プラセンタはストレス解消にも有効?!その2
2018年8月15日
プラセンタの睡眠に対する効果とその原因と改善について
2018年8月16日
Show all

プラセンタは新陳代謝を向上させたり、血行を促進させたりする効果が有名ですが、効能効果はそれだけではありません。

プラセンタにはホルモンバランスや自律神経バランスを整える作用もあり、この効果によって更年期障害や生理痛、生理不順、生理前症候群(PMS)、自律神経失調症などの病気の症状を改善できるのです。

今回はその中でもプラセンタと自律神経の関係性について考えてみましょう。

プラセンタは自律神経への効能効果があると言われていますが、どのような作用があるのでしょうか?

自律神経とは?

自律神経という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にどのような働きをしているかなどを詳しく知らない人って実は多いんです。

自律神経とは、自分の意志ではコントロールすることができない、心臓などの循環器、胃や腸などの消化器、肺などの呼吸器、血圧、体温調節などの活動を調整するために働く神経になります。

この自律神経は人間の生命活動には欠かせない神経であり、24時間働き続けている神経になります。

自律神経には

  • 交感神経
  • 副交感神経

の2種類の神経があり、それぞれの神経は働きや作用が異なります。

それぞれ解説していきましょう。

交感神経

交換神経は運動や仕事など心身を活発に活動させている時に働く神経です。

また緊張している状態や不安や恐怖を感じている時、ストレスを受けている時にも働きます。

交感神経は血管が収縮し、心拍数が増えて、筋肉が緊張状態になります。

闘争と逃走の神経とも呼ばれており、ストレス社会と言われる現代では、交感神経が優位に働いているケースが多いです。

副交感神経

交感神経とは反対に、リラックスした状態の時に働くのが副交感神経です。

副交感神経は夜寝ている間や、安静にしている時、リラックスしている状態(食事中など)の時に働きます。

副交感神経が働くと血管は拡張し、心拍数は下がり、筋肉は緩んだ状態になります。

副交感神経が優位の状態であれば、胃や腸の働きが活発になるので、消化器系の働きが良くなります。

ストレスを抱えている場合、どうしても交感神経が優位な状態になってしまうので、現代のストレス社会では副交感神経の働きが低下している方が多いという現状があります。

自律神経失調症とは?

交感神経と副交感神経の2つの神経がある自律神経は一定のバランスに保たれることで、心身ともに健康な状態でいられます。

この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと、心身共に体調が優れなくなってしまいます。

この状態を自律神経失調症と呼んでいます。

2つの神経がバランスよく働けば健康でいられますが、自律神経失調症になると2つの神経のバランスは崩れてしまいます。

自律神経失調症になる要因として、不規則な生活習慣、睡眠不足、過度なストレス、環境の変化、アルコールの摂取、更年期に伴うホルモンバランスの乱れなどがあります。

このようなことが原因となって、自律神経失調症を発症するリスクは高くなるのです。

自律神経失調症になると以下のような症状が現れます。

  • 不安や緊張
  • 多汗
  • 全身の倦怠感
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 手足のしびれ
  • 不整脈
  • 動悸
  • めまい
  • 不眠

このように自律神経のバランスが崩れるだけで、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

自律神経失調症という病名は診断でつかない場合でも、自律神経の中でも交感神経が優位な状態が続くと、不安や緊張状態が続き、興奮状態になってしまうため不眠につながり、日常生活に支障を来してしまう恐れもあります。

プラセンタの自律神経失調症に対する改善効果

交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって引き起こされる自律神経失調症は、プラセンタを摂取することで症状が改善することがあります。

プラセンタには成長因子、アミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など様々な栄養成分が含まれています。

自律神経が正常に働くことで、生命活動も睡眠活動もスムーズに行えるようになります。

体調を崩すこともなくなるので、ストレスも改善されますし、免疫力アップにもつながります。

プラセンタは自律神経バランスを整えて、ホルモンバランスも調整できるので、ホルモンに関係する病気や症状の改善には効果を発揮してくれます。

特に女性特有の更年期障害や生理痛、生理前症候群などの症状改善にはプラセンタ治療が有効であると言われています。

これらの栄養成分の働きによって美肌効果やアンチエイジング効果などが期待されていますが、プラセンタには交感神経、副交感神経のバランスを調整する作用もあります。

自律神経のバランスを整えてくれることで、ホルモンバランスの調整にもつながり、自律神経が安定してきます。

自律神経が安定すれば、イライラも解消され、鬱症状も改善できるでしょう。

プラセンタを摂取する方法としてはサプリメントがおすすめです。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想を見てみませんか?

お客様の声はこちら

 

プラセンタサプリメントは抽出するプラセンタの原料によって効果の実感度が異なります。

日本でよく販売されているのは馬プラセンタや豚プラセンタです。

またニュージーランドから直輸入して手元に届く羊プラセンタ(シープラセンタ)もアミノ酸構成比が人と似ており、吸収しやすい成分が配合されています。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)