美肌を目指す!毎日の生活で取り入れたいお手軽なスキンケアのコツ 5選

girl




朝から美肌ケア!実は朝の洗顔はしないほうがいい!?

美肌になるための方法はさまざまありますが、一番基本的な洗顔について考えたことはあるでしょうか?
朝起きた後に大体の方が顔を洗うと思いますが、普段している顔の洗い方は正しいのかなどについて知っておかないと逆に肌の状態が悪くなってしまう可能性もあります。
そこで、美肌のために効果的な洗顔法や、美肌の救世主、シーププラセンタの効果について紹介したいと思います。

朝に限らず洗顔は正しく行うべき

洗顔は朝に限らず正しく行う必要があります。
なぜなら、美肌を保つためには洗顔は欠かせない事だからです。

では、どんな洗顔方法が正しいのか、詳しく説明させて頂きます。
まず、洗顔をしない方がいいという事の意味を知っておいて頂きたいのですが、これは顔を洗わなくてもいいという事ではありません。
顔を洗うというとゴシゴシと顔をこすって洗う人が多いと思いますが、これが悪いという意味なのです!

「洗う」というと、どうしてもこすり洗いをするというイメージですよね?
しかし、実際にこの方法は美肌のために非常に良くない行為なのです!
理由は、肌をこするという行為は肌の必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥の原因になると言われているからです。

また、肌に刺戟を与えることで皮膚が傷ついてしまう可能性もあります。
ですから、正しい言い方としては「顔をこすり洗いする」のをやめる、になるのでしょう。
今までこすり洗いを習慣にしてきた方は、美肌のためにも、こすり洗いは今後絶対に避けるようにしてくださいね。

正しい洗い方は、多めに水かぬるま湯で、目じりなど目ヤニなどが気になる部分のみ軽くこするようにして、あとは全体的にざっと洗い流す程度でOKだと思います。
とにかく、こするという行為をできるだけしないように心掛ければいいと思っていいでしょう。
また、肌質によって洗顔方法は変わってきます。

肌質的によって効果的な顔の洗い方は違う

人によって肌の質は違うと思いますが、どんな顔の洗い方が効果的なのかも肌質によって違ってきます。
まず、乾燥肌や敏感肌の方は実は洗顔料を使用しないで、ぬるま湯で洗い流すだで十分であることをご存知でしょうか。
理由は、肌に負担を掛けずに尚且つ必要な皮脂は残しておけるため、乾燥を和らげることができるからです。

一方、普通肌、オイリー肌、部分的に皮脂量が異なる肌質の場合は洗顔料を使用することをおすすめ致します。
なぜなら、余分な皮脂は、ぬるま湯で洗うだけでは十分に落とせないからです。
ぬるま湯だけで十分に落ちるといえば、ほこり・汗・垢などで、皮脂が少ない乾燥肌の方や敏感肌の方はこれらを落とせれば十分ということですね。
しかし、自分に合った顔の洗い方を知るにはまず自分の肌質を把握しておく必要があると思います。
これは、私の個人的な悩みなのですが時期的にかなりオイリー肌になり、ホルモンバランスによって部分的に脂っぽくなったりします。
ですから、自分の肌質がよく分からない状態に陥ってしまうのです。

私の場合は、元はかなりの乾燥肌で敏感肌でもありますので、顔の皮脂だけに注目していいのかということでも結構悩みます。
ズボラな性格もあって最近はぬるま湯だけで洗っていますが、今のところ肌荒れなどのトラブルは出ていないように思います。
しかし、乾燥しやすい冬は今から心配です!

 美肌効果のあるサプリメントとは?

