こりが酷いものになってしまうため、極力、ブルーライトを遮るメガネなどを着用することでブルーライトを避けることが必要であるとされている医師の先生もとても多いです。

肩こりと不眠症の関係

最近では比較的若い世代の人々の間でも肩こりになる人が増えてきています。
原因は様々なものが考えられますが、実はこの肩こりが不眠を引き起こしているケースがあるのです。
この理由として最も考えられるのが自律神経の乱れです。

肩というのは、もともと少ない筋肉で周辺の組織や腕をまるまる支えています。
このため負担が溜まりやすく、ずっと同じ姿勢で動かずにいたりすると筋肉の血行が滞り常に緊張している状態になってしまいます。
この状態が長く続くと自律神経の中の交感神経が活発に働くことになります。

一般的に眠るときには、この交感神経が副交感神経へ切り替わり身体をリラックスさせて熟睡へと誘ってくれます。
ところが重い肩こりを放置して就寝中も筋肉が緊張し交感神経が働いているとなかなか眠ることができなくなります。
これが不眠症となる最大の原因でやっと眠れたと思っても熟睡しづらくすぐに目が覚めてしまうようになります。
このような状態が続けば、睡眠不足で注意力散漫になったりやる気が起きないなど健全な日常生活を送るうえで支障をきたしてしまうこともあるので、できるだけ早く肩こりを解消することが大切です。

寝起きの肩こりの原因

しっかり寝たはずなのに寝起きに肩や首の凝りを感じたり倦怠感があったりとすっきり目覚めることができない場合、寝具が原因かもしれません。
合わない布団で眠ることで寝返りを打てなかったり変な体勢となってしまっているので血流が悪化して凝りが生じるのです。
パソコンや運動不足・冷え性など日頃の生活からの影響がそのまま残っているということもあります。
筋肉の緊張と血行不良があると眠っても疲れは解消されません。

まずは前日の肉体的疲労を解消するためにも湯船に浸かるなどして緊張感をほぐしてから寝るようにして睡眠の質を上げるようにしましょう。
冷え性の人や慢性的な肩こりの人はストレッチを毎日寝る前と起床時に取り入れて緊張緩和と血行促進を図ることです。
体が質の良い眠りを取れる体制まで整ったら、あとは肩こりにならない寝具で眠るようにしましょう。

もしも睡眠中に歯軋りや噛み締め・睡眠時無呼吸症候群など病気や悪癖があるとここちよい眠りが妨げられ寝起きに疲労感を感じます。
診療科で見てもらって病気を治すことが肩こりを治すことにもつながる場合もあります。
眠りは日中のさまざまな活動に大きく影響する大切なものですので症状があるなら改善しなければなりません。

布団の固さと肩こりについて

布団の選び方は固さで決まります。
やわらかすぎるものだと背中やお尻が必要以上に沈み込み首から腰にかけての負担が大きくなります。
特に腰が悪い人が柔らかいものにすると腰痛が悪化しますし、寝返りが自然に打てないため眠りも浅くなってしまいます。
包まれて眠るのは心地よいものですが実際には悪い眠りとなるのです。

逆に布団が硬すぎる場合も腰が浮き上がって不自然に反ってしまうのでよくありません。
適度な硬さの布団やベッド選びが必要なのです。

購入の際には寝返りのうちやすさやお尻が沈み込まないかなど実際に横たわってみて確かめてから購入するほうがよいでしょう。
それなりのお値段がしますし恥ずかしくてもきちんと試しておいたほうがよいでしょう。

よい固さというのは、仰向けで寝転がったときに腰の周辺が3センチ程度沈み込む程度のものです。
それ以上だと腰が深く沈みこみすぎて、それ以下だと浮き上がってしまって不自然な姿勢となり疲れがとれるどころか血液が滞ってしまいます。
肩こりだけでなく腰痛が休んでも治らないという人、寝起きに頭痛を感じるという人も健康な体作りのためにもまずは布団の固さから見直してみましょう。

肩こり改善のための枕選び

眠りに大切なのは布団だけでなく枕も大きく影響を及ぼします。
枕のサイズが合っていなくても血行不良になったり寝返りが打ちにくくなるからです。

枕選びのポイントは高さです。
首の骨・頸椎が自然なカーブを描けるかどうかが重要となります。

頸椎をやや前かがみとなった姿勢で保てるとよいので、成人の場合は5センチから7センチほどの高さのものが合うでしょう。
どんなにぴったりの高さのものを選んだとしても頭を置いたら沈み込んでしまっていては意味がありません。
重い頭を支えるためにも適度に固さがあるものを選びましょう。

