シーププラセンタが身体と心のストレスを軽減!
2018年10月4日
美肌のためのシーププラセンタ、アレルギーがある人でも使える?
2018年10月5日

薬を服用している人は医師に判断してもらいましょう

仕事や人間関係、家庭などの悩みを持っている女性は、精神的なストレスを受けやすく、自律神経の働きが乱れてしまい、様々な体の不調が見られたり、寝付きが悪いと感じたり、早朝や夜間に覚醒してしまう不眠の症状で悩んでいる人が多いです。

 

精神神経科や心療内科のクリニックで、睡眠導入剤を医師から処方されている人が多いですが、体への影響が気になったり、常習性などが心配な人が増えています。

 

プラセンタのサプリメントには、心身をリラックスさせたり、緊張や不安を緩和する成分が含まれているので試してみたい人が増えています。

口コミで人気の高いシーププラセンタは、ニュージーランド原産の高品質な羊の胎盤を原料にしているので、馬や豚などの胎盤を使用したプラセンタサプリメントに比べると、希少性に優れており栄養価が高いのが特徴です。

 

シーププラセンタは医薬品ではありませんが、自律神経の働きを整えたり、心身をリラックスさせる成分が含まれているので、副交感神経の働きを活性化させて安眠を得やすくなる効果があります。

精神神経科や心療内科で睡眠導入剤を服用している人は、シーププラセンタと併用してもよいか気になる点ではないでしょうか?

 

プラセンタのサプリメントは安全性に優れていますが、薬との相性が悪いケースもあるので、念のために医師に判断をしてもらってから、服用したほうが良いでしょう。

不眠の症状で悩んでいるけれど、病院やクリニックに通院をするほどではないと感じている人は、シーププラセンタを続けて下さい。

シーププラセンタは羊由来の成分で作られているので、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているので、不足しがちな栄養素をしっかりと補えます。

精神的に緊張をしたり、不安を感じると不眠になりやすいので、日頃から過度なストレスを溜めないようにしましょう。

プラセンタサプリを試してみましょう

中高年以降の女性はもちろん、若い年代の女性も精神的なストレスや疲労を感じている人が多いですが、ホルモンバランスの乱れや自律神経失調症などで悩んでいる人が増えています。

自律神経は体内では非常に大切な役割をしており、健康維持のために欠かせなくなっているため、自律神経失調症に罹ると様々な体の不調が見られるので、悩んでいる人が少なくありません。

 

体は疲れているけれど、ベッドに入ってからなかなか寝付けないことで悩んでおり、精神神経科や心療内科を受診して、不眠の治療を受けている人が増加しています。

睡眠導入剤を処方してもらうと、寝付きが良くなるので体の調子は良くなりますが、長く服用をしていると体への影響が心配な人がほとんどです。

 

シーププラセンタは安全性の高い羊由来の胎盤を使用した商品ですが、自律神経の働きを整える効果があるので、副交感神経の働きを活性化させて安眠を得やすくなります。

精神神経科や心療内科のクリニックで、睡眠導入剤を処方してもらっている人は、服用をやめるのは医師の判断によることがほとんどです。

 

慢性的な不眠で悩んでいる人は、薬を続けることが大事ですが、シーププラセンタも試してみたい人が増えています。

プラセンタのサプリメントは医薬品とは違うので、即効性はありませんが、毎日続けていると寝付きを良くしたり、不眠を改善する効果が期待できます。

 

薬を服用している場合は、シーププラセンタを服用しても良いか、医師に判断をしてもらいましょう。

病院に通うほどの体調不良ではないと感じている人は、安眠をサポートするシーププラセンタを続けて下さい。

 

たっぷりと100粒入っているので、毎日服用をしても3か月は持つのでお財布にも優しい商品です。

馬や豚由来のプラセンタのサプリメントに比べても、評価の高い商品なので安心して購入できます。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

不眠と自律神経の関係とは?

体は疲れているのに、なかなか寝付けない、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまう…

このような不眠症に悩む方は非常に多いです。

この不眠症状は、自律神経の乱れによって引き起こされています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。

人には交感神経が優位なタイプと、副交感神経が優位なタイプの2パターンがあり、同じような状況でストレスを受けたとしても交感神経が優位になりやすい人と、そうならない人といるのです。

 

基本的に交感神経優位のタイプの人は、体が活動的な状況になっていることが多いので、眠りにつくのが不得意なケースが多いです。

また少しのリズムの乱れやストレスでも過剰に反応してしまい、眠れなくなって不眠症状を引き起こしてしまうのです。

一方、副交感神経優位のタイプの人は、少しのリズムの乱れやストレスではそれほど影響は受けにくいです。

ただ現代的なライフスタイルによるストレスが毎日継続的にかけ続けられると、交感神経優位のタイプに変化することもあるのです。

 

不眠を改善するためには自律神経バランスが重要

不眠が続くと、頭痛やめまいなどの他の症状を引き起こしたり、免疫力の低下によって風邪をひきやすくなったりします。

眠るという行為は、健康を維持するためには必要不可欠です。

不眠を改善するためには自律神経バランスを調整することが大切です。

特に入眠する時には、自律神経の中でも交換神経をオフにするようにしましょう。

 

睡眠に入る前は、リラックスした状態、つまり副交感神経が優位な状態にして、心身をリラックスさせる必要があります。

逆に交感神経が優位になってしまうと、活動的になってしまうので、眠たくても興奮して眠れない…なんてことになる可能性もあります。

睡眠障害の予防や改善には、興奮や緊張を引き起こす交感神経のスイッチを切ってあげて、リラックスの神経である副交感神経のスイッチを押す必要があります。

 

