フィッシュオイル オメガ3の鬱や精神疾患への効果 効能 作用 まとめ10選

person




Contents

フィッシュオイルが精神疾患に効果的な理由とは?

フィッシュオイルは主に青魚から抽出が出来る油です。
サプリメントや健康食品に配合されてい機会が多いですが、健康にだけではなく脳や「精神疾患」にも効果的で、うつ病や統合失調症を軽減させる働きがあるメリットも強みです。

フィッシュオイルにはDHAとEPAがセットで必ず含まれていますが、前者の有効成分が精神的な病に効きます。
その理由としては、DHAは神経系に作用して、自律神経を調節する働きがありますが、その効果は精神の安定を促していきます。
精神疾患は必ず心の不安定を招きますが、フィッシュオイルを積極的に補給する事によって、症状を緩和できます。

精神疾患のリスクを弱めるフィッシュオイル

フィッシュオイルは精神疾患に効果的です。
その理由は「DHA(ドコサヘキサエン酸)」という有効成分が神経系や脳に働きかけて、セロトニンという安堵や愛、喜びや楽しみを誘発させる脳内の物質が放出される様に促すからです。

精神的な病である、うつ病や統合失調症にかかってしまうと、不快な感情が発生しやすくなり、セルフコントロール(自主規制)をかける事が難しくなります。
うつ病はドーパミンの分泌に問題が生じてしまい、やる気がなくなり、倦怠期が伴う病です。

統合失調症はアドレナリンやノルアドレナリンが大量に分泌されてしまい、アグレッシブ(攻撃的)になりがちになる場合がありますが、浮き沈みが激しく双極性が目立つ様になります。

両者共に自律神経の乱れは大きく関与していますが、神経の伝達に支障をきたします。
そのような問題を少しでも解決する為に、フィッシュオイルに含まれているDHAは役立ちます。
セロトニンが多く分泌される様になれば、ドーパミンの放出量が弱まっていきますから、統合失調症に効果的です。
うつ病の場合だと不安や悲しみが強くなりますが、セロトニンの放出量が多くなると、不快な症状が緩和されて回復へと向かう作用がポイントです。

フィッシュオイルと組み合わせが良い成分

フィッシュオイルは精神的な病や精神不安定、脳が著しく機能しにくくなっている状態を改善する為に機能しますが、「酸化しやすい」デメリットがあります。
仮にDHAを含む油を身体に取り入れた場合、そのままの状態で吸収される訳ではないのです。

身体に栄養が運搬されるまでに時間は必要としますから、吸収されるまでの過程で酸化する可能性が高い問題があります。
体質や体内環境(健康か不健康か)、個人差がある為、必然的に吸収率が大きく左右されるところは、無視できないポイントとなります。

メリットが目立つフィッシュオイルですが、非常に繊細な油ですから、リスクなく脳や神経系にまで、DHAを運搬させるには一工夫する必要性があります。
個人差の影響もなるべく克服していくべきですが、レチノール(ビタミンA)と酢酸トコフェロール(ビタミンE)は酸化を防止する力があります。
単独だけでフィッシュオイルを補給するよりも、それら二つの栄養素を合わせて補給すると劣化を抑制して、脳や神経系にまでDHAが運搬されるまでサポートする働きかけもします。
ですから、フィッシュオイルをデメリットを避けたいならば、効果的であるレチノールと酢酸トコフェロールを合わせて飲むべきです。

フィッシュオイルと合わせるべきビタミン

チアミン(B1)やリボフラビン(B2)といったビタミンB群全般をバランス良く補給していけば、更に精神疾患の症状を緩和させて、苦しみや不快な症状を解消していきます。
フィッシュオイルに含まれているDHAは、人間の身体にある神経系に良く作用する事は先に挙げましたが、ビタミンB群も脳や自律神経にメリットを与えます。

その理由としては、ビタミンB群も神経にメリットを与えるからです。
精神や神経に支障を来すと、どうしても気分が不安定になりがちです。

しかし、フィッシュオイルや特定の栄養素を多めに補給していけば、自律神経のバランスも整う様になり、脳内の均衡も上手く保てる状況も生み出して行けます。

チアミン(B1)は糖質の代謝を促しますが、神経伝達物質のサポートもしますから、フィッシュオイルと合わせて補給すべき栄養素です。
リボフラビン(B2)は脂質をエネルギーに変換する作用を持ちますが、脳内の均衡を保つ為に補助的に機能しますから、その栄養素もDHAと合わせて摂取しておく必要性のあるビタミンとなります。

他にもニコチン酸アミド(B3)、パントテン酸(B5)、ピリドキシン(B6)、ビオチン(B7)、葉酸、シアノコバラミン(B12)が存在しますが、全て相乗効果として発揮しますが、DHAと組み合わせが良い栄養素です。

フィッシュオイルはうつ病や統合失調症に良く作用します。
精神疾患にも種類がありますが、統合失調症やうつ病の不快な症状が、緩和される為に必要なセロトニンを放出できる様にサポートします。
精神を安定させながら健康面をサポートする魚の油です。
酸化しやすいですから、劣化を抑える栄養素、レチノール(ビタミンA)や酢酸トコフェロール(ビタミンE)を合わせ補給すれば、フィッシュオイルの弱点を無くす事ができます。
デメリットを抑制するそれら二つの栄養素に加えて、全てのビタミンB群(チアミンやリボフラビンといったビタミン)を補給すれば、更に精神を安定させます。

フィッシュオイルの「EPA」にはうつ病改善の効果が期待できる

現代の日本はストレス社会だといわれています。
その日々のストレスが原因となり、うつ病をはじめとする精神疾患になってしまう人も多く、さまざまな治療法や予防法を見ることができます。
その一つが、フィッシュオイルを摂取するという方法です。
魚の消費量が多い国はうつ病になる人が少ないというデータが発表されており、健康や美容だけではなく、人間の精神にまで大きくかかわっていることがわかってきています。
フィッシュオイルの摂取でうつ病をはじめとする精神k疾患の改善や予防に効果がある仕組みとは、いったいどんなものなのでしょうか?

うつ病になってしまう原因とは?