最近は枕の専門店もありオーダーメイドで作成してもらえるところもあります。
毎日の質の良い眠りのためにもお金をかけてみるのもよいでしょう。

ただ、実はバスタオルが3枚あれば自分に合った枕作りはできるのです。
二つのタオルを丸めて並べその上にもう一枚のバスタオルをかぶせるだけです。
お店で購入するとしてもなかなか寝転がって枕を試すことはできませんがバスタオルなら自分でぴったりのサイズに調整可能です。
自分にぴったりのよい枕が見つかるまではバスタオル枕で心地よい眠り作りをするのもよいでしょう。

肩こりの悪循環のメカニズム

筋肉や血管、神経は別々の期間の様ですべてがつながっています。
ですから筋肉がつかれたりして硬くなれば血管や神経にも影響いて肩こりが起こったりするのです。

例えば猫背などの悪い姿勢を続けていたり、パソコンなどを使用するなど同じ姿勢を続けていると肩や首の筋肉が疲労して収縮してしまい硬くなったりすることでこりやハリを感じるようになります。
筋肉が硬くなってしまうと血管が圧迫されて血流が悪くなってしまい、その結果として抹消神経に傷がついたりする原因になってしまうのです。
血流が悪くなったり末梢神経に傷がつけば痛みを感じるようになり痛みを感じると脳から痛みを感じている場所の筋肉が反射程に収縮してしまいます。

そして筋肉が硬くなってしまいさらにコリやハリを感じるようになり、それがますます血管を圧迫して血流を悪くしてといったように終わりのない悪循環が始まってしまうのです。
これが慢性的に肩こりが起こる原因で、この悪循環をどこかで止めてあげるのが症状を改善するためには必要になります。
わかりやすく改善するためには筋肉をリラックスさせてあげることが一番です。
それには自分でできるストレッチが効果的といえます。

肩こりの原因は筋肉が硬くなって血流が悪くなることだと説明しました。
姿勢が悪かったり同じ姿勢を続けることによって筋肉が疲労することによって起こりやすいのですが、その他にも運動不足で身体を動かす機会が少ないことでも肩こりになりやすい原因になります。
それは運動不足で筋肉量が減ってしまうことでも血流が悪くなる一因だからです。
逆に運動のし過ぎでも肩を痛める要因になります。
運動量は人それぞれ限界が変わってきますが、まずは適度に動かすことを日常的に気をつけるとが大切です。

そして運動前と運動後に簡単なストレッチで肩や首の周辺の筋肉を伸ばしてリラックスさせてあげるとさらに予防改善につながります。
この時に腕を上げたり伸ばしたりするのがきついという人は、タオルなどを利用して身体を伸ばしてあげると簡単で身体にも負担をかけないで肩こり等の解消をすることができます。
またストレスや目の疲れ、太りすぎや痩せすぎなども肩こりの原因になりますので日常的に負担がかからないように気をつけましょう。
また女性の場合はハイヒールなどを利用していると足だけではなく肩こりにも繋がりますので特にストレッチが必要になります。

肩こりになりやすい原因

肩こりは現代病の一つとも言われ、オフィスで長時間同じ体制でパソコン作業を続ける人などに多く見られます。
また、重いものをずっと運んだり、無理に手を上げるなどでも筋肉に負担がかかり肩こりを発症してしまうことがあります。
筋肉が発達している若い世代の人はなかなか発症しませんが、ある程度の年齢を重ねて筋肉が弱っている人などはかかりやすくなってしまうので注意しましょう。

また、日本人は身体的に特に肩が凝りやすい状態にあります。
肩は頭を支えるという重要な役割も担っているのですが、大人の場合は頭だけでも5キロ以上の重量があります。
欧米の人々と比べると日本人はもともと肩周りの骨格が小さく、筋肉もあまりついていません。
このためさらに肩への負担がかかりやすくなり肩こりを発症する人の割合も多くなってしまうのです。
肩こりくらい大したことないとしばらくすれば治ると放置している人も多いでしょうが、油断していると痛みを伴って動かすことすらままならない状態へ悪化することもあります。
こうなっては睡眠どころではなくなるので、できるだけ早い段階でサプリメントや運動を取り入れ筋肉の状態を改善する必要があります。

肩こりを改善するには?

