フィッシュオイル オメガ3の薄毛抜け毛の効果 効能 作用 まとめ10選

hair




Contents

フィッシュオイルで動脈硬化を予防して薄毛・抜け毛を解消しよう

薄毛・抜け毛でお悩みの方の中には、
毎日、育毛剤でケアしている人も多いのではないでしょうか?

育毛剤には毛を育てるために必要な有効成分が配合され、
薄毛・抜け毛の解消に効果を発揮してくれます。
しかし、この育毛剤だけでは十分なケアができないこともあります。
この薄毛・抜け毛の解消に効果的なのが今回、取り上げるフィッシュオイルです。

フィッシュオイルはその名の通り、魚に含まれる脂分のことです。
そんなもので毛に効果があるのか?と思う人もいるでしょうが、
フィッシュオイルには驚くべき効果があります。

フィッシュオイルが効果的な理由を紹介しますので確認してみてください。

フィッシュオイルが効果的な理由

薄毛や抜け毛の原因に血流があります。
血液には、毛根に栄養を届ける役割があります。
この血流が良い状態であれば問題ないのですが、血流が悪化してしまえば、
上手く栄養が届けることができず髪の毛が上手く成長することができません。

血流が悪化する理由としては、運動不足であったり、喫煙、
食生活の乱れによってコレステロールが溜まるのも原因となります。

コレステロールが溜まってしまうと血管が硬くなり動脈硬化を引き起こす原因ともなります。
運動をしたり、禁煙、食生活の改善をすればいいのですが、
毎日、忙しい生活を送っている人にとっては難しい人もいるでしょう。

この問題を手軽に解決できる方法がフィッシュオイルなのです。
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果が知られています。
毎日の食生活の中でこのフィッシュオイルが不足してしまうと、
血液が固まりやすくなったり、悪玉コレステロールや中性脂肪が増えるといった報告もあり、
動脈硬化を引き起こす原因ともなってしまいます。

フィッシュオイルには、髪の毛の成長に重要な血液を正常な状態に保つ効果が期待できる成分です。
薄毛・抜け毛を解消したいとお悩みの人は
毎日の食事の中でフィッシュオイルは積極的に摂取したいものです。

フィッシュオイルにはEPAとDHAがある

さて、フィッシュオイルの主成分となるのがEPAとDHAです。
これらの成分は健康を気にする人にとっては良く知っている成分かもしれません。
EPAとDHAはフィッシュオイルに含まれる成分なのですが、効果に違いがあります。

DHAは脳に効果があることで知られている成分です。
脳には、有害物質から守るために血液脳関門があり、
脳に送られる栄養には通過できる物質もあればそうでない物質もあります。
DHAはこの血液脳関門を通過することができる成分の一つで、
脳には大きな影響を与えることになります。

DHAにも血液に良い効果はあるのですが、さらに効果的なのがEPAです。
フィッシュオイルによって得られる、血液をサラサラにする、
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす、動脈硬化を防ぐなどの効果は、
DHAよりもEPAの方が効果が高いということです。

そして、さらに効果的なのが、このEPAとDHAを一緒に摂取するということです。
この2つの成分は相性が良く、一緒に摂取をすることで相乗効果が生まれます。
最近では様々な成分のサプリメントが販売されていますが、
効果的なEPAだけが配合されたサプリメントを利用するよりも、
EPAとDHAの両方が配合された商品を選ぶことが大切なのです。

フィッシュオイルの摂取方法と摂取量

DHAが多く含まれる魚としては、マグロ、ブリ、サバ、サンマがありますし、
EPAではマグロ、マイワシ、サバ、ブリ、サンマなどがあります。

このように、EPAとDHAは似たような魚に多く含まれていることがわかり、
毎日の食事から摂取しやすいことがわかります。
また、魚が苦手という人はサプリメントを活用しましょう。

このEPAやDHAが含まれているサプリメントは様々なメーカーから多く販売され、
しかも比較的安価な価格で購入が可能です。
忙しい人にとっては毎日魚を食べるのは難しい人もいますが、
サプリメントなら手軽に毎日摂取することができます。

1日の摂取量の目安としては1,000mgです。
1,000mgとなると食事からの摂取は難しいのではと思ってしまいますが、
EPAであればマイワシには100gで1,381mg、DHAは1,136mgも含まれていて、
毎日の食事からでも簡単に摂取できることがわかります。
本マグロのトロ部分であれば、EPAは1,288mg、DHAは2,877mg含まれています。

魚から摂取する場合には、できるだけ脂が摂取できる調理法で食べましょう。
刺身が一番摂取しやすく、フライは脂が逃げてしまうため、最も摂取しにくい調理法となります。

現代人は、運動不足や食生活の乱れから生活習慣病、動脈硬化などが懸念されています。
これらの症状によって健康にも影響しますし、
健康だけでなく薄毛・抜け毛の原因ともなり、精神的に大きな悩みとなってしまいます。
動脈硬化を引き起こしてしまうと、血流が悪化し、毛の成長を阻害してしまいます。
この血流や血液を正常な状態に導いてくれるのがフィッシュオイルです。
現代人は魚を食べる人も減っていますが、
昔から日本人には親しまれている魚の力を見直してみてはいかがでしょうか?
フィッシュオイルを毎日摂取して、悩みだった薄毛・抜け毛を解消しましょう。

trampoline

フィッシュオイルの「DHA」が育毛を助ける仕組み

現代人は仕事の忙しさや人間関係の複雑さによってストレスを抱えていたり、
生活習慣が乱れたりと様々なトラブルを抱えていますが、
これらの要因は身体にも様々なトラブルとなって降りかかってきます。

中でも大きなダメージを受けてしまうのが血液や血管ですが、
これらの部分がダメージを受けるとさらに深刻な体の異常をきたすこともあります。

そんなダメージの修復や予防に効果的なのがDHAで有名なフィッシュオイルになりますが、
実はこのフィッシュオイルには薄毛・抜け毛の予防改善にも効果があることが分かってきました。

では、このDHAとして有名なフィッシュオイルが育毛に効果的な理由とは、
どのような原理によるものなのでしょうか?

