ダイエットにも。月見草オイルサプリメントで得る若さを保つ効果、効能

Contents

月見草オイルに含まれる「γ-リノレン酸」の驚くべき効果

月見草オイルのγ-リノレン酸で美肌になる

月見草オイルにはγ-リノレン酸が豊富に含まれていることをご存知でしょうか。
月見草はチリ産とされ、はるか遠い昔に渡来した植物で、多年草で香りのある黄色い花を咲かせます。
北米では月見草を痛み止めや感染症予防、皮膚病や外傷の治療に使用していたというから驚きます。

月見草オイルは主に月見草の種子から作られており、種子に含まれる約9パーセントのγ-リノレン酸を有効成分としています。
人がリノール酸を摂取すると体の中で生理活性の高いγリノレン酸に変わるといいます。
リノール酸はマヨネーズやサラダ油に多く含まれている成分で、摂取しすぎてしまうとアレルギーが起こりやすくなる原因になるといわれています。
その原因はαリノレン酸やγリノレン酸とリノール酸のバランスを崩してしまったことです。

γリノレン酸はアレルギー反応の調整のほかにも、血圧の安定や子宮筋の調節といった様々な生体機能の調整を行うことができます。
女性に嬉しい生理痛や月経前症候群の改善を期待することもでき、アトピー性皮膚炎、リウマチのようにアレルギーが原因の疾患にもとても効果があるといわれています。

ほかにも太りやすい年齢が気になる中性脂肪を低下させたり、便秘解消に大切な善玉コレステロールの上昇を手伝い、美肌になることができるなどの美容効果に大きな関係があると考えられています。
またγ-リノレン酸は母乳にも含まれている成分でもあり、赤ちゃんにも優しい成分だということがわかります。

この月見草オイルの効果を使ってマッサージや乾燥対策として利用している化粧品や美容クリームなど、月見草オイルはほかのキャリアオイルと混ぜることでより効果の高めることができるといわれています。
これもγ-リノレン酸の効果だと話題になりました。

体内の整備士!月見草オイルで身体をメンテナンス

月見草オイルの原料となる月見草に関する歴史は意外と古く、アメリカ原住民のネイティブアメリカンにも利用されていました。
ネイティブアメリカンは月見草を集めると、葉はもちろん茎や花、そして種子まで丸ごとすり潰し、それを傷口にそのまま塗ったり、できものを治療するために使っていたとまとめられています。

また、咳の不快な症状を鎮めたり、痛み止めとしても内服されていました。
薬の代わりに使用されていた月見草は、その後17世紀に入ってからイギリスに伝わります。
優れた効果から「王様の万能薬」という名で呼ばれることもあり、月見草オイルを知っていらっしゃる方も多いでしょう。

月見草オイルは珍重されたので、すぐにヨーロッパ全土に伝えられました。
しかし、薬用植物として体のメンテナンスに利用されていた月見草も、20世紀になると化学薬品が登場して以降はそれほど利用されなくなります。

月見草オイルが再び不調に効果を発揮すると注目を浴びるようになったのは、人体の組織に微量しか存在しない成長ホルモン「プロスタグランジン」が発見されたからです。
研究とともにその材料になる「γ-リノレン酸」が重要視され始め、自然に存在するγ-リノレン酸が実は月見草オイルに比較的多く含まれてることが分かりました。

月見草オイルが含んでいるγ-リノレン酸から造られた「プロスタグランジンE1」には、血糖値をはじめコレステロール値や血圧を低下させる効果があることがまとめられています。
血糖値およびコレステロールの値が上昇してしまうと、高血圧や動脈硬化などにつながるため、γ-リノレン酸を摂取することは生活習慣病の予防や身体のメンテナンスに効果的。

また、研究のまとめによればγ-リノレン酸を継続的に摂取すると中性脂肪の上昇が抑制され、善玉コレステロール値が低下するのを防ぐ働きがあることも分かっています。
さらに、代謝を促進する働きからダイエットにも有効とされ、身体を定期的にメンテナンスしたい場合に役立つと言えるでしょう。

月経前の不調など女性の身体にも嬉しい効果

女性は月経前にイライラしたり、胸の張りや頭痛、むくみなどの症状で悩んでいる方も多いでしょう。
これらの症状を引き起こす原因は、女性ホルモンのバランス異常が関連していると考えられていました。