 美肌のためにいい商品があれば知りたいと思う方は多いのではないでしょうか?
そこで、私が是非おすすめしたいシーププラセンタというサプリメントがあります!
「プラセンタ」という名前は最近よく耳にしますよね?
しかし、「シープ」という言葉はあまり聞き慣れない方が多いのではないかと思います。
シープとは「羊」という意味で、 プラセンタとは胎盤という意味なので文字通り「羊の胎盤」が原料となっています。

この商品の効果は、アンチエイジング・美肌効果・疲労回復などで、生理中やストレスなどが原因の肌の不調にも大変、効果的だと言われています。
珍しい物が好きな私も、羊のプラセンタと聞いて効果も気になったので試したのですが、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れがすぐに改善したように感じました!
飲んだ翌朝に肌が変わっていると感じたので、かなり即効性が期待できる商品だと思います。

化粧品だけではなく、体の内側から肌の調子を整えたいと思う方には是非おすすめしたい商品です。
私の場合は、肌荒れの改善のために購入したのですが、疲労回復の効果も確かにあると思います。
しかし、私が試した商品は60粒程度で5,000円弱の価格でしたので、ちょっと継続して使用するのは厳しいと思い一度だけの思いで購入しましたが、今では手放せないほど。これからも使用したいと思っています。
やはり、効果がある商品は高額なんですよね!

正しい顔の洗い方や 美肌効果が期待できるシーププラセンタについて紹介させて頂きましたが、少しは理解して頂けたでしょうか。
美肌を手に入れるためにさまざまな方法を試す方は多いと思いますが、いずれにしても自分の肌質を十分に把握しておくことが大事だと思います。
そして、内側からも美肌になるためのケアを忘れずにしたいですよね。

model

びっくりするほど朝の腫れている目元に…朝の時短目元ケア

目が覚めて何気なく鏡を見た時に、元の顔が分からなくなるほど目元が腫れていてびっくりしたという経験がある方は、意外と多いのではないでしょうか。
特に前の日に飲み過ぎたり、睡眠時間が短かったりすると顔が一回りくらい大きくなって、まぶたが腫れぼったくなってしまうことがあります。
目元がむくんでしまうのは代謝の悪さが関係していますが、時間がない朝でも簡単にできる方法で、目元をすっきりしてから出かけましょう。

蒸しタオルを使って顔をスッキリ

蒸しタオルを使う方法は、血行を促進して代謝を活性化させるので、目元だけでなく顔全体がむくんでいる時にもおすすめです。
蒸しタオルは熱湯に浸す以外に電子レンジでも作れるので、朝の支度をしている間に蒸しタオルを準備しておきましょう。
電子レンジで蒸しタオルを作る場合には、濡れタオルを耐熱性のある袋に入れて、電子レンジで温めると完成します。
水気が多いとタオル熱湯が肌にかかってやけどをする可能性があるので、しっかり絞ってから電子レンジに入れましょう。
絞ったタオルは、おしぼりのようにクルクルと巻いてから電子レンジに入れると取り出しやすくなります。

蒸しタオルを使うタイミングは、洗顔をしてからスキンケアをするまでの間です。
まずは温めた蒸しタオルをむくみが気になる部分にのせて、20~30秒ほど放置します。
次に冷水で顔をすすぎ、再び蒸しタオルを顔にのせます。
これを3回ほど繰り返すと、血行が促進するので余分な水分が排出されてむくみの解消につながります。
冷水ですすぐ代わりに、氷水に浸したタオルを準備して、温かいタオルと冷たいタオルを交互にのせる方法もあります。
温かいタオルをのせると毛穴が広がり、肌に残った汚れや老廃物を外に出す働きが高まります。
その後に使う冷えタオルは開いた毛穴をキュッと引き締める効果があるので、美肌のためのケアにも最適です。

マッサージでパッチリした目元に

目の周りは皮膚が薄いので、擦ってしまうと色素が沈着してシミができる可能性があります。
目元をマッサージする際には、擦るのではなくツボ押しするような感覚でむくみケアをしましょう。

