スピルリナが自律神経失調症やうつに良い理由とは?抗うつやダイエットにも




Contents

スピルリナが精神疾患に効果的な理由とは

スピルリナは微細藻類の一種なのですが、精神疾患や体の不調などの効果的という理由で注目を集めています。
これは青緑色の藻類であり、亜熱帯地方の海や塩湖などに自生しています。
スピルリナはらせん状に生長し互いにくっつくので採取しやすいということです。
いろいろなサプリメントが登場していますが、アメリカでは加工食品の着色料としての使用も認められています。

スピルリナが効果的な理由について

スピルリナはメタボ対策や精神疾患対策におすすめの食品となっています。
さまざまな健康問題に役立つと言われており、たくさんの水分を摂取する人に向いているということです。
かなりの量のカルシウムやナトリウム、マグネシウム、ビタミンB群、鉄などを含んでおり、必須アミノ酸も含んでいます。
60~70%をたんぱく質が占めており、たんぱく質が不足していると感じているなら積極的に摂取していくと良いでしょう。
抗酸化物質は酸化ストレスが引き起こす筋肉疲労を回復する効果がありますが、スピルリナには抗酸化作用のある物質がいくつか含まれています。
コレステロールや中性脂肪への効果は認められていますし、健康的に痩せたいと考えているなら積極的に摂取していくと良いでしょう。

スピルリナは一般に安全であると認識されていますが、毒性のある金属や有害なバクテリアなど過酷な環境で生長した時に産生される物質に汚染されている可能性があります。
汚染されたスピルリナは肝臓障害や嘔吐、衰弱、ショック症状などを引き起こす可能性がありますし、きちんと安全性が確認されているサプリメントを選ぶようにしましょう。
汚染されたスピルリナは子供には特に危険と言われており、きちんと原産地を確認することが大切です。
また、自己免疫状態にある人はスピルリナの摂取を控えた方が良いと言われています。

スピルリナは精神疾患にも効果的です

どんなに栄養価が高い食品でもきちんと栄養素を吸収できないなら意味がありません。
食べても便になって全て排出されてしまいます。
健康に良いといわれている青汁やクロレラなどには栄養素が豊富に含まれていますが、細胞壁が硬いので栄養素を吸収しにくいと言われています。
もちろん全く効果がないわけではないのですが、より吸収率の高い健康食品を選んだ方が良いでしょう。

スピルリナは細胞膜が比較的薄いという理由があるため、スムーズに消化吸収が行われるということです。
摂取して2時間で栄養の90%が吸収されると言われており、もともと栄養価も高いので健康や精神疾患にきちんとした効果を実感できるでしょう。
スピルリナは錠剤タイプなども販売されており、飲みやすいので人気となっています。
スピルリナとミドリムシの違いがよく分からない人もいるかもしれません。
どちらも健康を維持するために必要な栄養素が多く含まれているのですが、一般的にはスピルリナの方が価格が安いので購入しやすくなっています。
スピルリナはたんぱく質の量が多く、いろいろな種類のビタミンを含んでいることが特徴です。
たんぱく質とビタミンの補給に優れている微生物であり、野菜や肉が不足している人におすすめの食品と言えるでしょう。
ちなみに、安すぎるものには品質の良くないものもあるので注意が必要です。

スピルリナ摂取の効果的な方法とは

スピルリナはスーパーフードと呼ばれており、たんぱく質が豊富に含まれていることが特徴です。
乾燥させて水分を抜くと約60%がたんぱく質になると言われており、たんぱく質の補給には最適な食品と言えるでしょう。
たんぱく質は健康的に生活していくために欠かせない栄養素なのですが、皮膚を作るコラーゲンもたんぱく質から作られています。
そのためたんぱく質をしっかり摂取することにより、美肌効果も得られるでしょう。
たんぱく質は筋肉の元になるのでトレーニングの前後に摂取するのもおすすめです。
また、不足するとうつなど精神疾患の原因にもなるセロトニンは、たんぱく質を構成している物質から作られています。
そのためたんぱく質が豊富なスピルリナを摂取することにより、うつ病の予防効果も期待できるでしょう。

たんぱく質は爪や髪、細胞などの原料になりますし、きちんと補給することで健康的な体を維持できるようになります。
たんぱく質は普通に食事を摂っていれば不足することはないかもしれません。
しかし、ダイエット中などは不足しやすい栄養素と言われており、スピルリナを利用すると良いでしょう。
サプリメントを利用すればいつでも手軽に摂取できるというメリットがあります。
安全性の高い食品と言われていますが、妊娠中や授乳中は摂取を避けた方が良いでしょう。
不安な場合はドクターに相談するのがおすすめです。

スピルリナの1日の摂取量は2~5g程度が目安とされており、健康に良いものでも過剰摂取には注意しましょう。
適量の摂取なら不調が出てしまうことはほとんどありませんが、人によっては下痢などが起こってしまうこともあります。
摂取目安はサプリメントなどに記載されていますので守るようにし、
気になる症状が出てしまったら摂取を中止するのが良く、不安な場合はドクターに相談してみると良いでしょう。

スピルリナには「うつ」を予防する効果あり

スピルリナは間違いなく「うつ病に効く」食べ物です。ほとんどの栄養素を含むパーフェクトフードですから、100%粉末やサプリメントを常用していく事で、精神にも良い影響を与えます。
うつ病の原因は人間関係によるストレス、肉体的な疲労が連日も続いてしまい休む余裕がなかった、不眠症、怒りといった理由がたくさんあります。
スピルリナを活用する事でそれら全ての要因に作用します。

うつ病を改善、予防に効く、スピルリナ

気分が沈み、気力がなくなる状態が続いてしまうと食欲もなくなります。
そうなると更に症状が進行してしまい、身体も痩せてきますから、対処する必要性があります。
スピルリナはうつ病(精神疾患)にも働きかける、多機能なパワーある藻類です。
吸収率が高い上に栄養補給に適している、バランスの取れた食べ物となりますが、食欲がない時には特に重宝します。
精神疾患にかかってしまうと生活リズムが崩れたり、食生活のバランスも整わなくなってきますから、治していく為にも注意すべきです。