しかし、近年の研究のまとめによれば、月経前症候群の症状を抱える女性は、血中のγ-リノレン酸の濃度が低くなっていることが示唆されています。
体内にγ-リノレン酸の量が少なくなると、プロスタグランジンE1の作用が抑制され、結果的にホルモンバランスが乱れてしまい、子宮内膜が適切に機能しなくなるなどの症状が出るとされています。
γ-リノレン酸が多い月見草オイルは、月経前症候群の改善に役立ちます。

また、女性ホルモンの減少にともなって自律神経が乱れ、ほてりや汗、のぼせや冷え性などの症状が発生し、一般的に更年期症状と呼ばれています。
こうした更年期症状についても、月見草オイルに含まれているγ-リノレン酸は回復を促す働きがあるとされています。
そのため、月見草オイルは女性が抱えがちなトラブルに対処して、メンテナンスを行って健全な状態へと導くことが期待できます。

さらに、月見草オイルが肝臓機能の回復にも効果を発揮することが、臨床試験によって証明されました。
スコットランドにおいて、アルコール中毒患者を2つのグループに分け、片方に月見草オイルを投与した結果、投与したグループでは肝臓障害に著しい改善が見られたのです。
月見草オイルがもたらす生理作用が肝臓の機能を強め、機能の回復に寄与していると考えられています。

このように、色々な健康効果が期待できる月見草オイルですが、体の不調には体内の老廃物をスムーズに出すことも大切です。
老廃物を排出するのに役立つのが、前回までの記事でも取り上げているマヌカハーブティーです。
マヌカと言えばマヌカハニーが有名ですが、ハーブティは数種類のハーブとマヌカの葉がブレンドされ、飲みやすくなっています。
日常的に取り入れることで、健やかな毎日につながるでしょう。

サプリメントで摂取することで効果を得る

まとめでは月見草オイルに含まれているγ-リノレン酸をしっかりと摂取するためにサプリメントを推奨しています。
もちろんγ-リノレン酸そのもののサプリメントを服用するのも効果的です。
サプリメントを服用するときの一日の摂取量の目安はγリノレン酸150ミルグラム以上を体に取り入れることができる製品を見つけましょう。

いろいろなメディアや雑誌などでも月見草オイルの良さを確認することができます。
月見草オイルはγリノレン酸の効果でダイエットを期待できるということで一時期とても人気がありました。
月見草オイルの様々な効能は、予防効果を期待できる成分としてビタミンC以来の奇跡的大発見の一つとまで言われているのです。

必須脂肪酸でありながら限られた食材にしか含まれていないγ-リノレン酸が豊富に含まれている月見草オイルですが、酸化しやすいという特徴があります。
ですからできるだけ早く使い切るようにしましょう。
サプリメントではある程度の期間が持つように調合されているとはいえ、まとめでもいわれているようにきちんと期間中に飲み終わるように気をつけましょう。
保管場所で直射日光に当てるなどもNGです。

γ-リノレン酸はダイエット効果のほかにも保湿作用に優れており、エモリエント効果という水分を保持して栄養素を肌の中にためる作用にも優れています。
ですから美肌のためのオイルとしても服用したい人にもお勧めです。
また、しわや小じわの予防にも高い効果を期待できます。
予防のために20パーセント以上の含有率で化粧品として使用するといるものが多いといいます。
γリノレン酸が体の内側で皮膚組織の修復と保持をしてくれることを期待できるので色々と体の調子が気になる人でも安心でいるといわれています。
月見草オイルをきちんと摂取して体の内側と外側からきれいになりましょう。

月見草オイルを摂取するメリットとは?男性と女性で効果に違いはある?

月見草オイルは、英語名を「イブニング・プリムローズ」といい、主に欧米で薬用植物として活用されていました。
人間の体に様々なメリットをもたらすことがまとめられていますので、名前を聞いたことがある人もいらっしゃるでしょう。

月見草オイルに含まれている成分の中で、「γリノレン酸(ガンマ・リノレン酸)」というものがあり、この成分が様々な効果につながることが分かっています。

まず女性へのメリットとして最も有名なのが、PMS(月経前症候群)に効果を発揮する可能性が高いということです。
「プロスタグランジン」と呼ばれる物質のバランスが崩れることで引き起こされる月経前症候群や、子宮内膜に関する症状などを緩和することが臨床的に研究されており、同じ様にプロスタグランジンが影響を及ぼす更年期障害の緩和も期待されています。

