閃輝暗点と偏頭痛の関係と、天気や気圧の関係性や効果のあるサプリとは?




梅雨で偏頭痛となる原因と対処法

現代の医学において偏頭痛が起こるきっかけとなる事象は詳細には判っていないことが現状ですが、脳内伝達物質であるセロトニンの分泌バランスが崩れるためという説や頭部の三叉神経が刺激されることから起こる説などが挙げられています。

そして梅雨時に偏頭痛が起きる原因では、雨が降ることにより大気中の水分が飽和して気圧が下がることが原因といわれ、気圧に抑えられていた血管が一気に拡張されることで急激な血流の増幅を起こし偏頭痛を引き起こす要因となります。
また体内の水分バランスの崩れも頭痛の主な原因とされていますが、体内の水分バランスを湿度の調整によって大きく崩れないように抑制をすることが偏頭痛のケアに最適な方法といえます。
さらに梅雨時などに多い天候の悪化は自立神経に乱れを来たし、頭痛のほか眠気やめまいを引き起こす要因となることも少なくありません。

このような自律神経に影響を及ぼす梅雨や台風などの天候の変化で起こる頭痛には、いつものことだからとか癖になっているからと簡単に諦めず大気中の水分の飽和による気圧が下がることが原因の梅雨時の偏頭痛の対処法を知ることが大切なこととなります。

梅雨時などの時節には天候の変化によって起こりやすい偏頭痛がありますが、その対処法として幾つかの簡単な方法があります。
それはコメカミなどの痛みの元を冷やしたタオルや冷却シートや氷のうなどで冷やす方法で、頭痛がする部位の痛みの元を冷やすことにより頭痛の原因となる血管の拡張を防ぎ収縮させることで頭痛を軽減させます。
実際、頭痛がする時には冷えたタオルなどを当てるだけで気分が良くなることがあるなど、これは科学的根拠に基づく有効な方法ですが痛みの場所を濡らしたり水風呂に入ることは頭痛を余計酷くする場合があるので注意が必要です。

また部屋を暗くして安静にするという対処法では、まぶしすぎる直射日光や激しい物音などによるストレスは偏頭痛の原因ともなり、さらなる痛みの増幅にもつながることがあります。
さらに梅雨時は身体の水分バランスが乱れている時期でもあるため、さらなる余計な刺激を与えることで痛みが酷くなったり身体を活発に動かすことで痛みが増すことがあります。
そのため静かな環境でゆったりとした気持ちで布団に横になるなど心身ともにリラックスすることが偏頭痛の軽減にもつながります。

梅雨時の偏頭痛に効く飲み物と食べ物

梅雨時の偏頭痛の対処法としてカフェインが入った飲み物を飲むことでカフェインに含まれる血管収縮作用で血管の拡張を防ぎ、利尿作用で体内の水分が排出され頭の中がスッキリしますがカフェインの過剰摂取は慢性的な頭痛の要因にもなりかねないため適量を摂取します。
そして、普段から栄養がある食生活を心掛け偏頭痛に有効な成分の摂取をすることで予防にもつながりますが、

偏頭痛に有効な3つの栄養素にはマグネシウム、トリプトファン、ビタミンB2があります。
マグネシウムは大豆やアーモンド、魚介類に多く含まれ、脳血管の緊張緩和で頭痛の予防や軽減をしますが、不足すると痛みに敏感な体質となったり脳が興奮し易くなりより痛みが酷くなることがあります。

また体内ホルモンのセロトニンを増やすトリプトファンが多く含まれる食品は乳製品や大豆製品などがありますが、この成分は痛みを軽減させる他、規則正しい生活で体内時計が調整されると増加するようになり、
さらにトリプトファンと同様にセロトニンが体内で放出されるよう作用する栄養素のビタミンB2は頭痛薬としても用いられる成分で、うなぎやレバー、卵黄に多く含まれています。

カフェインって偏頭痛に効くの?

