自律神経のバランスを整えるのにシーププラセンタがオススメな理由
2018年9月9日
シープラセンタが自律神経の緩和に重宝されるワケ
2018年9月9日

自律神経とプラセンタについて

プラセンタとは胎盤を意味する言葉です。

プラセンタにはアミノ酸やタンパク質や酸素など様々な栄養素が含まれており、色々な効果があります。

その中でも女性ホルモンに欠かせない自律神経を調整する効果や、ホルモンのバランスを整える作用があります。

 

人間は加齢とともにホルモンの分泌が少なくなり、更年期には殆ど分泌しなくなります。

ホルモンのバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れ始めます。

女性ホルモンのことをエストロゲンと言いますが、このエストロゲンが減少すると様々な症状があらわれます。

自律神経には2種類あって、脳内の交感神経と副交感神経がバランスよく作用しあってこそ、人は健康でいられます。

 

交感神経は体内を活発にする働きがあり、副交感神経は逆にリラックスさせる働きがあります。この二つの神経のバランスが崩れる自律神経失調症という病気になります。

月経周期の乱れから始まり月経が止まり、それに伴って生じうる症状には、脂質の異常、骨粗鬆症、高血圧、皮膚の老化等数えきれないぐらいあります。

 

それは個人によっていろいろで一人一人違います。

加齢による老化は避けることはできませんが、症状を軽減する方法もあります。

 

婦人科ではHRT療法(ホルモン補填療法)があります。効果のある方法ですがデメリットとして乳癌、子宮癌、血栓症の投薬治療をしている方には出来ません。

そこで登場するのがプラセンタ治療法です。プラセンタ治療法は保険適用が認められている治療です。この療法ではヒトプラセンタを用いています。

人によって2週間~1ヶ月の周期で投与され、多くの更年期症状が改善されています。

更年期障害は自律神経の乱れから発症しますので、このプラセンタ自律神経にも効果的といえます。

 

また、プラセンタサプリはプラセンタ注射よりも副作用が少なく費用も安い為、更年期の改善をするために多くの方が用いています。

シーププラセンタのサプリについて

シーププラセンタとは文字通り羊の胎盤です。

プラセンタには人間、豚、馬、羊の種類がありますが、中でも人間にいちばん近く吸収率の良いプラセンタがシーププラセンタです。

日本では馬や豚のプラセンタサプリメントがほとんどで、あまりなじみのないシーププラセンタですが、実は欧米やヨーロッパでは非常に人気の高いものです。

 

人間の体内成分と似ていることから、体に馴染みやすく発疹などの副作用も少ないことや、美肌に関する効果も高いということです。

また羊の免疫力は高く、病気にかかりにくく薬剤投与があまりされないため、純度の高いプラセンタが抽出できます。

 

さらに管理も徹底されているので安心して使用することができます。

シーププラセンタの効果は広範囲で、更年期障害をはじめ抜毛、冷え性、肌荒れや生理不順や睡眠障害などの改善にも役立っています。

また、美容効果も高く、肌を活性化して美肌効果を促進してくれる栄養成分が豊富に含まれております。

 

シーププラセンタに含まれている成長因子は、細胞を増殖させ修復させる効果もあると言われています。

また体内に発生した活性酸素を除去する働きにも注目です。

活性酸素は大量に発生すると健康な細胞を攻撃して炎症を起こさせることがあります。

活性酸素を除去することによって抗炎症作用が働き、病気の予防やアレルギー症状の緩和や肌荒れ予防、ストレス予防に繋がります。

 

シーププラセンタのサプリメントはメンタル面でも身体面でも効果が期待できるプラセンタです。

しかし今日の日本ではシーププラセンタサプリは製造が禁じられており、日本であまりなじみがありません。

 

理由は、羊は狂牛病と似たスクレイピーという病気になるおそれがあるためですが、南半球のオーストラリアやニュージーランドでは、この病気は発生しておりません。

製品を選ぶときは、安全で信頼できるメーカーのものをお選びください。

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

安全なシーププラセンタとは?

プラセンタはその素晴らしい効能から、医療機関ではプラセンタ療法として使用されています。

さらにサプリメントや化粧品として流通する人気ぶりは、その効果の高さを表しているようです。

医療機関で使われているプラセンタの多くは注射や点滴などを通して行われているようですが、わざわざ病院へ行かなければならない、費用が高い、感染症などの問題があります。

 

もっと手軽に利用でき、その良さを実感できるのは、サプリメントや化粧品なのですが、こちらも感染症などの危険性は否定できません。

その共通点である感染症について比べてみました。

 

医療用プラセンタ:ヒト由来。感染症の危険性が考えられる。

この医療行為を受けた人は献血ができなくなります。

これは、ヒトプラセンタは感染症について検査済みですが、潜伏期間であることも考えられるためとしています。

しかし、現在においてまだ感染症事故は起きていないようです。

 

プラセンタ関連(サプリメントや化粧品):動物由来(羊・牛・豚)感染症の危険性を危惧されているが、実際は飼育状態や製造工程などを厳しく管理する安全対策が取られています。

現在、日本では、羊や牛の胎盤を原料としないように厚生労働省が通知しています。

しかし、羊においては国内で流通していますが、これは輸入によるものです。

輸入物で注意するべきことは、原産国をきちんと確かめることとしっかりとした機関のもとで管理されたものかを把握することです。

馬においてはもともと感染症に強いこともありその危険性は低いとされています。

安全性を把握することを忘れない!

プラセンタはその豊富な有効成分から今後の発展がますます期待され、それによって様々なプラセンタが出てくることが予想されます。

プラセンタのさらなる飛躍でつらい症状が少しでも楽になる人が増えるのなら、それはとても喜ばしいことだと思います。

 

しかし、中にはプラセンタを謳いながら実際は危険性を含んだ商品である、含有量が極端に少ないなど、問題が増えることも危惧されます。

そんな時、頼りになるのが正確な知識と安心の証と信頼できる企業です。

値段に飛びつかない、謳い文句にまどわされない、しっかりとした目でこの素晴らしいプラセンタの効果を味わってほしいと思います。

おすすめしたいシーププラセンタ

羊は免疫力が高く、病気にかかりにくいのでワクチンや薬の影響を受けにくいとされています。

さらに人体になじみやすいという利点もあり、羊のプラセンタは人気です。

特にニュージーランドやオーストラリアの羊は安全性において信頼があります。

というのも、スクレイピーという羊やヤギの神経系を冒す病気があるのですが、ニュージーランドとオーストラリアでは現在まで発生していません。

 

スクレイピーの原因とされているのが飼料にあるとされているのですが、この二国はその飼料を管理する機関の厳しい審査も通過し、その安全性を保っています。

こういった点は原産国を選ぶ上でとても貴重な判断材料となります。

安全を誇るシーププラセンタで調子を整えましょう!

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)