フィッシュオイルがもたらす健康効果

いつまでも健康で元気な体でいるには、血液や血管が若々しくいることが
非常に大切ということは、一般的にも知られていますが、
そんな血液や血管の健康を維持したり
若返らせる効果を持っているのがフィッシュオイルになります。

フィッシュオイルとは主に青魚に豊富に含まれている脂のことで、
一般的にはDHAと呼ばれている脂になり、
脂と聞くと体に悪いイメージを持たれるかもしれませんが、魚の脂は不飽和脂肪酸と呼ばれる
常温では固まりにくい脂となっている為、血管内で固まることもありません。

逆に肉などの含まれている脂は低い温度でも固まりやすい為、
摂取すると血液に溶け込んで血管内を流れる際に、血管壁に付着して固まってしまう事があります。

そうなると血流が悪くなったり、血管を塞いでしまう恐れがあり、
また血管自体の老化進めてしまう為、破れやすくなってしまいます。
そうすると心筋梗塞や脳梗塞、脳内出血や、
くも膜下出血などの重大な病気を併発する恐れがあります。

しかし、フィッシュオイルは常温で固まる事がないだけではなく、
血管や血液中に存在しているコレステロールや中性脂肪を溶かす作用も持っている為、
血液をサラサラにしてくれるほか、
さらには血管そのものの老化現象も予防改善してくれる効果を持っています。

フィッシュオイルが育毛にも効果的

フィッシュオイルには血液中のコレステロールや中性脂肪を溶かして、
血管そのものの老化現象も予防改善をしてくれます。

そして、しなやかな血管にしてくれますので高血圧や高脂血症、
そこから併発する心疾患や脳疾患といった生活習慣病の予防をしてくれます。

しかし、フィッシュオイルが持つ効果はこれだけではありません。
それは育毛効果になります。
薄毛・抜け毛を予防して髪の毛の成長を助ける効果も持っています。

では、何故フィッシュオイルが薄毛・抜け毛対策に効果的なのでしょうか?

その理由はフィッシュオイルもたらす血液の流れを良くすることになります。
髪の毛の成長には様々な栄養素が必要となってくるのですが、
いくら必要な栄養素を摂取していても、それが頭皮に届けられなければ意味がありません。

しかし、頭皮にある血管は非常に細い血管となっている為、
血液がドロドロな状態ですと頭皮の隅々まで血液、つまり栄養が届けられなくなってしまいます。
ですので、血液の流れを改善してくれるフィッシュオイルを摂取することで、
薄毛や抜け毛の予防をしてくれることになり、育毛を促す効果をもたらすという事です。

もちろん前提として育毛に重要な栄養素が十分に摂取できている必要がありますが、
フィッシュオイルには薄毛・抜け毛対策としても有効であるという事です。

効率的な摂取と育毛に必要な栄養

フィッシュオイルは、その名の通り魚の脂になりますので、熱には弱い性質があります。
ですので、闇雲に青魚を食べれば良いという訳ではありません。

例えば、焼いてしまったり、フライなどで揚げてしまっては
大切な脂が熱によって溶かされてしまい、流れ出てしまう恐れがあります。

ですので、最も効率が良い食べ方は生の状態で食べることです。
しかし毎日、青魚の刺し身を食べることは現実的ではありません。

そのような場合には他の食材で代用するか、もしくはサプリメントで摂取するかになります。
他の食材としてはオリーブオイルや、えごま油、ナッツ類のクルミにDHAは含まれていますし、
サプリメントであれば、いつでも手軽に摂取することができますので良い方法と言えるでしょう。

また薄毛や抜け毛の予防改善にも効果的なフィッシュオイルですが、
その為には髪の毛の成長に必要な栄養素も同時に摂取する必要があります。
髪の毛の成長にはビタミンやミネラル、亜鉛、コラーゲンが必要になります。
また大豆製品に含まれるイソフラボンは非常に有効的な成分となります。

髪の毛は男性であっても女性ホルモンの働きが重要になるのですが、
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする為、髪の毛には大切な成分です。

このように日頃から摂取する食事に際しては、
フィッシュオイルに加えてビタミンやミネラルが豊富な食材を摂取するようにしてください。
加えて大豆製品も摂取するとより効果的です。

フィッシュオイルにはDHAが含まれていることは一般的にも知られていて、
その効果が血液をサラサラにしてくれるというのも良く知られています。
血液がサラサラになるという事は
血管内でコレステロールなどが固まってしまうリスクを低下させるだけではなく、
すでに固まったコレステロールも溶かす働きがあります。

そして血流が良くなる事は身体に様々な良い効果が現れるのですが、
その一つとして上記のように薄毛・抜け毛の予防や改善が挙げられます。

頭皮にある細い血管にもしっかりと血液を通して栄養が行き渡りますので、
薄毛や抜け毛でお悩みの方は、
髪の毛の成長に必要な栄養に加えてフィッシュオイルも摂取してみてください。

フィッシュオイルで血流の流れを良くして髪の成長をサポート

薄毛・抜け毛が目立つのは、頭皮の状態が悪くなっていることが考えられます。
例えば、血行が悪くなって毛を育てるための栄養が細胞に届いていないことや、
皮脂分泌が盛んになって毛穴が詰まることが原因となって、
毛が抜けやすくなったり、細くてコシがない毛が育ったりします。

血流を促進して頭皮の環境を整えるには、マッサージをして頭皮に刺激を与える事も大切ですが、
食品やサプリメントを利用して体の中から変えていくことも効果的です。
フィッシュオイルには血流を促進をサポートする成分が含まれているので、
薄毛・抜け毛の対策に利用できます。

フィッシュオイルが血流をサポートする理由

魚から抽出した成分でできているフィッシュオイルには、
血流を促進するEPAやDHAが含まれています。
食品に含まれているオイルはどれも同じ物ではなく、それぞれに異なる性質があります。

フィッシュオイルに含まれているのはオメガ3脂肪酸になり、
フィッシュオイルを毎日摂取したとしても、
血液をドロドロに変えてしまうLDLコレステロールが増えることはありません。

反対にLDLコレステロールの蓄積を抑えるHDLコレステロールを増やしてくれるため、
血液の流れをスムーズにする効果が期待できます。

LDLコレステロールが増えると動脈硬化を招いてしまうことがあり、
血液の通り道が狭くなることで、
体の不調だけではなく薄毛・抜け毛といった頭皮の問題にまで及びます。
血液の流れが悪くなってしまう主な原因には、
睡眠不足や運動不足などが考えられますが、最も大きな影響を与えているのは食生活です。

特に、肉類中心のメニューが多く、魚を食べることが少ない場合は、
LDLコレステロールや中性脂肪が増えやすくなり、マヨネーズやバターをたっぷり使った料理や、
生クリームをたくさん使ったケーキには、LDLコレステロールが多く含まれています。
ですから薄毛や抜け毛が気になる場合は、
意識的にHDLコレステロールを含んだ食品を選んでみましょう。

血行不良は薄毛・抜け毛を招く

コシとツヤのある丈夫な毛を育てるためには、十分な栄養が必要になります。
毛は複数のアミノ酸で構成されていて、その数は18種類にも及びます。
毛には栄養を作り出す力がないので、成長するために毛細血管から必要な栄養を摂り込んでいます。
ところが血液の質が悪くなってくると、毛細血管の血流が悪くなるので、
毛の成長に必要な成分が隅々まで届かなくなってしまいます。
そのため毛が次第に細くなってしまい、
コシがないのでスタイリングをしてもボリュームが出にくくなってしまいます。