起こる頻度は月に1回の人もいれば週に1度はなるという人もいますが、こめかみから目のあたりにかけて脈打つようにズキンズキンと痛むのが偏頭痛の特徴です。
一度痛みが起こると何時間も続くことがあります。
頭の片側だけに起こることが多いですが両側のこともあります。
痛みに仕事や家事ができなくなり、吐き気や嘔吐を伴うこともあるので激しいと寝込んでしまうこともあります。

パソコンなどで長時間同じ姿勢をとり続けていると起こる緊張型頭痛は首や肩の筋肉の緊張によって起こります。
筋肉が緊張すると血流が悪くなり筋肉内に老廃物がたまるのです。
筋肉の緊張ではなく心の緊張でうつ病などからなる人もいますし、その一方で、偏頭痛は脳の血管が急激に拡張して起こります。
周囲の三叉神経が刺激され、その刺激で炎症物質が更に血管を拡張して悪循環が続くため何時間も苦しむことになるのです。

これは人により何日も続く場合もあり、脳の血管の拡張は心身のストレスから開放されたときに起こりやすいですので週末などによくなることがあるでしょう。
光や音など強い刺激も原因とされており、この二つの頭痛は原因も性質も異なるため、両方併せ持っているという人もいます。

カフェインを摂ることでの効果

偏頭痛の起こる原因ははっきりとは解き明かされていません。
ただ拡張してしまった血管を収縮させて血流を沈めれば三叉神経への刺激も落ち着いていき炎症物質も減っていくでしょう。

カフェインの中の作用の一つに血管収縮作用があります。
末梢血管を拡張する働きを持つのとともに脳内に関しては血管収縮する働きを持っているので偏頭痛の際にカフェインが効くのです。
カフェインのよいところは手軽に摂取できることで、主なものはコーヒーや緑茶などです。
これらの苦味はカフェインを多く含んでいるためです。
苦味が苦手という場合には紅茶やココアにも少量ながらカフェインは含まれています。

もしも偏頭痛の前兆を感じたら、すぐにカフェインの含まれている飲み物を飲むようにすればよいでしょう。

偏頭痛の前兆として目の前にフラッシュのようなチカチカが現れたり、視野の一部が見えにくくなる症状が現れたりします。
感覚異常や失語性言語障害が見られる場合もあります。
ただ偏頭痛の前兆が現れる人は全体の30パーセント程度で他の人は急に症状が現れます。
偏頭痛になりがちという方は、コーヒーや紅茶をすぐに入れられるように身近においておいたほうがよいでしょう。

カフェインの摂りすぎには注意しましょう

偏頭痛への効果を期待してカフェインを摂るのはよいですが、しかしながらたくさん飲めば飲むほど効果が上がるというわけではありません。
コーヒーなら多くても1日3から4杯程度にとどめましょう。
なぜならカフェインには依存症があるといわれているからです。
手軽に摂取できるからと飲みすぎると逆に疲労が誘発させたり頭痛悪化の原因となります。

カフェインの摂取しすぎもまた偏頭痛の原因とされています。
脳内の血管は収縮させてくれますが末梢血管は拡張させます。
そうすると筋肉も同時に拡張することになり身体の内部が圧迫されることで偏頭痛が発生するのです。
短時間に大量に摂取しすぎると心拍数増加や呼吸困難・胃痛・嘔吐など急性中毒の危険性があります。
長期的に摂取しすぎることで頻尿や神経過敏・睡眠障害などの慢性中毒となるかもしれません。
副作用も多いため妊婦や授乳中の女性の摂取も控えたほうがよいとされています。

適量であれば集中力を高めたり目を覚まさせたりといった効果もあります。
この効果は6時間程度継続するといわれているので、それをすぎる頃にまた休憩がてら飲むという形での摂取がよいでしょう。
効果があるからと摂りすぎるのは危険なのでやめておきましょう。

偏頭痛の前兆?閃輝暗点(せんきあんてん)とは?

ズキズキと拍動する痛みに襲われる偏頭痛。
症状の程度には個人差がありますが、体を動かすのも辛い程の痛むなど日常生活に支障を来す方が多い病気です。
そんな偏頭痛にはいくつかタイプがあり「偏頭痛が来そうだ」と明確に分かる前兆を伴うケースと前兆なく突然痛みが起こるタイプがあります。
後者の場合は突然痛みに襲われますので対策のしようがないのが実情ですが、前者の場合には前兆が訪れている段階である程度痛みを緩和することも可能です。

そもそも偏頭痛とは何らかのトリガーによって血管の収縮が起こりその後、異常な拡張をした際に炎症が起こり激しい痛みを伴う病気です。
その際、脳の視覚野で上記のような血管の収縮・拡張が起こることでチカチカとした光が視界に現れることがあります。

これこそが偏頭痛の前兆である「閃輝暗点(せんきあんてん)」です。
視界の一部にギザギザとした歯車のような形のものが見えたり、視界の一部が欠けて見えたりと人によってさまざまなパターンがあるようです。
この閃輝暗点(せんきあんてん)が起こりチカチカしたものが見えなくなると、30分〜1時間以内にと激しい痛みが起こる偏頭痛持ちの方がほとんどです。

閃輝暗点が始まったら、どうするのが正解か?