スピルリナは御飯を食べたくない、栄養が偏りがち、栄養失調症、生活リズムが崩れが要因であらわれる体調不良の改善にも使えます。
精神疾患に苦しむ人はスピルリナを利用して、うつ病の改善や再発予防の為に用いる事も可能です。
ビタミンB群が多く含まれていますから、自律神経の働きを整えたり、脳の神経伝達物質の分泌量を調節もします。
ビタミンE(酢酸トコフェロール)も含まれていますが、メンタルが病むと身体が冷えてきます。
ですから、スピルリナを補給して血流を浴していく事もポイントです。
ストレスにより発生する活性酸素を除去する働きもありますから、治癒する為にも必須栄養素を補給していく事も肝心となります。
活性酸素は精神を病ませる原因の一つです。
スピルリナはストレスを除去する働きがありますが、必須栄養素全てが含まれています。

性欲減退がうつをまねく、タンパク質補給

気力が落ち込がちで食欲がない状態は、精力も落ちています。
性的な反応がなくなってくると無気力で倦怠期が強く目立ってきますから、スピルリナを補給してスタミナを付ける事も一つの対処方法です。
逆に言い方を変えると「性欲が強い人は鬱病にはかからない」という特徴があります。
仮に精神疾患に悩み、無気力で食欲もない人が、性的な高揚感があらわれてきたら、それは回復に向かっているという証明になります。
スピルリナにはたくさんのタンパク質が豊富に含まれていますが、吸収率も抜群です。
100g中に40%以上ものタンパク質を含有していますが、アミノ酸に分解されやすいメリットも強みです。

人間の身体は必ずそのような栄養素を必要とします。
アミノ酸やタンパク質をたくさん補給していくと、身体の免疫力や細胞が活性化していき、結果的に精神的にもメリットを与えます。
性欲も強くなっていき、積極的になりますから、自分から沈む様な要因も生み出さなくなっていきます。
ポジティブになっていくと多少のストレスや不眠、肉体疲労にも抵抗力が付いていきますから、タンパク質やアミノ酸はそれだけ重要です。
スピルリナを一日に5gも補給していけば、病が回復する可能性が高くなっていきます。
因みに値段も手頃で、大手メーカーのサプリメントでは大容量でも比較的安価で買えます。

スピルリナを飲んで回復してきたら

鬱病が回復してきたら、自然と食欲が湧いてきます。
しかし、再発の防止として栄養素はきちんと補給していくべきです。
スピルリナを飲み続けていくと性欲も上がっていき、自発性も強くなっていきます。
「亜鉛」や「フィコシアニン」が含まれていますが、前者は必須ミネラルですが、一日に最低は10mgは必要とするセックスミネラルと呼ばれる物質です。
そのような名前が付く程ですから、人間の生殖器や性欲、欲望に大きく関与します。

鬱病は悲しみや不安、否定的な感情が強くしてしまう精神的な病ですが、亜鉛を一日に必要な目安量を摂取していく事で、それらの不快な感情を消していく事が可能です。
スピルリナには亜鉛を多く含みますから補給すれば、セックスミネラルは最低目安量の半分は補給出来ます。
更にはタンパク質をたくさん補給出来ますから、相乗効果により意欲や性欲を向上させていきます。
フィコシアニンはスピルリナに含まれる独特の青色をした有効成分です。
通常はスピルリナは深い緑色をしていますが、クロロフィルの色が濃すぎてフィコシアニンの青色が隠れてしまっています。
その有効成分は身体の免疫力や細胞を強化していく、成長ホルモンを多く分泌出来る様にサポートする働きがあります。
よってスピルリナには鬱病を予防、改善しながら心身ともに健康的にする、万能な食品となります。

うつ病は性欲や積極性を減退させる病です。
食欲を低下させますから、進行を抑制する為にもスピルリナを補給して改善させるのも一つのやり方です。
様々な栄養素が含まれていますが、特に亜鉛、タンパク質、フィコシアニンはうつ病に効果を示します。
それら全てはスピルリナに入っていますが、毎日続けて摂取出来れば回復と予防に繋がります。

スピルリナは月経前症状を落ち着かせる作用があるらしい

スピルリナには辛い月経前症状を穏やかにする作用があると言われています。
月経前症状には個人差があり、体だけの症状に限らず、気持ちが不安定になるなど心にまで影響を与えてしまいます。
アミノ酸を豊富に含み、ビタミンやミネラルなどの栄養も一度に摂取できるスピルリナですが、月経前の症状を落ち着かせるのはどのような成分なのでしょうか。

スピルリナに含まれているガンマリノレン酸

スピルリナには植物性のオイルに多い、ガンマリノレン酸が含まれています。
この成分は体内では生成できない必須脂肪酸ですので、成分を補給するためには食品から摂取しなくてはいけません。

ガンマリノレン酸が体内に入ると、アラキドン酸に変化します。
この成分はビタミンFと呼ばれていましたが、現在では脂質に加えられています。
アラキドン酸は、月経に関係しているプロスタグランジンを生成するために必要不可欠な成分です。
プロスタグランジンには複数の種類があり、月経に関する作用が目立っているのは、E1とE2です。
プロスタグランジンE2は月経時に子宮内膜から分泌されます。
子宮内膜は排卵が近づくにつれて厚みを増していき、受精卵の着床がなければ血液と共にはがれ落ちていきます。
月経の平均周期は28日になり、排卵のタイミングに応じて繰り返されます。
月経前になると子宮の収縮が始まり、必要がなくなった子宮内膜や血液を体外に排出しようとします。
この働きを担っている成分がプロスタグランジンE2であり、分泌量が増えてくると痛みが激しくなってしまうので、下腹部の鈍痛や腰痛などの月経前症状が激しくなります。
スピルリナに含まれているガンマリノレン酸は、プロスタグランジンE1の材料になります。
この成分は痛みを強くするプロスタグランジンE2を抑える働きがあるので、月経前症状ばかりでなく月経中の痛みの緩和にも役立ちます。