そして、細胞の成長に伴って排出される老廃物の回収もうまくいかなくなるので、
頭皮の状態が悪くなり十分に育っていないはずの
細くて短い毛でも、簡単に抜け落ちてしまうのです。

頭皮を柔らかくするマッサージは頭皮環境の改善に効果的ですが、
肝心の血液がドロドロしていると、マッサージの効果が半減してしまいます。
ですからフィッシュオイルを摂取することは、
血液の流れをスムーズにして頭皮全体に成分を行き渡らせる効果が期待できます。
マッサージで頭皮を柔らかくしておけば相乗効果が期待できるので、
丈夫でキレイな髪を育てるためのサポートになります。

フィッシュオイルで体の中から頭皮を守る

魚料理や野菜が少なく肉類中心の食生活を続けていると、
次第にLDLコレステロールが増えてしまいます。

LDLコレステロールが増えてHDLコレステロールが少なくなると、
脂質の分泌が増えて頭皮がべたつきが強くなり、
紫外線やストレスの影響で皮脂が酸化すると、頭皮がかぶれてしまい炎症を起こすことがあります。

無理に皮脂を取り除こうとして何度もシャンプーを繰り返すと、
今度は乾燥を招いてしまいトラブルが多い皮膚になってしまいます。
もともと皮脂は乾燥から肌を守るためにあるので、外側からケアするよりも
体の中からLDLコレステロールを抑えて脂質のバランスを調整すると、
頭皮の健康を保ちながら薄毛・抜け毛対策ができます。

体内の脂質バランスを整えるには、
肉やバターなどに含まれている飽和脂肪酸を摂り過ぎないことです。
卵や乳製品も控えるようにして、なるべく青魚をたくさん食べるようにします。
魚が苦手でたくさん食べられない方や料理に時間がかけられない方は、
フィッシュオイルサプリメントを活用して不飽和脂肪酸を補いましょう。
青魚は他の魚よりもクセが強いため、苦手な場合は一口も食べられないことがありますが、
ソフトカプセルに入ったフィッシュオイルなら味や香りを気にせずに、毎日利用できます。

このように、フィッシュオイルには、血流を良くする働きのあるEPAが含まれているため、
血行が悪くなって健康的な毛が育たなくなってしまった時に利用したいオイルです。
食生活や運動不足が原因で増え過ぎてしまったLDLコレステロールを抑える役割もあるので、
皮脂が過剰になってしまった頭皮の回復のために利用することもできます。
フィッシュオイルは体だけでなく、
頭皮の毛細血管に対しても効果を発揮するので、薄毛・抜け毛対策のサポートになります。
手で触ってみて頭皮が硬いと感じた時や、
頭皮がベタベタしてニキビができている状態の時に使用したいオイルです。

beautiful

フィッシュオイルで新陳代謝を促進してヘアサイクルを正常に

フィッシュオイルは新陳代謝をよくしてくれる成分であり、
ヘアサイクルを正常にするためにも役立ちます。
肌がボロボロになりやすい人は、必須脂肪酸が不足している可能性があります。
三大栄養素の一つである脂肪は必須栄養素ですが、動物性脂肪は頭皮環境を悪化させやすいのです。

魚の油であるDHAやEPAは頭皮にもよく、薄毛・抜け毛を予防することができます。
髪を元気にするためには頭皮を活性化させる必要があるため、日々の食べ物にもこだわりましょう。
青魚をほとんど食べない人、動物性食品の摂取が多い人などは、
この機会にフィッシュオイルのサプリメントをおすすめします。

フィッシュオイルでめぐりから改善を

育毛サロンでヘアチェックを受けると、めぐりの悪さを指摘されることがあります。
血流がスムーズに流れない状態というのは、髪にとってよくない状態なのです。
毛根が髪を育ててくれるので、毛根に対して栄養を届ける必要があるのですが、
栄養の供給役となる肝心の血液がドロドロしていると、髪の栄養素が不足してしまいます。
栄養素というのは大量に摂ればいいものではなく、ムダなく吸収させることが大切なのです。

フィッシュオイルの魅力は動物性脂肪をやわらかくして、体外に排出してくれることにあります。
体脂肪・血中脂質を減少させることで、血液をサラサラにすることができます。
それによって毛母細胞を元気にして、髪の成長を促してくれるわけです。

薄毛・抜け毛が重症化しやすい年齢というのは、30代~40代くらいだと考えてよいでしょう。
この時期を乗り切ることができれば、
中高年以降の年代でも年齢相応以上の髪を維持することができるのです。
薄毛・抜け毛は生活習慣の乱れにより発生する部分が大きく、
特に食生活が乱れていると要注意なのです。
フィッシュオイルはめぐりをよくして新陳代謝を活性化してくれるので、
ヘアサイクルが乱れている方にこそおすすめします。

頭皮状態がよければ髪も元気になる

フィッシュオイルは新陳代謝をよくして、育毛によい頭皮環境にしてくれるのです。
薄毛・抜け毛の原因は加齢だけではなく、食生活や頭皮ケアに問題があることが少なくありません。
AGAは男性ホルモン分泌が過剰になることで
重症化しやすいですが、これだけが原因ではありません。
複数の原因が絡み合うことで薄毛・抜け毛を促進させるため、
男性ホルモン分泌が多くても髪を守ることは可能なのです。

適切なケアを続けることで違和感のないレベルのボリュームは維持できますから、
まずは食生活から改善していきましょう。
フィッシュオイルはヘアサイクルを正常にするために最適な油であり、
頭皮を正常肌にしつつ栄養供給を活発にしてくれるのです。
栄養素が欠乏すると髪が痩せ細ってくるので、
以前より髪がスカスカになってきたと感じたら要注意です。
育毛は髪を元気にすることだと思われていますが、
それよりも頭皮ケアという意味合いのほうが強くなっています。

育毛の第一歩は頭皮を正常肌にすることであり、
軽度の薄毛ならこれだけで解消することがあります。
フィッシュオイルは食品由来の成分なので、副作用の心配はまったくありません。
魚をあまり食べない方はDHAやEPAが不足するため、
フィッシュオイルのサプリで補給してください。

髪を元気にするための習慣とは?