肩こりを改善し不眠症を改善するためには様々な対策があります。
まず最も効果的なのが、滞った血行を良くして筋肉の緊張を和らげるために肩周りの運動を行うことです。
首や肩をグルグルと回すだけでも効果がありますし、温かいお風呂に浸かって全身の血行を良くするのもおすすめです。

また、眠る前にハーブティーを飲むとリラックス効果を得られて副交感神経への切り替えが行われやすくなります。
特にカモミールやラベンダーなどは鎮静作用もありノンカフェインなので寝る前に最適です。
他のハーブティーも様々な香りや効果があるので好みのものを探してみると良いでしょう。

また、最近は不眠解消を目的とした専用のサプリメントなども多く販売されています。
身体をリラックスさせてくれる成分や睡眠サイクルを整えるビタミンなどを中心に配合され、睡眠薬など強い作用を持つ医薬品とは異なるので身体への負担も少なく、安心して毎日飲むことができます。
このように肩こりを原因とした不眠症の場合は運動などで凝りを改善させることが何よりも大切です。
そのうえでスムーズに寝付けるようにサプリやハーブティーを試してみるようにしましょう。

⇒ 自然ハーブの睡眠安眠サプリメント スリープドロップス

タオルを使ってリラックスできる

筋肉をほぐして肩こりを解消するためにストレッチは効果的ですが無理に行なうと筋肉や筋を痛めることがあります。
特に運動不足の方や高齢の方が無理をすると肩こりを改善するのではなく、余計に症状を悪化させてしまいかねないので注意が必要です。
そこで利用してもらいたいのがタオルを使ったストレッチです。

やり方はとても簡単でタオルの両端を持って伸びをするだけで効果があります。
タオルを持つ位置は腕を上げた時に気持ちがいい幅を自分で調節して持ちましょう。
あまりに端の方を持つと効果が低くなってしまいますし、真ん中の方を無理して持つと肩を痛める場合があるので、あくまでも無理のない気持ちがいいと感じる場所を持つことが大切です。
そしていい場所が見つかったら頭の真上に腕を上げて身体を伸ばします。
この時に肩甲骨がちゃんと動いて伸びている事を意識して行います。
そして十分に延びたらタオルを持ったまま背中の後ろに手を下して行きます。

こうすることで肩甲骨の周りの筋肉を無理なくほぐすことができますし背筋を伸ばす効果や胸を広げる効果も期待できます。
タオルを使うことで無理なく簡単に肩こりを改善することができるのです。

肩こりとリンパの関係について

肩こりとリンパの関係については、とても密接な関係があります。
肩こりが酷い人の場合、医師の先生などがその肩の様子などを見るとリンパの流れが上手くいっておらず、また血液の流れが順調に行っておらず肩こりとなってしまっていることが多いのです。
この原因としては血液が凝り固まってしまっている状態から酷い痛みとして肩こりとして症状が出る、このような仕組みになっています。

そのため、リンパの流れをよくすることで肩こりが治るケースもあり、同時にそのような血液の流れを良くする医師の先生が勧めてくれるサプリメントなどを使うとかなり肩の痛みが楽になり、同時に健康状態も精神状態もとても楽なものになることが多いです。

このようにサプリメントの中には上記のような首すじやリンパの流れを悪くしている血液の流れをとても綺麗に流してくれるものなどがあることからそれらのサプリメントを使い飲用することでとても辛かった痛みが改善されるというケースもとても多くあります。
上記のように肩こりは血液の流れなどと密接に関係しているため意外なところに肩の痛みを改善できるものがこのようにあります。

1日の疲れや肩こりはお風呂で洗い流すこと

1日の疲れや肩こりはお風呂で洗い流すことがとても大切です。
入浴は昔から戦国武将などもリラックスが出来るものとして各地の温泉や入浴などを楽しんでいたように体がリラックスできる方法として、肩のこりを治すことが出来るものとしても昔から多くの人たちに愛されてきたものです。

なぜ入浴やお風呂によって肩の痛みなどが改善されるのかというと、血液の流れは寒い場合にはとても悪くなり血の塊などが体の一部などに凝り固まってしまうものですが逆に、お風呂や温泉などに入ることで体が温まるということから体の中の悪い血の巡りがとても良くなり体の中の血液の流れがとても順調に綺麗に流れるようになります。
このようなことから1日の疲れや肩こりはお風呂で洗い流すことはとても大切なことであり、昔の人が行ってきたように温泉や入浴frお風呂などに浸かって体を温めることでリラックスすることは1日の疲れを取ることができると同時に明日の健康のためにもとても良いものであるとされています。
そのため、シャワーだけで体を洗い流すのではなくお風呂などにしっかりと入ることで痛みを緩和させることが可能となっています。

