プラセンタが毛髪力で薄毛の男性に人気!男性支持が高い3つの理由

薄毛男性へ告ぐ!シーププラセンタ、男性支持が高い3つの理由




力強い毛髪にシーププラセンタが支持される理由とは?

男性の薄毛のシーププラセンタが支持されている理由は、3つあります。

要点をあげると、男性ホルモンの抑制、血行改善、栄養補給、です。

1つ目の男性ホルモンの抑制は、
正しく言うとDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制のことです。

男性に多い薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるもので、
これはDHTの影響でヘアサイクル(毛周期)の成長期が短くなり、
髪を作る元になる毛乳頭を収縮させてしまうことが原因で起こります。

逆に考えれば、このDHTをいかに少なくするかが
AGAの改善や予防に大きく関与しているということです。

シーププラセンタには「ホルモン調整機能」があるので、
DHTの前段階の物質であるテストステロンの分泌を抑えて
AGAを改善させる効果が期待出来ます。

2つ目の血行改善も、プラセンタに期待出来る作用です。

新陳代謝をアップさせて血流を改善することで、
頭皮に栄養を届きやすくさせます。

これはプラセンタの成分である「成長因子」の働きであり、
毛母細胞の働きを活発にして発毛を促し、
成長期を長くさせてヘアサイクルを改善していきます。

3つ目の栄養補給は、頭皮環境や健康的な髪を生やす上では欠かせないことです。

プラセンタには美容や健康に良いとされている栄養素がたくさん詰まっています。

発毛に欠かせないのは良質なタンパク質で、
プラセンタにはタンパク質、アミノ酸といった髪の毛の元になる
栄養素が含まれているので、発毛効果が期待出来ます。

ただし、タンパク質から髪の毛に変換するためには亜鉛が必要なので、
その点には注意しましょう。

医療機関ではプラセンタ(ヒト由来のもの)を使った注射や
内服薬の処方によってAGA治療に役立てていますが、

医療機関に行かずに自分でどうにかしたいというのならば、
シーププラセンタを使うと良いでしょう。

なぜなら、プラセンタには馬や豚の胎盤から抽出したものもありますが、
羊由来のシーププラセンタはそれよりも
10〜20倍高い効果が期待出来るとされているからです。

AGA治療ならば治療薬の方が早いと思うかもしれませんが、
医薬品は副作用の心配があるのがネックです。

特にAGA治療に使われる薬は、ホルモンバランスを変えてしまい、
ED(勃起障害)などの原因や肝臓を疲弊させてしまう
危険性もあると指摘されています。

シーププラセンタは即効性は期待できないかもしれませんが、
継続して摂取することで根本的な問題を改善させていく効果が期待出来るので、
長い目で見るとこちらの方が良い可能性もあります。

