うつ病と新型うつ病の違い、プラセンタのもたらす効果とは?

うつ病と新型うつ病の違い、シーププラセンタのもたらす効果とは?




うつ病と新型うつ病の違いとは?

うつ病の患者数は近年、増加傾向を辿る一方で、
生涯においておよそ16人に1人が経験するといわれています。

精神疾患により、言葉では表現することが出来ないくらいの
つらく落ち込んだ気分や喪失感が2週間以上続き、
何事に対してもやる気が起きず、仕事や日常生活に支障をきたしたりします。

そのような状態こそが「うつ病」なのです。

それは改善や治療が必要な病気なのです。

精神疾患だけでなく、からだの症状にまで支障をきたすことがわかっています。

からだの症状としては、
睡眠障害・疲労感・倦怠感・食欲不振・動悸・息苦しさなど、
実にさまざまな症状があるといわれています。

そして現代社会において、新しいタイプのうつ病が蔓延しつつあります。

今までのものは中高年の働き盛りの年代に多く見受けられるとされてきましたが、

新しいタイプは若い世代の特に若い女性に多く見られるのが特徴です。

それが主に「新型うつ病」と呼ばれています。

職場での人間関係やオーバーワーク、親子関係やいじめなどが原因とされています。

新型うつ病の特徴を挙げると、突然の抑うつ気分に襲われ激しく落ち込む、
他人の些細な言葉に非常に傷つく、感情のコントロールが出来ない、
パニック発作を伴うことがあるなど、
こちらもさまざまな精神疾患の症状があらわれることがあります。

いずれにしても、このような精神疾患はなかなか周囲の人の理解を得ることが出来ず、
精神的苦悩は改善されるどころか、ますます悪化するという悪循環に陥る場合が多いのです。

医師による治療が必要な場合もありますが、
まず生活習慣を改善して、少しでも症状が軽くなれば気分的にもとても楽になるはずです。

話題のシーププラセンタとは?

最近の研究によって、うつ病は脳の病気であることがわかってきました。

さまざまな要因で脳の中の神経伝達物質である
セロトニンやノルアドレナリンの機能が低下し、
色々な症状があらわれるのです。

また、不規則な生活やストレスによる自律神経の乱れによっても
不眠や動悸、頭痛などの症状があらわれます。

そんななか今注目されているのが、何度も取り上げているシーププラセンタです。

そもそもプラセンタとは、日本語で「胎盤」を意味します。

赤ちゃんを育てる胎盤には豊富な栄養素と成長因子が含まれています。

そして、その効能には、アンチエイジング効果や疲労回復効果があるとされています。

シーププラセンタとはその名の通り、羊の胎盤を原料としたプラセンタです。

羊は人間との親和性が高く、安全性が高いプラセンタとして注目されています。

羊は免疫力が高いため、成長途中のワクチンや薬の投与があまりないので
高純度のプラセンタを採取することが出来ます。

また安全なニュージーランドの羊は、
管理されたストレスのない環境で飼育されるため、良質な胎盤が採取出来るのです。

プラセンタには、アミノ酸やタンパク質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など、
いろいろな栄養素が豊富に含まれています。

さらに、高い抗酸化作用で免疫力をアップする活性ペプチド、
自然治癒力を高める成長因子なども含まれています。

そして、それらの有効成分の効能により、
自律神経調節作用・精神安定作用・疲労回復作用・体質改善作用などが、
うつの症状や自律神経失調症を改善するといわれています

そして、人間とアミノ酸の組成が類似しているシーププラセンタなら、
からだに馴染みやすく浸透しやすいというメリットがあるのです。

シーププラセンタがもたらす効果

シーププラセンタはどんな人におすすめなのでしょうか?

プラセンタは美容目的だけでなく、医療目的にも使われています。

肌の調子がイマイチと感じている人や
精神的に不安定な人にも効き目があるといわれています。

アミノ酸の組成が人間と似ているシーププラセンタなら、さらにその作用が期待できます。

シーププラセンタはシミ・そばかす・アトピー性皮膚炎だけでなく、
更年期障害・生理痛・生理不順など多くの女性が抱える悩みや、
自律神経失調症やうつ状態などの精神疾患にも効き目があるといわれています。

まず、シーププラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれており、肌の調子を整えてくれます。

ビタミン類以外にも胎盤から抽出するタンパク質である成長因子が
肌のキメを細かくし、

ニキビ跡が早く治るなどの効き目が期待できます。

からだの中から細胞レベルで働きかけるプラセンタは、
なかなか治らないアトピー性皮膚炎の治療の分野においても注目されています。

さらに、そのような美容に対する効能だけでなく、内面からの美しさにも働きかけてくれます。

成長因子には自律神経やホルモンのバランスを整え、
気分を落ち着かせてくれる作用があるからです。

これだけマルチに作用するシーププラセンタが、
日本であまりメジャーでないのには理由があります。

薬事法の基準が厳しく、日本では製造されていないからです。

日本では食品や化粧品の原料として使用できる羊の原産国が限られています。

そのため、流通量が少ないシーププラセンタはとても貴重な成分なのです。

このようにシーププラセンタは単に肌に良いというだけではなく、
内面の精神的な部分にも働きかけるため、
海外セレブもご用達のものであり、全ての女性や男性にとっても強い味方なのです。