月経前のイライラにも最適な成分

月経前症状では痛みやむくみ、肌荒れといった体の症状ばかりでなく、心の状態も変化してきます。
月経前になると女性ホルモンの増減が激しくなり、妊娠をサポートするプロゲステロンの量が増えてくるため食欲旺盛になり、ささいな出来事に対して過敏に反応してしまいます。
プロゲステロンの分泌量が多過ぎると、気分の浮き沈みが激しくなるので、怒りっぽくなってイライラしていたかと思えば、急に気分が落ち込んで無気力なることがあります。
スピルリナに含まれているアラキドン酸は生体ホルモンの材料になる成分ですので、分泌量の増減を緩やかにしてバランスを整える効果が期待できます。
気持ちの変化が著しくなるのは月経前に強くなる症状の一つですが、精神疾患と異なるのはホルモンバランスの影響が大きいことです。
ホルモンバランスはほんの数滴変わるだけで大きな変化をもたらしますが、症状の出方には個人差があり、しかも毎回同じ症状とは限りません。
ある月には腰痛がひどくなることもあれば、その翌月には眠気がひどくなることもあり、気力の低下と腹痛というように1つの症状だけにとどまらず、症状が複合して出てくることもあります。
そういった心と体の変化に月経が関係していると気が付かないケースもあり、後から考えてみて月経による影響だったと気が付く場合もあります。
体と心のどちらの症状が出ても、日常生活に支障が出てしまうことがあるので、ホルモンバランスを整えるためにスピルリナを役立ててみましょう。

スピルリナは精神疾患にも効果的?

スピルリナに含まれている成分が、ホルモンバランスの作用による気持ちの浮き沈みを和らげると言われていますが、精神疾患による気持ちの変化には作用するのでしょうか。
スピルリナに含まれているガンマリノレン酸から合成されたアラキドン酸は、神経細胞を活性化する作用があるため、脳の働きを向上させる効果が注目されています。
精神疾患は気持ちの問題ではなく、神経伝達物質の影響によるものと考えられています。
神経伝達物質には、やる気を起こすドーパミンや衝動的な行動を抑えるセロトニンなどがあり、これらの物質が機能することで感情がコントロールしやすくなるのです。

しかし神経細胞が弱くなってくると、神経伝達物質の機能が十分発揮できなくなり、感情のコントロールが難しくなったり、気力が低下したりする症状が出てきます。
こうした症状を和らげるには神経伝達物質の分泌量を増やすといった解決策がありますが、脳の神経細胞を発達させることも効果的です。
脳の神経細胞を鍛えるには、ウォーキングなどの有酸素運動の他、パズルやクイズのように楽しみながら頭を使う方法が良いトレーニングになると言われています。
ただし、神経細胞を構成するための成分が不足していると、せっかくのトレーニングの効果がうまく引き出せなくなってしまいます。
スピルリナは脳の神経細胞の活性化に役立つアラキドン酸の材料が含まれているので、神経伝達物質の移動をスムーズにして、精神機能を安定させるための手助けになります。

スピルリナに含まれているガンマリノレン酸は、体内に入ると代謝によって心と体の機能に役立つ物質になります。
自力で調整することが難しい月経前の症状を和らげたり、精神疾患で起きる感情のコントロールに働きかける作用をもたらすため、快適な生活をサポートするための食品として利用できます。
精神的な症状は栄養の偏りが引き金になっているケースもあるので、スピルリナで不足しやすい成分を補っていきましょう。

スピルリナでストレスに強いメンタル作りをサポート

ストレスの多い現代社会において、メンタルを安定させて生活するのは簡単な事ではなく、勉強や仕事などにやる気を持たせるのも、中々難しいものです。
いかに上手に世の中を生き抜くかがカギとなってきますが、ここでメンタルに好影響を与えてくれるスピルリナを取り入れて、心と身体の安定を保ち、やる気を起こさせてみるのはどうでしょうか。

ストレスによって崩壊しやすいメンタル

子供から大人まで、ストレスを抱えていない人はいないくらい、今の世の中は息苦しさを感じるものです。
勉強や仕事、家事に介護など、多くの人が様々な重圧を抱えながら生活しています。
その中で、心の負担が大きくなる事で精神的に疲れたり、やる気をなくしたりなどの症状に陥りやすくなります。
酷くなると精神疾患を患う場合も多く、やる気だけでなく、不安感やうつ症状、イライラ感や攻撃性などに悩まされるようになります。
そこでそのような状態になる前に、身体をケアする事が必要になってきます。

食事を変えたり、運動したりと生活に変化をもたらす事は良い事ですが、そこにもう1つ、スピルリナの摂取を提案します。
スピルリナは多くの薬局や通信販売などでもお馴染みですが、ただ身体に良いという認識の人がほとんどでしょう。
もちろん身体に良い事は大前提ですが、意外な事に、精神疾患などに悩んでいる人などには改善の効果が期待できるものとして利用されています。
精神的な症状に健康食品?などと思う人も少なくありませんが、精神的な症状の多くは脳細胞や神経などと深い繋がりがある事から、簡単に心の病と一括りにしてはいけないのです。
ストレスによって打撃を受ける事で、脳から出される正常な指令が働かなくなり、精神的な様々な症状を誘発するようになります。
そして心も身体も気づかないうちに崩壊していくという状態になってしまうのです。

スピルリナの身体への影響は大きい

様々な環境要因によって引き起こされた精神的な症状に対して、効果的だと言われているのが、スピルリナです。
はるか昔から熱帯地方の湖などに生息している、らせん状の藻であり、その生命力の強さから、多くの健康効果を認められています。
あまり目立つことのない藻でありながら含まれている成分の効果は高く、色々な疾患に悩める人が摂取しています。

スピルリナは5大栄養素である、糖質、脂質、ビタミンにミネラル、そしてタンパク質が含まれている事から、高栄養食品として世界中に知れ渡っています。
免疫機能の向上や、抗炎症作用、そして貧血やアンチエイジングに便秘解消など、多くの症状の改善に役立ちます。
その中でも特に意外性のあるのが、精神疾患に対する効能です。
脳との関わりが大きい為、脳細胞や神経に対してスピルリナに含まれる成分がアプローチをする事で、脳機能の正常化によって正しい指令を出せるようにします。

また、やる気の出ない状態を回復させる成分によって、活動的になる助けをしてくれます。
熱帯の地方の湖に生息するただの藻が、このような効果をもたらす事に驚きを隠せませんが、含まれる成分が、ちょうど人間にとって相性の良いものであったという事なのでしょう。
そして長い年月を経て今に至るまで生息し続ける生命力の強さが、その成分の効能の高さを実証していると言えます。