まずは、眉頭周辺を親指で軽く押していきます。
リフトアップするような気持ちで若干肌を持ち上げるようにして、押すと効果的です。

次に眉山周辺を親指で円を描くようにしてマッサージします。
そして、黒目の下にある骨のあたりに人差し指と中指を当てて、ゆっくり押していきます。
下に向かって押すと肌がたるんでしまうので気を付けましょう。
最後に、こめかみと耳たぶの下をぎゅっと押してから、リンパの流れを促進するために首筋を上から下に向かって指でさすります。

マッサージをする前には、デリケートな目元でも使えるクリームを使用すると摩擦を軽減できます。
伸びが良くて程よい弾力があるクリームが使いやすく、毛細血管の血行を促進するビタミンEや新陳代謝を高めるシーププラセンタといった美肌効果のある成分が入っているクリームもマッサージに最適です。
目の周りはむくみ解消に役立つツボがたくさん存在していて、目が充血している時や目の疲れを感じた時に刺激すると目をスッキリさせる効果が期待できます。
むくみやすい時は、首や肩がこっている場合があるので、マッサージをする前に軽く首や肩を回しておくのもおすすめです。

朝の食事時間でむくみ対策

朝食で余分な水分を排出する効果のある食品を食べることも、腫れてしまった目元をスッキリさせる効果が期待できます。
デトックス効果のある成分には、カリウムやビタミンEがあります。
カリウムを多く含む食品には、パセリやアボカド、納豆や海藻類があり、インスタントコーヒーにも含まれています。
ビタミンEを多く含む食品には、アーモンドやたらこ、卵黄、マーガリンなどがあります。

これらの食品を朝食に取り入れて、体の内側からむくみを和らげていきましょう。
デトックス効果のある食品は美肌のための食品でもあり、血液の巡りが良くなって新陳代謝が活性化してくると、肌にハリや透明感が生まれてきます。
寝る前に水分を摂り過ぎるのは、目元が腫れてしまう原因になります。
しかし、むくみ防止のためになるべく水分を摂らないようにする方法は、却ってむくみを招いてしまいます。
体にとって必要な水分が補給されない状態でいると、水分不足を避けるために不要な水分をため込んでしまうため、体がむくみやすくなってしまうのです。
不要な水分をためないようにするには、新しい水分を補給することと、細胞を刺激して古い水分の排出を促すことが大切です。
空気が乾燥している環境で過ごすことが多い方や乾燥しやすい肌質の方は、体内の水分バランスが崩れやすいので、美肌のためにもこまめに水分を摂るようにしましょう。

腫れてしまった目元のケアには、肌細胞を刺激して水分の排出を促すことが、最も手軽にできる方法です。
マッサージやツボ押し、蒸しタオルを使った方法は、時間がない朝でもできる方法になります。
デトックス効果が期待できる朝食を食べることで、内側からスッキリさせる効果が高まるので、むくみやすい体質の方は試してみましょう。
水分を摂り過ぎるとむくみやすくなりますが、水分不足でもむくんでしまうことがあるので、適度な水分補給と肌の保湿をすると美肌対策になります。

美白は朝で決まる!朝にするべき紫外線対策ケア

誰もが憧れる白く透明感と潤いに溢れる美白は朝の行いが鍵を握っています。
朝に心がけるするべき大切な紫外線対策ケアを十分に行ってあげることが美白への近道となります。
美白は朝で決まるといっても過言ではない重要なお肌のスキンケアや対策ははどのようなことを意識して行えばよいのでしょうか?
誰もが憧れる美白へと導く一歩は意外なところにあります。

美肌と紫外線対策のマストアイテム

美肌や紫外線対策ケアのマストアイテムとして挙げられるのは、まず日焼け止めです。
紫外線による光老化は年齢とともにお肌が衰える老化現象の大きな要因のひとつでもあります。
紫外線のUVA波を長期の間浴びてしまうことでこの問題となる光老化は引き起こされます。
それによりお肌のたるみやシミ、しわといった肌悩みがうまれるリスクを避けるためにも紫外線対策と美肌ケアには日焼け止めは絶対に欠かすことができないマストアイテムです。
外出する方は絶対に日焼け止めを塗ることはもちろんですが、普段、屋内で過ごしお化粧をする機会が少ないという方も起きて洗顔した後は日焼け止めだけでも塗っておくことが大切です。