うつ病をはじめとする精神疾患は、やる気がない、憂鬱、焦燥感、不安感、不眠、食欲低下といったさまざまな心身への症状を引き起こしてしまいます。
心の風邪とも呼ばれており、10~15人に1人の割合で発症するといわれているほど身近な病気の一つです。

原因にはいくつかのものがありますが、遺伝的な要因のほかに、仕事や人間関係における精神的なストレス、疲労や睡眠不足、女性の場合には生理不順なども発症の原因になってしまうといわれています。
はっきりと解明されているわけではありませんが、うつ病は脳内の「幸せホルモン」とも呼ばれている神経伝達物質の一つである、セロトニンの分泌量が低下してしまっているといわれています。
治療のためには投薬治療や仕事を学校を休んで休養を取る、運動を行う、カウンセリングを受けるなどの方法がありますが、いずれの治療方法を行った場合でも、短期間で症状が改善するというわけではありません。
数か月から数年という長い期間をかけて治療を行って行かなければいけない病気だといわれているのです。
特に投薬治療は薬の量がだんだんと増えて行ってしまうとも言われており、使いたくないという人もいるのが現状です。
そんな時に、フィッシュオイルを利用するという方法があります。

フィッシュオイルと精神疾患の関係とは?

フィッシュオイルはその名前の通り、魚から抽出された油分です。
フィッシュオイルの代表的な成分にDHAやEPAがありますが、これらの成分は健康や美容に効果があるとして注目を集めている成分ですが、精神的な面にも効果があることがわかってきました。

DHAやEPAにはセロトニンの分泌量増加効果が期待できますので、フィッシュオイルを摂取して脳内のセロトニンの濃度が正常に戻ることになれば症状が軽減されていくのではないかといわれており、世界各国で研究がすすめられています。
実際の研究の結果として、DHAとEPAを摂取することでうつの症状が改善したというデータがあります。

また、EPAだけの摂取であっても、症状の改善があったというデータも発表されています。
医学的にも、フィッシュオイルに含まれているDHAやEPAに精神的な面にも効果があることが認められているということです。

別の機関の研究結果でも、うつの症状が重い人ほど血中のEPAの濃度が低く、症状が軽い人ほどEPAの血中濃度が高いという結果が発表されており、うつとDHA、EPAには深い関わりがあり、摂取していくことで症状の改善効果が期待できると言えるのです。

病院での治療を完全にやめるのはおすすめしない

フィッシュオイルにうつの症状改善効果があることはわかりましたが、うつの人が完全に病院での治療をやめてフィッシュオイルだけに頼ってしまうのは、おすすめしません。
特に今まで投薬治療を行ってきた人は、一気に薬を断ってしまうことで何らかの悪影響が出てしまうことが否定できないからです。

しかし近年では、従来の精神疾患の薬だけではなく、フィッシュオイルなどの症状の軽減効果があることがわかっている成分を補助的に利用して、治療を行っている病院も増えてきています。
自分の判断だけで薬を断ってしまうのではなく、そのような病院で治療を行って行く方が良いでしょう。
また、そのような病院がないという場合であっても、まずは医師にフィッシュオイルの摂取を行っても問題ないのかどうかを確認することが大切です。

うつだと診断されていないけれど、なんとなく調子が出ないなという場合には、まずはフィッシュオイルを利用してみるというのも一つの方法です。
脳内のセロトニンの分泌量を正常にしてくれたり、精神的な安定をもたらしてくれる、ストレスに強くなるなどの効果があることがわかっていますので、うつの症状が出る前に症状が軽減していく可能性が期待できます。

さまざまな健康効果が期待できるフィッシュオイルは、精神的な症状を改善してくれる効果があり、それがデータとして実証されていることがわかりました。
すでに病気だと診断されている場合には万が一の症状の悪化などを防止するため、自分だけで判断するのではなく医師の判断を仰ぐことが大切ですが、なんとなく調子が出ない、予防をしたいという場合には、手軽にサプリメントのフィッシュオイルを摂取してみてはどうでしょうか?
フィッシュオイルを継続して摂取していくことで、精神的な面以外での健康や美容への効果も同時に期待することができます。

精神安定にはフィッシュオイルに含まれる「DHA」が有効

健康に気遣う人に話題となっているフィッシュオイルは、一般的にはあまり聞き慣れないものですが、その健康効果の高さから徐々に注目されてきています。
フィッシュオイルは、EPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸が多く含まれており、身体にとって様々な効果をもたらしてくれます。
これらの成分が脳に良い事は知られていますが、それだけではなくダイエットや美肌に育毛などにも効果があるとされています。
また、今一番期待されているのが精神疾患に対する効果です。
回復しづらい精神の病に対して、フィッシュオイルの成分が良い影響をもたらす事に注目が集まっています。

フィッシュオイルに含まれるDHAの効能

フィッシュオイルは魚の油であり、健康効果の高いEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸を含んでいます。
元々はEPAやDHAは、脳に効果が高いとされて世間一般に知られていますが、脳だけでなく様々な効果がある事が分かってきました。

ダイエットや肌や髪にも効果的であり、血液の流れを良くする事から、動脈硬化などを気にする年配の人にもオススメ出来ますし、特に今注目されているのが精神疾患に対する効果です。
フィッシュオイルの成分であるDHAが、精神的な疾患や、うつ症状などを緩和する効果があるという研究結果により、その効果に期待が集まっています。

心の病は回復する事が難しく、その独特の病ゆえに病院に行く事をためらったり、抗うつ剤などの薬に抵抗感があったりと、治療も簡単ではありません。
また、そんなに症状は酷くはないけれど、いつも気分が落ち込みがちになる人も、このストレス社会には多いはずです。
そんな時に薬とは異なる栄養成分としてフィッシュオイルのDHAを摂取すると、そのうつ的な症状の緩和に力をかしてくれます。
重度な症状の場合は、医師の診断と治療が必要ですが、そこまで酷く無いならば、フィッシュオイルを試してみてはどうでしょうか。

精神疾患に対して期待出来る効果

フィッシュオイルの成分であるオメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸であり、人の体内で作り出す事が出来ない成分です。
その為、食事などから必要量を摂取する必要がある必須脂肪酸です。
身体にとっては重要な役目を果たす大事な脂肪酸でありながら、実際には多くの人が必要量に達していないという現実があります。
その為に、食事だけでは限界があることから、栄養補助としてサプリメントなどで補給する事が多いです。

