うつ病の改善にプラセンタは有効?副作用はある?徹底解説
2018年8月26日
プラセンタが更年期の動悸・息切れ・イライラに効果的なワケとは
2018年8月27日

更年期へのシーププラセンタの秘密

30代後半から40代ぐらいの年齢になると、卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少してきます。

 

そして、ホットフラッシュやのぼせ、頭痛や肩こり、生理不順などの体の不調が見られるようになります。

専門クリニックでホルモン補充療法などの治療を受けている人が多いですが、人によっては副作用が見られたり、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気に罹るリスクも高まります。

 

プラセンタは動物の胎盤の成分ですが、シーププラセンタは海外製の商品で羊由来の胎盤が原料になっているため、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。

更年期障害は自律神経や内分泌系の乱れなども原因で起こりますが、プラセンタには自律神経や内分泌系の働きを整える効果があるため、毎日飲むことで体の調子を整える働きがあります。

 

シーププラセンタは海外製の商品ですが、信頼できる会社の商品であれば安全性に優れており、高品質な素材を使用しているのに、お値段がリーズナブルなのが特徴です。

更年期障害の辛い症状で悩んでいる人が多いですが、医薬品を服用したり、ホルモン補充療法を受けるのは抵抗を感じている人には、シーププラセンタがお勧めです。

 

シーププラセンタはインターネット通販を利用して、24時間いつでも注文ができるので、家事や仕事、育児で忙しい人には利便性が高いです。

卵巣機能が低下すると様々な更年期障害の症状が見られますが、仕事や家事に支障をきたしている人はプラセンタのサプリメントがお勧めです。

シーププラセンタは安全性の高い羊由来の成分なので、副作用の心配はほとんどなく、安心して購入できます。

シーププラセンタは、安心して使えます

更年期障害の症状は多少は個人差がありますが、精神的な落ち込みやいらだちを感じたり、生理不順などの体の不調を感じている人が多いです。

女性であれば誰でも経験をするので、特に治療をせずに我慢をしている人も多いですが、家事や仕事などが億劫だと感じている人は、シーププラセンタを試してみると良いでしょう。

 

シーププラセンタは安全性の高い羊由来のエキスが含まれており、毎日の食事だけでは補うのが難しい栄養素を気軽に摂取できるのが特徴です。

プラセンタはホルモンではありませんが、女性ホルモンを作り出している細胞に働き掛けるので、女性ホルモンの分泌を活性化する働きがあります。

医療や美容医療の分野でも大変注目されている成分なので、注射や点滴などの治療を行っている医療機関も増えています。

 

医学的にも優れた美容、健康効果が認められているので、シーププラセンタをしばらく続けてみると良いでしょう。

家庭を持っておられる40代から、50代ぐらいの女性なら、お子様が大学に進学をしたり、就職や結婚を経験する人も多いので、精神的や経済的にも負担が掛かる年齢です。

また独身でキャリアを築いて来た方なら、職場での責任や部下の管理と、ますますストレスがたまる立場におられるのではないでしょうか。

 

仕事や介護、家事で忙しい人は毎日栄養バランスの良い食事を作るのが難しい人が増えているので、自宅にシーププラセンタを常備しておくと便利です。

嫌な味や臭いなどもなく、飲みやすい形状になっているの安心して購入して下さい。

実際にプラセンタをご使用になったお客さまの感想を見てみませんか?

お客様の声を見てみる

 

更年期障害の症状と要因をまとめてみよう

更年期障害の症状改善に効果があるとされるプラセンタ。

ここではまず、更年期障害の症状と要因を簡単にまとめてみましょう。

 