まず、閃輝暗点(せんきあんてん)が始まったらどうするのが良いか?
一番良いのは安静にすることです。
チカチカとした光が見えると同時に電灯などの少しの光でも眩しいと感じたり、あるいは些細な音でもうるさく感じたりすることがあります。
カーテンを閉めて暗くした室内でじっとベッドに横になっておくのが良いでしょう。
確実に偏頭痛が起こることの現われですので無理をせず安静にしておくのが大切です。
無理をして体を動かしてしまうと余計に頭痛を悪化させる要因となってしまいます。

ただ、仕事中だったりしてすぐには横になったり出来ない場合もありますね。

早退出来る状況であれば休ませて貰うと良いのですが、そうも言ってられなかったりするケースも考えられます。
そういう時には閃輝暗点中、頭が痛む前に鎮痛薬を飲んでおくとその後の頭痛が少し軽くなるようです。

喫煙をされている方は、閃輝暗点が起こったらタバコはNGです。
それと言うのもタバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるため、頭痛の前兆である閃輝暗点中にはその時、まさに血管の収縮が起こっているわけですからタバコを吸うことで余計に症状を悪化させることに繋がります。

閃輝暗点が起こらないようにするには?

閃輝暗点(せんきあんてん)=偏頭痛と言っても過言ではないくらい切っても切り離せない関係にある両者ですが、実はこの閃輝暗点単体を防ぐ薬はないのが実情です。
物は見えづらいし、もしも車の運転中に起こったらと思うと怖い…と感じますが、頭痛と違ってチカチカと視界に現れる光を鎮痛剤で緩和することは出来ません。
我慢するしかないのかと諦めるのはまだ早い!

要は脳の視覚野で血管の異常な収縮・拡張を起こさせないような生活を心がければ良いのです。
カフェインの多量摂取や喫煙をされている方は、まずはカフェイン断ち・禁煙をしてみてはいかがでしょうか?
コーヒーを毎日何杯も飲むなら、そのコーヒーをリラックスできるハーブティーなどに変えてみるなどノンカフェインの飲み物に置き換えてみたりするのも良いでしょう。

ストレスが誘因となっている場合、完全にストレスを無くすことは難しいかもしれませんが出来るだけ緩和できるようしっかりと休息を取るのも良いでしょう。

またチョコレートやチーズなどには「チラミン」という物質が含まれています。
チラミンには血管拡張効果があるとされ偏頭痛を誘発すると言われていますので、日頃から好んで食べている方は注意が必要です。
面倒かもしれませんが偏頭痛が起こった際の状況を記録しておくのも大切です。
どのような食事を摂っていたか、どういった時に起こったかを知って予防しましょう。

偏頭痛持ちの人の7割が抱える問題

突然、頭の一部や片側がズキズキと痛み、場合によっては動けなくなるくらい酷い痛みを感じることがあります。
このような頭痛は偏頭痛と呼ばれ、一度始まると短くても4時間、長ければ3日以上痛みが続いてしまうこともあります。
痛みが始まってから1時間程度がもっとも症状が激しく、一歩も動けず嘔吐してしまう人も珍しくありません。

偏頭痛には前兆があるものと無いものがありどちらも痛みや頻度に変化はありませんが、前兆があるものの場合は目の前にギザギザの光が現れたり言葉がうまく発せなくなるなどの症状が頭痛に先行して現れます。
このような前兆症状が消えた後、ほどなくして痛みが徐々に始まります。
痛み止めなどの薬を飲む場合、前兆が現れたらすぐ服用すると効果が得られやすいと言われています。
偏頭痛は症状が激しいため脳の問題など重大な病気を心配して受診する人も多いですが、症状の割に心配のないケースがほとんどです。