また、月見草オイルに関するまとめによれば、γリノレン酸は保湿作用に優れることから、美肌に導く効果やアトピー性皮膚炎の症状改善にも役立ちます。
さらに、大人にきびやセルライト解消などの効果もあるので、ダイエットや美容の面で女性に人気があるオイルの一つです。
この他に、関節リウマチや喘息、糖尿病などに対する効果も期待されています。

なお、γリノレン酸は人間の体内で分解されて「プロスタグランジン1」へと変換されます。
このプロスタグランジン1には、コレステロールを降下させる作用や血圧降下を促進する働きも。
そのため、月見草オイルはコレステロール値の低減や高血圧にも有効とされています。

ただし、γリノレン酸は比較的酸化しやすいため、ビタミンEなどと一緒に摂取した方が望ましいと言われています。
また、一般的に短期間では顕著な効果が期待出来ません。
様子を見ながら、一年程度は続けてみると良いでしょう。

男性にも月見草オイルが人気な理由

先ほども触れた通り、月見草オイルはコレステロール値の低減や高血圧改善のメリット、肝機能の改善などがまとめられていることから、男性にも人気です。
月見草オイルに含まれる成分「γリノレン酸」から生成される「プロスタグランジンE1」には、血糖値をはじめコレステロール値や血圧を低下する効果があるとまとめられています。
コレステロール値や血糖値の上昇は動脈硬化につながったり高血圧を招くことから、γリノレン酸を摂取することは生活習慣病予防や改善にも効果があると言えるでしょう。

また、γリノレン酸を摂取し続けることで中性脂肪の上昇も抑えられ、善玉(HDL)コレステロール値が低下するのを防ぐ働きがあることが判明しています。
代謝を促進する働きなどもあるため、期待されている効果の中にはダイエット効果も。

さらに、月見草オイルが肝臓機能の回復にも効果をもたらすことが、臨床試験によって証明されました。
前述したようにスコットランドではアルコール中毒患者を二つのグループに分け、片方に月見草オイルを投与したところ、投与したグループで肝臓障害には改善が顕著に見られました。
月見草オイルが体にもたらす生理作用で肝臓機能が強化され、機能回復にも寄与しているとされています。

ただし、月見草を過剰摂取したことによる副作用は現在のところ報告されていませんが、アレルギー症状が稀に出る可能性がありますので注意して下さい。
月見草そのものには絶対的な摂取量が定められていないため、月見草を摂取する場合はγリレノン酸などの栄養素をしっかり確認して摂取することが重要です。
ちなみに健康的な毎日を送るためには、ストレスを多く抱えている状態が続くのは良いことではありません。
ストレスを感じてしまった時には、ハーブティーが役立つ場合があります。
マヌカという植物にその他のハーブを混ぜて作られたマヌカフラワーティーは、デトックスに特化しているハーブティーです。
ハーブティーなら、忙しい男性でも気軽に摂取することができますので、こうしたハーブティを利用しながら不要な物を体内から排出するように努めましょう。

 

 

しわやたるみが気になり始めたら…月見草オイルで早めのケアがおすすめ!

年齢肌の悩みのしわやたるみを改善したい

若いころは徹夜をしても、メイクを落とさずに寝ても翌日には潤い美肌だったのに、20代半ばを過ぎてからはちゃんとケアをしても肌の調子がいまいちという方がいらっしゃるかもしれません。
人によって程度に差がありますが、これは加齢現象なのである意味、仕方がないことです。
現実は受け入れるしかないわけですが、いつまでも美しくありたいというのが本音でしょう。

年齢肌の中でも厄介なのがしわやたるみです。
シミやくすみなどは極端な話、メイクでごまかせますが、これらはそうもいきません。
肌表面だけの問題ではなく、肌の奥深くから進んでいる加齢現象が問題なので、メイクでごまかせないのです。

こういった肌トラブルができないように、若いころからケアをするのがベストです。
気になる前からやるのがいいですが、ちょっと気になるという程度の今から始めても全く遅くはありません。

しわやたるみは肌にハリをもたらすコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが不足することが問題です。
しかし、これらの成分を肌に直接塗っても思ったほど効果が期待できないのが実情。

そこで、おすすめが月見草オイルです。
月見草オイルは初耳という方も多いかもしれませんが、実はアメリカの先住民たちの間では王の万能薬と呼ばれ重宝されていたとも言われる非常に優れたオイルといいます。
具体的に言うと、月見草にはガンマリノレン酸という成分が含まれています。
このガンマリノレン酸、人間の母乳にも含まれる極めて優れた成分で、血液の循環をよくしたり、二日酔いを改善したり、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも効果があると言われています。
そこでそんな月見草オイルでのケア方法について、初心者でもわかるように簡単にまとめていきます。