<更年期障害の症状は多様である>

更年期障害は45~55歳の閉経前後に起こる症状になります。

代表的な症状は以下の通りです。

・精神神経系症状(頭痛、めまい、もの忘れ、憂鬱、イライラ、不安、不眠、集中力の低下、耳鳴りなど)
・血管運動神経系症状(ほてり、ホットフラッシュ、のぼせ、発汗、動悸・息切れ)
・皮膚
・分泌系症状(皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、ドライマウス、ドライアイ)
・消化器官系症状(食欲不振、吐き気、下痢、便秘、服部膨満感)
・運動器官系症状(肩こり、腰痛、膝痛、関節痛、背筋痛)
・泌尿器
・生殖器系症状(月経異常、残尿感、頻尿、尿失禁、性器下垂感、外陰掻痒症など)

 

特にこの中でも日本女性に多く見られる症状と言われているのが、

・肩こり
・疲れやすさ
・頭痛
・腰痛
・発汗です。

 

<更年期障害の症状が起きる要因とは?>

更年期の女性は年齢を重ねるごとに卵巣機能が低下します。

卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのエストロゲン分泌が急激に減少するため、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

つまり更年期障害が起こる大きな要因の1つが「女性ホルモンのエストロゲン分泌量の減少」です。

 

さらに更年期障害の症状発現は、エストロゲン分泌の減少や加齢などの身体的ストレスの他にもあります。

その人の性格などから由来する心理的因子や、家庭環境(仕事や友人、家族との関係性)などに起因する社会的因子も重なって関与するのです。

 

つまりホルモンバランスの崩れだけで起こるわけではなく、それにプラスαして、心理的要因、社会的要因も加わっています。

更年期障害はストレス性の疾患といっても過言ではありません。

プラセンタと更年期の関係性

女性ホルモンのバランスが崩れ、ストレスや家庭環境などによって発症する更年期障害ですが、美容成分として注目されているプラセンタはこの更年期障害の症状を緩和してくれると評判になっています。

ここではプラセンタと更年期の関係性をまとめてみましょう。

 

プラセンタは哺乳動物の胎盤のことであり、胎盤から抽出されたエキスをプラセンタエキスと呼んでいます。

このプラセンタエキスにはアミノ酸、タンパク質、ミネラル、ビタミンなど豊富な栄養分が含有しています。

さらに胎児を成長させるために必要な「成長因子」も何種類も含まれていることから、細胞を活性化させ、体を若返らせることができると評判です。

 

この働きから美肌効果、アンチエイジング効果が優れていると言われるようになり、プラセンタ=美容成分というイメージが定着しました。

しかしプラセンタで期待できるのは美容効果だけではありません。

先ほどからお話ししている通り、プラセンタは更年期障害の症状改善にも効果を発揮してくれるのです。

 

プラセンタの更年期障害の症状改善に有効な効果は以下の通りです。

・抗老化作用
・肩こりや腰痛改善
・疲労回復

 

それぞれ簡単に説明していきましょう。

 

<抗老化作用>

プラセンタには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

この活性酸素は過剰に生成されると臓器を酸化させて老化が進行してしまいます。

活性酸素を除去することで、体内の臓器が健康的に活動してくれます。

 

またプラセンタの持つ抗老化作用によって、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの血中濃度を高めることもできます。

エストロゲンは更年期障害が起こる最大の理由となるホルモンですので、そのエストロゲン分泌量が増加すれば、自然と更年期障害の症状は緩和されるでしょう。

 

<肩こりや腰痛改善>

更年期障害で起こる症状の中には、肩こりや腰痛、関節痛などの慢性痛も含まれています。

プラセンタには細胞を活性化させる作用、血流を良くする血行促進作用、炎症を抑える抗炎症作用があります。

これらの作用によって、筋肉や関節の痛みを軽減でき、腰痛や肩こりの症状が楽になるでしょう。

 

<疲労回復>

更年期の女性は、日々疲れやすく感じます。

プラセンタは細胞活性や血流促進、新陳代謝の活性化などの作用があるので、疲れの原因物質である乳酸を体内に溜め込まないようにしてくれます。

乳酸などの疲れ成分が体内に蓄積していると、いつもだるさを感じたり、直ぐに疲れを感じたりしますが、プラセンタの効果によって疲労回復効果を実感できるでしょう。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)