起床してカーテンを開けた時から日差し対策は始まっているのです。
洗顔、スキンケア、日焼け止めをセットにして普段の生活に取り入れることがポイントです。
日焼け止めは満遍なく塗り残しがないように塗ります。
意外と塗り残しがある場所はお顔では鼻すじ部分や顎下、耳の後ろなどです。
また首筋や腕の内側部分、手の甲から指にかけて、太ももやふくらはぎでは内側や裏側などがあげられます。
足の指先なども見落としがちになります。
この塗り残しやすい細かい部分を常に意識し丁寧に全体に塗布するようにします。
せっかくの高い数値の日焼け止めを使用しても塗り残しあっては効果を十分に発揮できず水の泡です。

効果的に塗るポイントと正しい塗り方

日焼け止めを間違った使い方で使用していては本末転倒です。
正しい塗り方と効果的に塗るポイントをおさえることで有効な働きを引き出すことができます。
まず普段使いの日焼け止めの数値目安としてSPF20でPA++程度のものがおすすめです。
数値が高ければ高いほど効果はありますが、効果の強い日焼け止めはその分肌負担も大きい側面を持ちます。

また、紫外線吸収剤の含まれるタイプは肌荒れの原因になる可能性があり、紫外線散乱剤は肌の乾燥を招くこともありますので、お肌が敏感な方は選ぶときに成分にも目をしっかりと通し配慮する必要があります。
塗布する前にはしっかりと事前にスキンケアでお肌を整えておきます。
決して擦り込むようにお肌に馴染ませてはいけません。
肌に擦り込むことはお肌のNG行為であり日焼け止めは丁寧に優しく使用するのがポイントです。

薄く伸ばすのではなく決められた目安量をしっかりとムラなく塗り、一度塗ったあとにもう一度同じ量を重ね付けすると十分に塗布できます。
汗や水などで取れてしまうことを考えこまめに日焼け止めを塗りなおすことも忘れないようにします。
一度に大量の量を1回だけ塗るよりもこまめに塗り直しの頻度を上げたほうがより日焼け止め効果を高めることができ、さらにはお肌にも負担をかけずに優しいです。
日常使いの数値から山や海などのに行くときの数値など行く場所と数値の正しい選び方も意識すると良いです。

美白と美肌にあのプラセンタが大活躍

美白の紫外線対策ケアに日焼け止めがいかに重要であるか把握することができましたが、気をつけたいのが乾燥したお肌に日焼け止めを塗布することがさらなる乾燥トラブルを招くという点です。
潤いのあるお肌に塗布するのが大前提な土台作りに素晴らしい働きを与えてくれるのがシーププラセンタのサプリです。
シーププラセンタは健康な羊の胎盤から抽出した胎盤エキスを使用したサプリメントで、お肌の水分保持力が高めてくれる嬉しい効果が期待できます。
またプラセンタにはビタミン類やアミノ酸などの栄養成分がとても豊富に含まれており細胞の1個1個にしっかりとその栄養を行き渡らせることができのでお肌への効果が十分に実感できるのも魅力です。

ほかのプラセンタと比較し特にシーププラセンタのサプリは優秀で、アミノ酸の比率などが私たち人間に近いため人への親和性が高くより効果を実感しやすいメリットを持っています。
日本のみならず海外セレブを始めとする海外でも大人気のアイテムなのも頷けます。
悩まされるたるみやシワ、くすみなどの年齢を重ねるごとに深刻になる年齢肌特有のトラブルにも解消の期待がもて、内側から弾力のある透明感溢れる潤いと艶のあるお肌も夢ではありません。