精神の安定とやる気をもたらすスピルリナ

人間の身体には単独で作り出す事が出来ない物質が色々とありますが、特にフェニルアラニンという必須アミノ酸は脳の機能に大きな役割を果たす為、不足する事で様々な症状を引き起こします。
自分自身で作り出す事が出来ない事から外から取り入れる必要がありますが、食生活の乱れなどから必要量を満たす事が難しい人は少なくありません。
このフェニルアラニンの不足によって、脳内ではアドレナリンやノルアドレナリン、そしてドーパミンなどの神経伝達物質の合成に不具合を生じさせます。

ドーパミンのやる気を削ぎ、ノルアドレナリンの集中力などを欠く事でアドレナリンによる運動機能の低下を起こします。
これらは全て脳内で行われており、いかに脳の神経が身体に影響を及ぼすかが分かります。

フェニルアラニン不足によって脳内の働きに不具合が生じる事でやる気が失われ、うつ症状や不安感なども出やすくなり、精神疾患に移行する可能性もあるのです。
スピルリナはこのフェニルアラニンを十分に含んでおり、脳の不具合を回復させ、精神の安定をもたらしてくれます。
特にメンタルに影響を与えるこの必須アミノ酸は、ストレスによって壊れやすい今の時代に無くてはならない成分なのです。
食事の栄養だけでは必要量は難しいので補助として個別に取り入れるのも良い事です。
色々と工夫しながら摂取して、脳機能の正常化を目指し精神の安定を保ちましょう。

ストレスは身体も心も蝕む厄介なものです。
多少のストレスは必要とも言われていますが、度が過ぎると日常生活を送るのもままならなくなるものです。
不規則になりがちでも正しく食事を取り、適度な運動なども取り入れ体力をつけてみましょう。
そしてスピルリナを補給して脳の働きを正常化し、ストレスに負けない身体と精神保つ事で充実した日々を送る事が出来るようになります。

パニック障害にスピルリナが効果的な理由とは

パニック障害を引き起こすのは、脳内のセロトニンの欠乏が原因だと考えられています。
セロトニンは神経伝達物質の一種でセロトニンが不足することで、心拍数を司る神経伝達物質が分泌されているときにも抑制がきかずに動悸が激しくなったり、不安感に襲われてしまいパニック障害を引き起こす原因となってしまいます。

パニック障害の症状とは

パニック障害は突然強い不安感や動悸、息切れなどを伴うパニック発作が生じ、この発作が繰り返されるうちに広場恐怖や予期不安を感じるようになり、生活に支障をきたすようになってしまう精神疾患の一つで治療法もある程度確立されています。

不安や恐怖というのは、性格の問題と思われることもありますが、パニック障害は脳の働きが変化しているため適切な治療を行うことで改善することができます。
このパニック障害が起こる原因には、恐怖や不安と関係している神経伝達物質のノルアドレナリンと興奮を抑制する神経伝達物質のセロトニンのバランスが乱れることで、さまざまな症状が起こると考えられていますから、治療としては脳内のセロトニンを増加する治療が行われます。

スピルリナは、海藻の仲間で、うつ病やパニック障害に有効なサプリメントです。
ヒトの体内では合成することができない必須アミノ酸8種類をすべて含まれ、そのほかにもスピルリナにはビタミンA、B群、Eや鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、マンガンなどのミネラル、βカロテン、葉緑素などの抗酸化物質を含み消化吸収もよいという特徴をもっています。
最近は美容にも効果があるとしてスピルリナは人気がありますが、栄養価が高く細胞レベルで体を元気にして売れる新たなスーパーフードとして注目されています。

スピルリナの驚くべき効果

スピルリナは、30億年前から存在する藻の一種で、50種類以上の有効成分が含まれています。
スピルリナは、中東やアフリカ、南米などの熱帯地方に生息し、大型で繁殖力も強く栄養価の高いものが食用として利用されています。
通常の藻類は日光を浴びて光合成を行い、でんぷんを生成していますが、スピルリナは動物性の炭水化物であるグリコーゲンを作り出す珍しい生き物です。
栄養価が高く消化率は95%ともいわれているスピルリナは、しっかりと栄養素が体に消化し吸収されるため、より高い効果を発揮することができます。
50種類以上の栄養素が相互の働き、腸内の老廃物を排出して善玉菌の働きをよくすることで腸内環境を改善していくことができます。

また、アルカリ性の食品であるため免疫力を高め、体をアルカリ性にして疲労回復も早くする効果も期待できます。
そのほかにもスピルリナに含まれているビタミンEやフィコシアニンには、抗酸化作用があり細胞の酸化や老化を予防する効果も期待できるため、シミやしわ予防にも効果的です。
スピルリナには、核酸が含まれていますから損傷した遺伝子を修復し新陳代謝を促進することで細胞を若返らせることができます。
このようにさまざまな美容や健康に効果的なスピルリナは、サプリメントや粉末で摂取するのが一般的です。

うつ病などの精神疾患の治療

うつ病や自律神経失調症などの精神疾患の治療は抗うつ薬やホルモン治療などが一般的ですが、薬への依存性を生んでしまったり、めまいや吐き気などの副作用が起こる可能性もあります。
うつ病や自律神経失調症は、自律神経が正常に働かなくなるために起こることが多く、便秘や不眠症を併発していることも少なくありません。
腸は第二の脳ともいわれるほど体にとって重要な器官で、腸内環境を整えることでさまざまな効果を期待することができます。
スピルリナによって腸内環境を整えることで、自律神経が正常に働き睡眠の質もアップさせることができますから、うつ病や自律神経失調症などの改善も期待できます。

最近注目されているスーパーフードにはココナッツオイルやチアシードなどがありますが、そのスーパーフードの中でもスピルリナは王様といわれています。
スピルリナは、5大栄養素をバランスよく含み消化吸収がよいので、乳幼児から高齢者まで利用することができ、酸性に傾きがちな体を弱アルカリ性に戻す効果があります。
また、胃の中で水分を吸収して膨らむ性質があるため、食前に摂取する事で食べ過ぎを防止し、必須アミノ酸による脂肪燃焼効果やダイエット効果も期待できます。
そのほかにも、血流を改善しアルギニンなどのタンパク質も多数含まれているため、薄毛予防にも効果的です。

スピルリナには、フェニルアラニンと呼ばれる必須アミノ酸が含まれています。
このフェニルアラニンはドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンといった神経伝達物質を合成する材料になり、さまざまな感情の変化をもたらします。
フェニルアラニンが不足すると脳の指令が体にうまく伝わらなくなり、さまざま症状を引き起こす原因となりますから、フェニルアラニンが摂取できるスピルリナは効果的なサプリメントといえます。