特にDHAは脳だけでなく、精神疾患に効果的という事から、ストレスまみれの現代人にとっては、必要量は摂取したい成分と言えます。
実際にうつ病を患っている人はDHAの値が低い事が知られていますし、キレやすいと言われている若者は、魚をあまり食べないという事実もあります。

精神疾患は脳のセロトニンとの関連が強く、フィッシュオイルの成分によって、イライラ感や攻撃性、そしてうつ状態などの緩和に繋がります。
このように、脳に直接働きかける事から、アルツハイマーや認知症にも効果的であるのも理解出来ます。
特に精神疾患は脳によって支配されている部分が多く、その脳の神経細胞にダイレクトに作用する事からも、フィッシュオイルは注目されている訳です。

フィッシュオイルを上手に取り入れる方法

脳の興奮を鎮め、精神を安定させてくれるフィッシュオイルの摂取方法は、魚をしっかりと食べる事だと言えます。
食事から取り入れるという面からも、魚料理を多く出してみましょう。

特に、青魚と言われるアジやイワシにさんまやサバなどは不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、積極的に食べたい魚です。
一般的な魚なので調理をするのも難しくはないでしょう。

ただし、調理の際には少し注意が必要であり、煮たり焼いたりする事で魚の油が落ちてしまい、十分なフィッシュオイルを摂取出来ない事もあります。
なるべく生で食べるようにして、煮た場合は煮汁も一緒に食べるようにすれば安心です。
焼く場合などは、焼いた後の油分を有効活用し、ソースなどにして一緒に食べるのが理想的です。

つまり、調理によって落ちた油もしっかりと取り入れるという事が大切なのです。
また、手軽な缶詰の魚などは理想的であり、汁ごと一緒に食べると良いでしょう。
このように積極的にこれらの魚を食べる事で、不飽和脂肪酸が身体にも精神的にも良い影響をもたらしてくれるはずです。
ただ、食事だけでは摂取しきれない部分もあるので、サプリメントなどで足りない分を補給するのもオススメです。

不安感を感じたり、イライラして攻撃性が増したり、気分が落ち込んでうつ状態になったりと、人間であれば精神的に不安定になる事もあります。
そんな時、精神科に通う事にどうしても抵抗があるならば、食事やサプリメントでフィッシュオイルを摂取して様子を見てみましょう。
少しでも気分が回復したと感じたらきっと成分が身体に合っているという事です。
精神の安定の為に普段から美味しい魚料理を食べて、足りなければサプリメントで補給し、脳に栄養を与えてあげましょう。
ただし何も変化が無いならば、勇気を出して医師の診断と治療を受ける事をオススメします。
適切な治療は早期の回復に繋がるので、医師を信頼するのはとても大切です。

adult

フィッシュオイルの「オメガ3脂肪酸」が脳への効能促進剤と言われる理由

フィッシュオイルという言葉を耳にすることも多くなっているようですが、これは日本語でいえばそのまま魚の油という意味になります。
海外でこの呼称はよく使われているようですが、マグロやサバに含まれるDHAやEPAのことを指すというと日本では理解がしやすいと考えられます。

フィッシュオイルは日本より魚を食べない海外でも注目を集めているほどですので、健康や脳にいいと言われている証明にもなります。
そしてフィッシュオイルは非常に栄養が豊富であり、精神疾患の回復などにも期待できる脳の効能促進剤であることがわかります。

フィッシュオイルの脳への効果

フィッシュオイルは、DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸です。
オメガ3脂肪酸は、集中力の増加や記憶力の改善が期待できます。
脳に変化をもたらす働きがありますので、この点においても脳の効能促進剤といえるでしょう。
そのため、認知症のほかにも統合失調症や注意欠陥多動性障害、うつなどの精神疾患にも効果が大変期待できるのが特徴的です。

また、フィッシュオイルは免疫力も強化し、セロトニンの分泌も促します。
そのため幸せな気持ちになりやすく、落ち込みやうつなどの症状も緩和されていきます。
フィッシュオイルは精神疾患だけではなく、イライラしやすい人や集中力に欠ける人、毎日を忙しく過ごしていてバランスの良い栄養が摂れていないという人にもおすすめとなります。

また、記憶力をより高めたい人もサプリメントなどから日々摂取していくと効果が期待できます。
そしてサプリメントだけではなく、積極的に魚を食べるようにすることで、食事からも栄養が摂取できますので、脳の効能促進剤として大変役に立つでしょう。
もちろん魚以外にも、日々の食事から野菜や炭水化物、果物などバランスよく栄養を摂取していくことは大切となります。

フィッシュオイルのその他のお役立ち情報

フィッシュオイルは、現代人に必要なオメガ3脂肪酸ですので積極的に摂取していくことで脳だけではなく他にも様々な効果を期待することができます。
その代表的なものが、高血圧や心疾患の予防、中性脂肪の減少と言われています。
また、オメガ3脂肪酸の有効性としてアンチエイジングや骨の健康改善にも役に立つと言われています。
その他、妊婦さんもメリットの多いサポートをしてくれるのがフィッシュオイルですので、脳だけではなく心身ともに健康に不安のあるかたや健康維持に励みたい人、中性脂肪や血圧が気になるかたは積極的に摂取していくことをおすすめします。

フィッシュオイルはあらゆる方面で効能が期待されており、科学的な研究も拡大、進められている分野です。
そして、毎日の食事で魚を食べていても問題はほとんどありませんので、健康に不安のあるかたはなるべく毎日魚を食べるようにしていきましょう。
時々はお肉を食べることも必要ですが、オメガ3脂肪酸は体内で合成することができませんので、外から摂取していくことが必要となります。
毎日の健康で丈夫な体作りは、食事とフィッシュオイルだということを知識に入れておくといいでしょう。

サプリメントの選び方

フィッシュオイルは、青魚から積極的に摂取していくことが一番のおすすめとなりますが、どうしても無理だと思う場合はサプリメントから摂取していくことが望ましいといえます。
サプリメントの選び方としてはDHAやEPAの量とバランスです。
DHAやEPAの一日の目安量は500mg程度と考えましょう。