ただ、頭痛が起きる頻度が増えてきたり嘔吐の回数が多かったり市販の痛み止めが全く効かない場合などは他の病気が原因となっている可能性もあるので、できるだけ早く病院を受診して検査するようにしましょう。

偏頭痛持ちは心臓に穴が開いている人が多い

これまで偏頭痛の原因は不明とされてきましたが、近年の研究によって偏頭痛持ちの人の多くで心臓の壁に穴が開いていることが判明しました。
その割合は驚くほど高く、約40%から70%もの人に穴が確認されています。
この穴とは、もともと母親の胎内にいるときには全ての人に空いているものでスムーズな体液の循環を行うために欠かせないものでした。
通常は成長と共に塞がっていくのですが成人の約20%程度は塞がらず空いたままの状態で生活しています。

ここを本来、通過すべきではないセロトニンという物質が通り抜けて脳まで到達することで、血管を過度に収縮したり拡張する作用を与えて偏頭痛を引き起こすという研究結果が日本のみならず海外でも報告されています。
あまりに症状が酷い人の場合はカテーテル手術によって穴を塞ぐ処置を行うこともあります。
壁を元通り塞いでしまえばセロトニンや血栓などが通り抜けないため脳へ影響を与えなくなります。
これによって劇的に症状が改善した人も多く、片頭痛持ちの救世主となりうると期待されています。
現在では費用が130万円ほどかかってしまいますが将来的には先進医療制度の適用を目指しています。

偏頭痛を改善させるには?

このように偏頭痛持ちの多くに心臓に孔が開いているのですが、だからといって痛みを和らげたり頭痛を起こさせない対策が無いわけではありません。
頭痛の原因にはこれ以外にも様々な物が影響していると言われており、それらを上手く避けることが大切です。
例えば天気や飛行機などによる気圧の変化や食事、ストレスや睡眠不足、女性の場合なら月経周期によるホルモンバランスの変化なども原因となります。
ストレスや睡眠不足は適度な運動で血行を良くしたりハーブティーなどを飲んでリラックスすることで、状態を改善させることができます。

特にストレスは頭痛の大きな原因として有名なので毎日このようにリラックスするための対策を行っておくと予防効果にもなります。
またホルモンバランスを整えるサプリメントも様々な種類が販売されているので試してみるのも良いでしょう。
薬に頼るのが嫌という人は多いですが、サプリメントなら過度な薬効や成分も含まれていないため身体に優しく使うことができます。
このように偏頭痛も毎日の生活で痛みを予防したり対策を立てることができるのです。
痛みに怯えるばかりではなくできることから取り入れていきましょう。

偏頭痛の原因は血行の悪さ

偏頭痛は繰り返し起こることが特徴で長時間痛みが続くのが特徴です。
人によっては吐き気や嘔吐をしてしまい日常生活が手につかなくなったり寝ていても頭痛で目が覚めることもあるほど痛みが強いものですが、症状が収まると痛みが全くなくなってしまうため鎮痛剤を使ってしのいでいるという人も少なくありません。

偏頭痛は原因には様々なものがありますが、その一つに血行が悪いことが挙げられています。
人間の身体は血液によって運ばれる酸素や栄養素を細胞が使っているのですが、血行が悪くなると老廃物の排出がスムーズに行かなくなって筋肉にコリが生じてしまう、
自律神経のバランスが崩れる、冷え性、免疫力が落ちるなど様々な不調が身体に現れてきます。

偏頭痛の場合にも血行が悪いことで脳内へ行き届く血液の量が減ってしまうことが痛みを引き起こしてしまう原因だと言われています。

血行を促進する方法には様々なものがありますが、ふくらはぎをマッサージして偏頭痛の軽減と脚痩せが同時に行えるとも言われています。
頭部の痛みと脚痩せは全く違うことのように思えますが、なぜふくらはぎのマッサージが偏頭痛の軽減に効果があるのでしょうか?

第二の心臓の働きとは?