月見草オイルで潤い美肌を取り戻す

そんな月見草オイルでしわやたるみのない潤い美肌をとり戻す方法を簡単にまとめていきます。
まずは経口摂取するという方法です。
肌を改善するのに経口摂取は違うのではないかと思われるかもしれません。
基礎化粧品などで肌に直接塗った方が成分が浸透するように感じられますが、肌のバリア機能によって思ったほど吸収はされません。
もちろんある程度は吸収されますが、実は経口摂取の方が吸収率は効率がいいのではないかといわれています。

食べて栄養分を吸収して、それが血液にのって体の各所に運ばれ、その中で肌にたどり着いてやっと効果が出るわけですが、長期的スパンで本気で肌を改善したいなら経口摂取がおすすめです。
ただ月見草オイルは酸化が非常に速い点に注意です。
必ず冷蔵庫のような冷暗所に保管し、開封したらなるべく早めに使い切ることが鉄則です。

もちろんオイルをブレンドして肌に塗っても効果はあります。
ただ、上記で申したように酸化が早いので、使い場合は単体ではなく酸化を抑えるビタミンEを含んだナッツ系のオイルとのブレンドがおすすめです。
これで酸化は遅くなりますが、もちろん作ったものはなるべく早く使い切ること、そして保管は冷暗所は鉄則です。

月見草オイルは飲んでもよし、肌に直接塗ってもよしという非常に優れたオイルですが、酸化が早いのでその点のみ注意というのが難点ということになります。
しわやたるみを早めに改善したいなら、オイル自体をブレンドして肌に塗りつつ、サプリメントなどで摂取すると外側、内側の相乗効果を期待できるかもしれません。
このように月見草オイルは肌質改善に適していますが、だからといってそれ以外の生活が怠惰ではいけません。
肌は毎日のケア、そして生活習慣によってできあがっています。
美肌になりたいなら、規則正しい生活は大前提であることは忘れないことです。

月見草オイル+ビタミンEで若さを保つ!おすすめの摂取方法とは

月見草オイルは女性に嬉しい効果や効能がたくさんあることで人気です。
たとえばアンチエイジングや美肌などに高い効果を感じることができるといわれています。
若さを保つ効果が高いということで色々な摂取方法があります。

月見草オイルはスキンケアやヘアケアはもちろん、食用のものを利用すれば体内からきれいに、健康になることができるとわかります。
スキンケアやヘアケアは外用のオイルを使うことで色々と使うことができますが、体内から若さを保つためにはどのような摂取方法がいいのかわからないという人もいますよね。

食用の月見草オイルを調理に使えばいいのですが、月見草オイルは独特の甘い香りがあり、加熱する料理には向いていない性質なのでドレッシングや飲み物に入れる、ヨーグルトに混ぜるなどの調理方法しかありません。
癖があるので口から直接摂取したいという人は少ないかもしれません。

では、どのような方法で摂取すればいいのかというと、やはり月見草オイルのサプリメントがお勧めです。
サプリメントなら独特の香りが気にならないものも利点であるので利用してみましょう。

月見草オイル自体はもともと酸化しやすいオイルなので使用するときには他の酸化を抑える効果があるオイルと混ぜて使うことが多いといいます。
サプリメントでは低温で圧搾したもの、GMP認可のものを選びましょう。
酸化に強いビタミンEが含まれているものがお勧めです。
また合成添加物が含まれていないものや天然原料が使用されているかどうかも確認すると良いです。
ビタミンEは美容にも健康にも欠かせないものとして積極的に摂取したいものですが、月見草オイルとビタミンEのコンビネーションは体のバランスを整えて若さの維持をサポートしてくれます。

摂取方法と量は必ず守ることが大切

月見草オイルはスキンケアやヘアケアに使うことができますが、肌や髪の毛をきれいに保つことでも若々しく見えますよね。
スキンケアで月見草オイルを使うときの方法は、たとえばクレンジングとして使ったり、乳液の代わりに使うこともできるということです。
体内に摂取する以外にも若さを保つためにできることが月見草オイルにはたくさんあります。