青魚をあまり食べないという人はサプリメントの摂取量を記載通りに飲むことをおすすめしますが、青魚をよく食べる人は若干調節してみることも大切です。
食事でもサプリメントでも過剰摂取はよくありませんので、そこは注意していきましょう。
また、魚介類のアレルギーを持っているかたも気をつけなくてはなりませんので、サプリメントを摂取したいときはかかりつけの医師と相談してみることをおすすめします。
また、サプリメントはDHAやEPAの量も大切となりますが、経済的にも無理のない範囲で購入することをおすすめします。
食事やサプリメントは未来の健康づくりと考えたほうがいいでしょう。
継続することで体が少しずつ作られたり改善されたりしていくものですので、続けることが大切となります。
そのため、続けやすい価格のもので購入していきましょう。

フィッシュオイルは脳や健康にとてもよく、海外でも注目を集めています。
そして今後も研究が続けられていく分野だと考えられます。
摂取し続けて悪いことは一つもなく、いいことばかりですので、未来の脳や健康のためになるべく積極的に青魚を食べたりサプリメントを飲んだりしていきましょう。
そして、継続していくことで、やがて実を結ぶと考えられます。
フィッシュオイルのオメガ3脂肪酸は、特に脳の健康への期待が大きく、研究結果もデータとして出ていますので、これが脳の効能促進剤といえる所以となります。
今からでも摂取していくことをおすすめします。

うつ予防に有効なフィッシュオイルの成分について

フィッシュオイルに含まれるオメガ3系脂肪酸には、うつ病などの精神疾患に有効な成分として注目されています。
日本の食生活はどんどん欧米化して、心の病を抱える人が急増しています。
社会人から子供まで幅広い年齢層に広がっているうつ病は、魚の消費が関わっているというデーターがあります。
とくに青魚は含まれるオメガ3系脂肪酸のDHA、EPA、α-リノレン酸が、脳内の働きをサポートします。
人の脳の半分以上が脂質であり、日常の食生活から脂質の性質が決まるといわれています。
そのためオメガ3系脂肪酸と心の病には深い関係があります。

DHAのうつ病予防効果

フィッシュオイルのオメガ3系脂肪酸の成分であるDHAは、うつ病に対する有効性を示すデーターが数多く発表されています。
うつ病などの精神疾患は心の病ですが、生理学的には脳の機能障害といえる病です。

思考、感情、ホルモンを司っている脳の働きに、障害がおこって発症してしまいます。
脳内にある「海馬」には高密度でDHAが存在し、脳内の情報ネットワークを担っている神経伝達物質を活性化するサポートをしています。
神経伝達物質にはドーパミン、アセチルコリン、セロトニンなどの脳内ホルモンをさしています。
精神障害の多くはこの神経伝達物質の分泌や働きに問題がおこり、とくに、うつ病はセロトニンの不足により発症することがわかっています。

DHAはセロトニンを増やして円滑に働かせ、活性化することでうつ病を改善していきます。
セロトニンは心療内科でも処方される抗うつ剤になりますが、天然のフィッシュオイルは副作用がなく安心してとり入れることができます。
またDHAをとることで攻撃性がなくなり、精神面が穏やかに安定するという報告もあります。

現代はストレス社会といわれ、ストレスをため込んでいる若者が増えています。
DHAをとることで、精神障害に発展する予防に効果があります。
脳の細胞膜を形成する不可欠な成分で健康的なフィッシュオイルをとることが、うつ病以外にもたくさんのメリットを得られます。

EPAのうつ病予防効果

オメガ3系脂肪酸のEPAは、うつ病の症状が重い患者ほど低い値で、うつ病治療にEPAの有効性が研究されています。
うつ病とEPAの関係は、1998年に魚を多く消費する国ほどうつ病の発症率が低いというデーターからになります。
赤血球膜のアラギドン酸とEPAの比率が注目されました。
うつ病の重い患者はアラギドン酸、軽い患者ではEPAの比率が高くなっています。
セロトニンを脳内で増やすDHAと血流を改善して赤血球膜を柔らかくするEPAの相乗効果が、うつ病の改善と予防に高い有効性が認められています。

また、EPAの特徴的な働きには善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きで腸内環境を整えるサポートをします。
うつ病の発症に関係する脳内ホルモンのセロトニンのほとんどが腸内で生産されるため、腸内環境を整えるEPAの働きが重要になります。
腸で生産されたセロトニンを血流を上げて脳に安定的に届けるため、フィッシュオイルのEPAは大切な働きを担っています。
EPAを継続的にとり入れることでセロトニンの分泌量を高めて、働きをサポートし精神障害を改善していきます。
DHAと同様EPAも精神面に働きかけ、苛立ちを抑えて神経過敏な状態を落ち着かせアルツハイマーの改善にも効果的です。

フィッシュオイルのオメガ3系脂肪酸

フィッシュオイルのオメガ3系脂肪酸にはDHA、EPAのほかα-リノレン酸、DPAといった成分があります。
α-リノレン酸は体内でDHA、EPAに変わり、DPAとともに大切な成分です。

フィッシュオイルのオメガ3系脂肪酸は、1999年アメリカで双極性障害の症状の改善に有効であるという研究発表がありました。
それから10年以上経過した現在うつ病をはじめとする精神疾患、心の健康にフィッシュオイルの重要性が研究され続けています。
うつ病やストレスを抱えている時にはフィッシュオイルのオメガ3系脂肪酸を補充することが、強力で副作用のない安全な予防方法になります

脳の60%が脂肪で大脳皮質はオメガ3系脂肪酸のDHAだけで15~20%も占めているため、オメガ3系脂肪酸からできているといっても過言ではありません。
毎日の食生活にフィッシュオイルをとり入れることが、脳の機能、心の働きに重要になります。
オメガ3系脂肪酸には精神疾患の進行を遅らせるという素晴らしい働きであって、この作用は抗精神薬にはありません。
天然成分が精神疾患の予防、症状の抑制として、抗精神薬の代替え治療としての期待が高まっています。