新陳代謝が活性化すれば肌サイクルが正常になるように、
ヘアサイクルも整えることができるでしょう。
フィッシュオイルは魚由来の油なので、身体に体脂肪として溜まりにくいのです。
血中脂質やコレステロールを調整する役割があるので、ドロドロ血液による薄毛にも効果的です。

髪に栄養がうまく届かないと、全体的に細くなって地肌が目立ってきます。
抜け毛本数が増えれば薄毛の前兆と言えますが、
ほとんど増えずにボリュームだけ減退していく方もいます。
この場合は髪が細くなっていると考えられるため、
血行促進、栄養不足の解消などを意識してみましょう。

フィッシュオイルは新陳代謝をよくするだけでなく、肌トラブルを予防する作用もあります。
頭皮が荒れてしまうと薄毛の原因となるため、
乾燥や皮脂過多などの症状も解消していく必要があります。
ほかにもフィッシュオイルは、免疫力の促進、
ストレス解消なども期待できるため、ストレスによる薄毛を予防するためにも役立つでしょう。
ストレスは薄毛の一大要因と言われており、
仕事のストレスが蓄積することで薄毛を発症させる方は少なくありません。
慢性的なストレスを感じている方は
フィッシュオイルを活用し、ストレスに強い身体を手に入れましょう。

フィッシュオイルは頭皮の血流のめぐりも良くして、毛根から髪を元気にするために役立ちます。
めぐりが悪くなると毛根に栄養がうまく届かなくなり、
髪のボリュームが減退してスカスカが目立つようになることがあります。
乾燥や皮脂過多などにより頭皮状態が不安定になっている場合も、
薄毛・抜け毛の原因となりやすいです。
髪を元気にするためには良質の油を摂取し、頭皮を刺激から守っていく必要があるのです。

フィッシュオイルはストレスを緩和する役割もあるので、
ストレスによる薄毛を軽減するためにも役立ちます。
魚をあまり食べない方はフィッシュオイルのサプリを活用し、DHAとEPAを補給してください。

フィッシュオイルで発毛の基盤を作る大切さとは

フィッシュオイルとはDHAやEPAなどの魚油のことで、体内で生成できないのが特徴です。
昔から魚は身体にいいと言われますが、その理由はフィッシュオイルが多く含まれるからです。
動物性の脂肪となじむことで液体化し、体外に排出する役割があります。
血中脂質も減少してくれるので血流をよくして、発毛を促進することもできます。
頭皮基盤を整えることで薄毛・抜け毛を予防し、将来の毛量を維持するために役立つでしょう。
フィッシュオイルは青魚に多く含まれており、
さんま・いわし・さばの缶詰を利用すれば効率よく摂れます。
魚が苦手という方はフィッシュオイルのサプリを活用するのがおすすめです。

フィッシュオイルで血流に働きかける

フィッシュオイルのDHAやEPAは、血流をよくすることで毛母細胞を成長させます。
毛母細胞が活発に細胞分裂をするためには、十分な栄養を届けてあげることが大切なのです。
発毛の基盤となるのは頭皮の健全化であり、髪は毛根から育てていくものなのです。
頭皮という土壌を元気にすることで、髪を太く強くすることができます。
全体的に髪が細くなっている方は、毛母細胞に十分な栄養が届いていないと考えられます。
薄毛・抜け毛対策には血行促進が大切だと言われますが、
これは血液こそが髪に栄養を与えてくれるからです。

毛母細胞に栄養・酸素を届けるためには、血流を促進した上で髪の栄養を摂ることが大切です。
育毛サプリを飲んでいても、肝心の血流が悪ければうまく吸収されません。
昔から魚の油は健康によく、生活習慣病を予防するために用いられてきました。
脂質異常症、高血圧、高血糖などは
いずれも重大疾患の引き金となりますし、動脈硬化の原因ともなります。
動脈硬化は髪の元気を奪ってしまう症状なので、進行を抑えることが大切なのです。
健康診断を定期的に受けることで、乱れた生活習慣があればわかります。
薄毛・抜け毛が気になる方の場合は、
食生活、睡眠、ストレスなどに関して指摘されることが多いです。

フィッシュオイルで皮脂バランスを整える

頭皮に適度な皮脂が乗っている状態にすることが、発毛基盤を整える基本なのです。
皮脂は多すぎても少なすぎてもいけないので、適量に抑えていく必要があります。
フィッシュオイルに関しては動物性の脂肪とは異なり、
頭皮をベトベトにすることは通常ありません。
食生活やサプリからフィッシュオイルを摂ることで、
皮脂量をコントロールすることができるのです。
体脂肪となって蓄えられた脂肪は、食事制限をしても簡単には落ちないのです。
除去していくためには運動が必要ですし、動物性脂肪を溶かしてくれる成分も必要となります。

フィッシュオイルは血中脂質、血圧、
コレステロール値などを調整する作用もあり、血液の健康維持に最適です。
血流がよければ新陳代謝も正常になり、余分な体脂肪や血中脂質は燃焼されます。
薄毛・抜け毛は頭皮バランスの乱れから発生することが多いため、
まずは頭皮を正常肌に変えていきましょう。
その状態を維持させることでヘアサイクルも正常になって、
抜け毛が少しずつ減少していくはずです。
抜け毛が多くて困っている方は、シャンプーを変えたり
育毛剤を使用したりする対策も効果的ですが、体内からのケアも並行していきましょう。

頭皮状態を安定させて発毛を

フィッシュオイルは頭皮状態を安定させて、薄毛・抜け毛を予防するメリットがあります。
現代人は昔と比べて魚を食べなくなってきており、それに代わって肉食が増えているのです。
動物性の脂肪摂取が増えてしまうと、皮脂分泌が増えて脱毛へとつながることがあります。
皮脂が多くなると頭皮の臭いも強くなりますし、衛生的にもよくないのです。
肌というのは不潔になった部位からトラブルを発生させるものです。
発毛を促進させるためには、まずは頭皮サイクルを正常にする必要があります。
抜け毛が急激に増えてきた場合は、頭皮サイクルが乱れていると考えられます。
1日の抜け毛は50~60本くらいが正常であり、それを超えてしまうと多いのです。

体質的に抜け毛が多く、1日に100本くらい抜けてしまう方もいますが、
毛量が安定しているなら特に問題ありません。
しかし髪が減ってくるようならば、まずは抜け毛を減らすことが先決なのです。

発毛ケアと聞くと髪を成長させることを考えるでしょうが、
発毛には抜け毛予防ケアも含まれています。
抜け毛が減らすことで頭皮サイクルが正常になり、
その段階になってはじめて髪を増やすことができるのです。
頭皮状態が安定しない方はフィッシュオイルを活用し、正常肌に整えていきましょう。

フィッシュオイルは血流をサラサラにすることで、毛母細胞を元気にすることができます。
頭皮の皮脂バランスを調整して、正常肌に整えるメリットも期待できます。
発毛をさせるためには抜け毛を減らすことが第一であり、
1日50~60本程度を維持するのが好ましいのです。
体質の問題でそれよりも多く抜ける方はいますが、
ボリュームが減少しているなら薄毛・抜け毛の前兆と考えていいでしょう。
そのまま放置をしておくと、さらに髪を減らすことにつながるため、
フィッシュオイルで体内からケアをしていきましょう。
フィッシュオイルにはDHAやEPAが含まれており、動物性の脂肪を減らす作用もあるのです。

portrait

フィッシュオイルが育毛に良いとされる理由とは

近年は若い方や女性であっても薄毛・抜け毛で悩まされている方が増えてきていますが、
そんな薄毛・抜け毛を予防改善する成分として
フィッシュオイルが効果的であることは分かっています。

フィッシュオイルは一般的にはDHA・EPAと呼ばれる成分で、
血液をサラサラにしてくれる働きがある事は知られています。
ですので、高血圧や高脂血症などの生活習慣病、さらには心筋梗塞や脳梗塞といった
重大な病気の予防にもなる事は有名ですが、育毛にも効果があるのでしょうか?