月見草オイルの利用方法はたくさんありますので、まずは生活に取り入れやすい方法を探してみるのもおすすめです。

スキンケアに取り入れると肌の水分の保持に効果があるので乾燥肌の人や敏感肌の人でも乾燥を防ぐことができます。
乾燥肌を改善することでメイクののりをよくすることもできますし、肌トラブルやニキビなどを防ぐ効果も期待できるということです。
また抗炎症作用があるのでアトピーの方のスキンケアにもいいでしょう。

健康食品としても月見草オイルは高い効果を期待できます。
生活習慣病の予防や肥満の解消、イライラの解消などにも効果があるといわれているのでストレスがたまっている人も積極的に摂取するといいかもしれません。
月見草オイルは1日にどのくらいまで摂取するのがいいのかを理解しておくことも大切です。
湿疹やリウマチなどの改善が目的なら1日4グラムから8グラムほどが目安ですが、月経前症候群など女性特有のものの改善なら1日3グラム程度で十分だといいます。
美容にも健康にもよい効果が期待できる月見草オイルですが適した量はその人によって違うといわれています。
ですからまずは少なめの量から摂取していきましょう。
サプリメントで内側から若さを保ちたいというときにも服用する目安があるので必ず量を守って利用することが大切です。
もし薬と併用するときは医者に一度相談してから服用しましょう。

月見草オイルを体内から摂取!1日どの位の量を摂れば美肌になれる?

イブニングプリムローズ(月見草)の花は「夕方のサクラソウ」という意味の名称の通り夕方から宵にかけて黄色い花を咲かせ、朝になるとしぼんでしまいます。
しかし、その種子には優れた効果が見られ、薬用としても利用されているので、メディア記事などで読んだことがある方もいらっしゃるでしょう。
種子から抽出した油は日本では「月見草オイル」と呼ばれて、皮膚に良い油として既に広く浸透しています。

このオイルの中に含まれる「γリノレン酸」がポイントで、これは生体や皮膚の健康に欠かせない成分です。
しかし、この成分は体内で合成することができないので、食物や母乳から摂取しないといけません。

月見草オイルは皮膚炎や湿疹に有効なことが知られていますが、酷くなる前か幼少時の気長な摂取がより効果的とされており、即効性を期待できるものではありません。
小児性の湿疹や色々なアレルギー症状が以前と比べて増加していますが、γリノレン酸の供給量の低下あるいは食物から摂取する量の減少、そして良質な不飽和脂肪酸の不足も要因と考えられています。

最近になってから、月見草オイルは美肌にも有効であることが口コミなどによって広がってきました。
月見草オイルに関するまとめによると、1日の摂取量の目安としては、肌に起きている湿疹などの症状を改善するためには1日に4gから8g前後が良いとされています。
ただし、個人によって適した摂取量が異なってくる場合もありますので、最初のうちは少量から試してみて体調や症状に変化がないか様子を見てましょう。
また、月見草オイルを配合したサプリメントはブタクサのアレルギーを起こす可能性があります。
肌に利用する場合はパッチテストができますが、サプリメントは直接体内に入ってしまうので、アレルギー症状が出る方はサプリメントは摂取しないようにしましょう。

民間療法ではアトピーの症状改善の報告も

γリノレン酸を豊富に含んでいる月見草オイルは、湿疹あるいは蕁麻疹、乾燥肌などの症状を改善する効果があるために栄養療法などを行っているクリニックでもアトピー性皮膚炎改善に処方されてきました。
アトピー性皮膚炎の患者においては、必須脂肪酸とプロスタグランジンの代謝が正常に機能していないケースが多い報告がまとめられています。

アトピー性皮膚炎を患っている方の多くは、γリノレン酸およびアラキドン酸、長鎖オメガ3脂肪酸、EPAやDHAなどが体内で不足減少している傾向があり、反対にリノレン酸が過剰な傾向にあります。

γリノレン酸が不足する場合に、月見草オイルなどの摂取が効果的に作用するケースは少なくありません。
月見草オイルについて言えば、一日あたり3,000mgを摂取によってアトピー性皮膚炎の症状を改善させる効果が現われています。

しかし、事例をまとめた別なケースによれば、月見草オイルよりもオメガ3を一日あたり3,000から5,000mgほど摂取させた方が、アトピー性皮膚炎の症状を改善させる効果が高いという報告もあります。
アトピー性皮膚炎の方の場合は、必ずしも月見草オイルだけを利用するのではなく、自分自身にどの脂肪酸が合っているのか、血液検査やミネラル分析などで確認した上で専門の医師に相談してみましょう。

美肌や美容は多くの女性にとって関心が高い事柄ですが、体内の調子を整えることも有効です。
例えば、便秘がちな方や食事が偏っている方は、不要な物が体外に上手く排出されずに体調に影響します。
そんな時はハーブティーを飲んでデトックスすることも有効。
マヌカという植物のリーフを使ったマヌカフラワーティーは、デトックスを目的にブレンドされている女性に嬉しいハーブティーです。
食生活が気になっている方や、美肌になりたい女性におすすめです。

 

 

ストレスや睡眠不足による大人ニキビは「月見草オイル」で撃退!