このようにオメガ3系脂肪酸は脳の細胞膜を組み立てるブロックのような存在で、神様の食材ともいわれています。
昔の日本の食事に必ずあった魚が激変し、牛や豚といった動物性脂肪に変わってきています。
脳が補充する脂肪酸が変わってきたことで、現代病であるうつ病が増えてきました。
そこでフィッシュオイルをサプリメントとしてでも毎日摂取することが、心の健康に関わってきます。 
またオメガ3系脂肪酸には抗酸化作用と抗炎症作用が、身体の健康も守る大切な成分です。
さらに、うつ病を本格的に予防、改善するためには、運動、日光浴など生活習慣の見直しも大切になります。

womens

フィッシュオイルでADHDが改善できる作用があるらしい

フィッシュオイルは、その含まれる成分によって、多くの疾患に対して良い効果が得られる油として知られています。
その名の通り魚の油であり、含まれている成分は身体に不可欠な不飽和脂肪酸です。
フィッシュオイルの脂肪酸は、不足する事で様々な身体の不調を引き起こしたり、病気にかかりやすくなるなど、身体に対しての影響が大きい成分です。
そのため、継続して積極的に摂取する必要があるのです。
特に、精神疾患などにはフィッシュオイルの効果が高いとされ、最近注目されるようになったADHDに対しても、効果的なアプローチが出来ると期待されています。

フィッシュオイルの成分の効能

フィッシュオイルは魚に含まれている油の事であり、その成分は不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸というものです。
これは、ドコサヘキサエン酸といわれるDHAや、エイコサペンタエン酸というEPA成分で、多くの健康上の問題の回復に役立つ存在なのです。
普段の食卓に登場する魚の中でも、青魚と呼ばれるイワシやサバやアジなどに多く含まれている事から、魚を普段から摂取する習慣のある日本人にとっては、DHAやEPAは特別、珍しい成分ではありません。
ただ、それらは単独で体内で成分を作り出す事が出来ない事から、必要量を意識して摂取する必要があるのです。

オメガ3脂肪酸の健康効果は高く、心臓疾患や、関節疾患、自己免疫疾患などに良い成分であると言われています。
また、認知症やアルツハイマーなどの脳疾患や、精神疾患などにも有効的であり、特に最近注目されるようになってきた、子供の発症率が高いADHDに対しては、特に改善効果があるとみられています。
フィッシュオイルのオメガ3脂肪酸成分は、主に脳細胞に働きかける事を得意としている事から、脳の障害などによって起こりうる精神疾患や障害の症状の緩和が期待出来るという訳です。

ADHDの改善が期待出来るオメガ3脂肪酸

最近、特に注目されるようになったADHDとは、子供に多くみられる障害であり、人の話を聞かなかったりなどの注意欠如や、じっとしている事が出来ずに、動き回ったりする多動性障害という発達障害の一つです。
この障害は脳に関係していると言われており、脳機能が正常に働く事が出来ない為に起こる障害です。

脳の大部分を占める大脳にある前頭葉は、理性や思考、そして運動に関連し、指令を出す器官です。
この前頭葉の働きによって人は理性的に物事を考え行動し、順序立てながら、自分勝手な振る舞いをしないよう制御されています。
いわゆる、空気を読み、社会生活を円滑にしている、という事に置き換えると分かりやすいかもしれません。
そして脳には、身体中の神経や細胞などにも指示を出す、神経の主軸となる中枢神経があります。
これらの神経や脳の働きが十分出ないために、正常な考えや行動が出来ないのがADHDの特徴なのです。

この障害の明確な原因は断定されていませんが、脳機能に問題がある事は分かっており、脳の働きに重要な役目を果たすオメガ3脂肪酸が影響していると言われています。
特に、母親のお腹の中にいる時から3歳くらいまでに脳細胞が発達する上で、脳に必要な脂肪酸が不足すると、その後のADHDに繋がる可能性がある事が分かっています。

身体の不調や精神疾患にも効果的な成分

フィッシュオイルのオメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸であり、身体の様々な疾患や症状の緩和に効果的です。
血液の濃度を正常にし、動脈硬化やそれに伴う心疾患などを予防したり、悪玉コレステロールを減少させたり、抗炎症作用によってアトピーや肌荒れなどにも良いとされています。

そして、その中でも精神疾患などにも効果があるところが特徴的かもしれません。
精神的な疾患は、脳の働きと大きく関わりがあるので、脳機能を円滑にするフィッシュオイルの成分が効果があるのも頷けます。
常に精神が安定しないと感じる人などは、積極的に青魚を食べるようにすると、良い変化があるかもしれません。
落ち着きのないADHDの子供にも、魚料理を多めにしてオメガ3脂肪酸を摂取させると改善の傾向が出てくる可能性があります。

料理だけで摂取するのに限界を感じたら、栄養補助食品などでカバーするのも良い方法です。
子供だけでなく、家族皆で良質な油であるフィッシュオイルを取り入れる事で、心が安定し、穏やかな日々を得られるでしょう。
ただし、医師の診察や投薬を行っている場合は、その薬の成分とフィッシュオイルとの兼ね合いもあるので、きちんと医師に相談をして判断するようにして下さい。

人は生まれる前から脳細胞は発達し、成長するにつれて多くの神経や細胞も成長していきます。
脳機能に必要なオメガ3脂肪酸を不足させない為には、意識して摂取する事で正常な脳機能を得られます。

最近の子供は肉ばかり食べる事が多く、魚を食べないと言われていますが、そんな今こそ魚の油の重要性を認識し、毎日の食事でしっかりと摂取する事が大切です。
子供に多いADHDは、大人になっても回復せずに、うまく社会生活を営む事が出来ない事もあるので、医師の的確な診断と対処が重要です。
そして、その上で、普段の食事にオメガ3脂肪酸を上手に取り入れる事が良い方法です。

フィッシュオイルの抗うつ作用でうつ病予防

精神疾患の原因の多くは未だに解明されていませんが、昔は心や気持ちの問題が大半を占めていると考えられていました。
しかし、ストレスや悩みなどの心の問題は症状が表に出るきっかけに過ぎず、うつを引き起こすのは脳細胞や神経伝達物質が深く関わっていることが分かってきました。
そのため、抗うつ作用を持つ成分を摂取することは、精神疾患の予防対策にも効果的と言われています。
フィッシュオイルには、脳に良い働きをもたらす成分が含まれています。
その名の通り魚に含まれているオイルですが、フィッシュオイルにはどういった種類の成分が含まれていて、うつの症状に対してどのような効果があるのでしょうか。

抗うつ作用が期待できるオメガ3脂肪酸

フィッシュオイルに含まれているオメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸に分類されていて、体内で良い働きをするコレステロールを増やす働きがあります。
代表的な成分にはDHAやEPAがあり、これらはフィッシュオイルの中に含まれている成分です。

