シーププラセンタにストレス解消作用が期待できる理由
2018年10月6日
不眠症に効果はある?!「プラセンタ」に期待される効果とは
2018年10月9日

不眠症は立派な病気で軽視は禁物

寝る前にコーヒーを飲んでしまった時やなにか心配ごとがある時、いつもより眠るまでに時間がかかることはよくあります。

せっかく寝たのに悪い夢を見て途中で目が覚めてしまい、寝不足で1日中ぼんやりしてしまうことも珍しくありません。

ただ、夜寝つけない日が続いたり、慢性的な寝不足状態が継続している場合、心身の疲労がしっかり取れないために様々な不調が出現するようになります。

 

きちんと眠れる日の方が少ないなら、もしかすると不眠症を発症している可能性もあります。

不眠症は立派な病気で心身へ多岐にわたる悪影響を及ぼすことが分かっているので、軽く考えることはできません。

寝つきが悪い入眠障害、途中何度も目が覚めてしまう中途覚醒、ぐっすり眠ることができない熟眠障害、必要以上にはやく目が覚めてしまう早朝覚醒など複数の症状があります。

 

不眠症を引き起こす原因も色々考えられますが、コーヒーやアルコール、タバコなどのせいで脳が覚醒している場合は原因になる物質を控えることでよく眠れるようになります。

ところがストレスによってホルモンや自律神経のバランスが乱れてしまっているせいで不眠症状が出ている場合、ホルモンや神経に働きかける対策を施さない限り、眠りの問題は簡単に解決することはできません。

こじらせると不眠症の他、自律神経失調症など違う疾患まで発症する恐れがあるので、早めになんらかの対策を考え、実践する必要があります。

 

医療機関を受診すれば睡眠薬や睡眠導入剤を処方して貰えますが、依存性や副作用の問題もあるのであまりおすすめできません。

症状が軽い初期段階ならサプリメントなど健康食品で症状を改善することもできるので、眠りの悩みを抱えているなら早めに手を打って下さい。

サプリメントは薬のように深刻な副作用を伴わないのが魅力です。

不眠を緩和し安眠をもたらすシーププラセンタサプリ

不眠症状に効果があるサプリメントの中でも、特に高い効き目が期待できるのがプラセンタのサプリメントです。

 

プラセンタは美肌や美白効果など美容に対する効き目が高いことで知られていますが、実は不眠トラブルにもよく効く成分です。

 

実際、不眠症の改善にプラセンタ療法を取り入れている精神神経科も増えているほど、プラセンタには睡眠関連のトラブルを治す働きがあります。

なぜなら、プラセンタは睡眠障害を引き起こす自律神経や、ホルモンバランスの乱れを整えるアミノ酸などの栄養がたっぷり凝縮されているからです。

 

普段の食事だけでは十分な量を補うのが難しい諸々の成分を、プラセンタサプリでしっかり補充すれば睡眠障害に陥る原因が取り除かれ、ぐっすり眠れるようになります。

このメカニズムによって安眠を取り戻すことができる、と考えられています。

 

プラセンタサプリは馬や豚など何種類かありますが、安眠対策のために服用するなら羊由来のプラセンタを使っているシーププラセンタがおすすめです。

同じ動物の胎盤でも種類によってアミノ酸の構成は違います。

実は、人間と羊のアミノ酸は非常に良く似ている構成をしているために、サプリメントとして摂取した時もスムーズに有効成分が吸収される特徴があります。

 

親和性に関しては人由来のプラセンタが一番ですが、人間の胎盤から採取したプラセンタは病院に行かなければ処方して貰えません。

うつ病や更年期障害以外の症状で受診すると基本的に保険が適用されないために、自費診療でかなり高くなってしまうのもネックです。

 

シーププラセンタは人由来のプラセンタとは比べ物にならない金額で販売されているので、毎月続けやすいのも魅力の1つです。

ただ、シーププラセンタは化学医薬品ではないため、即効性を求めることはできません。

1日でもは早くぐっすり眠れるようになりたいと切望している場合は、高濃度のシーププラセンタサプリメントを、根気よく毎日続けてください。

 