フィッシュオイルが薄毛・抜け毛にもたらす効果と、
良いとされている理由についてご紹介していきます。

フィッシュオイルの発見と効果

フィッシュオイルは、そもそも北極圏に住んでいる先住民族のイヌイットが
心筋梗塞などの生活習慣病の発症が少ないことから注目されるようになりました。
イヌイットは北極圏と言う寒い地域に暮らしている為、
野菜や果物などが育つこともない為、それらの食材を食べることなく生活をしていました。
それにもかかわらず心筋梗塞などの生活習慣病の発症が極めて少ないことに疑問を持った方が、
イヌイットの身体を検査してみることにしました。
すると野菜や果物を食べることのないイヌイットの血液はサラサラな状態で、
その理由をさらに突き止めてみるとイヌイットの主食であるアザラシにあることが分かりました。

アザラシの脂には不飽和脂肪酸と呼ばれる常温では固まることなく、
さらには血液中のコレステロールや中性脂肪を分解してくれる脂が多いことが分かりました。

そして、アザラシの脂が不飽和脂肪酸が多い理由が、
アザラシの主食である青魚に不飽和脂肪酸が豊富であることも分かり、
フィッシュオイルがコレステロールや中性脂肪の値を下げてくれることで
血液をサラサラにしてくれることが分かりました。
この研究結果により、フィッシュオイルは血液の流れを良くしてくれて、
血液のドロドロも改善してくれるため、高血圧の予防改善もしてくれることがわかったのです。

育毛に効果がある理由

血液をサラサラにしてくれるフィッシュオイルですが、
そうなれば血管内で固まってしまったコレステロールも溶かしてくれて、
心筋梗塞や脳梗塞といった命の危険もある病気の予防にもつながります。

このように非常に大きな役割を担っているフィッシュオイルですが、
近年は薄毛・抜け毛を予防して育毛を促すことも注目されています。

では、なぜ、血液をサラサラにしてくれて、血流の流れを良くしてくれる効果がある
フィッシュオイルが育毛の効果も持っているのでしょうか?

そもそも髪の毛の成長には様々な栄養素が必要になるのですが、
頭皮にある血管は細い血管が多い為、いくら必要な栄養素を体内に取り込んでも
血液がドロドロの状態にあると、頭皮の血管には行き届かなくなってしまいます。

ですので、フィッシュオイルによって血液中のコレステロールや中性脂肪を分解して、
血流が良くなれば、頭皮にある細い血管の先まで
しっかりと栄養素が行き届くようになりますので、育毛にも効果があるという事になります。

逆に言うと肉類や揚げ物を中心とした食生活をしていると、
いくら育毛に必要な栄養素を摂取していたとしても、
その栄養素は頭皮には行き届くことなく体外へ排出されてしまいますので、
大切なことは育毛に必要な栄養を摂取して、それを頭皮に届けることです。

フィッシュオイルに加えて摂取したい成分

血液がドロドロの状態にあると、頭皮に必要な栄養素が起き届かない為、
血流を良くして頭皮に必要な栄養素を届けることが大切になります。
その為にはフィッシュオイルが効果的で、フィッシュオイルの持つ不飽和脂肪酸の効果は
血液中のコレステロールや中性脂肪を溶かしてくれて、頭皮にも栄養素が行き届くようになります。

しかし、そもそもが薄毛・抜け毛の予防に効果のある栄養素を摂取していなければ、
いくら血流を良くしても意味がありません。
ですので、フィッシュオイルに加えて摂取したい成分がありますので、ご紹介していきます。

まず髪の毛にはビタミンやミネラルなどの成分が必要になります。
他にもコラーゲンや亜鉛などの成分も重要になってきますので、
それらの成分を含んだ食材をバランスよく摂取することが重要になります。

それには、やはり緑黄色野菜が良いのですが、
フィッシュオイルと緑黄色野菜に加えて摂取していただきたい食材があります。
それが大豆製品になるのですが、大豆には大豆イソフラボンと呼ばれる成分が含まれていて、
この成分は女性ホルモンに似た働きをします。

頭髪は男性であっても女性ホルモンの働きが重要になる為、
その働きが鈍くなると薄毛や抜け毛を進行させてしまいます。
ですので、フィッシュオイルと緑黄色野菜に加えて大豆製品も摂取するように心掛けてください。

近年、注目されているフィッシュオイルには、
血液中のコレステロールや中性脂肪を溶かしてくれる作用、
高血圧や高脂血症、さらには心疾患や脳疾患といった生活習慣病を予防してくれます。

しかし、フィッシュオイルの持つ効果はそれだけではなく、
多くの男性、女性の悩みでもある薄毛・抜け毛にも効果的である事が分かり、
その理由は育毛に必要な栄養素を届ける血管は非常に細い為、
血液がドロドロな状態ですと欲しい血管には栄養素が正常に行き届かないことが
原因の一つであり、フィッシュオイルによって血流が良くなれば、
頭皮の細い血管にも栄養が行き届きますので、薄毛や抜け毛の改善にも効果的なのです。

フィッシュオイルには髪の毛を作る栄養素がたっぷり

主にイワシやサバなどの青魚から抽出したフィッシュオイルは、
美容や健康に様々な効果を期待できるということから近年、急速に注目を集めています。
これは、DHA(Docosahexaenoic acid)や、EPA(Eicosapentaenoic acid)などの
天然由来の多種多様な有効成分を含有しているからで、
効果と安全性の両方を兼ね備えているということが理由です。

今回は、その中で髪の毛に対しての有効性を発揮する成分について紹介すると共に、
フィッシュオイルが薄毛・抜け毛の人になぜオススメなのかについて説明いたします。

フィッシュオイルとは何か?