心臓は血液を身体中に送り出すポンプの役割を担っています。
心臓から送り出された血液は血管に沿って身体中に流れていきますが、足先まで行った血液は心臓から送り出されたときの勢いを失ってしまっているためそのままでは心臓に戻ることができなくなってしまっています。
しかも地球には重力があるため、血液はその重力に引っ張られて身体の末端である足や手の先に溜まりやすくなってしまいます。
夕方になると脚や手のむくみに悩む女性も多くいますが、それは血液を心臓に押し戻す力が弱いからこそ起こるものとも言えます。
足先に血液がたまってしまえば遠く離れてしまった頭部へ行き届く血液の量も少なくなってしまい偏頭痛を起こす引き金となってしまいかねません。

そこで活躍するのがふくらはぎです。
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれていて心臓から送り出されて足先に溜まった血液を再び心臓へ送り返すためのポンプの役割をはたしています。
脚に溜まった血液を心臓にしっかりと送り返すことができれば遠く離れたところにある頭部にもしっかりと血液が行き届くようになり、血行が悪いことで起こると言われている片頭痛の軽減にも大きな効果が期待できるのです。

マッサージで偏頭痛軽減と脚痩せ効果

ふくらはぎは自分でマッサージを行って血行を促進することができます。
脚を内側、外側、その間のアキレス腱の3か所に分け、足首から膝に向かって手の親指で数か所押しあげていき、その後、もみほぐします。
痛気持ちいいくらいの強さで脚を押すようにします。
もみほぐすときにも血液の流れに沿うようにして足首から膝に向かってもみ上げるようにしましょう。
入浴の後だと血行が良くなっているので効果が上がると言われています。
そのままで行うと肌を傷めてしまうことがあるためボディクリームなどを塗って行うようにしましょう。

マッサージをする時間がないという時には足首をぐるぐると回すだけでもアキレス腱が柔らかくなって血行を促進する効果があります。
仕事中にデスクに座っている間でもできる簡単な方法なので思い出したときにやってみると良いでしょう。
血液が流れるようになると同じようにリンパ液の流れがスムーズになります。
リンパ液は血液だけでは除去できなかった老廃物を体外へ排出する役割があるため脚のむくみが改善されて脚痩せ効果が期待できます。
また全身の血行も良くなるので新陳代謝も良くなり冷え性の改善やダイエット効果も期待できます。

偏頭痛による吐き気の原因とは?

偏頭痛に吐き気が生じる理由として、血管が拡張することにより神経を圧迫し、その圧迫が原因で機能を混乱させ異物を排除しようとする説や強い痛みに嘔吐感を覚えるなどの説が理由として挙げられております。

しかし、原因ははっきりとわからず治療法も明確なものがないということが結論です。

偏頭痛そのものをできるだけ抑えるという方法しかありません。
人によって吐き気止めなどの薬により効果がもたらされる可能性がありますが、急に症状が出てしまう場合があるため、また、すでに効かない状態であったり飲んでも戻してしまうという場合もあるため薬だけに頼るということも難しいです。

偏頭痛で痛みよりも吐き気の方がずっと辛いという人も多く、程度も胃の不快感だけというものから実際に嘔吐してしまうほどのものであったり人によってさまざまです。

発作は4時間から72時間で終わるとされておりますが、その間、水分もまともに取れなくなってしまう状態が続いてしまう場合もあります。
ひどい症状があるという場合には病院などでしっかりと診てもらうことも大切です。
重大な病気が隠れている場合もあるため、できるだけ早めに受診をしてみることがお勧めです。

偏頭痛や嘔吐感などに対する対処法とは?

吐き気を伴う偏頭痛の場合、偏頭痛の症状のひとつと考えられるため偏頭痛を抑えるための治療をすることも大切です。
生活習慣の中でも食生活や睡眠時間などが原因となっている場合もあるため、そういったことを改善してみることも大切です。
またツボ押しも有効です。
百会という頭の頂点にある柔らかくへこんでいる場所を手で一分間押すことで頭痛や自律神経の乱れなどの症状に効くといわれております。
外関というつぼは手の甲側の手首から指3本離れた場所で、そこを親指の腹でゆっくり押すことで吐き気やめまいなどの症状に効果的です。

睡眠を取ることも過敏な状態になっている脳を沈静化させることで偏頭痛の症状を抑えることができます。
薬を服用することも有効です。
頭痛に対して市販薬は効きにくいのですが、吐き気に対しては比較的効きやすいため有効です。
しかし、薬すら吐いてしまうという場合には、可能ではれば頭痛外来などを受診し有効な薬を処方してもらうことが必要となる場合もあります。
症状が抑えきれないという場合には、偏頭痛の症状が比較的重いと見られるため一刻も早く医療機関で診てもらうことが必要となります。

吐き気を伴う偏頭痛と似た症状の病気とは?