薄毛の男性に朗報!シーププラセンタで抜け毛が減る理由

プラセンタと言えば豚や馬由来のモノをイメージするでしょうが、
実は上述したように羊由来のプラセンタも存在し人気があります。

日本ではあまり流通していませんが、
欧米では日本の豚・馬プラセンタのように日常的に使用されています。

人間の身体に浸透されやすい性質がありますが、
日本の健康食品では認可されているのは豚と馬のみです。

ただ、ネット通販を活用すれば
主にシーププラセンタを取り寄せることができます。

プラセンタの栄養価は動物の種類によって大きく変わりませんが、
浸透性が高いという点においてはシーププラセンタが優れていると言えるでしょう。

胎盤を意味するプラセンタは栄養素の宝庫であり、
特に細胞を活性化させる成分が多いので美肌食品としてもよく活用されています。

薄毛の前兆として抜け毛の増加がありますが、
これも毛母細胞の活力低下が原因の一つとなっています。

細胞分裂がスムーズに行われなくなると、肌の状態も安定しなくなるのです。

毛母細胞でこれが生じると髪が細くて短い、
全体的にハリがなく縮れている、などのトラブルが発生します。

毛母細胞を元気にするためにはホルモンバランスを整える必要があり、
そのために役立つのがシーププラセンタです。

傷ついた細胞を修復・再生する作用もあるので、
美容効果としてアンチエイジング成分としても活用されています。

薄毛は頭皮の老化によって生じるため、
血行を促進して毛母細胞に多くの栄養を与えていく必要があります。

男性は30代から髪の悩みを抱えるケースが多いため、
なるべく30歳からはケアを始めたいものです。

頭皮改善には時間がかかるので、少しでも若いうちから対策したほうがいいのです。

プラセンタで新陳代謝を活性化させて育毛を

新陳代謝が停滞していると髪が元気に育つことができないため、
シーププラセンタを摂取して代謝を促進させていきましょう。

またシーププラセンタは抗酸化・抗炎症力にも優れているので、
頭皮を乾燥・紫外線などの刺激からブロックして育毛を促進してくれます。

肌によい成分は総じて頭皮や髪にもよいので、
美肌によい食品は育毛にも使えると考えて間違いありません。

シーププラセンタは頭皮を元気にして抜け毛を予防し、薄毛の進行を食い止めてくれます。

髪はある日、突然なくなることは少なく、
AGA・脂漏性脱毛症・びまん性脱毛症などを問わずに少しずつ髪が減っていくものです。

一番の薄毛対策は薄くなったことにいち早く気づくことであり、
自覚をすることで初めて対策をしようと思えるのです。

ほぼすべての男性は髪の変化には気づいていますが、
まだ大丈夫と自分に言い聞かせてケアを始めません。

年齢的にまだ薄くなるはずがないなど、
根拠のない自信により対策を遅らせてしまうこともあります。

確かに20代で髪が薄くなり始めるとショックでしょうが、現実は受け止めなくてはなりません。
放置しておくほうが焦りやストレス、コンプレックスなどを生み、心因的にもよくないのです。

髪はストレスの影響を強く受けますから、ストレスを溜めないためにも適切な対策をしましょう。
行うべき対策を実践しているなら、それ以上は心配する必要はありません。

心配をしても髪が生えてくるわけではなく、むしろストレスによって減らしてしまいます。
気持ちを前向きに保って、コツコツとケアしていくことが大切なのです。
長期計画を立てるとやる気が継続しにくいので、毎日のケアを習慣化させることが大切です。

シーププラセンタでホルモンバランスを整え内側から対策を

育毛で大切なのは正しい頭皮ケアですが、
身体の内側からのケアも同じくらい重要となります。

そもそも髪というのは皮膚の一部ですから、
皮膚の材料となる栄養素は十分に摂らないといけません。

栄養不足はそのまま髪質に反映されるので、
シーププラセンタを活用して髪の原料を補給しましょう。

ホルモンバランスを正常化させるメリットもあり、
男性ホルモンの過剰分泌を抑えることで抜け毛を予防します。

また肌や細胞のターンオーバーも正常化するので頭皮バランスが整って、
抜け毛の本数を減らすことができるのです。

以前よりも髪が大量に抜けると感じたら、
洗髪方法からも見直していく必要があります。

間違った方法で髪を洗っていると毛穴に皮脂が詰まってしまい、
それが抜け毛増加の原因となるからです。

皮脂は毛穴を塞いでしまうので、育毛剤の浸透力も低下してしまいます。

アミノ酸系のシャンプーを使用して頭皮にダメージを与えずにスッキリ洗浄し、
それで解消しない場合はシーププラセンタの利用を考えてみましょう。

外側から薄毛対策をして結果が出ないならば、内側に問題がある可能性が高いです。

シーププラセンタは血流改善にもよいので、
全身の血流を促進して毛母細胞への栄養供給をよくすることもできます。

血流が悪くなっていると栄養素がうまく毛根に届かないので、ヘアサイクルにも影響してきます。
髪が何となく弱々しくなってきたと感じたら、身体の内側から対策していく必要があるでしょう。

プラセンタは主にサプリとして流通していますので
飲みやすく毎日の生活に取り入れるのも簡単にできますので、
女性に人気のプラセンタというイメージがありますが
男性も「あれ?」と感じたら手遅れにならないように取り入れて若さを保つことをおすすめします。