スピルリナに含まれる「セロトニン」が精神疾患に良いらしい

スピルリナに含まれるセロトニンという物質が、精神疾患に良いという話を時々耳にします。
体に良い物であれば取り入れたいところです。
しかしスピルリナに含まれるセロトニンがどのようなものかよく分らないのは不安だし、何がどのように良いのかが知りたいところでしょう。
セロトニンとはどのような物質で、体内でどのようなはたらきをしているのでしょうか。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれています

スピルリナにも含まれるセロトニンはノルアドレナリンやドーパミンと並んで、私たちの体にとって重要な働きを担っている三大神経伝達物質です。
トリプトファンと言うアミノ酸が主原料となって体内で合成されています。
動物や私たち人の体内にも存在する物質で、人の体内では腸内に90%、血液内に8%、脳に2%の分布で存在しています。
脳内の中枢神経には、わずかに2%だけしか存在していないのですが、この2%の存在が人の感情やメンタル面に大きく影響を及ぼしています。
多すぎても少なすぎても問題が生じます。
スピルリナにも含まれるセロトニンは、ノルアドレナリンやアドレナリンの暴走を抑える作用があります。
暴走しがちな心にブレーキをかけて心のバランスを整えるという大きな役割を担っていて幸せホルモンとも呼ばれています。

うつ病の患者さんはこの幸せホルモンが不足しています。
そのため、幸せを感じることができなくなって毎日憂うつな気分になったり、ご馳走を食べても美味しく感じることができずに食欲不振となったり、眠れなくなってしまいます。
時には自殺を考えることもあります。
うつ病の一番怖い所は、この自殺の可能性があるということです。
しかし、自殺は何としても阻止しなければなりません。
うつ病などの精神疾患の治療に使われている抗うつ薬はセロトニンを増やすことで、うつ状態やうつ症状を改善して自殺を阻止します。

自殺を阻止するためには抗うつ薬

何かと世知辛い今の日本で心のバランスを崩すことなく生活している人はどれくらいいるのでしょうか。
老若男女を問わずに心が疲れている人が多いのが今の日本に住む人たちの特徴かもしれません。
職場では理不尽な扱いを受け、学校ではいじめられたリ、自分の気持ちとは裏腹にいじめに加わらなければならなかったり、いつ虐められるかとおびえたり、家庭では夫にイライラしたり、家に自分の居場所がない夫がいたり、というのが現状でしょう。
うつ病や精神疾患に陥るのも無理のないことなのかもしれません。

しかし、精神疾患による自殺はやはり何としても阻止しなければなりません。
そこで医師は抗うつ薬を投与します。
ところが多くの患者さんが眠気が出ることを嫌がります。
患者さんの中にはこれらの副作用を嫌がって飲むのを途中で止めてしまう人もいます。
しかし自殺を阻止するためには抗うつ薬を使うか24時間患者さんを見張っておくしか方法はありません。
また、「眠くなることがあるので車の運転や高所での作業は避けてください」と言われても、このような仕事で生計を立てている人は死活問題となるので薬を飲まないことを選ぶ人もいます。
あるいは、眠気をひたすら根性で我慢したりコーヒーや眠気覚ましのドリンク剤をがぶ飲みして凌いでいるという人もいるようです。
そこで、抗うつ薬が必要になる前に、心のバランスを崩してしまう前にスピルリナを使うのもうつ病などの精神疾患を予防する一方法にはなるでしょう。

スピルリナに含まれる幸せホルモンには心のバランスを整える作用があるのなら、ストレスが溜まっていると感じた時や憂鬱な気分になった時に、うつ病などに陥るのを予防するために使ってみるのも一方法でしょう。
しかし、国立健康栄養研究所のスピルリナに対する見解では「ヒトの有効性について十分なデータが見当たらない」となっています。
そしてスピルリナを過剰に使った結果、下痢やお腹が張る、むかつく、むくみが出たといった、健康被害の報告もあります。

また、セロトニンを増やすためには適度な運動も大切です。
そして寝る1~2時間くらい前には部屋を暗くして眠る体制にすることも大切です。
眠る直前にスマホやパソコンを使うと、いつまでも交感神経の働きが鎮まらないためアドレナリンが暴走しがちになります。
眠る前のスマホやパソコンは極力避けましょう。
そして、朝起きたらカーテンを開けて光を入れることも大切です。
光を浴びることでセロトニンが増えます。
紫外線を気にする人もいるかもしれませんが、手の平だけでも出して外を散歩することや紫外線の強い時間帯を避けて散歩するなどで少しは太陽の光を浴びてください。
骨粗鬆症の予防にもなりますし幸せホルモンをつくる事にも効果的です。

スピルリナの「トリプトファン」には心を落ち着かせる効果あり

身体に良いとされているスピルリナとは、らせんの形をした濃い緑色の単細胞微細藻類です。
約30億年前に出現してから今に至るまで熱帯地方で自生しており、様々なタンパク質やミネラルなどの成分によって色々な効能があるとされ、健康効果を求める人達に利用されています。
特に多くの効能があるとされる中で、心を落ち着かせる成分であるトリプトファンの注目度は高いと言えます。

スピルリナの成分は健康効果が高い

スピルリナは、多くの栄養素によって構成されているもので約60以上の栄養成分の集まりであり、主にタンパク質としてだけでなく多くのビタミンやミネラルなども含んでいる高バランスの微細藻類です。
アミノ酸やリノレン酸なども含まれておりフィコシアニンという独自の色素によって免疫力強化や活性酸素の除去、そして抗炎症作用などもあります。
スピルリナは消化吸収も良い事から摂取して2時間くらいで身体に行き渡ります。
このように高栄養高吸収という事から普段の食事による栄養と一緒に摂取する人も多いのです。

スピルリナの高タンパクの栄養成分の中には、心を落ち着かせる働きのあるトリプトファンというものが含まれており特にその効能が注目されています。
主に躁鬱病や不安障害などの精神疾患を持つ人やイライラしがちな人、落ち込みやすい人などは、精神を安定させる食品として試してみるのも良いかもしれません。
精神疾患を持つ人は、常に気分の上下が激しい事も多く自分自身だけでなく周囲の人達も対応するのが難しい事もあります。
そんな時、スピルリナを摂取する事で少しでも改善されたら、日常生活を送りやすくなります。
強い薬で精神を安定させるというより、食品としての栄養素で精神を穏やかに保つという意味で強い薬に対して抵抗感のある人には試してみる価値があるでしょう。