なんども伝えてますが、フィッシュオイルとは、魚に含まれている脂質のことで、
イワシやサンマ、サバなどの青魚に特に多く含まれているので、
サプリメントなどフィッシュオイルに関する商品では、
これらを原料としているケースが多く見られています。

なお、フィッシュオイルの中で特に重要な役割を担っている栄養素が、
DHA(Docosahexaenoic acid)とEPA(Eicosapentaenoic acid)です。
これらは、エゴマなどに含まれるα-リノレン酸などと総称して
ω-3脂肪酸と呼ばれており、脂質の主な構成成分の一種です。

ちなみに、DHAやEPAはα-リノレン酸を元に体内で合成することが出来ますが、
不足すると脳や神経、皮膚などの様々な部分に異常が発生するので、
食品からの摂取が必要不可欠と言われています。

ただし、青魚の摂取量は年々減少しており、
フィッシュオイルを十分に摂れているとは、とても言えない状況です。
脳梗塞や心筋梗塞などの血管由来の病気による死因が増加したのには、
フィッシュオイルの摂取量の減少が関係しているとも推測されています。
このような状況に対応するために、
サプリメントや健康食品などで取り扱われるケースが増加しています。

フィッシュオイルの髪の毛への効果

昔、販売されていた育毛剤のテレビコマーシャルで紹介されていたように、
漢方では髪の毛のことは血の余りと表現しています。
これは、生きていくうえで必要な栄養素を使用した余りの部分で構成されている上に、
頭皮の毛細血管を通って毛根に届けられるということが関係しています。
このために、ダイエットなどによる栄養不良や運動不足などで血液循環が滞っている場合は、
髪の毛は覿面に影響を受けてしまい、薄毛・抜け毛が進行する原因となります。

フィッシュオイルは、血液中の中性脂肪を減少させる作用があるので、
結果的に血液循環が活性化します。
これが、心筋梗塞や脳梗塞などの血管病の予防と改善に有効と考えられている理由ですが、
このようなフィッシュオイルの作用は薄毛・抜け毛にも効果的です。

なぜなら、前項でも触れた通り、血液循環が活性化することにより、
毛根にも栄養素が滞りなく送り届けられるようになるので、
毛母細胞が分裂する頻度も正常なペースになり、
新しい髪の毛が次々と作られるようになるからです。
アンチエイジングの権威とされている著名な学者が、
薄毛を改善するためにはイワシの缶詰を週に4回食べることを著書で推奨していますが、
これはフィッシュオイルを摂取することを目的としています。

女性の薄毛にも効果的なフィッシュオイル

薄毛は、かっては中年以降の男性特有の症状と考えられていたのですが、
現在では女性も無関係ではないということが判明しています。
それどころか、大手かつらメーカーの売り上げの過半数は
レディース向けのサービスが占めているという状況となっており、
薄毛に悩んでいる女性が急激に増加しています。
これは、ホルモンバランスの乱れやダイエットによる栄養不良、
ストレスなどの様々な原因が考えられています。

フィッシュオイルは、これらの原因の全てに対応する効果を期待できる栄養素で、
女性の薄毛の予防と改善に非常に有効です。
これは、自律神経のバランスを安定させるという作用によるもので、
ホルモンバランスの乱れやストレスによる不調全般に効果を発揮します。
このために、フィッシュオイルの内のDHAやEPAは、
女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の低下に伴う更年期障害の治療にも使用されています。

また、前述したようにフィッシュオイルは血液循環を活性化する作用もあるので、
中年以降の女性の多くが悩んでいる冷えの解消にも有効です。
このために、血行不良が原因で進行する
脱毛症に対しても改善効果を期待できるということになります。

このように、フィッシュオイルは髪の毛に対して様々な角度からアプローチするので、
色々な原因の薄毛に対して効果を発揮します。
しかも、天然由来の原料から抽出しているということで、
副作用の危険がないということも重要なポイントです。
つまり、薄毛・抜け毛を改善するのと引き換えに、
健康に被害を及ぼすようなリスクはないということです。

ただし、フィッシュオイルは医薬品ではないので、
摂取した直後にふさふさになるということはありませんから、
栄養補給により徐々に良化するという内容で、
最低でも数か月程度は継続して利用しなくてはなりません。

girl

フィッシュオイルの「オメガ3脂肪酸」は頭皮環境を整える効果あり

フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸であるDHAとEPAは、
頭皮環境を正常にする作用があることは解説しました。
薄毛・抜け毛に悩んでいる方は、頭皮が乱れているケースが少なくありません。
頭皮は食生活の影響を受けやすい部位であり、
栄養バランスが崩れていると乾燥したりギトギトになったりします。
指で頭皮を触れたときに、少し皮脂がある程度が好ましく、
乾燥・脂性肌はいずれも頭皮にとってよくありません。
頭皮を元気にするためにも、
フィッシュオイルを飲んで頭皮の免疫力とバリア機能を高めていきましょう。
さらに血流をよくする作用もあるので、毛根から元気にして髪を成長させることができます。

頭皮を元気にしてくれる理由とは?

フィッシュオイルはコラーゲン生成を促進させることで、
頭皮に適度な潤いと皮脂を与えてくれるのです。
弾力性のある状態は育毛環境が整っており、逆に硬くなっている状態は抜け毛を増やしやすいです。
頭皮が硬いと血行も悪くなっているので、毛根が栄養不足になりやすいと言えます。
頭皮は肌の中でも皮脂分泌が多いので、肌荒れが起こりやすい部位でもあります。

そのため、肌荒れ・かゆみ・フケなどを予防するためにも、
オメガ3脂肪酸を含有するフィッシュオイルがおすすめで有効なのです。
品質のよい油を摂ることで頭皮が強くなり、活性酸素に対抗してくれるのです。
頭皮を元気にするためには、抗酸化力を高めていく必要があります。
免疫力を正常化させる役割もあるので、頭皮が弱っている方にも最適な成分と言えます。
頭皮環境を改善させると抜け毛が減少し、ヘアサイクルが正常になって髪が増えてくるでしょう。

髪が減ってしまう最大の要因は抜け毛が多いことであり、最初に抜け毛防止対策が必要となります。
フィッシュオイルは頭皮に適量の皮脂を与えるだけでなく、
過剰な脂肪・血中脂質を減少させる役割もあるのです。
適度な皮脂を維持することで、頭皮を強くして薄毛・抜け毛を解消してくれるのです。

内側からの育毛ケアとして活用しよう

フィッシュオイルは生活習慣病を予防してくれる油ですが、頭皮環境の改善にも最適なのです。
毛穴をキレイにして育毛効果を高めることが可能なので、
内側からできる育毛ケアとしておすすめします。
育毛剤を毎日使用しているのに、髪がまったく増えないという方は少なくありません。
シャンプーは高価なアミノ酸タイプを使用しているのに、何も変化しないという方もいます。
すでに頭皮ケアが完璧である場合は、
シャンプーやコンディショナー、育毛剤でケアしても改善しないのです。