毎日の生活にこのサプリが縁の下の力持ちとして大活躍し大きな役割をはたしてくれる期待大です。
プラセンタサプリを摂取してるのに効果が実感できない方は原料が羊ではなく馬や豚であったりプラセンタ濃度が低い場合があります。
いますぐ有効なプラセンタに変える必要が美肌ケアには大切です。

朝にするべき紫外線対策、それは外側からの日焼け止めの重要性と内側からのプラセンタ補給が大きなテーマです。
どんなに正しく日焼け止めを使用してもお肌の土台が悪い状態ならばその有効な働きは発揮できない可能性もあります。
優秀な働きと品質の高いプラセンタサプリが大きな貢献をし美しい潤いのあるお肌の土台をつくり日やめ止めの効果をしっかりと実感できるように引き出してくれます。

woman

夜更かしでサボってしまったスキンケア…朝ケアで取り戻す!

ついつい夜更かしでサボってしまったスキンケアもまだ手遅れではありません。
朝ケアのスキンケアでちょっとした一工夫することでそのサボってしまったスキンケアを取り戻すことができます。
美肌の秘訣はスキンケアが握っています。
いつもの朝のスキンケアとサプリメントケアのダブル使いで外側と内側から効果的にケアしていけば取り戻せます。

美肌の洗顔にあのアイテムを使おう

夜更かしで怠ってしまったスキンケア状態のお肌は乾燥気味の傾向にあります。
朝のお顔の洗い方にも気を付けてあげる必要があります。
美容と健康に優れた蜂蜜は大活躍してくれること間違いなしです。

蜂蜜には殺菌効果や消炎効果のほかに高い保湿力があり、豊富に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養成分がお肌に潤いと元気を与えてくれる嬉しい働きがあります。
使用する蜂蜜は100パーセントナチュラルなものがおすすめで特にマヌカハニーは最適です。
普段使用している朝の洗顔料をよく泡立てたらティースプーン1杯ほどの蜂蜜を混ぜ合わせてあげるだけの簡単ケア洗顔方法です。
蜂蜜を混ぜたときに泡がしぼんでしまわないように最初にしっかりと泡立てることがうまく泡立てることができるポイントになります。
うまく泡立てることができると濃厚な泡ができあがります。

さらに保湿効果をアップさせたい方はマヌカハニーをそのまま使用して洗顔することもできます。
寝ている間に溜まってしまった皮脂やバイ菌はしっかりと落としながらも、同時にお肌に潤いを与えてくれるのでしっとりとした弾力のある肌触りを実感することができます。
少し湿らしたお肌にマヌカハニーで優しくお顔を洗い、5分後に洗い流してあげるだけです。
抗菌効果もある蜂蜜は肌トラブルで悩む方にも最適な洗顔料として大活躍します。

化粧水パックやクリームの一工夫で保湿対策

夜更しでサボってしまったお肌を洗顔で優しく効果的にケアしたら、次は化粧水パックでお肌に水分補給をしてあげます。
化粧水で水分補給をしっかりとしてあげることでお肌のキメを整え潤いのあるコンディションへと導くことができます。
コットンやシートマスクを水で湿らせたら軽く両手のひらで挟むようにして絞り、普段使いの化粧水を染み込ませます。
3分を目安にお顔をパックします。
3分以上放置することは逆にお肌の水分蒸発を促してしまうので時間を守ることも大切です。

どうしてもパックができないという方は手にたっぷりと化粧水をとり優しくお肌に馴染ませていきます。
ここでポイントなのが最低でも3回は化粧水を重ね付けするということです。
一度にたくさんの量を馴染ませるのではなく、数回に分けて確実にお肌に浸透させてあげることで手の平がお肌に吸い付くような感触を実感することができます。
それがお肌に水分がしっかりと浸透したサインです。

保湿クリームもいつもよりも少し多めに塗ってあげます。
塗りながら同時にマッサージもしてあげると血行も良くなりますのでむくみの改善やくすみに効果的です。
乾燥しやすい目元や口元を重点的に保湿ケアするのも忘れないようにしてください。
もしメイク前に多めに塗った保湿クリームの油分が気になる方は最後にティッシュオフして余分な油分を軽く押さえてあげます。

