シーププラセンタは不眠以外の症状も同時に改善できる!
2018年9月4日
シーププラセンタ配合のサプリメントでストレスを軽減!
2018年9月5日

ストレス解消成分が入っているプラセンタ

 

プラセンタには各種ビタミン&ミネラル、アミノ酸など豊富な栄養の他、神経細胞増殖因子や免疫物質のインターロイキンといった希少性の高い栄養も色々含まれています。

 

美容や健康の専門家の多くも「たった1つサプリメントの成分を選ぶならプラセンタ」と太鼓判を押すほど、多岐にわたる栄養素と効能を持つスーパー成分であることは間違いありません。

 

事実、プラセンタは肝機能障害や更年期障害の治療にも使われているほど、医療現場で通用する薬効があります。

 

最近はストレス緩和のためにプラセンタサプリメントを服用する方が増えていますが、心身の辛いストレスに効くと考えられているのが肝細胞増殖因子のHGFや線維芽細胞増殖因子です。

 

一般的にはあまり知られていませんが、実は老化と酸化ストレスは密接な関係にあります。

酸化ストレスが蓄積されるほど生活習慣病などの病を発症したり自律神経やホルモンバランスが乱れることが分かっていますが、こういった不調に対抗できる身体作りに役立つ栄養が胎盤の中にたくさん入っています。

 

また、既に強いストレスを受けている場合、肝機能に重く負担がのしかかっている確率が高いので、肝機能の向上効果が高いプラセンタが役立ちます。

肝臓は漢方の世界でも怒りの臓器と考えられ、イライラや怒りの感情が沸いた時ダメージを強く受ける傾向があります。

 

特にストレスのせいでやけ酒をしてしまう習慣がある方は、肝機能が相当疲弊している恐れがあります。

適度なアルコールはリラクゼーション効果がありますが、イライラしている状態でお酒を飲んでも悪酔いし肝臓を疲れさせるだけなのでアルコールよりサプリを頼りましょう。

 

サプリを服用して肝機能が強化されれば、ストレス耐性もつき心身の調子も戻るはずです。ストレス解消のための栄養がこんなにたくさん入っているサプリはそう多くありません。

 

羊由来のシーププラセンタが選ばれる理由

 

 

プラセンタサプリは安全性で選びたいと考えている方も少なくありません。

 

特に狂牛病事件以来、安全性が神経質にチェックされる時代になっています。

 

安全性が高いと最近人気があるのは、海洋性プラセンタです。

海洋性の製品は正確にはプラセンタではなく、魚卵を包む卵巣膜のことを指しています。

 

鮭なら筋子を包んでいる薄い皮の部分が海洋性プラセンタということになりますが、確かにコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸など栄養が凝縮されています。

 

ただ、単純に栄養成分が多いというだけで、シーププラセンタにたっぷり入っている成長因子などのプラセンタ特有の栄養は一切入っていません。

 

従って、海洋性プラセンタのサプリをいくら服用してもシーププラセンタと同じ効き目を得ることは期待できません。

ストレス対策に真剣に悩んでいるなら、本格的なストレス減少成分を含む動物の胎盤由来のプラセンタを選びましょう。

 

シーププラセンタは海外では一般的ですが、国内では製造されないこともあり、そこまで知名度は高くありません。

ところが、シーププラセンタのアレルギーリスクの少なさや人間の身体との親和性の高さがクローズアップされ、最近はプラセンタ上級者の間でも選ばれる機会が激増しています。

 

羊は免疫力が高い生き物で病魔に狙われることがほとんどありません。

安全性も抜群で効き目も確かなプラセンタを求めているなら羊由来のシーププラセンタのサプリが満足度の高い買い物になるはずです。

もちろん、同じシーププラセンタでもメーカーによって含有量や品質には差があります。より高いストレス軽減効果を得たい場合、純度が高く含有量が多いものをチョイスしましょう。

 

昔の抽出方法だとせっかくの栄養が破壊されていることも多いので、栄養価をできるだけ逃さない最先端の取り出し方にこだわっているメーカーのものがおすすめです。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

ストレスで繋がる老化と酸化

ストレスはどのように肝臓に悪い影響を与えるのでしょうか?