トリプトファンは精神を落ち着かせる成分

スピルリナに含まれるトリプトファンという成分は、人間の身体に必要な必須アミノ酸の一つでありタンパク質構成アミノ酸です。
体の中で作り出す事が出来ない為、食事や補助食品などで取り入れる必要がある栄養素です。
これは元々牛乳から発見された成分であり、精神の安定に効果がある事からその存在は知れ渡るようになってきました。
食品の中ではバナナやナッツ類、そして大豆類などのタンパク質にも含まれてますが、特に寝る前のホットミルクは安眠を誘うドリンクとして有名です。

人間の脳は精神の安定に欠かせないセロトニンが不足すると不安を引き起こしたり、イライラして怒りっぽくなるなどの状態に陥りやすくなります。
そこで、脳内のトリプトファンを増やす事でセロトニンを活性化させ、不安定な精神を落ち着かせる事が出来るようになります。
また、増やされたセロトニンの働きで鎮痛効果や催眠効果もある事から、精神疾患を持つ人には常に意識して摂取したいものだと言えます。
ただし、必要以上に大量に摂取すると、肝臓などに影響を及ぼす可能性もありますので適量を摂取し続けるのが良い方法です。
食品として毎日取り入れる事はそんなに難しい事ではありません。
少しの意識でトリプトファンを身体に吸収させて脳のセロトニンに働きかける事で安定した精神を保つ事が出来るようになるのです。

身体や精神の安定を促すスピルリナ

スピルリナは身体に取り込まれると、その栄養価の高さから多くの効果を促します。
約60種類の栄養素によって身体の機能を活性化する助けとなり、免疫力を向上させます。
また、食物繊維の効果により便秘解消やβカロテンによる抗酸化作用や美肌効果、そしてスピルリナに含まれるクロロフィルによって貧血改善にも良いとされています。

スピルリナは水分を吸収し満腹感を得られる事から減量にも向いているとされ必須アミノ酸は脂肪の燃焼を手助けする効果もあるので、ダイエットに活用されています。
このように高栄養の為、多くの健康効果を期待出来ますが、特にストレス社会で生き延びる人間にとって必要なのは精神の安定でしょう。
精神を病むことから身体の病が始まると言っても過言ではありません。
スピルリナに含まれるトリプトファンを上手に利用する事で、身体の調子だけでなく心の調子も穏やかに導いてくれるはずです。
精神疾患の多くは脳に関連があるとも言われており脳の伝達物質や脳の誤作動などにより、様々な症状となって精神的な不具合を生じさせます。
トリプトファンの安定させる効果によって脳内を落ち着かせる事が大切な事を考えると、いかに毎日上手に取り入れるかが重要となってくるのです。
食事で摂取するだけでは足りない分をスピルリナで手軽に補給する事で、身体にとっての必要量を満たす事が出来るようになります。

人間の身体では作り出す事が出来ない栄養素というものは数多くあるものですが、何とかそれを補う為に食事を工夫したり補助食品を利用したりと努力します。
これらは手間がかかると思う人もいるかもしれませんが、これらの少しの手間が身体にとっては大きな効果を生み出す事にも繋がります。
健康的な身体と精神の為にも少しの意識をする事が大切になってくるのです。

「γリノレン酸」を含むスピルリナは情緒不安定な心を穏やかに・・

スピルリナに含まれる必須脂肪酸のγリノレン酸は、情緒不安定・ストレス解消に役立ちます。
心身が疲れている状態が続くと、精神疾患のリスクを高めることになります。
ストレス解消のためには質のよい睡眠をとることが大切ですが、毎日摂取する栄養素にもこだわるべきなのです。
スピルリナは心身を落ち着かせてくれる食品であり、ストレスを和らげて気持ちを楽にしてくれるでしょう。

心を安定させる必要性とは

必須脂肪酸のγリノレン酸は体内で生成することができないため食品から摂取する必要があります。
月見草油・カシス種子油などに含まれていますが、これらの食品を日常的に摂取する機会は少ないはずです。
藻類の代表格であるスピルリナを利用すれば心身を落ち着けて情緒不安定を解消してくれるγリノレン酸を効率よく摂ることができます。
気持ちがリラックスすることで痛みが緩和したり、肌状態が改善したりするメリットも期待できるでしょう。

心と身体はつながっているので健康になるためには心を安定させることが大切なのです。
病は気からと言われるように身体の不調はストレスから始まることが多いです。
慢性疲労を感じている方も疲労よりもストレスが原因で慢性疲労を招いていることが多いと言えます。
ストレスが原因となっているなら、疲労だけを解消しようとしても無理がありますし、一時的に解消してもすぐに再発することでしょう。

スピルリナはお腹にも優しい食品なので、胃腸に刺激を与えることがありません。
例えば酢は健康によいとして医師も勧めますが、酸味が強いので飲みすぎると胃壁に刺激を与えてしまいます。
胃が弱ってしまうと消化吸収力が落ちてしまい全身の健康に悪影響を及ぼしてしまうのです。
スピルリナは消化吸収性に優れており同じ藻類のクロレラを超えるスーパーフードと言えるでしょう。

ストレス解消により身体が楽になる

スピルリナを飲み始めてから情緒不安定が解消し身体が楽になったという方は大勢います。
精神疾患を予防するためにも役立つγリノレン酸が含まれており、ストレスから身体を守ってくれるのです。
ストレスなしの生活はありえませんが、ストレスが多いより少ない生活のほうが身体によいのは間違いありません。
ストレスは肉体にも影響を与えてしまうので、朝にスッキリと気持ちよく起きられない、慢性的な疲れ・だるさを感じる、たくさん眠っても日中に眠たくなるなどの症状にも悩まされることでしょう。