外側からのケアで改善しない薄毛・抜け毛は、身体の内側に原因があると考えるべきでしょう。
内側から元気にしていくためには食生活を変えていく必要があり、
育毛対策としてベストな食事は和食全般です。
ただし塩分の摂りすぎの問題がありますから、減塩を心がけた和食にしてください。
魚をほとんど食べないという方は、フィッシュオイルのサプリでDHAとEPAを補給しましょう。
サプリは吸収性の高い状態でフィッシュオイルが含まれており、
食事から摂取するより毛根に届きやすいです。
オメガ3脂肪酸は偏食する方、朝食を食べない方などは
特に不足しやすいため、サプリを活用して摂りたいものです。

毛穴をキレイにして育毛効果を倍増

フィッシュオイルを毎日摂取している方は、頭皮の毛穴がキレイになっていきます。
脂肪を摂ると毛穴がつまりそうに感じるでしょうが、
魚の油は動物性脂肪とはまったく異なる性質を持っています。
過剰な血中脂質を燃焼させることで、頭皮環境を正常にしてくれるのです。
動物性脂肪は血中脂質を増やして、血液を汚しやすい成分だと考えてよいでしょう。

日本人は脂肪を分解しにくい体質であり、体内に体脂肪として蓄えやすいのです。
フィッシュオイルは不要な脂肪を燃焼・排出させてくれるので、
薄毛・抜け毛対策として最適な油と言えるでしょう。
脂肪は薄毛の原因になると思われていますが、
正確には薄毛の原因となりやすい脂肪だけ減らすべきなのです。

オメガ3脂肪酸のフィッシュオイルは積極的に摂るべき油であり、
食後にサプリで補給するようにしましょう。
サプリは複数回に分けて飲んだほうが吸収されやすいので、食事ごとに分けて飲むのがよいです。
食後は胃腸が活発になるため、飲食物が吸収されやすくなるわけです。
血流をサラサラにすることで食事の栄養素も
毛根に届きやすくなるので、より育毛を促進することができます。
中年世代は動脈硬化によって血流がドロドロになりやすいので、
特にフィッシュオイルを活用したい年代です。

このように、フィッシュオイルは頭皮を元気にして育毛を促してくれる良質の油です。
内側からできる育毛ケアとしてフィッシュオイルサプリを利用すれば、
血流をよくして毛穴をキレイにしつつ髪を元気にしてくれるでしょう。
動物性脂肪を摂りすぎていると毛穴がつまりやすいので、
フィッシュオイルで溶かしていきましょう。
動脈硬化を予防するためにも最適な油で、
血液をキレイにすることで薄毛・抜け毛を防いでくれるのです。
血流がドロドロになると薄毛が進行しやすいので、動脈硬化対策からしていく必要があります。
毛根に育毛成分を届けるためには、血液がキレイであることが何より大切なのです。

フィッシュオイルは毛包に潤いを与え健康な頭皮に導く

フィッシュオイルは毛包を保湿して広げることで、髪の毛が生えやすい状態にしてくれます。
頭皮が硬くなってくると血流が悪くなり、薄毛・抜け毛を促進することになります。
健康な髪が生えてこられるようにするには、血流・毛根を元気にしていく必要があります。

特にAGAは毛包が細くなりやすいため、
フィッシュオイルを摂取して頭皮マッサージをするなどの対策が効果的です。
フィッシュオイルには副作用がなく、血中内の脂質や
コレステロールを溶解してくれる作用もあります。
動物性脂肪の摂取が多いとオイリー肌を促進するため、DHAやEPAを積極的に摂りたいものです。

髪が生えやすい環境にするには

頭皮に適度の潤いがあると髪が生えやすいですが、ここでの潤いとは水分と油分の両方を指します。
乾燥肌を自覚している方はシャンプーやコンディショナーで調整していく必要があります。
水分の不足は乾燥肌を招いて、活性酸素除去パワーを低下させてしまうのです。
紫外線のダメージにも弱くなり、乾燥肌や炎症をさらに起こしやすい状態になります。

洗髪回数を増やしすぎると乾燥肌を招くことがありますが、
1日1回の洗髪ならまったく問題はありません。
2回以上の洗髪をしてしまうと、
乾燥肌を招くことがあるので洗髪回数が多い方は減らしてみましょう。
正常肌に近づけるには食生活の内容も重要であり、
DHAやEPAを多めに摂取することが大切となります。
青魚にはたくさんのフィッシュオイルが含まれていますが、
魚嫌いだと不足しがちですから、その場合はサプリで補給するなど工夫してください。
動物性脂肪の摂りすぎは薄毛・抜け毛のリスクを高めますが、
フィッシュオイルに関してはその心配はいりません。
むしろ血流を正常にすることで毛母細胞を元気にして、
毛包に潤いを与えるメリットも期待できます。
健康な髪のためにも、食生活を改善して身体の内側から育毛をしていきましょう。

肌を正常に変えてくれる作用がある

フィッシュオイルのサプリを摂るようになってから、肌状態が正常になったという声は多いです。
肌によい成分は頭皮の健康にも最適なので、
薄毛・抜け毛対策のためにもフィッシュオイルを活用しましょう。
免疫力を高めることで紫外線のダメージを軽減したり、雑菌繁殖を抑えたりすることができます。
抗炎症作用もあるので、炎症・かゆみ・フケなどが発生しやすい方にもおすすめです。

髪は毛包から生えてくるため、ここから元気にしていかないと育毛は難しいでしょう。
育毛には時間がかかり、少なくとも3ヶ月はケアをしてから結果を確かめる必要があります。
1ヶ月ごとに頭部の写真撮影をしておくと、ボリュームの変化を感じることができるでしょう。

6ヶ月程度はほとんど効果を実感できない方もいますが、これは仕方のないことなのです。
育毛とは体質から変えていく行為ですから、
育毛剤や発毛剤による発毛に関しても6ヶ月以上の使用が推奨されています。
短期間で結果を求めるのではなく、コツコツと気長にケアするのが髪を増やす秘訣と言えるでしょう。
フィッシュオイルは血中脂質やコレステロール値を最適化してくれるので、
オイリー肌に悩んでいる方にもおすすめです。

血行を促進するメリットは大きい

フィッシュオイルは動脈硬化の予防に最適だと言われますが、
この理由は血流サラサラ作用によるところです。
脳梗塞、心筋梗塞の予防にも役立ちますが、
頭皮の健康維持、薄毛・抜け毛の解消にも最適と言えます。
毛包に届く栄養を増やすことで、髪のコシを強くすることができます。
髪が細くて短い状態で抜けるようになったら、毛包がダメージを受けていると考えてよいでしょう。
毛包に栄養を与えて太くしていくためには、フィッシュオイルが最適なのです。
副作用のない栄養素なので毎日摂れますし、カロチノイドとの相性も抜群です。