月見草オイルでホルモンバランスを調整

忙しい現代社会では、日々のストレスや睡眠不足などが続いて大人ニキビに悩まされている方も多いでしょう。
そんな大人ニキビに悩んでいる方におすすめなのが月見草オイル。

月見草は1000年以上も昔からネイティブアメリカンが愛用してきたハーブとして知られています。
その種から採れた月見草オイルにはホルモンバランスを整える作用があることがまとめられ、現代でも女性がサプリメントで愛用している方が多い点も特徴です。

もちろん、月見草オイルに関する文献などにもあるように、このオイルは医薬品ではありませんので劇的な効果が期待できる訳ではありません。
しかし、顎あるいは口の周りに出来た大人ニキビが気になる方や、生理前にPMSによる吹き出物が気になる方、お酒を好んで食事も偏っている方などの悩みを緩和してくれます。
日本国内でも、複数の会社が月見草オイルを配合したサプリメントが販売されています。
一般的に、月見草オイルは飲み始めてから効果が感じられるまで、2週間から1ヶ月前後かかる可能性も1年かかる可能性もあります。

さらに、月見草オイルのメリットのまとめでは、ホルモンバランスの乱れを改善する効果も上がっています。
このオイルを摂取していると、大人ニキビができにくい肌に導いてくれるでしょう。

特に、顎あるいは口の周囲の吹き出物は、皮脂汚れなど外的な要因ではなく、睡眠不足やストレスなどの内的な要因が大きく影響することが分かっているのでこうした場合に有効です。
ホルモンバランスが上手く整うと、何度もくり返す大人ニキビも抑えることができるでしょう。
月見草オイルが持っているもう一つのメリットは、PMS(生理前症候群)などの女性特有の症状に優れた効果を期待することです。
ただし、妊婦中の方や授乳中の方は月見草オイルは控えるようにして下さい。

女性に嬉しいダイエット効果も期待できる

睡眠不足やストレスなどが原因となる大人ニキビには月見草オイルが有効とまとめましたが、このオイルは体の内側から作用するもので速効性はあまり期待できず、どちらかと言うと予防が目的で飲む場合に適しています。
現在できてしまっている大人ニキビは化粧品でケアして、くり返す大人ニキビは月見草オイルのサプリメントなどで予防すると良いでしょう。

特に日常的にストレスや睡眠不足が続き、慢性的に何度も大人ニキビができてしまうという方は、体の内側でホルモンバランスが崩れてしまっている可能性が高いです。
そのため、月見草オイルのサプリメントを飲んでケアすると良いでしょう。

月見草オイルのγリノレン酸の作用によって、ホルモンバランスが整えば、大人ニキビ対策だけでなくダイエットのサポート役としても効果があります。
さらに、肌荒れやアトピーなどのアレルギー症状を引き起こしている肌にも効果的とされ、女性が直面しがちな肌の悩みに幅広く対処できる点が魅力です。
ちなみに、頑固なニキビに悩んでいる方は、月見草オイルを摂取する方法以外に、食生活を見直すのも有効です。
特に、脂っこい食べ物ばかり好んで摂っていたり、偏った食生活を送っていると、便秘がちに。
便秘がちな方は肌のトラブルにつながりやすくなりますので、一度食事の内容を振り返ってみて、必要ならデトックスしてみましょう。

最近はスムージーなども話題になりましたが、手軽にできる方法としてハーブを日々の生活に使う方法があります。
ハーブにはそれぞれ異なる効果が期待されていますが、デトックスしたいならマヌカフラワーティ―と呼ばれるお茶が適しています。
「ハーブティーは飲みにくくて苦手」という方も、マヌカフラワーティ―なら飲みやすくまとめられているのでおすすめです。

ダイエット効果アリ。月見草オイルでコレステロール値を改善しよう

月見草が扱われてきた歴史は意外と古く、アメリカ原住民のネイティブ・アメリカンが用いてきた植物として知られています。
月見草の種子をまとめて搾油することで作られる月見草オイルは、近年になり多彩な効果がまとめられ、ダイエット法などでご存知の方も多いはずです。