日本ではシーププラセンタを製造しているメーカーがないので、海外のシーププラセンタの中からから選ぶことになります。

シーププラセンタを選ぶ時は純度が高く、含有量も多いものがおすすめです。

高純度のシーププラセンタがたっぷり入っているサプリなら、眠れない悩みを徐々に解決してくれるでしょう。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

なぜプラセンタは不眠症状を改善できる?!そのメカニズムを解説

プラセンタは哺乳動物の胎盤のことです。

胎盤は赤ちゃんと母親をつなぐ器官であり、妊娠期にのみ作られます。

この胎盤には赤ちゃんの成長に必要な、全ての栄養成分、細胞分裂に関わる成長因子が含まれています。

 

胎盤を通して、栄養や酸素の供給だけではなく、消化、排泄、ホルモン分泌なども行われています。

プラセンタサプリにはこの胎盤から抽出されたエキスをぎゅっと濃縮していますので、アミノ酸、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど成人に不足がちの栄養素を効率的に摂取することが可能です。

 

プラセンタには、タンパク質、ミネラル、ビタミン、脂質、糖質の5大栄養素の他、酵素、核酸、成長因子、アミノ酸などが含まれます。

不眠の原因はストレスによるものや疲労によるものなど様々な不眠症状があります。

あまりに体が疲れた状態だと、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

 

またストレスが強いと、眠りたくても不安症状などで眠りの質が低下してしまうことがあります。

不眠の根本的な原因はストレスや疲労によるものですが、体がストレスや疲労にさらされると自律神経バランスが乱れます。

自律神経とは交感神経と副交感神経の2つの神経のことであり、この2つの神経がバランスよく保たれることで生命活動がスムーズに行われていきます。

 

自律神経は呼吸や代謝などあらゆる私達の生命活動を司る神経であり、睡眠も自律神経が関与しています。

自律神経の交感神経は日中活動する時や興奮している状態の時に優位になる神経であり、眠る前やリラックスした状態の時には副交感神経が優位になります。

 

眠る前に副交感神経が優位な状態であれば、入眠がスムーズになり、眠りの質も深くなるので、夜中に途中で目が覚めてしまう…なんてこともありません。

しかしストレスを抱えている場合や、疲労が強い場合、興奮状態になり交感神経優位の状態が続いてしまいます。

夜眠る前も交感神経が優位な状態が続くと、眠りにくくなりますし、眠りの質も浅くなってしまいます。

自律神経のバランスが正常に保たれれば、睡眠は改善されるでしょう。

 

そこで登場するのがプラセンタです。

プラセンタには自律神経バランスやホルモンバランスを調整する作用があります。

プラセンタが自律神経バランスを調整できるメカニズムはずばり「成長因子」です。

プラセンタ独自の成長因子こそが、不眠症状改善に一役買ってくれるのです。

 

プラセンタの成長因子が睡眠の質を高めてくれる?!

プラセンタ特有の成分とも言われている成長因子。

成長因子とはグロスファクターとも呼ばれ、細胞分裂に関与する因子になります。

この成長因子が含まれていることで、細胞分裂を促進することが可能なのです。

 

プラセンタは細胞分裂の司令塔となって、ズレなく、正確にそしてスピーディーに胎児の成長を促してくれます。

この時に使用されているので成長因子なのです。

プラセンタに含まれる成長因子は1つではありません。

・上皮細胞増殖因子(EGF)
・繊維芽細胞増殖因子(FGF)
・インターロイキン
・肝細胞増殖因子(HGF)
・神経細胞増殖因子(NGF)

このような成長因子が含まれています。

 

自律神経バランスを調整するのに関与する成長因子は「神経細胞増殖因子(NGF)」になります。

神経細胞増殖因子は体内にある神経細胞の増殖を促進する成長因子になります。

神経細胞が増殖されることで、自律神経の交感神経、副交感神経の神経細胞も活性化され、働きがスムーズになります。

自律神経のバランスが整い、ホルモンバランスの崩れも改善されます。

 

自律神経のバランスが正常に整えば、睡眠時には副交感神経が優位な状態になり、朝起きた時には交感神経が優位な状態に切り替わるので、規則正しい生活を送れるようになるでしょう。

またプラセンタにはアミノ酸やたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど疲労回復効果が得られる成分がたっぷりと含まれています。

体の疲れを取って、眠りやすい状態にしてくれるでしょう。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)