プラセンタには成長因子がたくさん含まれています。

この成長因子は本来、胎盤から胎児に栄養を与える時に、届けられる成分です。

成長因子は細胞を増殖、成長させる栄養成分であり、胎児の発育には欠かせません。

このプラセンタ特有の成長因子を体内に摂取することで、体の様々な細胞の増殖を促進できるのです。

 

特にプラセンタに含まれる成長因子の中でも、神経細胞増殖因子は自律神経の神経細胞の増殖を促進する作用があります。

神経細胞の増殖が促進されれば、交感神経と副交感神経のバランスが保たれて、自律神経の乱れによって起こる睡眠障害、不眠症状を改善できるでしょう。

 

不眠に関連するホルモン「メラトニン」とは?プラセンタの関係はあるの?!

睡眠にはメラトニンと呼ばれるホルモン分泌が深く関しています。

朝、太陽の光を浴びると、脳で分泌されているホルモン「メラトニン」の分泌量が低下します。

すると体は覚醒し、15時間後には再びメラトニンの分泌が活発になるので、自然な眠りがやってきます。

 

しかし不規則な生活を続けていたり、日中光に浴びない生活を何日も続けていると、脳内でのメラトニン分泌がうまくいかなくなってしまいます。

するとメラトニンのバランスが崩れ、ホルモンバランスや自律神経にも乱れがつながり、睡眠障害を引き起こしてしまうのです。

このメラトニンは脳内のホルモン分泌をコントロールすると視床下部に左右されているので、睡眠がうまくできなくなると、あらゆるホルモンバランスが乱れてしまうのです。

 

睡眠の乱れによって、月経不順や月経困難症を引き起こしてしまうのも、ホルモンバランスが乱れるからなのです。

シーププラセンタには自律神経バランスを整える働きだけではなく、ホルモン分泌を調整する働きがあります。

実際、更年期障害や生理前症候群(PMS)などの症状はホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。

プラセンタは、自律神経はもちろんですが、ホルモンバランス調整にも作用します。

ホルモンバランス、自律神経を調整できるプラセンタを摂取して、不眠を改善していきたいですね。

 

気になるプラセンタの飲み合わせ

プラセンタには美容効果、アンチエイジング効果など美肌に対するアプローチだけではなく、不眠症状の改善、更年期障害や生理前症候群の症状緩和などにも効果を発揮してくれます。

自律神経やホルモンバランスの乱れを調整する作用のあるプラセンタは不眠で悩む方にもおすすめのサプリメントであり、不眠症状を改善するためにプラセンタサプリを飲んでいるという人も多いです。

この時に気になるのが、他の医薬品との飲み合わせです。

 

不眠症状がつらい場合、睡眠導入剤などの薬を服用中の方もいるでしょう。

ではプラセンタサプリは、他の医薬品と一緒に服用しても大丈夫なのでしょうか?

基本的に、プラセンタサプリは健康補助食品という位置付けになります。

健康補助食品を利用する際には副作用を考慮して使用しなければならず、特に他の食品や医薬品との飲み合わせには気を付けたいです。

 

ただプラセンタは胎盤から抽出された成分になります。

つまり哺乳類の体内に元々備わっている成分、物質になりますので、他の成分とは異なり、基本的には医薬品との副作用や飲み合わせの問題はほぼありません。

この点はプラセンタサプリの大きなメリットと言えるでしょう。

 

またプラセンタサプリではなく、医療機関で使用されているプラセンタ製剤(注射薬)においても、添付文書を確認してみると、飲み合わせに関しては特別な注意書きはされていません。

ただ慢性疾患や病気治療のために服用している薬がある方は、やはり何かあった時に心配ですので、主治医や薬剤師に一度相談してみることをおすすめします。

プラセンタサプリ以外のサプリメントを服用している方に関しては、有効成分が他のサプリやビタミン剤などと重複して、過剰摂取にならないように注意しなければなりません。

 

プラセンタサプリは睡眠の質を高めてくれる

眠っていると思っても、睡眠の質が悪いと、朝起きた瞬間から体がだるかったり、日中やる気がでなかったりします。

特にストレスをため込んでいて、人間関係や仕事関係で常に精神的に不安定になっていると、自律神経やホルモンバランスは大きく乱れてしまいます。

この自律神経の乱れは、副交感神経と交感神経のバランスを崩してしまうので、睡眠の質の低下につながります。

睡眠に関する悩みを持っている現代人は非常に多く、毎日質の高い睡眠がとれている!という人の方が少ないでしょう。

 

自律神経が乱れると、寝つきが悪くなったり、眠っていていも脳が公賓状態で寝ているのに寝ていない状態が続いてしまいます。

つまり睡眠の質を高めるためには、自律神経のコントロールが重要になります。

自律神経の調整におすすめしたいのがプラセンタです。

 

プラセンタには自律神経をコントロールする働きがあり、乱れた交感神経や副交感神経を調整して、精神的不安定さを改善していきます。

自律神経のバランスが整えば、睡眠の質は高くなります。

さらにプラセンタには疲労回復効果もあるので、体の疲れやだるさを取り除き、毎日活力のある生活を過ごすことができるでしょう。

プラセンタの疲労回復効果は眼精疲労や筋肉疲労に効果を発揮してくれます。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)