プラセンタが美肌に大きく貢献する

外側からのケアだけでなく内側からのケアにも目を向ける必要があります。
サプリメントを効果的に取り入れることで美肌をサポートすることが可能です。
大人気のプラセンタサプリメントは毎日の生活に簡単に取り入れることができる優秀なサプリメントです。

肌の調子を健やかにキープすることをサポートし同時にお肌の弾力であるハリや若々しさの秘訣でもあるお肌の艶を身体の内側から強力にサポートしてくれる有効な働きをもちます。
多くの女性が悩まされる月経前後の肌荒れはもちろんエイジング対策や毎日の栄養補給に効果を期待することができるサプリメントがシーププラセンタです。
お肌の美容効果のみならず女性ホルモンバランスの維持や疲労回復効果も期待できます。
紹介しているプラセンタサプリメントは、1粒1400ミリグラムのカプセルになんと20000ミリグラムのプラセンタエキスが配合されており1日1粒飲むだけです。
高濃度で高品質のプラセンタですので安心して摂取することができます。

世界中で人気のある有名なサプリメントであるシーププラセンタは羊大国として有名なニュージーランド産です。
100パーセントピュアな天然羊プラセンタサプリメントで女性から高い支持を得ています。
このクラスのプラセンタは日本ではとても高価ですが、こちらのシーププラセンタのサプリメントは高品質でありながらお求めやすい価格も長く継続して続けることができる秘密です。
一度、利用して効果を感じたら、もう手放せなくなるほどでリピーターも多い商品です。

夜更かししてスキンケアをサボってもあきらめてはいけません。
毎日のサプリメントでしっかりと日ごろから美肌の土台を作り上げることを行うことがまず大前提です。
そして夜更かしでサボってしまった夜ケアは朝のスキンケアでしっかりと保湿をして取り戻すことが大切です。
お家にある材料を使用した洗顔のちょっとした一工夫や普段のスキンケアアイテムの使用量を工夫することで取り戻すことが可能です。

forest

しっかり食べたい朝ごはん!朝ごはんで美肌をつくる

肌にとって良いことは、規則正しい生活、質の良い睡眠、快便、ストレスの発散など色々ありますが、実は、バランスの良い朝ごはんを食べることも重要なんです。
忙しくて、ついついコーヒー一杯だけで済ませてしまったり、昔からの習慣でまったく食べなかったりする人は、美肌を作るチャンスを逃してしまっているかもしれません。
なぜ食べないことが肌に悪いとされているのか、美肌をゲットするためには何を食べればいいのかを、詳しくお伝えしていきます。

しっかり食べることで美肌につながるワケ

そもそも、朝ごはんはしっかり食べたほうが良いのでしょうか?
それとも抜いても問題ないのでしょうか?
これは諸説あり、どちらとも言えないところです。
でも、美肌に関して言えば、やはりきちんと食べたほうが良いと言えるでしょう。

起きた後にカロリーを摂ることで、その後の活動するためのエネルギーになります。
体がよく動くので活動的になり、結果的に代謝を促すことになります。
また、胃腸の動きが活発になるので便意につながります。
食事をとった後に必ずトイレへ行くという習慣ができている方は、食べる→出るという体のリズムが出来上がっていると言えます。
このリズムを整える上でも、朝ごはんは必要ということになります。

代謝が良くなり、便通も良くなれば当然のごとく美肌につながります。
代謝不良による老廃物や宿便は、てきめん、肌に現れるからです。
美肌の一番の的は、便秘と言えるでしょう。