月見草オイルは、欧州の国では医薬品として取り扱われています。
成分の中に「γリノレン酸」を多く含んでいることが注目を浴び、肥満や糖尿病の他に高コレステロール血症、PMS(月経前症候群)などの疾病に対しても治療効果があるとまとめられてきました。

γリノレン酸が人間の体内に入ると、「ジホモ・γリノレン酸」と呼ばれる物質になります。
この物質は成長ホルモン「プロスタグランジン」の材料となる成分です。
γリノレン酸を原料に生成されるプロスタグランジンには、ホルモンバランスを整える作用や、体内において色々な機能を調節します。

具体的には、血糖値を下げるだけでなくコレステロール値も下げ、血管および気管を広げて血液の凝固を防ぎます。
コレステロール値が下がる上に、血管が拡張することで血圧が低下することから動脈硬化の予防となり、生活習慣病を防いだり改善にも効果的です。

また、研究によるまとめによればプロスタグランジンは子宮の収縮を調節するホルモンであり、出産の際に陣痛を引き起こしたり、生理時に経血を体外へスムーズに排出させる働きなど、女性にとって重要な作用をもたらすホルモンです。
月見草オイルは、比較的安全に摂取することができると言われていますが、自分自身に合うものであるかどうか様子を見ながら摂取して下さい。
また、月見草オイルは抗血栓作用があるとされていますので、出血性疾患をお持ちの方や抗血栓作用がある薬剤との併用は避けるようにしましょう。

月見草オイルの嬉しいダイエット効果

年齢を重ねることによって、コレステロール値を気にする方も増えてきます。
月見草オイルは、そうした方々にもおすすめのオイルの一つ。

一般的に、月見草の種子に含まれている脂肪酸には必須脂肪酸「γリノレン酸」が7.5%ほど含まれていることがまとめられています。
リノレン酸にはαやβ、γといった種類が存在し、発見された順番を示すもので、γリノレン酸は発見されたのが3番目だという意味です。

γリノレン酸は体内において「ジホモ・γ-リノレン酸」から「アラキドン酸」へ変換されます。
ジホモ・γリノレン酸とは、プロスタグランジン系列と呼ばれる生体調節ホルモンの原料となる物質。
プロスタグランジンは先程記載したようにコレステロール値や血圧の降下など沢山の調節作用が認められ、しかも微量でも強い生理作用を持ちます。

お腹まわりが気になり始めた方や、最近、コレステロール値が高くなってきたという方には、月見草オイルを摂取することで改善する可能性が高いと言えるでしょう。
ちなみにγリノレン酸を継続摂取することによって中性脂肪の上昇も抑えられます。
さらに、善玉コレステロール値の低下まで防止する働きがあるので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

ただし、月見草オイルには子宮収縮の作用がありますので、妊婦の方は使用を控えるようにしましょう。
また、ワーファリンをはじめ血液をサラサラにする薬を服用中の方は、出血に影響を及ぼす可能性がありますので主治医に必ず相談するようにして下さい。
なお、ダイエットをしたい方にはデトックスを意識することをおすすめします。
例えば、老廃物をスムーズに体外に排出する効果が期待できるのがやはりマヌカフラワーティーです。
老廃物がしっかり排出されれば、体の中に不要な物がなくなって必要な栄養素を取り込みやすくなるでしょう。

食用の月見草オイルとは?オイルなのに肥満防止効果があるってホント?!

夕方から花が咲き始めて朝にはしぼんでしまうという、普通の花とはちょっと違う珍しい植物なのが月見草です。
そんな月見草の種子から抽出した油が月見草オイルであり、健康食品として今、注目を浴びています。
最も摂取しやすいのがサプリメントではありますが、食用のオイルの効果や効能とは一体何なのでしょうか。

食用の月見草オイルの特徴は、何と言いましてもガンマーリノレン酸が多く含まれているという事です。
血糖値やコレステロール値、血圧を下げる効果が期待出来ることから肥満防止に適している油だと言えます。
また、それ以外にもアトピー性皮膚炎に対して有効な効果があるとも言われています。

しかし、女性にとって嬉しい効果は月経前症候群に対して良い効果があるという点では無いでしょうか。
月経前に突然、襲われるイライラや頭痛などの症状を軽減してくれる事から、ホルモンバランスを整えてくれると言われています。
このように、食用の月見草オイルには嬉しい効果をまとめて得ることが出来るため、女性に大変人気のあるオイルです。