DHAやEPAは細胞膜にも含まれている成分で、炎症を鎮めたり血流を促進したりする効果が期待できます。
特にDHAは限られた成分だけが侵入を許されている、血液脳関門を通過できる脂肪酸なので、脳の働きを高めるうえで必要な成分です。
DHAには損傷した神経を修復して回復を促す神経成長因子が含まれているため、やる気の向上などの抗うつ作用が期待できます。

ダイエットや健康管理に気を配っていると、どうしてもカロリーを控えようとするため、脂肪分の少ない料理を選んでしまいます。
確かに、脂肪分の摂り過ぎは体に悪影響を及ぼすため、こってりした料理を好んで食べていると、コレステロール値が上がってしまい、予期せぬ病気を招いてしまうことがあります。
しかし、脂肪酸は体にとって必要不可欠な栄養素になり、生命活動を行うためのエネルギー源になります。
しかも、脂肪酸の種類は一つではないので、摂取する種類を選ぶことで体の状態を整えたり、精神疾患の予防に役立てたりすることができます。

うつ状態と神経伝達物質の関係

うつ状態になると、気力の低下や不安感などが強くなり、気持ちが沈み込んでしまいます。
気持ちが焦ってイライラすることもあり、怒りっぽくなるようなこともあれば、何事にも興味が無くなり無関心になってしまうこともあります。
入眠までに時間がかかる、夜中に何度も目が覚める、食欲がなくなる、食べ過ぎてしまう、などもうつの症状になります。

端から見ていると本人の気持ちの問題に見えるかもしれませんが、これらの症状に影響を与えているのは、神経伝達物質の働きです。
うつ病では主にセロトニンとノルアドレナリン、ドーパミンの3種類の神経伝達物質が関わっていて、バランスが取れている時は良いのですが、何かのきっかけでバランスが崩れてセロトニンが不足してしまうと、うつ症状が表に出てきます。

フィッシュオイルに含まれているDHAには、神経伝達物質の放出や受け取りをしているシナプスを柔軟にする働きがあります。
シナプスが柔らかくなることで、神経伝達物質がスムーズに伝わるようになり、それそれの物質のバランスが取りやすくなってきます。
抗うつ作用を持つ薬にはセロトニンの量を増やす効果がありますが、日頃からフィッシュオイルなどでDHAを摂取しておくことも、うつ病予防のサポートになります。

不足しやすい成分はフィッシュオイルで

抗うつ作用が期待できるDHAは、いわしやさば、まぐろなどの魚に多く含まれています。
そのため、毎日焼き魚や刺身を食べていれば成分を補えるのですが、1日に必要な量を食品から定期的に摂取することはとても大変です。
うつ病の予防に使うとなると、症状が出そうな時に摂取するよりも、毎日摂取した方が成分の効果を十分に引き出せます。

また、魚の脂はニオイが凝縮しているため、魚が苦手な人にとっては脂こそ避けたい存在です。
フィッシュオイルはそのまま飲むことはなく、ソフトカプセルで中身を閉じ込めているので、魚のニオイが気になりません。
抗うつ作用のために薬を飲むのは気が引けるという方も、フィッシュオイルなら気軽に飲めるので、気分の浮き沈みが激しくなってきたり、気力の低下を感じた時に飲み続けられます。

フィッシュオイルを毎日飲むとなると、食品で摂取する脂肪酸もあるので、脂肪の摂り過ぎが気になるかもしれません。
しかし、フィッシュオイルに含まれているオメガ3脂肪酸は、肉やバターなどの乳製品に含まれている飽和脂肪酸のように悪玉コレステロール値を上げることはないので、うつ病対策のために使いやすくなっています。

神経細胞に働きかけるDHAが含まれているフィッシュオイルは、肉料理や乳製品に含まれているオイルと違って、血液の流れを悪くする働きはありません。
うつ病は気の持ちようだけでは解決できないため、予防をするには脳に必要な成分を摂取することも、有効な手段になります。
うつの症状には神経伝達物質が関係しているので、まずは気持ちを安定させる働きを持つセロトニンを増やし、その他の神経伝達物質とのバランスを保つことが大切です。
フィッシュオイルに含まれているDHAは、神経細胞にアプローチして伝達をスムーズにする働きが期待できるので、うつ病の予防に役立てられる成分です。

フィッシュオイルの「オメガ3脂肪酸」で気分障害を改善する

魚をよく食べる習慣がある国では、うつ病の発症率が低いという報告があります。逆に消費量が少ない国はうつ病の発症率が高いと言われています。
フィッシュオイルにはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれていて、これらは特に血液の粘度を下げて血液をサラサラにするということで健康に良いことが知られています。
それだけではなく、最近ではこれらオメガ3脂肪酸に気分障害などの精神疾患を改善させる効果が期待されています。
では、フィッシュオイルがどのように気分障害に対して効くのか見ていきましょう。

脳の70%を構成しているのは脂肪

前項でも少し触れましたが、脳は70%が脂肪で構成されています。
フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸のDHAだけで大脳皮質の15〜20%を占めているとも言われています。
中枢神経系の細胞のニューロンにも含まれています。

つまり、脳の半分以上がオメガ3脂肪酸でできているわけです。
オメガ3脂肪酸には抗酸化作用と抗炎症作用があり、これが気分障害などの精神疾患に良い影響を与えるとされています。

実際、オーストラリアの研究では精神疾患の発症リスクが高い人たちにオメガ3脂肪酸のサプリメントを摂取させることで、7年間程度症状の進行を遅らせることに成功したという結果があります。
不安やうつ病はその人が持っている考え方の癖や生活環境なども関係していますが、脳の異常と考えるとフィッシュオイルの栄養素によって気分を改善できる可能性があります。
もし、脳の機能が低下して起きている気分障害であれば、フィッシュオイルの摂取によって機能が向上して、症状が落ち着く可能性は考えられるでしょう。
肉に多く含まれているオメガ6脂肪酸の摂りすぎは慢性的な炎症を引き起こす可能性がありますが、フィッシュオイルはこの炎症を鎮める効果が期待できます。

DHAがもたらす効果

フィッシュオイルに含まれているDHAは、精神を安定させる作用があることが知られています。
ストレスに弱い人は、精神が不安定で落ち着かないためにストレスをより強く受けやすくなっています。
DHAは脳内の神経伝達物質をスムーズに受け渡しさせる潤滑油のような働きがあります。