スピルリナは胃腸に優しく豊富な食物繊維が便のカサを増やして排便しやすい状態にしてくれます。
排便リズムを整えることで身体にとって不要なものをスッキリと排出させるデトックスが可能になるのです。
毒素が蓄積してくると身体にとってダメージとなりますから溜め込まない体質を目指す必要があります。
スピルリナには微量栄養素も豊富に含まれていますからビタミンやミネラルなどの総合サプリの代用としてもおすすめです。
体調不良が気になる方は、ストレスが原因の可能性もあると認識しておきましょう。
過度のストレスは慢性化すると自覚しにくい状態となりますが、朝に弱くなってきたらストレスが溜まっている可能性があります。
スピルリナを飲んで栄養バランスを整えてストレスに強い身体に変えていきましょう。

肌バランスを整えるためにも役立つ

γリノレン酸は精神疾患の予防に加えて、情緒不安定の解消による肌トラブル対策としても最適です。
スピルリナには優れた抗酸化力がありストレスによって発生する活性酸素を除去してくれます。
活性酸素は体内にとって有害な酸素であり、過剰に発生することで肌細胞にもダメージを与えるのです。

肌を元気にするためには、肌を活性酸素から守ることが何より大切となります。
ストレスを抱えることで活性酸素が発生しやすい状態となるため、スピルリナに含まれるビタミンやカロチンが役立つわけです。
これらの抗酸化成分が活性酸素に対抗し、乾燥や紫外線によるダメージをブロックしてくれます。
日焼けしやすい人は肌のバリア機能が低いと考えられるためスピルリナを摂取して高めていきましょう。
スピルリナにはアミノ酸が18種類も含まれているので、肌の代謝をよくする働きも期待できます。

肌がダメージを受けやすい状態になっている方は、アミノ酸が不足しているのかもしれません。
アミノ酸は筋肉の原料となる成分でもあり、筋肉量を増やすことで脂肪燃焼を促進させるのです。
余分な脂肪を溜め込まないことは肌にもよいことであり、正常肌を維持しやすくなります。
さらにスピルリナは心身を安定させるメリットもあるためストレスによる肌荒れにも効果的です。
情緒不安定な状態が続いている方は、スピルリナを摂取して気持ちを落ち着けていきましょう。

スピルリナは情緒不安定・精神疾患の予防に役立つγリノレン酸を含有し心身を落ち着かせてくれます。
ストレスを解消することでストレス性の疲労・疾患を予防することにもつながり、さらに肌状態も整えてくれるでしょう。
慢性的ストレスは身体にとって害となるため、スピルリナを飲んでストレスに強い体質に変えていきたいものです。

自立神経失調症を改善してくれるスピルリナの効能とは

海外モデルやセレブがこぞって愛飲していることで日本でも有名になったのが「スピルリナ」です。
スピルリナはスーパーフードと呼ばれるほど栄養バランスが整っており、しかも豊富に含まれていることから人気が出ているのですが、この正体は実は35億年以上も前から存在している螺旋状になっている藻なのです。
スピルリナには様々な効能がありますが、その一つが自立神経失調症を改善する効果です。
それでは他にはスピルリナの効能はどんなものがあるのでしょうか。
自律神経失調症にスポットを当ててスピルリナについてご紹介しましょう。

自律神経失調症の改善に必要なビタミン類

自律神経失調症などの精神疾患の改善をするためには時には薬を飲むことも必要ですが、それだけではなく、やはり食事面など摂取する栄養バランスも重要なことになってきます。
例えば精神疾患の中でも自律神経失調症の場合はビタミンをバランス良く摂取することが必要となります。
スピルリナにはこの自律神経失調症など精神疾患を改善するのに役立つビタミン類が豊富に含まれているのです。

ベータカロテン、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB群などが含まれており、その中でも特に豊富に含まれているのがベータカロテンです。
スピルリナにはベータカロテンはなんとホウレンソウの70倍も含まれています。
ベータカロテンは体内でビタミンAに変換することがわかっています。

ビタミンAも自律神経失調症を改善するためには必要な栄養素で、ストレスを多く感じた時に分泌される副腎ホルモンを作るために必要だからです。
またビタミンB群なのですが、このビタミン類が体の調子を整えつつもストレスを感じた時にそれを緩和したり対抗したりするのに効果的です。
精神疾患で悩んでいる方の多くはストレスをかなり感じていることが多いため、ストレスに対抗できる栄養素の摂取は必要不可欠だといえるのです。
そしてビタミンB群は疲労回復にも良い効果を期待することができます。
特に必要なのはビタミンB1、B6、B12です。

牛レバーの4倍も含まれる鉄分

スピルリナの栄養豊富さは有名ですが、その中でも鉄分はなんと牛レバーの4倍も含まれていることがわかっています。
鉄分は女性の貧血に良いというイメージが強いですが、それだけではなく疲労回復をするためにも非常に効果的な栄養素です。
鉄分がヘモグロビンを作ることはよく知られていますが、このヘモグロビンは血液中の酸素を脳へと運ぶ役目があります。

しかし鉄分が不足していると脳はブドウ糖からエネルギーを作り出すことができなくなり脳は機能低下するため、それが原因で精神的な不安が出てくるといわれています。
スピルリナに含まれる鉄分の豊富さは精神疾患を改善するためにはとても良いことなのです。
特に自律神経失調症の症状の一つである息切れなどがある方には鉄分は非常に重要なものとなりますので、スピルリナを積極的に摂取しておきたいものです。
鉄分は不足してしまうと楽しさが感じられなくなる、やる気が出なくなる、集中力がなくなる、心が不安定になるなどうつ症状に似た状態になってしまうことが多く、体もだるさを感じて何もする気にならないということも珍しくありません。
そうなってしまうと仕事や家事、育児などにも影響が出てしまい、日常生活を送るのが困難になってしまう可能性もあります。
鉄分は特に女性は積極的にとっておくほうが良いですが、精神疾患の方の場合は男性であるか女性であるかは関係なく摂取しておくようにしましょう。

マグネシウムやカルシウムなども豊富

スピルリナに含まれている栄養素の中にはミネラルがあります。
豊富に含まれているミネラルには精神の疾患の状態をよくするのに必要なカルシウム、マグネシウム、亜鉛などが含まれています。
カルシウムは不足すると筋肉や心臓の働きを低下させるため、手足の痙攣や不整脈などが出てしまうことがあります。