また、偏頭痛と誤解される病気もあり中には命にかかわるような病気もあります。
くも膜下出血の場合、これまで経験したことのないような衝撃的な頭痛で同時に吐き気や嘔吐があり一時的に意識不明に陥ることもありますが、出血が少ない場合には症状が軽いため偏頭痛と誤解されてしまい見逃されてしまうケースもあるため、いつもと様子が違う感じがする場合などは一度、脳神経外科の診察を受けることが必要となります。

脳腫瘍の場合、くも膜下出血とは反対で何ヶ月かかけて痛みが進行し朝の起床時に強いということも特徴です。

吐くと一時的にせよ症状が軽くなるという症状があります。
緑内障も、くも膜下出血に似た症状がおきます。
目の症状がほとんどなく頭痛だけの症状というものもあり治療をしなければ失明をする可能性が高く、眼圧が高いために頭痛は吐き気や嘔吐などの症状があります。
どれも一見、偏頭痛に似たような症状な場合が多く見逃されやすい病気のため、治療が遅れると手遅れになってしまうという場合もあるため、いつもとちょっと違うような症状があるという場合にはなるべく早く病院などで治療を受けることが手遅れを避けるための一番の方法です。

偏頭痛で眼の奥が痛むのはなぜ?

眼の奥の痛みに悩んでいる方は偏頭痛を疑ってみましょう。
日常生活のなかで突然、眼の奥の痛みを感じる場合は偏頭痛の可能性があります。
偏頭痛は前触れなくある日突然症状が現れますが、頭の側頭部が痛むのが大きな特徴です。
頭の側頭部がズキンズキンと痛むなどの特徴があります。
また、頭の側頭部だけでなく眼の奥が痛むこともあるでしょう。
偏頭痛の場合、なぜ眼の奥に痛みを感じてしまうのかというと痛みの発症のメカニズムに関係しています。
脳の神経と目の神経は繋がっており頭の痛みを感じると同時に眼の奥の痛みも感じてしまいます。
このため辛い眼の奥の痛みに悩んでいるのであれば偏頭痛を予防したり改善することが解決の近道です。

現在、根本的に解決する方法はありませんが、原因をきちんと知り適切な対処法を実践することで辛い症状を和らげることは可能になります。
偏頭痛に対する治療を専門のクリニックで行なうこともできますが、頭痛や眼の奥の不快な症状を根本的に解決することは困難なのでまずは効果のある運動やサプリ、ハーブティーの力に頼ってみましょう。
気軽に実践することができる対処法となっているのでおすすめです。

偏頭痛の対処法としておすすめなのが運動をすることです。
立ちあがったり走るなどの運動を行ってしまうとより頭痛が酷くなってしまうこともある為、運動を行う際には辛い症状が出ていない時に行うことが重要です。
最も大切なのは定期的に適度な運動を行うことです。
偏頭痛は頭部の血管が神経を刺激することで引き起こされますが、運動をすることで血の流れが活発になってしまうことから神経が刺激されるという特徴があります。
ただし頭痛の前兆がある場合は運動を避けるようにしましょう。

また、偏頭痛はストレスが原因となって引き起こされることもあります。
ストレスを賢く発散させるためには運動不足を解消することも効果があるでしょう。
頭痛の症状が出てしまってから運動を行ってもより症状を悪化させてしまうこともあるので日常的に適度な運動を行うことが効果的です。
運動の習慣をきちんと持ったり正しい知識を持つことで辛い頭痛の症状を緩和することも夢ではありません。
まずは自分の偏頭痛の原因を知り、定期的な運動を行うことから始めてみましょう。
辛い頭痛を改善することができるだけでなくストレスも発散できるのでおすすめです。

サプリメントで解消

偏頭痛の改善に効果のあるサプリメントやハーブティーが人気を集めています。
気圧の変化やバランスの乱れなどにより引き起こされる頭痛をサプリメントやハーブティーで解消しましょう。
口コミでも人気を集めているサプリメントは、8種類の自然素材系の成分を厳選して配合しています。
辛い頭痛に悩まされている方の多くは薬には頼りたくないと思っている方が大半です。
口コミでも人気のサプリメントであれば薬に頼らなくても辛い症状を和らげることができるでしょう。