しかし、食用の月見草オイルは非常に値段も高くて、ブランドにもよりますが1本約4,000円程度します。
サプリメントのほうが値段も食用のオイルに比べますと安いため、とりあえず始めてみたいと考えている人は、サプリメントから始めてみることをおすすめします。

月見草オイルの食用オイルには嬉しい効果が沢山あります。
しかし、食用のオイルは高級でなかなか購入に踏み切るのに勇気がいります。
ですが、サプリメントであれば容量も多く、手頃で始めやすい値段のものもあります。
とりあえず試してみたいという人は、まずはサプリメントから始めてみましょう。
ダイエット効果やホルモンバランスを整える効果などが期待出来るでしょう。

月見草オイルはダイエット効果が抜群

食用の月見草オイルは必須脂肪酸であるガンマーリノレン酸が多く含まれているため、熱を出してエネルギーを放出してくれる役割を持っています。
血中コレステロールを下げる働きがあり、肥満防止に良いと言われているオイルです。
但し、ニオイが少し強いので苦手だと感じる人も多いでしょう。
長期間服用する場合は食用の月見草オイルのサプリメントを利用する事をおすすめします。

また、食用の月見草オイルは非常に酸化しやすい成分のため、原材料が古い場合には服用する事で嘔吐や、けいれんといった発作が出るリスクがあります。
そうすると、せっかく血中コレステロール値を下げる役割があるにも関わらず、結果としてコレステロール値が上がる可能性がありますので気をつけましょう。

そして、ダイエット効果があるからと言って、朝や夜などにまとめて一気に月見草オイルを摂取するような事は絶対にしないで下さい。
ダイエット効果を得るどころか、むしろ身体を壊す可能性があります。
基本的に食生活は、1日3食を心掛けて主食や主菜、副菜を基本にして食事のバランスを考えて摂取する事が大切です。

月見草オイルはガンマーリノレン酸の効果により高い肥満防止効果を期待する事が出来ます。
しかし、オイルは摂り過ぎるとかえって身体を壊す可能性がありますし、原材料が古いことでコレステロール値が高まるリスクがありますので、摂取をする際には必ず良質な月見草オイルを摂取するようにしましょう。

食用の月見草オイルは油ですので、どうしても特殊なニオイを持っており、苦手だという人も中にはいるかもしれません。
そのため、油をそのまま摂取するのが苦手だという人は、ぜひサプリメントを活用して下さい。
飲みやすいソフトカプセル状など様々な形状がありますので、服用しやすく長く続けやすいでしょう。

ハニーだけじゃない!マヌカフラワーティー

月見草オイルの効果・効能については分かってもらえたと思います。
しかし美肌づくりや体調を整えるにはオイルを塗るだけでなく体の中からきれいにならないといけません。

そこで紹介したいのが何度も取り上げているマヌカフラワーティーです。
マヌカハニーという商品なら聞いたことがある方はいると思います。

マヌカというのはニュージーランドの原住民族であるマオリ族が薬として重宝している木です。
このマヌカの木を蜜源として作られる蜂蜜のことをマヌカハニーと呼んでいます。
マヌカハニーのどこが普通のハチミツと違うのかまとめてみましょう。

普通のハチミツには過酸化水素という殺菌作用を持つ成分が含まれていますが体内では酵素によって殺菌作用がなくなってしまいます。
しかしマヌカを蜜源としたマヌカハニーは体内の酵素によって殺菌作用が失われず、体内のピロリ菌など悪い菌を殺菌する効果があるのです。

実際にオーストラリアやニュージーランドでは医薬品として使われていることから安全性も十分であるといえます。
しかしマヌカハニーは稀少なため価格は非常に高いです。
健康パワーを試してみたいけど高くてできないという方におすすめなのがマヌカフラワーティーです。

このティーはマヌカの葉を用いてつくられたデトックスのためのハーブティーです。
マヌカの殺菌作用を活かしたティーなので体内でもしっかり働き体内の老廃物を排出することができます。
味もレモンやいちごなどのベリー系の葉を使っておいしくブレンドされているものが多いのでおいしくデトックスすることができます。
マヌカフラワーティーを飲むことでおいしくデトックスして今よりも、もっときれいなお肌と軽い体を目指してみませんか。
興味が湧いたという人はぜひマヌカフラワーティーを試してその驚きの効果を実感してください。