シャワーではなく疲れはお風呂で改善する

よく水道代や電気代、またはガス代などの光熱費の関係から風呂に入ることはお金がもったいない、経済的に許されないとして、節約のために夜、仕事から帰ってきた後にお風呂には入らずにシャワーだけで体の汚れなどを落とし睡眠についてしまう方が多いのですがこれはNGとされています。
なぜならばシャワーだけでは十分に体を温めることが出来ないほか、リラックス効果を得ることができないため疲れもしっかりと取ることが出来ません。
そのため、疲れをしっかりととるためには風呂や温泉などにゆっくりと入りこのようにゆっくりと浸かることで肩の痛みや首の痛みを改善することが出来る、このように言われています。

このことから節約のためとは言っても実際にはシャワーだけで入浴を済ませてしまうと本当に肩の痛みが改善されないだけでなく、鬱の原因ともなってしまうほか首のこりや肩のこりを改善することが出来ないため良くない方法であるとされています。
上記のことからしっかりとお風呂に入りしっかりと体を温めることは、とても大切なことであると同時に鬱病などを防ぐことが出来るとても重要なものとなっています。
また、入浴中にむくみやすいふくらはぎなどをマッサージしてリンパと血流の流れを良くし綺麗な足を目指すのも良いでしょう。

 

首の付け根にしこりができる原因

首の付け根にしこりができていることがあります。
あまり肩こりをしたことがない人にとっては、なぜこのような首の付け根にしこりのようなものが出来ているのだろうか?と不思議に思うものですが、これは玉のような形で肩こりが原因で出来てしまうものとなっています。
この塊が首の付け根にあるため見た感じではとても不思議な感じがしますが、このようなものが出来てしまっている当の本人からすると、
その飛び出た部分を押すと気持ちがいいことと肩の痛みと直結していることが分かるため、肩のこりが元となっていることがすぐに分かります。

この付け根の玉のようなものを治すためには肩のこりを出来るだけ軽くすることが大切であり、その部分とリンパの流れの部分をうまくマッサージなどを行うと小さくなっていき、やがて肩の痛みがなくなった頃には気づけば無くなっていることが多いものです。
これは男女問わず出来るものであり、上記のように肩のこりが元で出来てしまっているものであるため、デスクワークなどで肩を酷使したり目を酷使したりする生活がなくなると突然、消えていることがよくあります。

首の付け根のしこりを楽にする方法

首の付け根のしこり、この部分に出っ張ったような玉のようなものが出来てしまうことがありますが、これは肩こりと密接しているものであり肩こりが治れば自然になくなっていきます。
押してみるととても痛く、また同時に肩が楽になる感じがするためとても気持ちがよいものです。
これを消すには定期的にマッサージなどを行うことが必要であると同時にマッサージについては自分でも出来る方法として定期的に首や腕などを振り回し血流を良くすることです。
また、肩を上下に動かし首などをぐるぐるとまわすこと、このようにすることで肩の周辺の血流が良くなり体が温かくなることが分かります。
この他にも入浴や温泉などで治すことが出来ます。

また、ゆっくり温泉に浸かることで体が温まり、それと同時に血流がとても良くなるため肩こりが消えることがあります。
このように温泉に何度か浸かり肩こりをなくしていくことでしこりのようなものがいつの間にか消えていることが多いものです。

血流ととても関係しているものであることから、温泉に行く時間がない場合には自宅に体が温まる入浴剤などを風呂に入れて体をゆっくりと休めることでも消すことが出来ます。

しこりができないようにする方法

肩こりとこのようなしこり、これはとても密接な関係があり肩がどうしても痛くなってしまうことやめまいがしてしまうほど。
肩の痛みが酷い場合には当然ですが体が異変を起こし、上記のように不思議なものが出来てしまいます。

そのため、このようなものを作らないためには毎日、少しの時間でもいいので短時間でもストレッチや運動を行うことで解決することが出来ます。

例えばオフィスワークで1時間以上もパソコンを見る必要がある場合でも、パソコンによる目の疲れからくる肩こりや首のこりを治すために1時間経過した場合には必ず遠くの綺麗な景色を見ること。
また短時間でも首や肩をしっかりとまわす運動を行うこと、このようなことがとても大切になってきます。

また、同時に肩こりの原因の一つにはパソコンから出されるブルーライトがとても大きな原因であると言われている医師の先生もいるため、ブルーライトを遮るメガネなどを着用しパソコン操作をすることでブルーライトによる目の疲れが軽減され同時に、目の疲れが軽減されることから肩こりもとても軽くなります。
このように短時間でも運動を行うことなどはとても大切です。

肩こりが辛い!何科で治療すべき?