偏頭痛はホルモンバランスの乱れや気圧の変化、リズムの乱れ、身体の巡りなどが原因となって引き起こされてしまうこともあります。
これらの症状を緩和してくれるのが効果てきめんのサプリメントです。
マグネシウムやチェストベリー、フィーバーフューなどの優良成分に加えてケイヒやシナモンなどの漢方や大豆イソフラボンなどの美容成分がたっぷり配合されています。
効果が高いだけでなく飲みやすいので毎日手軽に続けることができるのもメリットです。
突然襲われる頭痛を予防することもできるので、手間や時間をかけずに対処したり予防したい方におすすめのサプリメントと言えるでしょう。

偏頭痛が耳鳴りやめまいに関連する理由

偏頭痛に悩む人の多くは慢性的な痛みに苦しんでいます。
しかし痛みの頻度が高く痛み止めを服用すればある程度は活動できる状態になるため、大半は根本的な治療はせずに放置してしまいます。
よくある事だと鎮痛剤でやり過ごしていると、やがてめまいや耳鳴りなどの症状が発生する場合があります。
耳鼻科に行って診察を受けても特に異常は見当たらないために明確な改善策が取れず途方に暮れてしまいます。
この時、めまいや耳鳴りの症状と偏頭痛を切り離して考えてしまいますが、これは偏頭痛を放置したことで発症した脳過敏症候群の可能性があります。

偏頭痛は痛みや温度、触覚などの情報を脳に伝達する三叉神経の影響で発生します。
三叉神経は中心部にある脳幹から脳全体と顔にまで広がっていて、血管が拡張して神経が圧迫されることで強い痛みを感じます。
血管は体が温まったりリラックス状態になっている時に拡張するため、緊張から解放された時によく偏頭痛が起こります。
この他には睡眠不足や寝過ぎ、ホルモン分泌の乱れ、音や光による刺激でも痛みが発生しやすくなります。
偏頭痛時の脳は興奮状態で痛みの解消と共に鎮静するのですが、次第に興奮状態が長くなり慢性化してしまいます。

脳過敏性症候群が起きるメカニズム

脳過敏性症候群になると脳の興奮状態が継続し発症してから最大で72時間ほど続くこともあります。
様々な機能が敏感に反応してしまうため激しいめまいや耳鳴りや動悸などが続き、神経が高ぶって眠れなくなることもあります。
常に緊張した状態でいるため自律神経にも支障をきたし体調だけでなく精神的に不安定になる場合もあります。

些細な刺激に対しても不快感や痛みを感じることがあり、風や毛先が顔に当たった時に痛くなったりメガネや腕時計を違和感を覚えることもあります
脳過敏症候群は小さな頃から偏頭痛持ちだったというケースが多く、アレルギー体質や低血圧、乗り物に酔いやすいといった体質も脳過敏症候群を発症する確率が高くなります。

頭痛以外の目立った症状は耳鳴りやめまいなので、つい耳鼻科を受診してしまいますが、脳過敏症候群だった場合は耳鼻科では発見できません。
耳鼻科を受診してどこにも異常が見られなかった場合には頭痛外来や脳神経外科で脳波測定をしてみましょう。
この疾患は発表されて間もないため診断が困難であり適切な医療機関を受診することが大切です。
治療では脳の興奮を抑えるための抗てんかん薬や抗うつ剤、不眠を解消する薬などが処方されます。

脳過敏性症候群を予防するには?

脳過敏性症候群は偏頭痛の放置が関連しているので痛みを我慢せずに偏頭痛を解消するための対策が必要にあります。
偏頭痛の予防薬に使われている薬にはトリプタンが配合されています。

この成分は脳内のセロトニン受容体に働きかけて血管の拡張を抑え、炎症を鎮める働きがあります。
痛みを抑えて脳の興奮状態を鎮めるには、セロトニンの分泌を増やすことが重要で分泌量をコントロールするにはトリプトファンが含まれる食品を摂取します。
最も手軽なのはサプリメントを利用する方法になり空腹時に飲むと吸収を阻害されず効率的に摂取できます。
食品ではアーモンドや納豆、すじこなどに多く含まれていて過剰摂取を防ぐため1日6000mgが上限になっています。

