ノーストレス生活へ!シーププラセンタで健康な毎日を手に入れる
2018年10月16日
シーププラセンタで不眠を解消して美肌をゲット!
2018年10月16日

シーププラセンタとは

最近プラセンタの流通が盛んになってきましたが、プラセンタにはいくつか種類があります。

プラセンタとはそもそも「胎盤」という意味なのですが、一口に胎盤と言っても種類があります。

 

人間の胎盤、馬の胎盤、豚の胎盤、羊の胎盤。

人間や動物が妊娠すると子宮の中に胎盤ができ、胎児は発達するうえで必要不可欠な栄養素を胎盤を通して補っていきます。

そしてアミノ酸やタンパク質、糖質や脂質、ビタミン、ミネラル、酵素という様々な栄養素を取り込み受精卵から胎児へと成長していきます。

 

そんなプラセンタはまさに、生きるために欠かせない栄養素の宝庫です。

シーププラセンタは読んでお解りいただけるように羊の胎盤です。

羊は免疫力が高く、病気にかかりにくい動物です。

そのため生育をする時点で色々な薬の阻害がなく、純度の高いプラセンタが抽出されます。

 

また人間の体との相性が良いと言われています。

日本でのシーププラセンタの認知度はまださほど高くありませんが、中国では昔からこのシーププラセンタを使用されている記録があり、欧米諸国やヨーロッパでもサプリメントとして幅広く愛用されています。

他のプラセンタと比べてもその効果は劣るものではありません。

 

シーププラセンタの効果は幅広く、新陳代謝を活発にする、活性酸素の除去、免疫力を高めたりホルモンのバランスや自律神経のバランスを整えるといった優れた効果があります。

また、アミノ酸組成が人間と似ているので体に馴染みやすく浸透性が高いというメリットもあり、発疹などの副作用の可能性も低いので安心して使用できるプラセンタです。

 

幅広い効果のあるシーププラセンタですが、今回は不眠解消の効果を詳しく説明していきます。

不眠解消にシーププラセンタ

不眠解消で一番に思いつくのが睡眠導入剤ですが、心療内科などの医療機関にかかるのはちょっと、と躊躇してしまいます。

 

眠りが浅い、寝付きが悪い、眠っても途中で起きてから眠れなくなる、など、眠りの悩みにもいろいろな種類があります。

 

このような睡眠障害に悩む方は非常に多く、特に女性の場合はプレ更年期や、更年期によくみられます。

 

また、ストレスからくる不眠症は多岐にわたります。

特に家事育児については核家族化している現代では、孤立化することによってストレスを抱えやすくなります。

安眠できないから次の日はだるくて仕事に集中できないとか、家事が上手く出来ないなどは、生活全般に支障をきたすこともあります。

 

眠れないとき体の中では、自律神経の乱れが発生しています。

シーププラセンタにはこの自律神経のバランスを整えてくれる効果があります。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、人間の体の行動を司るものですが、このバランスが狂ってしまうと上手く眠れません。

例えば、交感神経は活発に活動するための神経で、副交感神経は反対に休ませるための神経です。

 

自律神経のバランスが崩れると、交感神経が異常に働いて脳内が常に活動状態にあり疲れてしまいます。

そして自律神経失調症になり安眠が出来なくなります。

 

また女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって不眠になる事もあります。

眠るときにはメラトニンという睡眠ホルモンが体の中で生成されますが、このメラトニンを作る先行物質がセロトニンです。エストロゲンの低下によってセロトニンの分泌も阻害されるため不眠症になってしまいます。

 

ぐっすりと安眠するためには自律神経とホルモンのバランスを整えて、セロトニンを生成することが不眠解消に繋がります。

シーププラセンタサプリは卵巣機能を活性化し、エストロゲンの分泌を促してくれるので不眠を解消し安眠できる環境を体内に作ってくれます。

 

このように羊由来のシーププラセンタは、不眠症を改善して安眠へ導いてくれます。

お求めの際は、安全な製品をお選びください。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

シーププラセンタの成長因子は自律神経を整える

プラセンタがアンチエイジングや美肌、不眠症状などを改善できると話題になっているのは、全てプラセンタに含まれる「成長因子」が関係しています。

またこの成長因子の働きによって、更年期に起こる更年期障害や生理前症候群(PMS)など女性を悩ませる症状改善にもプラセンタは効果を発揮してくれます。

 

プラセンタは哺乳動物の胎盤のことです。

この胎盤には胎児を大きく発育させるために必要な栄養素がたくさん含まれています。

タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンの5大栄養素をはじめ、核酸や酵素なども含まれます。

 

その中で忘れてはいけないのが「成長因子」です。

この成長因子はプラセンタ独自の成分であり、他の美容成分には成長因子は含まれていません。

成長因子は胎児の発育を促進するために欠かせません。

グロスファクターとも呼ばれ細胞分裂を促進する働きがあります。

 