野菜に含まれる色素であるカロチノイドは油との相性がよいため、
フィッシュオイルと一緒に摂取することで抗酸化力を高めることができますし、
毛母細胞を健康にすることで発毛力を高め、抜け毛を減らしつつ髪を太くすることができます。
そして、髪が太くなると本数は今までと変わりなくとも、全体的なボリュームは増えてきます。
縮れた細い抜け毛が目立つようになったら、
毛母細胞に十分な栄養が行き届いていない可能性があるでしょう。
そのためにもフィッシュオイルのサプリを摂取して、
動脈硬化や脂質異常症などを予防していきましょう。
血液をキレイにすることが毛包に潤いを与えて、髪を元気にすることにつながります。

薄毛・抜け毛に悩んでいる方は、髪が生えにくい頭皮になっている可能性があります。
毛包を健康にするにはフィッシュオイルが最適であり、
毛包に潤いを与えて乾燥を防いでくれるのです。
乾燥は薄毛の大敵であり、紫外線のダメージを増やすことにもつながります。
髪を元気にするためには毛母細胞から変えていく必要があるので、
フィッシュオイルのサプリを活用して正常肌に変えていきましょう。
血行促進にもよい栄養素なので、血流障害による薄毛にも効果的です。
毛母細胞に栄養が届くようにして、細くなった髪を太く強くすることが可能なのです。

fish

フィッシュオイルは白髪にも有効な理由とは

最近、よく耳にするようになったフィッシュオイル、みなさんはご存知かもしれませんが、
海外の専門家がボディメイクに有効なサプリメントとして、こぞって勧めるサプリメントです。
サバやニシン、サケといった脂肪分を多く含む魚から、
その脂肪分を抽出して作られたサプリメント、フィッシュオイル。
何と、薄毛・抜け毛を改善するほかにも白髪にも有効であるということが分かってきました。
一体、なぜ魚の油成分が白髪や薄毛・抜け毛と言った、頭皮の改善に効果が期待できるのか?
フィッシュオイルに含まれる栄養素などを明らかにしながら説明していきます。

フィッシュオイルに含まれる栄養素

フィッシュオイルに含まれる栄養素のうちに必ず注目しなければならないのが、EPAとDHAです。
どちらも青魚に多く含まれることで有名で、DHAは学力向上にも適しているというのは、
今日では周知の事実になりつつあります。

EPAは、エイコサペンタエン酸と言い、DHAは、ドコサヘキサエン酸と言います。
両方似たような働きを持つのですが、互いにカバーしきれない部分があるのです。

例えばEPAは心臓やその他の内臓などの血液の循環器系を改善し、血液をサラサラにします。
また、一度血液内に取り込めば増殖するという性質を持っています。
これはDHAにはない性質です。
一方、DHAには脳や神経を構成するという性質があり、この性質はEPAにはありません。
フィッシュオイルはこの二つの栄養素が含まれているという点で優秀であるといえます。
なぜなら、EPAもDHAもどちらも、オメガ3脂肪酸といわれるもので、必須脂肪酸であり、
体外から出ないと取り込むことができないからです。
しかし、毎日毎日、青魚ばかり食べることもできません。
だからこそ、フィッシュオイルを服用することは身体の改善、
ボディメイクをするうえでとても効果を発揮するのです。

しかし頭皮の問題に有効なのは、なぜか?

しかし、上記の説明では、なぜフィッシュオイルが白髪や
薄毛・抜け毛に効果があるのかの説明になっていません。
そもそも、なぜ白髪や薄毛・抜け毛が起こるのでしょうか?

髪の毛というのは元々白く、それが黒く色づけされることによって黒髪になります。
しかし、栄養が足りなくなったり、睡眠が不足すると
その色付けを担う細胞が働きにくくなり、黒く染められなかった髪ができます。
これが白髪です。

また、薄毛は血液の循環が不良になり毛細血管からの栄養が受け取れなくなることで、
抜け毛が多くなり、結果として
毛髪の本数が少なくなってしまうことで、薄毛となってしまいます。

つまり、これらの症状を改善するには、血液の循環を復旧し、栄養を毛髪に届け、
毛髪自体をダメージからカバーできるようにする必要があります。
以上から、お分かりかもしれませんが、フィッシュオイルに含まれるEPAの性質である、
血液の循環器系の改善は、この症状を改善するのにとても適しています。
また、DHAには頭皮などの皮膚の細胞を柔らかくする作用があり、
頭皮の皮脂の過剰な分泌を抑える効果もあるので、
毛根が詰まってしまうことを防ぐのに有効であると考えられます。

フィッシュオイルの上記以外の効能

フィッシュオイルにはこれらの効能以外にも様々な効能があります。
一つはDHAなどが主に働くことで、集中力を高めたり、
発想力を向上させたりするということ。
また認知症にも効果があります。

そして、フィッシュオイルは幸福な感情を作るといわれる
セロトニンの分泌を促す作用があるため、精神障害を改善するにも役立ちます。

また、EPAには抗炎症作用があり、皮膚の炎症を減らし、コラーゲンなどの
肌を保護する物質の生産を促すので、皺の対策にも有効です。
さらには、DHA、EPAには悪玉コレステロールや
中性脂肪の増加を抑制する効果があるので、凝血を起こすリスクを下げ、
心臓発作を起こしにくくする効能もあります。

また、筋肉細胞の分解を抑え、筋たんぱく質の合成を促進させる効果もあり、
加えてインスリンの機能をサポートし、筋肉細胞のブドウ糖や
脂肪酸の吸収量を増加させる働きも持っているので、
若々しい身体を保つのにも効果があります。
多量摂取をすることはよくありませんが、このように、適度な摂取量を守って摂れば
多くの身体改善に効果があるのは火を見るよりも明らかです。
だからこそ、海外の専門家も口をそろえて勧めているのです。

いかがでしたでしょうか?

フィッシュオイルの様々な効果をもう一度まとめておきましょう。

①白髪、薄毛・抜け毛の改善。
②血液の循環を整える。
③脳の機能の改善。
④認知症の予防。
⑤精神障害の改善。
⑥肌の保護、および、皺の予防。
⑦心臓発作のリスクの減少。
⑧筋肉生成の促進。

こうしてまとめてみると多くの効能があることが分かります。
まだ使用したことがない方もこれを機に使ってみるのもいいでしょう。
日々の生活がよりよくなることは明白です。
ただし、度々申し上げますが、あまりの多量摂取だけは注意してください。
日々の生活を逆により悪くしてしまうことは明白ですから。