日光浴やウォーキングなどもセロトニンの分泌につながり一定の呼吸で行うリズム運動やよく噛んで食べることでも分泌が盛んになります。
市販の頭痛薬を頻繁に飲んでいると却って頭痛を誘発するので、偏頭痛に効果的なペパーミントのハーブティーやアロマオイルで痛みを緩和する方法もあります。
加味逍遥散や桂枝人参湯などの漢方はめまいや動機の緩和する働きもあり、ゆっくりと体質改善したい時に最適です。

偏頭痛と天気の関係。雨の日に偏頭痛が起こる原因

雨の日や雨が降る前に偏頭痛がひどくなることは偶然ではありません。
また雨が降ってテンションが下がることからくる精神的なものが原因でもありません。
実は天気と偏頭痛は密接な関係があります。

その原因は雨が降るときの気圧の低下です。
気圧が低くなると脳も影響を受けて血管が拡張します。
血管が拡張すると脳内が炎症を起こしたような状態になり、それが痛みへとつながります。
それに加えて気圧が低くなると体全身の血の流れが悪くなることも偏頭痛がひどくなる原因です。
さらに低気圧になると酸素不足になります。
酸素が不足するとバッテリーが切れる直前の機械のようになり体内に必要なエネルギーが行き届かず痛みが強くなります。

また別の原因として挙げられることは、昨日までは天気が良く高気圧だったのに急に天気が変わることで体にかなりのストレスが加わることです。
急な変化に体が一生懸命順応しようとしてもうまくいかないときにバランスが崩れ偏頭痛が起きてしまいます。
さらには低気圧によって体内の水分がスムーズに排出されないことでむくむことも原因のひとつです。
このように雨の日に偏頭痛が起きることにはさまざま原因があります。

偏頭痛を運動で予防する方法

辛い偏頭痛にできるだけ薬を飲まずに対処したいと思うに違いありません。
予防としてできることのひとつは運動です。
運動といっても軽いストレッチ程度のものなのでだれにでもできます。
また、痛みが激しいときは動くことも辛いため、そのようなときには行うことができません。
いくつかありますがそのうちのひとつは両腕を肩の位置まで上げて、そのまま上半身を左右へと回します。
これを体調に合わせて数分行います。
さらに腕を体の横で車輪のように回します。
どちらも無理のない範囲で行うようにしましょう。

また、首を前後左右に回すだけでも気持ち良く感じます。
ポイントは上半身を動かすことにより血行やリンパの流れをよくすることです。
軽い偏頭痛であればこれだけで楽になることもあります。
さらに、こめかみや、うなじを少し力を入れて押さえることでも痛みを軽減することができます。
痛みがひどいと動きたくないためずっと同じ姿勢でいるかもしれません。
そうなるとさらに血行が悪くなり悪循環です。
無理のない程度で体を少しずつ動かすようにしましょう。
このように普段から体操やストレッチを行うことで偏頭痛を予防また軽くすることができます。

偏頭痛を予防する食生活

では、偏頭痛にはどのような食生活が望ましいのでしょうか?
野菜や果物、良質なタンパク質をバランスよく十分に取り入れることが大切です。
またお酢やゴマなども偏頭痛予防によいとされていますが効果には個人差があります。
またコーヒーなどに含まれるカフェインも偏頭痛を和らげる効果があります。
軽いものであるならコーヒーやお茶を飲んで対処することができるかもしれません。
また食事以外にも対策としてサプリメントで補っている人も少なくありません。

では、どのようなサプリメントが効果的でしょうか?
一般的にはマグネシウムやビタミンさらにはポリフェノールなどの成分が効果的です。
もちろん薬ではないため飲んですぐに痛みがなくなることはありません。
しかし痛みを軽くし免疫力を上げることで予防することができます。
さらにハーブティーもリラックス効果があり偏頭痛を予防する効果があると言われています。
このように普段の食生活を気をつけることで予防することができます。

また休息や睡眠を十分にとることも大切です。
休息が足りないと免疫力が落ち痛みを感じやすくなることがあります。
またストレスをためないこともとても重要です。
これらを気をつけて偏頭痛に悩んでいる人は、少しでも偏頭痛がなくなるように生活していきましょう。