成長因子は1つではなく、いくつかの種類があり、それぞれの成長因子によって増殖を促進する細胞が異なります。

プラセンタには

・上皮細胞増殖因子
・繊維芽細胞増殖因子
・肝細胞増殖因子
・神経細胞増殖因子
・インターロイキン
・免疫細胞増殖因子

などがあります。

 

この中で、睡眠の質改善、不眠症解消に関与しているのが「神経細胞増殖因子(NGF)」になります。

この神経細胞増殖因子は、神経細胞を増殖させる働きがあります。

 

神経細胞は体中にありますが、自律神経もその1つ。

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれますが、神経細胞増殖因子はこの副交感神経細胞と交感神経細胞の細胞分裂を活性化させてくれるので、自律神経の働きがスムーズになります。

不眠で悩む方の大半は過度のストレスや緊張によって、自律神経の働きが乱れています。

 

自律神経は呼吸や睡眠など私達の生命活動を担う大切な神経であり、この自律神経のバランスが崩れてしまうと眠くても眠れない、眠りが浅くなる、寝つきが悪くなる…などの不眠症状を引き起こしてしまいます。

自律神経が正常な状態であれば、昼間活動している時には交感神経が優位な状態が続きます。

夜になるとリラックスした状態になり副交感神経が優位になり、入眠する準備を始めます。

 

しかし不眠でお悩みの方は、夜になっても交感神経が優位な状態のままで、体が興奮しているためなかなか寝付けません。

逆に昼間に副交感神経が優位になって、仕事に身が入らなかったり、だるく感じたり、やる気がでない…といった症状も引き起こしてしまいます。

 

プラセンタに含まれる神経細胞増殖因子の働きによって神経細胞の働きがスムーズになれば、自律神経も調節され、睡眠リズムが整います。

また自律神経のバランスが整うと、ホルモンバランスの乱れも改善されます。

ホルモンバランスが崩れると、更年期障害や生理前症候群などの症状を引き起こしてしまいますのでこれらの症状改善にも神経細胞増殖因子(成長因子)は欠かせないのです。

 

睡眠に必要な2つのホルモン「セロトニン」「メラトニン」を作るにはプラセンタが必要!

プラセンタが不眠改善に効果のある理由は「成長因子(グロスファクター)」だけではありません。

プラセンタに含まれる豊富なアミノ酸もまた、不眠改善に大きな効果をもたらしてくれるのです。

プラセンタには5大栄養素の他、アミノ酸も豊富に含有されています。

 

特にシーププラセンタは、人と羊の胎盤の構成が非常によく似ているため、アミノ酸組成が他の動物に比べても最も近いです。

含有されているアミノ酸組成が近いということは、体内に吸収、浸透されやすいので、より効果を実感しやすいです。

シーププラセンタには必須アミノ酸、非必須アミノ酸どちらも含まれており、その数は30種類以上にもなります。

 

その中で特に注目したいのが必須アミノ酸である「トリプトファン」です。

必須アミノ酸は体内で生成できないアミノ酸になるので、食品やサプリなどで摂取する必要があります。

このトリプトファンは、睡眠に必要な脳内伝達物質「セロトニン」と、睡眠ホルモン「メラトニン」を生成する時に使われるアミノ酸になります。

つまりトリプトファンをたくさん摂取すれば、セロトニンとメラトニンの分泌量が増えるので、睡眠の質が向上するのです。

 

トリプトファンは食品から摂取することはできるものの、効率よく簡単に摂取したいのであればプラセンタサプリがおすすめです。

特にシーププラセンタは、アミノ酸組成がヒトと近いので、豚や馬由来のプラセンタサプリと比べてもトリプトファンの吸収率が高いですよ。

 

夜眠たくなるのは睡眠ホルモンであるメラトニンというホルモンが分泌されているから。

このメラトニンは夜になると分泌量が増え、夜中に最大の分泌量となります。

夜メラトニンがたくさん分泌されればよい睡眠が可能です。

このメラトニンを夜にしっかりと分泌させるためには、メラトニンの材料となるセロトニンと呼ばれるホルモンが必要となります。

 

セロトニンは幸せな気分を味わっている時に分泌され、そのような幸せな気持ちを作るホルモンでもあるので「幸福ホルモン」と呼ばれています。

このセロトニンが夜になるとメラトニンに変化していきます。

メラトニンは夜に分泌量が増えますが、暗い環境下にいるとその分泌量はさらに多くなります。

 

脳深部にある松果体と呼ばれる部位から分泌されるメラトニンですが、目から入った光によって松果体に作用するため、メラトニン分泌は減ってしまいます。

夜に明るい光(スマホやパソコンなどのブルーライトなど)を浴びたり、明るい場所で寝たりすると、メラトニンは思うように分泌されなくなってしまいます。

眠る数時間前から部屋の明かりを暗くしながら、スマホを使用せず、メラトニン分泌を促していけば、質の高い睡眠を取れるようになるでしょう。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)