自律神経のバランスが崩れると体に不調が!羊由来のプラセンタで予防を
2018年9月9日
自律神経を整える成分の生産をシーププラセンタ効果で促進!
2018年9月9日

交感神経と副交感神経の働きを整えます


職場や家庭などで強いストレスを感じたり、ハードワークや家事による疲労などが原因で、自律神経のバランスが崩れてしまい、冷え性や頭痛、耳鳴り、胃腸の不調、頭痛や肩こりなどの体の不調で悩んでいる人が増えています。

 

内科のクリニックを受診しても特に異常が見られない場合は、自律神経失調症に罹っている可能性があります。

プラセンタのサプリメントは豚や馬などの成分を使用した商品が多いですが、シーププラセンタは人間の組織に近い羊由来の胎盤を原料にして作られています。

安全性の高いニュージーランドの高品質な羊の胎盤を使用しているので、安全性に優れており、女性の体に欠かせない栄養素がバランスよく含まれています。

 

シーププラセンタには精神を安定させる成分が含まれているので、不安や緊張などを緩和して副交感神経の働きを活発化させる効果があるのが特徴です。

人間は仕事や家事、育児などの活動をする時は、交感神経が優勢になっていますが、ストレスを緩和したり、質の良い睡眠を得るためには副交感神経は大切な役割をしています。

シーププラセンタにはEGFやFGFなどの成長因子が含まれているので、不眠を改善したり、お肌にハリや弾力を与える効果があるのが魅力です。

30代、40代と年齢を重ねると、卵巣機能が低下してきて更年期障害に悩んでいる人が多いですが、自律神経のバランスを整えるためにシーププラセンタを使ってみると良いでしょう。

シーププラセンタは医薬品ではないのですぐに効くわけではありませんが、毎日服用をすることで不足しがちな栄養素を補えるので、体調を整える働きがあります。

 

病院で診察を受けても異常が見られない場合は、精神神経科や心療内科を受診すると自律神経失調症に罹っていたケースが多いです。

プラセンタのサプリメントをしばらく続けてみると良いでしょう。

女性の体の不調を緩和します


女性は結婚や出産を経験したり、転職や引っ越しをすることも多く、男性に比べると環境の変化などでストレスを受けやすい傾向があります。

自律神経は末梢神経のひとつですが、体の中では非常に大切な役割をしていますが、不規則な食生活やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、不調をきたすことがあります。

 

副交感神経と交感神経の働きが崩れてしまうと、様々な体の不調が見られるようになったり、精神的に落ち込んだり、イライラしやすくなりがちです。

放置をしておくと不安神経症や鬱病などを発症する可能性があるので、軽視をしてはいけません。

早めに精神神経科や心療内科を受診することが大事ですが、病院に行くほどでもないと感じている女性は、シーププラセンタを試してみると良いでしょう。

 

シーププラセンタはサプリメントなので、すぐに効くわけではありませんが、毎日続けているとホルモンバランスが整ってきて、体の不調を緩和する働きがあります。

医療や美容の分野でもプラセンタは大変注目されている成分なので、副作用の心配がほとんどないのが特徴です。

シーププラセンタには心身をリラックスさせたり、不眠を改善する成分が含まれているので、しばらくは根気よく続けてみると良いでしょう。

シーププラセンタは馬や豚のプラセンタサプリメントに比べても、安全性に優れており、チョコレート風味の飲みやすい商品です。

 

朝の目覚めがすっきりとしない人や、家事や仕事をするとすぐに疲れてしまう人は、3か月から6か月程度は続けて下さい。

忙しい女性は十分な休息を取ることが大事なので、辛い時は家事を手伝ってもらいましょう。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

 

シーププラセンタに含まれる成長因子の効果EGFやFGFとは?

シーププラセンタに含まれる成長因子の種類に、EGFやFGFというものがあるのですが、これらはおもにお肌のハリや弾力に効果があるとされています。

そのほかNGFという自律神経のバランスを整えるとされているものもあります。

それらの成分を少し詳しく知り、どのように効果があるのかを見てみましょう。

EGFとFGFについて

こちらのふたつはお肌に良いとされています。

EGF→上皮細胞増殖因子と言い、表皮を守る、お肌のきめが整う、新陳代謝を活発にする、皮膚や肺などの細胞の増殖を促進させるなどおもに表皮に働きかける。

FGF→線維芽細胞増殖因子と言い、なじみのある作用としては、ハリや弾力に必要なコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどの生成を助けることや傷の修復。

その他、お肌に必要な成分である線維芽細胞・血管内皮細胞の増殖を促進などおもに真皮に働きかける。

 

お肌の表面に表皮層があり、そのさらに奥に真皮層があります。

表皮はお肌の内部を外気から守る壁のような役割をしているので、例えば、表皮がむける、傷がつくなどのトラブルが起こると、肌のバリア機能が低下します。

表皮は非常に薄く、ちょっとしたことでもすぐにバランスを崩してしまいます。

 

そうすると、皮膚の最も大切である真皮にも影響していきます。

その真皮を構成する物質というのが、コラーゲン線維・エラスチン線維・基質なのですが、これらは線維芽細胞という細胞から生成されます。

(ちなみに、コラーゲン線維は肌のハリ、エラスチンは肌の弾力、肌の水分をそれぞれ保つ働きがあります。これらを活性させるのが線維細胞です。)

 

表皮を整えるためには、新陳代謝が活発であることが重要とされていますが、それを助けるのがプラセンタに含まれているEGFなのです。

真皮を構成する物質、それを生成する細胞を促進させるのがFGFなのです。

このふたつの成長因子の働きが美容界で注目されています。

こういった作用がお肌に良いとされている理由です。

お肌を作る直接の物質を活性化する成長因子なので納得できますね。

 

NGFについて

こちらは神経細胞増殖因子と言い、末梢神経に存在し、自律神経のバランスを整え、神経細胞の増殖させる働きがあります。

近年は、アルツハイマー病への有効性が期待されているそうです。

自律神経は交感神経と副交感神経のふたつの神経から成り立っていますが、このふたつはともに重要な働きをしており、どちらかばかりが働きすぎることでバランスを崩します。

そのバランスが崩れる原因が大きく捉えてストレスであると言われていますが、人間の生活はおもにストレスが隣り合わせと言って良いでしょう。

 

ストレスとは、実は楽しいと感じることも広義ではストレスになります。

楽しいと感じることがなぜ?と思いますが、楽しく活発に動いているというのはまさにポジティブな印象ですが、その時、体では交感神経が優位に立っている状態になります。

これが長く続くとストレスになるのです。

この優位になった状態(楽しいと感じている間)が終わり、今度は体を休める状態(のんびりとしている間)にうまく切り替わることが大事で、交感神経と副交感神経はどちらも同じように働かなくてはいけないのです。

簡潔に言えば、ふたつの切り替えにメリハリがあることがバランスのとれた状態と言えるでしょう。

そのバランスをうまくとる働きを助けるのがNGFと言われています。

だからこそシーププラセンタを!

自律神経が整えば、お肌の機能も正常になりもともとお肌のための成長因子も含まれていることで、さらなる美しさが期待できるでしょう。

この素晴らしい成長因子を余すことなく摂取するためには、プラセンタに含まれている含有量にもしっかりこだわってほしいですね。

そして、大切なのはどれだけその成分を体に吸収できるかということです。

その観点から考えると、人間の体の組織に似た羊のプラセンタがおススメです。

抽出法にこだわり含有量を高めたシーププラセンタに注目です!

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)