胎盤の力!抗うつ剤よりも、おすすめされるプラセンタとは?

精神疾患に悩んだら!抗うつ剤よりもオススメされるシーププラセンタとは?




プラセンタが抗うつ剤に代わる!?人気の理由とは?

豚や馬由来のプラセンタ(哺乳動物の胎盤)よりも高い効果が期待出来る
と言われているのが、羊由来のシーププラセンタです。

生活習慣病の予防や美容への効果がよく話題になりますが、
精神疾患にも効果が期待出来ると言われています。

精神疾患には抗うつ剤が処方されることが多いです。

しかし、
抗うつ剤には薬物依存、薬に耐性ができてしまう
(必要量が増えていく)、

副作用(太る、吐き気、やる気喪失)などのデメリットがあるのが欠点です。

しかも、薬で無理やり症状を抑えているだけなので、
一時しのぎにしかならないことも多いです。

つまり、薬をやめてしまえば、
また症状が再発してしまうリスクが高いということです。

それに対して、プラセンタの精神疾患改善への効果が注目されています。

まだ代替治療としてしか認識されていませんが、
薬に比べると依存症、耐性、副作用の3つの不安がなく使える
というメリットがあります。

もちろん、抗うつ剤に比べると効果が現れるまでに時間がかかる、
薬のようにしっかりとした効き目が実感できない、
などのデメリットはありますが、
代替治療を探している人にはおすすめされています。

効果として期待されているのは、

自律神経の働きを整える、

ホルモンバランスを整える、

成長因子のパワーで神経伝達を正常化させる、

の3つです。

自律神経失調症が起こると、精神的な症状だけではなく、
頭痛、耳鳴り、不眠、動機、息切れなどの
症状が起こるリスクが高くなりますが、
プラセンタには交感神経と副交感神経のバランスを整えて
自律神経の働きをコントロールする作用が期待出来るので、
肉体的な苦痛を改善させられると考えられています。

ホルモンバランスを整える効果は、
特に女性の産後うつやパニック障害の改善効果が期待出来ます。

脳の視床下部からの命令は自律神経にも及びますが、
先ほども言ったようにプラセンタには
自律神経の働きを整える作用が期待出来るため、
ホルモン分泌に関与している内分泌系の機能の調整効果も
期待出来るということです。

最後は、成長因子のパワーについてです。

神経伝達物質(ドーパミン・セロトニン・ノルアドレナリンなど)が
うまく伝わらなくなると、うつ病の原因になります。

プラセンタにはNGF(神経細胞増殖因子)が含まれており、
これは神経伝達物質の機能を回復させる効果が期待出来ます。

精神疾患に対しては抗うつ剤の治療が一般的になっていますが、
薬は飲みたくないという人は、
まずシーププラセンタを使ってみると回復効果が期待出来るかもしれません。

girl

ストレスの多い現代社会で「シーププラセンタ」が効果的だった

現代は非常にストレスを感じやすい社会であるということは
多くの人が感じているのではないでしょうか?

それは老若男女問わず、人と関わり続けていく限り逃れられないものです。

仕事をしている人であれば、取引先の人との付き合いだけでなく
会社内の人間関係にも気を配らなければいけません。

主婦や学生であればその集団の中で上手くやっていくために、
上手く人間関係を築いていかなければなりません。

会社内や学校内で良い評価を得て、良い成績を残すために誰もが努力をしますが、
それが時には心を非常に疲れさせます。

また最近ではSNSが普及したことによって、人間関係がより簡単に結べるようになりました。
そのため人間関係は以前に比べてより広く複雑なものになり、
そのことによって私たちが受けるストレスの量も非常に多くなりました。

そして、もしそのような生活に疲れ、何かに悩んだとしても、
なかなか他の誰かに相談出来ず自分の中にため込んでしまうという人が多いです。

そして、それは自分でも気が付かないうちに、どんどん自分の精神をむしばんでいき、
最終的に精神疾患という形で表れてしまいます。

そうなる前の予防方法として、スポーツなどの趣味を作って気分転換をしたり、
誰かと思い切り話をして発散させることなどがよく知られています。

しかし、忙しい現代人にとって、趣味や友人と会うための時間を作ることはなかなか難しく、
そして、特に趣味もなく近くに親しい友人もいないという人も多いです。

そういった忙しい現代人にとって非常に効果があるとされている成分に
シーププラセンタというものがあります。

シーププラセンタとは?

では、このシーププラセンタとはいったいどのような成分なのでしょうか?
何度も記事で解説していますが、
初めて耳にしたという人も多いかも知れません。

まず、プラセンタというのは哺乳動物の胎盤のことです。

このプラセンタには、たんぱく質やビタミン、アミノ酸が含まれており、
美容成分として化粧水や保湿パックなどにも利用されています。

このプラセンタには主に豚や馬などからとったものがありますが、
シーププラセンタというのは羊からとったものになります。

このシーププラセンタは豚や馬からとったものに比べて非常に高い効果があるといわれています。

また豚からとったものは、まれにアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあるのですが、
シーププラセンタでは、その危険はぐっと低くなります。

これは羊からとったものは人間の体になじみやすい成分であるからだと考えられます。

低リスクで高い効果が期待されるため、このシーププラセンタは非常に注目されている成分です。

そして、このシーププラセンタには身体の調子を整えてくれたり
疲労回復の効果がみられるほか、精神疾患の予防や改善にも高い効果があるとされています。

人はストレスを受けた時には体内で活性酸素が増えてしまったり、
自律神経の乱れやホルモンバランスが崩れることによって
うつなどの精神疾患にかかる確率が高まってしまったりします。

自律神経が乱れると精神疾患だけではなく、頭痛や耳鳴りといった症状が起こることもあります。

しかし、このシーププラセンタを摂取し続けることによって
交感神経と副交感神経のバランスを整えて自律神経の乱れをおさえ、
活性酸素を取り除いてくれるため、結果的に精神疾患にも効果が期待できます。

抗うつ剤とシーププラセンタの違い

精神疾患になってしまった際、
多くの人はその治療法として病院で支給される抗うつ剤を想像するのではないでしょうか?

薬を飲んで早い効果が見られたり、症状がすっかり改善されることも、
もちろんありますが、この抗うつ剤にはデメリットもあります。

まず使い続けていくうちに薬に対する耐性ができてしまい、
症状が改善されなければ段々と薬の量が増えていってしまったり、
薬を飲み続けることで依存性が高まってしまうことがあります。

もう治っているのに薬を飲まないと不安になってしまうという危険もあります。

また薬の副作用で吐き気がしたり太ってしまったり体調に変化をきたすこともあります。

そして、薬を飲んでいる間は症状が良くなったように感じても、
やめた途端にまた症状が悪化してしまうというケースもあります。

抗うつ剤のこのようなデメリットが怖いと感じている人や
病院に行く勇気がなかなか出ないという人は、
一度、シーププラセンタを試してみるのも良いかもしれません。

このシーププラセンタは主にサプリメントによって摂取することになります。

時間のない忙しい現代人にとってサプリメントは手軽で非常に便利なものです。

抗うつ剤のように手に入れるためにわざわざ病院を受診する必要もなく、
品質の良いニュージーランド産のものも、
手軽にインターネット通販などを利用して購入することも可能です。

日々絶え間なく押し寄せるストレスと向き合っていくためには継続して摂取することが大切ですが、
サプリメントであればその点も簡単にクリアできます。

ストレス社会の中で悩んでいるという人は、
一度、シーププラセンタについて、さらに、みてみてはいかがでしょうか?