肩こりにはいくつかの原因が考えられます。
普段、自分の生活様式の中にその原因が潜んでいる可能性があります。
自分の肩こりの原因は何であるか、そこを知ることが解消への第一歩となります。

では、主な原因を見てみましょう。

寒さや冷え
夏よりも冬の寒い時期の方が肩こりを感じやすい人も多いのではないでしょうか?
これは血行不良が影響しています。
寒さのために縮こまった姿勢となったり外出回数が減り運動不足になるなど、血液の流れが悪くなり肩の筋肉の緊張しそれが原因となります。

眼精疲労
パソコンや携帯を長時間にわたり利用し目を酷使したりメガネやコンタクトの度が合っていないなどの理由で、目の筋肉が緊張することにより引き起こされることがあります。
悪い姿勢やいつも同じ姿勢を取り続ける姿勢の悪い人は要注意です。
また、長時間パソコンに向かったり長距離ドライブをするなど、いつも同じ姿勢を取り続けていることで首や肩などの筋肉の緊張が続き症状が現れます。

精神的なストレス
身体や心がえストレスを感じると自律神経が活発になります。
自律神経は筋肉を緊張させるので肩こりを誘発させます。

その他
常に歯を噛みしめたり肩が上がっている等の癖も、筋肉が緊張しコリの原因となります。

肩こりで病院受診?何科がいい?

肩こりになったときに真っ先に思いつくのは整体や接骨院等でのマッサージではないでしょうか?
確かにそれで十分、改善される場合もあります。
しかし、頭痛や手足のしびれ、腰痛などの他の症状が現れてきたり、他の重大な病気が潜んでいる可能性もあります。
あまりにも続くようであれば一度医師による診察を受け、適切な治療を行うことが大切となります。

整形外科
まず最初に受診するのはこちらになるでしょう。
骨はもちろんのこと、肩をとりまく筋肉、関節、神経などを診てもらえます。
原因がわかれば治療をしてもらえます。
多くの場合は筋肉を柔らかくする薬や痛みをとる湿布薬などが処方されます。

神経内科
頭痛、めまい、手足のしびれを伴う場合、脳やその他の神経、脊椎に異常がないかを調べます。
整形外科で紹介されて受診するケースも多いでしょう。

脳神経外科
神経内科で、脳に異常が見つかると今度はこちらを受診することになります。
また、主に頭痛の症状が伴う場合なども脳の異常を重点的に調べるために受診します。
不調の原因がわかれば気も楽になりますね。
最近では肩こり外来を設けている病院もあります。
枕の高さ調整をしてくれるなど独特な視点から診てもらえることもあります。

自宅で簡単に取り入れられる解消法

各科を受診して何の異常もなければ生活習慣からくる肩こりと言えるでしょう。
ここでは自宅で簡単にできる解消法をいくつかご紹介します。

血行をよくする
ストレッチ、ウォーキングなどの適度な運動を心掛けたり、効果的な入浴をするなど身体を温め血行を良くしましょう。

肩や首を冷やさない
冬の寒い時期はマフラーなどで首を保護しましょう。
寝る際にネックウォーマーをつけることも効果的です。
夏場はクーラーの風が直接当たらないように注意しましょう。

ハーブティー
自然のハーブの力を借りることも手段です。
おすすめなのは血行を良くし老廃物を排出してくれるローズマリーです。
その他、身体を温めてくれるカモミールティーはリラックス効果もあるので身体の緊張もほぐしてくれるのでおすすめです。

サプリメント
自分の肩こりが血行不良が最大の原因の場合、サプリメントを取り入れることも効果的です。
ビタミン類、オメガ3脂肪酸、シトルリンなどの成分は血行を良くしてくれるのでおすすめです。
ハーブティーやサプリメントは体質に合わない場合もあるので安易な自己判断に頼りすぎないようくれぐれも注意しましょう。