マグネシウムは自律神経失調症の原因である交感神経の高まりを抑制する働きがありますから、やはりはずせない栄養素だといえるでしょう。
こちらは吐き気や眠気、食欲不振などにも良い効果を与えるのでしっかりと摂取しておきたいものです。
そして亜鉛は脳の神経伝達物質を作り出すために必要となる栄養素で、不足してしまうと精神的に不安定になってしまい、なんでもないことでもすぐにイライラしたり、不安を感じるようになってしまいます。
また亜鉛は不足すると味覚が鈍くなる傾向にあります。
ストレスを多く感じていると亜鉛が不足ぎみになりがちなので、精神的な疾患がある方は亜鉛不足であることも珍しいことではありません。
ミネラル類は他にもナトリウム、カリウム、銅、リン、硫黄、ヨウ素などもバランス良く含まれています。
スピルリナに含まれている栄養素は全部で60種類以上もあり、いろんなサプリメントを何種類も摂取するよりもスピルリナのサプリを1種類飲むほうが効率も良く、費用面でも節約できます。

スピルリナには精神を安定させる効果がある栄養素がたっぷりと含まれていますが、その栄養素の中でも最も多く含まれているのがたんぱく質で全体の60%から70%ほどがたんぱく質だといわれています。
しかも20種類のアミノ酸の組み合わせでできているたんぱく質の成分のうち18種類をスピルリナは含んでいます。
アミノ酸の中でも体内で合成できない必須アミノ酸9種類全てを含んでいることも注目すべきところです。

スピルリナで身体と心を改善しよう

スピルリナとは何億年も前から存在している生命力の強い藻類となりますが、栄養をたくさん含んでいますから心と身体に良い働きをします。
ビタミン、ミネラル、クロロフィル、タンパク質、食物繊維、特有成分の含有率が突出していますから、常用する事で精神疾患に苦しむ方にも良く働きかけてストレスや悩みを緩和させます。

スピルリナの有効成分と栄養素

スピルリナには全てのビタミンと人間に必要なミネラルを含んだ完璧に近い上に機能性が充実した食品です。
メリットだらけであり、生活習慣の改善や精神疾患に苦しむ方が補給すれば改善に向かいます。
ベータカロテン、酢酸トコフェロール、クロロフィルがたくさん含まれますが、ベータカロテンを補給すると必要な分だけレチノール(ビタミンA)に変換されて吸収されますから、摂りすぎても過剰症状の恐れが少ない成分です。

一日に必要な量のベータカロテンが補給出来ていれば身体と心も健全でいられる様にサポートします。
酢酸トコフェロールは身体の血行を良くしていき、体温を上げる作用があります。
身体の温度が高いと精神的にプラスな影響を与えますが、体温が高いと気分が前向きになり消極的な考えが減るようになります。
ですから、酢酸トコフェロールをたくさん補給していく必要性がありますが、スピルリナには天然のその栄養素を豊富に含むところが強みです。

クロロフィルは殺菌作用、抗菌、消臭効果、整腸作用があり、胃の荒れを改善させます。
ストレスが溜まり胃痛が目立つと不安が生じやすくなり、精神的に負担があらわれますから適度にクロロフィルを補給すると病が改善する兆しが出てきます。
体臭も心の病を招く要因になりかねないですから、日頃からスピルリナを飲んでおくと、後が楽にもなります。

良質なタンパク質が精神に良く作用する

スピルリナにはタンパク質が豊富で吸収率も抜群です。
体内に入り込んでからおよそ2時間で吸収されて、不要な物は体外へと排出されます。
最終的にはアミノ酸に分解されますが、タンパク質は身体と心の健康には欠かせない重要な役割を持っています。
その際、分解されてアミノ酸に変形してから吸収されますが、その中には精神のストレスを軽減させる物やアドレナリンやセロトニンの分泌を調整する成分を含んでいますから、精神疾患に苦しむ方にもアミノ酸は有効です。

心の病にもよりますが、鬱(うつ)に苦しむならば、たくさんタンパク質を補給すべきです。
交感神経を活発化させて、スタミナを取り戻せる様にサポートしてくれます。
アミノ酸に分解された後にアドレナリンが働く為に必要な原料にもなりますから、スピルリナに含まれているタンパク質は重要です。
必要以上に摂り過ぎても、余った栄養は皮膚や髪、爪にまで運搬されますから、過剰症状の心配は無いに等しいです。
スピルリナに入っているタンパク質に加えて、他の栄養素と相乗効果で働きかけて、メンタルのストレスや苦しみを軽減させながら改善する様にサポートします。
数多くある食材でもスピルリナの様にパーフェクトに近い物は少ないのです。

サプリメントで補給しやすいスピルリナ

スピルリナは余りにもたくさんタンパク質や栄養素を含む為、独特の匂いや味があります。
癖がありますから飲みにくいと感じるならば、サプリメントで補給するとそのストレスを抑える事が可能です。

100%の粉末を固めた健康食品ならば、栄養を丸ごと補給出来るメリットがあります。
デキストリンや糖質、調整剤を使ったスピルリナのサプリメントは有効成分を完全に摂取する事が出来ないですから、可能ならば100%の粉末から作った製品を口にする事がポイントです。
スピルリナには亜鉛(ミネラルの一種)が含まれています。
比較的、含有量は多い方ですが、亜鉛は性力をアップさせるミネラルとなります。
鬱気味な方がその成分を積極的に補給していくとアドレナリンの分泌量が多くなり、落ち込みがちな精神を向上する様に促してくれます。
タンパク質との相性も良く、スピルリナに含まれている全成分と共鳴しながらメンタルの苦しみを和らげていきます。

食事を食べる事が難しいならば、100%配合のサプリメントを栄養補給していくと自然に精力や食欲が湧いてきて、普段通りに一日三食、口にする事が出来る可能性が増していきます。
ちなみに栄養だらけでメリットが目立つスピルリナですが、アスコルビン酸(ビタミンC)が微量しか含まれていない為、果物や他の健康食品で補う必要性があります。

スピルリナは栄養が豊富であり、全てのビタミンと肉体に必要なミネラルを含みます。
タンパク質やクロロフィル、ベータカロテン、酢酸トコフェロールも多く含有します。
スピルリナ100%使用のサプリメントを補給していく事で、身体と心を健康にしていくメリットが強みです。
精神疾患に苦しむ方もそのサプリメントを常用すれば改善の兆しがあらわれます。

スピルリナ サプリ 450粒

スピルリナ サプリ 200粒