ストレスや不規則な生活で自律神経が不安な人は羊のプラセンタを摂ろう
2018年9月9日
その不眠、自律神経のバランスの崩れからかも?シーププラセンタで調整を
2018年9月9日
Show all

うつ病と自律神経失調症の違い

 

プラセンタと深く関係があるうつ病と、自律神経失調症は似て非なるものです。

うつ病は脳の神経細胞の分泌異常により、情報伝達がうまくいかないせいで諸々の辛い症状が出る疾患です。

 

一方、自律神経失調症は、全身に張り巡らされている末梢神経の自律神経が正常に働くなることで発症する神経の病気です。

 

脳と神経の病気なので両者はまったく違うものですが、実は医療機関でもよく誤診されてしまうほど、2つの病気の症状はよく似ています。

 

怒りっぽくなったりちょっとしたことで不自然なほど悲しんだり、メンタルな不安定になってしまうところも共通しています。

厄介なのは、自律神経失調症もうつ病も併発しやすいことです。

 

自律神経が乱れるせいでうつ病になることもありますし、うつが原因で自律神経が崩れてしまうパターンもよくあります。

いずれにしても、早い段階で適切なケアをしないと、どんどんこじらせてしまい回復までに時間がかかってしまいます。

 

病院で処方される薬は確実に効くとは言えない上、副作用や依存性の問題も無視できません。

もしうつや自律神経失調症にお悩みなら、プラセンタサプリメントを頼ってみて下さい。

 

プラセンタサプリはよく知られている美容効果以外にも、健康増進作用が高く、うつにも自律神経失調症にも効くことが分かっています。

気分が落ち込みやる気も出ず、自己嫌悪に陥ってひたすら自分を攻め続けてしまう症状も同じです。

無気力になり、布団やベッドから起き上がるのが辛くなるため、症状が進行すると寝たきり状態になってしまうケースは珍しくありません。

 

脳や神経の疾患なのに症状はメンタルだけではなく、全身に及びます。

発症原因は個人差がありますが、ほとんどの場合どちらも強いストレスが引き金になるようです。

不眠も典型的な症状なので、医療機関は精神を休ませるような薬と共に睡眠薬、睡眠導入剤を処方されることが少なくありません。

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

うつにも自律神経失調症にもよく効くシーププラセンタ

 

プラセンタでうつや自律神経失調症をケアする時は、羊の胎盤から有効成分を抽出されたシーププラセンタがおすすめです。

 

メンタルのトラブルが起きると眠れない日が続くことも多いため、1日でもはやくぐっすり眠り心身の疲れを癒したいと切望する患者さんが大勢いらっしゃいます。

 

プラセンタは不眠を改善する働きもありますが、シーププラセンタはアミノ酸の構造が人間とかなり似ているので素早く着実に吸収される特徴があります。

 

羊由来のシーププラセンタは他のプラセンタよりも親和性の高さが飛び抜けて高いため、少しでもはやく有効成分を浸透させ、効き目を実感したい時に頼りになります。

現在、日本でもアメリカでもプラセンタが美容や医療現場で活用されていますが、元々プラセンタの効能をいちはやく認め、関連技術の開発に積極的に取り組んでいたのはスイスやドイツです。

 

世界中のセレブが集まるスイスの高級クリニックの治療でも、特権階級の人間用にシーププラセンタを使った特別な点滴施術が行われていました。

全身にしんどい症状があらわれて動くのも億劫になっている時も、サプリメントならただ飲むだけで良いので手軽に取り入れられるのが魅力です。

 

理解されにくいうつ病と自律神経失調症

うつ病も自律神経失調症も、罹っている本人以外にはなかなか理解されにくい病気です。

人には少なからず共感してもらいたいという欲求があります。

しかし、体がつらい、気持ちが落ち込むという状態のときに理解されないことがかぶさると、さらなる孤独を抱え、ますます症状が悪化してしまいます。

家族や大切な人がこれらの病気になったときには、見守って支えてあげたいですね。

そして、このふたつの症状について理解を深めることで、誰かを救えるかもしれません。

 

<なぜ発症するの?>

うつ病は脳の神経細胞の異常による情報伝達不良による辛い症状が出る疾患。

自律神経失調症は末梢神経が正常に働かなくなる神経の病気。

と書きましたが、なぜこのふたつは発症するのでしょうか?

うつ病は、大切な人やものを失う喪失感が一種のストレスとなり脳内ホルモンの減少することが原因となりやすいようです。

自律神経失調症は精神的なストレスによって自律神経の働きが悪くなることが原因となりやすいようです。

 

<シーププラセンタvsうつ病>

神経細胞増殖因子というプラセンタに含まれる成長因子が、中枢神経の神経細胞に働きかけ、神経伝達物質の機能を向上させることで、うつ病の改善に効果を発揮するそうです。

 

<シーププラセンタvs自律神経失調症>

自律神経失調症のつらい症状は非常に多く、その分効果があるとされているものが多く報告されています。

もっとも有効とされているものには、エストロゲンの量の調整をしてくれることです。

エストロゲンが減少すると脳内神経物質のセロトニンの分泌量が減少します。

それにより、喜怒哀楽の感情を出す物質のコントロールができなくなり精神が不安定になるので、この働きは非常に重要です。

 

こう比べて観ると、うつ病も自律神経失調症も、もとをたどれば精神の不安定からくるものが多いことが分かります。

精神はその度合いの違いはあれども安定しないものです。

ただ、今はそのつらい症状を改善するサプリメントがあるということです。

そして、その効果をもっともっと有効にしようと様々な研究がなされています。

今後ますますプラセンタへの期待は大きくなるでしょう。

 

<一歩先へシーププラセンタ>

プラセンタの中でも、シーププラセンタはその原料の羊の環境がストレスフリーなことから、その胎盤の質も良く、また、羊の特徴として、病気にかかりにくいからこそ余計な薬を遣わずにすむことが、不純物の混入率を下げています。

日本では現在販売されていませんが、ニュージーランド産の質の良い羊のプラセンタを当社から取り寄せることが可能です。

個人輸入という方法にもかかわらずリピーターが多いことは、シーププラセンタのすばらしさを証明しているようです。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)