シーププラセンタでストレス軽減 & 体調改善
2018年10月21日
不眠対策としてのシーププラセンタを服用するときの注意点
2018年10月21日
Show all

シーププラセンタと不眠

人間が生きて活動するために、自律神経と呼ばれるものが、体の動きを司っています。

自律神経は、大切な体内の信号のようなもので、自分の意志では制御できません。

自律神経に問題があり、不安定な状態になると、さまざまな問題が発生します。

 

なぜ自律神経は乱れるのでしょう?

一般的には日常生活に原因があると考えても問題はありません。

例えば、会社に勤めている人が、深夜遅くまで起きて仕事をしているような場合やストレスを溜めている場合がそうです。

 

また、食事などにも関係があると言えるでしょう。

食事は可能な限り規則正しく、栄養のバランスを考えてとる必要がありますが、実際には会社員になるとさまざまな制限がされてしまいます。

アフターファイブには、飲み会などがある場合も少なくありませんので、しっかりと体調管理だけはする必要があるでしょう。

また、食事もいつもご馳走ばかりの偏った食生活は、気をつけなければならないところです。

このように生活するといつの間にか身体が不調を訴えることになる可能性があり、自律神経も知らない間に乱れることが考えられるわけです。

 

自律神経のバランスが乱れ始めると、夜眠るのが困難になります。

不眠症になると、普段から集中力がなくなり、生活そのものがさらに悪化してしまうことが考えられます。

このように、悪循環に陥る前に、早い段階で対処することが大切です。

その対策の一つはサプリメントを服用することにあると言えるでしょう。

数あるサプリメントの中でも副作用が少なく飲みやすいものとして、今最も注目されているのは、シーププラセンタと呼ばれるものです。

 

シーププラセンタの魅力を知りたい

シーププラセンタとは、羊の胎盤のことを意味しています。

日本でも少しずつシーププラセンタが流通し始めましたが、海外では以前から非常に人気のある製品です。

どのような効果が期待できるかといえば、1つは精神的な安定になります。

 

例えば自律神経失調症などの場合には十分な効果が期待できますが、それ以外にも睡眠障害に効果的とされています。

もともと安眠を目指すためには、不眠症を治さなければなりませんが、これは精神的なメカニズムに狂いが生じているのが原因になります。

つまり自律神経のバランスを調整する役割があるシーププラセンタならば、十分に問題を解決することができるわけです。

 

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

不眠改善効果はシーププラセンタの成長因子に秘密あり?!

シーププラセンタには不眠を改善する効果がありますが、体内でどのような作用が起こっているのか理解していない人って実は多いんです。

シーププラセンタが不眠改善に効果のある理由はいくつかありますが、その1つがシーププラセンタに含まれる「成長因子」です。

 

成長因子はグロスファクターとも呼ばれており、特定の細胞の分化、細胞分裂を促すたんぱく質のことを言います。

細胞増殖因子と呼ばれることもあり、この成長因子はプラセンタ特有の成分とも言えます。

プラセンタは哺乳動物の胎盤から抽出されたエキスであり胎児が発育するために必要不可欠な器官になります。

 

美容成分として注目されているプラセンタですが、細胞増殖を促進する成長因子が含まれることから、美肌効果やアンチエイジング効果だけではなく不眠や更年期障害の症状改善にも効果を発揮してくれます。

 

プラセンタに含まれる主な成長因子の種類と効果は以下の通りです。

 

・EGF(上皮細胞増殖因子):上皮細胞を増殖させる成長因子で、ターンオーバーサイクルを促進させる働きがあります。

シミやシワ、くすみ、ごわつきなどを解消してくれます。

 

・FGF(繊維芽細胞増殖因子):真皮の中にある成長因子であり、繊維芽細胞を増殖させる働きがあります。

繊維芽細胞は肌のハリ、弾力に必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進し、SOD(抗酸化物質)の活性化にも効果があります。

 

・IGF(インスリン様成長因子):ダメージを受けた細胞の再生を助けて、皮膚を再生する働きがあります。

新しい肌細胞を生み出し、肌のハリ、弾力を回復さえ、たるみやシワの予防、改善に効果を発揮してくれす。

 

・NGF(神経細胞増殖因子):神経細胞を増殖させることで、交感神経や副交感神経の働きをスムーズにしてくれます。

 

シーププラセンタに含まれる成長因子の中でも不眠症状を改善できるのが「神経細胞増殖因子(NGF)」になります。

この神経細胞増殖因子は、神経細胞の増殖を促進する成長因子になります。

神経細胞には交感神経や副交感神経などの自律神経も含まれています。

 

不眠の原因はストレスや疲れ、寝不足などによって自律神経のバランスが崩れることで起こります。

睡眠時には副交感神経が優位な状態にならなければ質のよい睡眠はとれませんが、自律神経バランスが崩れてしまうと交感神経が優位な状態が夜になっても続いてしまい、眠りにくくなったり、眠りが浅くなったりしてしまいます。

 

神経細胞増殖因子によって自律神経の交感神経細胞と副交感神経細胞が活性化されることで、神経細胞の働きが促進され、自律神経のバランスが整います。

自律神経のバランスが整えば、不眠症状も緩和されるでしょう。

 

不眠改善効果が期待できるシーププラセンタに含まれる「アミノ酸」とは?

シーププラセンタが不眠症状を改善するのに効果があるのは、プラセンタには自律神経バランスを調整する働きがあるからです。

さらにそれ以外にもシーププラセンタには不眠症状を改善する成分が含まれています。

それが「アミノ酸」です。

 

プラセンタには数十種類のアミノ酸が含有されており、体内で生成することができない必須アミノ酸も含まれています。

その中でも特に不眠症状改善に効果を発揮してくれるアミノ酸が「トリプトファン」になります。

 

トリプトファンは質のよい睡眠をとるために欠かせない2つのホルモン「セロトニン」「メラトニン」を生成するのに欠かせない主成分なのです。

セロトニン、メラトニンは睡眠をコントロールしている脳内物質であり、セロトニンが少なくなると、気分が沈んで不眠にも悩まされてしまいます。

 

逆にセロトニンの量が多くなりすぎると、不安が強くなったり、興奮したりする場合もあり、ちょうどよい量のセロトニンが分泌されていることで気分が落ち着き、心地よい眠りが得られます。

 

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、このセロトニンが夜になるとメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンに変化します。

朝起きて、太陽の光を浴びてから15時間ほど経過すると、セロトニンからメラトニンが作られます。

脳内でメラトニンの分泌が増えると、だんだん眠たくなっていき、心地よく眠れるでしょう。

 

不眠を改善するためにはセロトニン、メラトニンどちらのホルモンも重要になってきます。

これらのホルモン分泌を増やすためには、主成分となるトリプトファンを積極的に摂取する必要があります。

 

トリプトファンは必須アミノ酸に分類されるので食品からの摂取が基本になります。

シーププラセンタにはトリプトファンがたっぷりと含有されているので、手軽にアミノ酸を補給できます。

 

特にシーププラセンタは他のプラセンタと比べても、アミノ酸組成がヒトと非常によく似ているため、吸収率や浸透性が高いです。

体内に吸収されやすいシーププラセンタはトリプトファンも取り込みやすいので、不眠症状改善にもおすすめですよ。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)