自立神経失調症の改善にシーププラセンタ!驚きの効果とは
2018年9月8日
自律神経失調症に効果的なプラセンタ療法とは?サプリは効く?!
2018年9月9日

安全性が高く栄養価の高い商品です

 

女性は生理周期のサイクルがありますし、妊娠、出産を経験して生活環境が変わったり、卵巣機能の低下による更年期障害などが起こりやすい傾向があります。

 

現代は仕事や育児、家事などで多忙な生活をしており、心身共に疲労を感じている人が増えているため、自律神経失調症による体の不調で悩んでいる人が少なくありません。

 

プラセンタは馬や豚、羊などの胎盤を原料にしたサプリメントが販売されていますが、なるべく安全性を重視したい人にはシーププラセンタがお勧めです。

シーププラセンタは羊由来の胎盤を原料にしているので、希少で、安全性の高いニュージーランド産の商品なので安心して服用できます。

 

自律神経は体の調子を整えるために大切な役割をしていますが、ストレスや疲労、睡眠不足、不規則な食生活などが原因で交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

交感神経は人間が活動している時に優勢になっていますが、不安や緊張などを感じていると副交感神経よりも優勢になってしまうので、十分に体の休息が得られなくなります。

 

シーププラセンタには心身をリラックスさせて、ストレスを緩和する成分が含まれているので、副交感神経の働きを活発化させる効果があります。

シーププラセンタにはビタミンやミネラル、アミノ酸、成長因子などの成分が含まれているので、体の調子を整えたり、質の良い睡眠を得られる効果が期待できます。

プラセンタのサプリメントは数多くの商品が販売されていますが、シーププラセンタは希少で上質な羊の胎盤を原料にしているのでオススメです。

 

口コミでも評価の高い商品なので、自律神経のバランスを整えて元気で活力のある生活を送りたい人はしばらく続けてみると良いでしょう。

シーププラセンタはチョコレート風味の、飲みやすいソフトカプセル状になっています。

ストレスの多い生活をしている人にお勧めです

 

男性に比べると女性はホルモンの影響を受けやすいので、自律神経失調症にかかりやすい傾向があります。

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、頭痛やめまい、立ちくらみ、生理不順、体の冷えなどの不調が見られることが多いです。

 

胃腸の調子が優れなかったり、頭痛やめまいが長く続くので病院を受診すると、自律神経失調症を診断された人も少なくありません。

自律神経失調症は放置をしておくと精神症状が見られるようになり、うつ病などの病気の原因になるので放置をしておくのは良くないです。

 

シーププラセンタは希少な羊由来成分で作られているので、馬や豚を原料にしたプラセンタのサプリメントに比べると、栄養価が高いのが特徴です。

 

現代は多忙な生活を続けている女性が多いので、食生活が不規則になり栄養不足が気になっている人が多いので、しばらく続けてみると良いでしょう。

自律神経のバランスが整ってくると、交感神経と副交感神経の働きが正常化してくるので、夜はしっかりと睡眠を得られるようになり体が休息できます。

家庭や職場でも強いストレスを感じている人が多いので、不眠の症状で悩んでいる人が多いですが、自律神経のバランスが良くなってくると、体の不調を緩和できます。

 

女性の体は大変デリケートですが、体の不調が見られても病院を受診していない人が多いですが、気になる症状が見られる時は、早めに受診をしたほうが良いでしょう。

シーププラセンタは安全性の高い商品ですが、病院で処方された薬と相性が悪いこともあるので、必ず医師の許可を得てから服用して下さい。

シーププラセンタは毎日服用をしても、3か月は持つのでコストパフォーマンスが良いのが特徴です。

 

プラセンタのサプリメントは数多くの商品がありますが、無理なく続けるためにはお財布に優しい商品をお勧めしたいです。

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

自律神経と女性ホルモンの密接な関係

自律神経とは交感神経と副交感神経のことなのですが、この神経は自分の意思とは関係なく働いています。

この自律神経は繊細な女性にとって非常に大切な働きをします。

というのは、簡単に言うと、女性ホルモンの働きは自律神経の働きによって分泌されるからです。

少し詳しく説明すると、女性ホルモンとはエストロゲンとプロゲステロンというふたつのホルモンから成り立っています。

 

・エストロゲン:卵胞ホルモンのことで、肌や髪に潤いを与える、記憶力や集中力の維持、骨密度を高めるなど、女性にとって嬉しいホルモンです。

・プロゲステロン:黄体ホルモンのことで、妊娠の維持、乳腺発達、基礎体温を上昇させるなどの働きがあります。体内に水分を保つ作用もあるのですが、これによって、生理前にむくみの症状が出やすいと考えられています。

 

エストロゲンとプロゲステロンは28日周期を目安にそれぞれの分泌量のバランスを取りながら機能していますが、この分泌量が変化するときに、体の不調が起こると言われています。

 

エストロゲンは女性にとって、嬉しいホルモンと書きましたが、分泌量は年齢とともに徐々に減少していきます。そして、増やすことも出来ません。

エストロゲンが減少するとあらわれる諸症状が更年期障害です。

 

では、なぜ自律神経と女性ホルモンが密接な関係であるのでしょうか?

脳には視床下部といって自律神経や内分泌系の機能を調節している部分があります。

この視床下部からホルモンが分泌されると、脳下垂体からまた別のホルモンが分泌されることで、卵巣内の卵胞に働きかけ、エストロゲンはとプロゲステロンが分泌されます。

 

最終的に女性ホルモンが分泌されるまでに、段階を踏むのですが、もとをたどれば、自律神経も女性ホルモンも視床下部が元となっています。

そういった仕組みから、どちらかが不安定になると影響してバランスを崩してしまうのです。

自律神経も女性ホルモンも整えるために

自律神経と女性ホルモンの密接な関係が分かると、不調の原因が少しは理解でき、なんとなく気分が軽くなるのではないでしょうか?

原因の分からない痛み、イライラやモヤモヤは不安の塊でしかありません。

 

様々な要因から発症する自律神経失調症と年齢によって発症する更年期障害、その根底にあるのは相互のバランス関係の乱れだと言えるでしょう。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなった時、厳密に言えば、その切り替えができなくなった時であり、女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの分泌量のバランスが取れなくなった時であります。

 

本来、人間の体の機能に不必要なものはなく、逆にすべてが備わっているのではないかと思うのですが、そのことは、人間の持つ自然治癒力が備わっていることが物語っていると思うのです。

ただ、現代を生き抜くには社会情勢の急速な変化、それにともない、女性の社会進出から晩婚化、晩産化が進み、本来の女性の体の仕組みに合わずとも、時代に順応しようと頑張る女性の体が悲鳴を上げているのだと思います。

社会は変化しても女性の体の機能は変化しないのです。だからこそのケアに体に優しいシーププラセンタを思い出してくださいね。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)