肝臓は体内で重要な役割を担っています。

・代謝機能→食事から摂取した栄養を、エネルギーに変える
・解毒作用→アルコールや薬、老廃物などの有害な物質を分解して無害にする
・胆汁の生成→血中のコレステロール値を調整する(胆汁は老廃物を流します)

 

これらの働きは、ストレスにより鈍くなったり、悪くなったりします。

活性酸素という言葉を知っているでしょうか?

他の物質を酸化させる力を持っている酸素のことで、体内の細菌やウイルスを撃退する役割を持っています。

しかし、増えすぎると正常な細胞や遺伝子を酸化させてしまうという特徴を持っています。

肝臓はこの活性酸素にとても弱いのです。

 

人間はストレスを受けると緊張し、血管が収縮して、血の巡りが悪くなります。

この流れを戻そうと活性酸素が発生するのですが、ストレス過剰になると活性酸素の発生率が高くなり、酸化を促進してしまうという筋書きです。

酸化するとしみやシワが増える、肌荒れする、疲れやすく風邪が治りにくいなどの不調が現れます。

これがストレスと老化と酸化の繋がりです。

生活習慣を見直しましょう

肝臓はちょっとしたことからも影響を受けやすい、非常にデリケートな臓器です。

いろいろな機能を持っているので、悪くなってしまうと体全体に与える影響も大きいので、普段から意識して気に掛けておきたい部分です。

具体的にどのようなことに気を付けると良いのでしょうか?

活性酸素を増やすと言われている行いには次のようなものがあります。

・ストレスを溜めない
・アルコールやたばこの嗜好品を控える
・適度な運動
・紫外線を極力浴びない

アルコールを飲むことがストレスを解消するという人もいますが、適量を守ることが大事です。

その他、活性酸素に特化せずとも、生活習慣を規則正しくすることで心身の健康を保つことができるでしょう。

生活にプラスして飲むサプリメント

生活習慣を正しくすれば良いことは分かっていても、忙しい日常はなかなか変えることが出来ないのが現実です。

少しずつ改善していく生活習慣をサポートするものとしてサプリメントを取り入れてみませんか?

 

サプリメントは薬ではないので、悪い所を直接的に治癒させるという効果はありませんが、体のもともとの働きをサポートする意味ではとても有用です。

今日優秀なサプリメントが多く流通し、選ぶのに迷ってしまうくらいです。

 

肝臓の働きに着目してお勧めしたいのが、プラセンタのサプリメントです。

プラセンタには成長因子が多く含まれており、その中の肝細胞増殖因子のHGFには肝細胞やその他の細胞を増殖させ、臓器や組織の修復や再生を促進する働きを持っています。

その他アミノ酸の一種であるリジンという肝臓を保護する成分が含まれています。

まさに肝臓のためのサプリメントといっても良いのではと思えるほど魅力がつまったプラセンタです。

おすすめの羊のプラセンタ

プラセンタには、動物性や海洋性、植物性と種類がありますが、先述のとおり、成長因子を含むのは動物性のみです。

動物性のプラセンタには、羊と馬、豚があります。

中でも人気があるのが羊です。

なぜなら、羊は人間にとって親和性が高く、なじみが良いと言われているからです。

 

羊のプラセンタの中でも、特にニュージーランド産のものは安全性に優れており、安心して飲むことができます。

サプリメントは毎日の生活に取り入れるものなので、安全面にはこだわった方が良いでしょう。

信頼を寄せて飲むサプリメントほど得られる効果は高くなると言われています。

体と相性が良く安心感がある羊のプラセンタを摂りながら、生活習慣を見直し、生き生きと過ごしましょう。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)