これにより気持ちを落ち着けてくれるセロトニンの分泌や活動がスムーズになり、ストレスが軽減されるのではないかと考えられています。
セロトニンは幸せホルモンという別名もあり、セロトニンが不足するとうつ病の発症リスクが高くなると言われています。
うつ病になる前段階で過剰なストレスを軽減するためにフィッシュオイルでDHAを摂取しておけば、うつ病予防に効果を発揮する可能性があります。
また、DHAがセロトニンの合成を促進することで脳機能が正常化されて情報処理が活発になり、うつ病の改善にも結びつくことが期待されています。

これに関連して、記憶力や判断力が高くなるということも言われています。
認知症の予防や子供の脳の発育のためにはDHAを積極的に摂らせた方がいいと言われています。
脳が本来の働きをしてくれるためにDHAは欠かせない存在なのです。

ポイントはセロトニンの分泌

うつ病の人はセロトニンの分泌が少なくなっています。セロトニンは感情のコントロールに不可欠な物質です。
これが不足すると気持ちが落ち込んでそのまま立ち直れなくなってしまいます。
誰でも嫌なことがあれば一時的に気分は落ち込みますが、普通はそれは長く続きません。
時間が経つにつれて忘れていくものです。

しかし、うつ病になるとセロトニンの分泌が減っているので気持ちが落ち込んで時間が経ってもショックを受けた時のネガティブモードから立ち直れなくなってしまい、どんどん気持ちが沈んでいきます。
うつ病の改善や予防には、幸福感を感じさせるセロトニンの分泌量を高めることがポイントです。
それに役立つのがフィッシュオイルで、脳内伝達物質の受け渡しをスムーズにしてくれるDHAの摂取量を増やしてくれます。

もちろん、フィッシュオイルだけ摂っていればうつ病が治るわけではありませんが、改善の一助になってくれるでしょう。
ストレスがない環境で暮らせればそれが一番ですが、現代人の生活ではそれは難しいです。
そのストレス社会の中でうつ病などの精神疾患にならないようにするためにも、ストレスを軽減してくれるフィッシュオイルは役に立ちます。

気分障害による精神疾患に有効なのがフィッシュオイルのDHAです。
脳内伝達物質であるセロトニンの分泌と活動をスムーズにしてくれるので、幸福感が高まってストレスに強くなります。
うつ病を脳機能が低下している状態です。
脳の70%が脂肪で構成されているので、質の良い脂肪であるフィッシュオイルを摂取することで機能改善に役立ちます。
フィッシュオイルは魚を食べれば摂取できますが、不足しがちな栄養素なので不足分はフィッシュオイルサプリメントで補うといいでしょう。
手軽に補給できるので、脳にいいことを毎日続けることができます。

beautiful

月経前症状のイライラにもフィッシュオイルが有効

毎月起こる月経に関連して起こる身体の変化。
それらの不快症状を緩和するのに苦労している人は多いものです。

これは女性ならではの悩みであり、その症状は人によって違う事からも、理解されづらいという事実もあります。
そんな対処に苦労する月経前症状を、少しでも軽減するのに役立つ栄養成分のフィッシュオイルの存在を知っていますか?
フィッシュオイルというのは魚から抽出された油分ですが、この成分が身体にとって効果的であると言われており、女性ならではの辛い症状を緩和するのに効果的とも言われています。
薬ではない食品という位置からも、手軽に使える事から、フィッシュオイルは多くの人に利用されています。

月経前症状は多くの女性の悩み

健康な身体を持つ女性であれば、誰にでも起こる月経。
これは女性としての自然のサイクルによって起こる自然なものです。
妊娠や出産などに大きく関係し、毎月、使われる事の無かった子宮内膜が剥がれ落ちる事で、月経となって起こされる生理的出血です。
これはとても大事な機能であり、思春期から成熟し、高齢期の直前まで続くものですが、この月経が起こる度に辛い思いをしている女性が少なくないのです。

特に排卵期から月経が起こるまでの間に起こりやすい月経前症状は、日常生活を脅かすほどの症状を起こさせます。
最近ではPMSとも言われ、その症状の多さから医師に相談して治療する人が増えています。
これは、月経を起こさせる為の女性ホルモンの変動によって身体に様々な症状があらわれるもので、腹痛や腰痛に頭痛、吐き気やめまいに胸の張りや痛みなど、人によって色々です。
その中でも多くの女性が悩んでいるのが、この月経前症状によるイライラ感です。
精神的に安定感を欠き怒りやすくなり、常にイライラして自分ではどうしようもないほど、感情のコントロールがきかなくなります。
普段は穏やかであっても、この月経前の期間になると人が変わったようになるという場合があります。

フィッシュオイルは様々な不定愁訴に効果的

辛い身体の症状に加えて精神的に不安定になってしまう事で、勉強や仕事に支障をきたし、人間関係などにもトラブルになりやすくなる事からも、症状を少しでも緩和する必要がある訳です。
病院で診断を受け、治療や薬などで対処する事も大切ですが、そんなに重症ではなく普段の生活で改善したいと思う人には、フィッシュオイルを提案します。
これは魚から抽出された油であり、その成分は身体にとって重要な役割を果たす、オメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸です。
一時期、頭が良くなると話題になり、その名が一般的に広まったDHAやEPAという成分を多く含む事からも、子供から記憶障害や認知機能を心配する高齢者まで、利用している人は多いです。
しかもこのフィッシュオイルの成分は身体にとって多くの健康効果をもたらす中で、女性の悩みのPMSに対しても有効である事が分かってきました。
身体の不快症状だけでなく、精神的な症状などには特に効果があるとされ、イライラ感が収まらず悩んでいる人には摂取してもらいたい成分です。
魚の油がどうして精神的な症状に効果があるのかと言うと、それはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸の働きが脳の神経と関係してくるのです。

脳に作用する事からイライラ感を軽減

フィッシュオイルのオメガ3脂肪酸は身体の中で単独で作り出す事が難しい必須脂肪酸でありながら、日常の生活において不足しがちな成分です。
免疫力を高めたり、血液をサラサラにしたり、コレステロールを正常にしたりなどの効果だけでなく、脳の神経に作用する事から、精神疾患などにも効果があるとされています。
月経前症状によって引き起こされる精神的な不安定さやイライラ感などには、このオメガ3脂肪酸の成分が脳に作用する事で、沈静化させてくれるのです。
鬱々として症状や不安感なども、フィッシュオイルのオメガ3脂肪酸によって、脳の神経が正常に働く事で、改善すると言われています。
普段の食事から、青魚などをしっかりと摂る習慣をつけておけば、月経前症状で起こる不快な症状や荒れた心を軽減出来るでしょう。