食事をとるメリットはもうひとつあります。
それは精神的な安定です。
食事が与えるエネルギーは、体だけではありません。
食べた後力が出るのと同じように、心も影響を受けているのです。
心にエネルギーが満たされれば、肌にとって大敵なストレスも軽減されます。
しかし、ただお腹を満たすためだけの食事をするというだけでは、もったいないです。
せっかく食べるのだから、美肌を意識したメニューにしましょう。
いつもよりほんの30分早起きするだけで、バランスの良い食事を摂ることができます。
「今日の努力は明日の美肌」です。
早速始めてみましょう。

美肌のために必ず摂りたい栄養素

糖質ダイエット、脂質抜きダイエットなどが流行っていますが、どれもお勧めできません。
なぜなら、それぞれ必要な栄養素だからです。
糖質は体内の水分を維持するために必要です。
脂質は、スムーズな便通に必要ですし、肌の潤いにも欠かせません。
どちらも極端に減らすと美肌からは遠くなってしまいます。

血糖値が気になる方は、白ご飯を玄米や雑穀米に替えるだけで血糖値の急上昇を抑えることができます。
主食を省くのではなく、工夫して食べるようにしましょう。

朝ごはんをバランス良く摂るには、ご飯やパンなどの主食に加えて、肉や魚などのタンパク質、野菜、果物のビタミンをしっかり摂りましょう。
さらに、食物繊維たっぷりの根菜や海藻、腸内バランスを整える納豆やヨーグルトなどの発酵食品も合わせて摂りましょう。

そして、ほんのひと握りのナッツ類を摂ることもお勧めします。
ナッツは大量に食べると肌荒れを起こしてしまいますが、ビタミンE、食物繊維、亜鉛など美肌に必要な栄養素が揃っているので、適量を超えない範囲で摂りたいものです。
カシューナッツなら10粒、アーモンドなら25粒、ピーナッツなら30粒程度が適量です。
今流行りのスムージーを一気に作って飲み「朝食はおしまい」としても良いのですが、栄養バランスが偏る上、噛む動作が加わらないため、満腹中枢が刺激されにくいのです。
やはり、きちんと噛み、味のバリエーションも楽しむことで満腹感を得たいものです。

お勧めの朝ごはんメニュー

【主食】
雑穀米、小豆ご飯、玄米、ライ麦パン、ふすまパン、全粒粉パンなど
【主菜】
鮭、鯖、アジなどの焼き魚、オムレツや卵焼き、スクランブルエッグなどの卵料理、鶏肉のピカタやソテーなど
【副菜】
数種類の野菜を使ったサラダ、ほうれん草や小松菜などのおひたし、冷奴、納豆、煮豆、ふかしたサツマイモ、ひじきの煮物など
【汁物】
味噌汁、ミネストローネ、ポトフなど
【ちょい足ししたいもの】
ナッツ、ヨーグルト、小魚、フルーツなど

そしてもうひとつ、ぜひ足してもらいたいものがあります。
それは「甘酒」です。
もちろん、アルコールが含まれていないタイプのものです。

朝から甘酒なんて意外と思われるかもしれませんが、実は甘酒は「飲む点滴」と言われるくらい栄養豊富で、食物繊維やオリゴ糖も含まれているんです。
おなかの調子を整えてくれるばかりではなく、肌の保湿効果もあると言われています。
腸内環境を整えてきれいな肌を手に入れるために、ぜひ取り入れてみて下さい。

どうしても朝起きるのが辛いという方は、休日の作り置きをお勧めします。
ほうれん草のおひたしや根菜のきんぴら、ひじきの煮物などは冷凍保存ができます。
お弁当用のカップか製氷機に小分けにしておくと、電子レンジで温めるだけで食べられます。
お味噌汁も、前日の夜に作って冷蔵庫に入れておけば、翌日は楽ができます。

いかがでしたか?
化粧品によるお肌の手入れも大切ですが、バランスの良い食事をきちんととる大切さもわかっていただけたのではないでしょうか。
ただし、朝食をとり始めたからと言って、すぐに肌に効果が表れるわけではありません。
毎日の努力あってこそです。
ダイエットと同じく、美肌も一朝一夕では得られません。
できることから少しずつ始めていきましょう。