それでも毎日、魚は食べられないという事ならば、食事の補助として健康食品やサプリなどで摂取するのもオススメです。
不足しがちなオメガ3脂肪酸をどのような形であれ、きちんと取り入れる事が重要であり、辛いPMSの症状から楽になるために、少しの努力をしてみませんか?
日々の努力はきっと辛い症状の緩和に繋がるはずです。

精神疾患を持つ人の脳にはフィッシュオイルの成分であるオメガ3脂肪酸が不足している事が多いとも言われており、実際に必要量を満たす事で精神的な症状の改善が見込まれます。
このように脳の神経細胞にとって大事な働きをするオメガ3脂肪酸は、身体だけでなく精神疾患にも効果的であり、女性の月経に関連する不定愁訴を軽減し、イライラした気持ちを落ち着かせるとても大切な成分です。
不快な症状がひどい状態ならば、医師の診察を受ける事をオススメしますが、そこまで酷くはないが、何とか改善したいと思うのならば、食事で魚を多めに摂りながら、フィッシュオイルを試してみるのも良いでしょう。

精神疾患にもフィッシュオイルが効果的に作用する

フィッシュオイルは、いわしなどの青魚に多く含まれる「オメガ3脂肪酸」と呼ばれる脂肪分で、これにはDHAとEPAの2種類があり、健康と美容に関して多くの効果を持つと言われています。
そして、そんなフィッシュオイルは、うつ病などの精神疾患の予防や改善にも役立つ可能性があると考えられています。
ストレスの多い現代社会では、うつ病をはじめとする精神疾患になる人が多いので、そんな場合には病院での治療だけでなく、フィッシュオイルも、効果を上げる可能性があるものとして、利用を考えてみるようにすることをお勧めします。

フィッシュオイルの精神疾患への作用について

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があり、前者はバターや牛脂などの動物性のものに含まれ、後者はまぐろやいわしなどの青魚やオリーブ油、ゴマ油などの植物油に多く入っています。
そして、飽和脂肪酸は摂り過ぎると高脂血症や動脈硬化などを引き起こす可能性があるのに対して、不飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロール値を減らして生活習慣病にも役立つと言われています。

オメガ3脂肪酸であるフィッシュオイルも、不飽和脂肪酸として、健康に役立ついろいろな作用を持っています。
フィッシュオイルの成分としてはDHAとEPAがありますが、DHAの場合には脳や神経系に作用することが多く、記憶力を向上させたり認知症予防に効果的と考えられています。
一方のEPAには血流を改善して血栓を防いだり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすなどの働きがあります。

さらに、この2つは血行を良くして体全体の健康を改善することから、美容面でも美肌作りにおいて効果的な栄養分であると言えます。
フィッシュオイルは青魚から摂取することができますが、最近では魚の消費量が減っていることもあり、効率的にこれを摂るためにサプリメントを利用する人が増えています。

フィッシュオイルと精神疾患との関係

フィッシュオイルは体の健康に役立つものですが、心の健康にも良い影響を及ぼすと考えられています。
うつ病の場合、魚の消費量が低い国の方がうつ病の発症率が高いというデータがある他、うつ病の患者にDHAとEPAを投与することで、症状が改善されたという例もあります。
DHAとEPAには心身のバランスを整える働きがあり、特にDHAには酸化ストレスに対して脳を保護する作用があり、EPAの方は抗うつ効果があると言われています。

また、これらを摂ることで三大神経伝達物質と言われるセロトニンやドーパミンの効果が増大しますが、セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、精神的な安定をもたらすものであり、ドーパミンはやる気や集中力を高めるものなので、これらを増やすということは精神面での不調を予防することになります。

さらに、フィッシュオイルには、更年期障害の症状を緩和する働きがあることが分かっていますが、更年期障害の場合はうつやイライラ感などの精神的な症状も出やすいので、これを抑えるということは精神的な健康を維持するということにもなるでしょう。
また、フィッシュオイルには、血流改善や免疫力促進、生活習慣病の予防など体の健康に良い効果が多いので、これによって体の健康が守られることで精神面でもプラスになり、精神疾患が予防、改善されることが考えられます。

フィッシュオイルの摂取法について

フィッシュオイルは心身の健康に役立つ貴重なものですが、DHAとEPAには、熱に弱く酸化しやすいという特徴があるので、これらを効果的に摂るためには、食材としては新鮮な魚を生で食べるようにすると良いでしょう。
ただ、毎日必要な量を刺身で摂るということは難しいので、その場合は、これらを効率的に摂取できるサプリメントを利用することをお勧めします。

サプリメントの利点としては、飲みやすいということと、DHAとEPAの相乗効果を活かして、より効果的な形でこれらの栄養素を摂ることができるということがあります。
ただ、サプリメントの場合には、いろいろな種類のものがあるので、その素材や製造過程の安全性をしっかりとチェックし、自分が継続的に飲みやすいものを選ぶようにすると同時に、飲み過ぎてしまうと副作用が出る可能性があるので、使用量をきちんと守るようにすることが大切です。

また、いくらフィッシュオイルを適切な量で摂っても、生活リズムが乱れていたり食生活が偏っていたのでは十分な効果が上がりにくくなるはずなので、それを摂ると同時に、生活習慣の改善も心がけるようにすることが心身の健康につながると言うことができるでしょう。

オメガ3脂肪酸という不飽和脂肪酸であるフィッシュオイルは、体の健康や美容に良いだけでなく、心の健康を維持するようなホルモンの効果を高めるなどの働きを持ち、精神疾患の予防や改善にも役立つと考えられます。
このようなフィッシュオイルから十分に栄養分を摂るためには、食品としては刺身の形が望ましいと言えますが、必要量を効率的に摂るにはサプリメントを利用すると良いでしょう。
ただ、その場合には使用量をしっかりと守って過剰摂取にならないように気をつけることと、生活習慣の改善も心がけるようにすることが大切と言えます。