シーププラセンタ配合サプリでストレスを乗り切る!
2018年10月21日
シーププラセンタでストレス軽減 & 体調改善
2018年10月21日
Show all

シーププラセンタの特徴とは?

 

 

化粧水や美容液などのスキンケアアイテムに配合されたり、サプリメントとして利用されているプラセンタには、胎盤という意味があります。

 

その胎盤という意味同様に、哺乳類の胎盤から抽出された栄養成分をプラセンタエキスと呼びます。

 

胎盤は哺乳類が妊娠した時にのみ作られ、わずか0.1mmの受精卵を赤ちゃんにまで育て上げるほどの生命力があります。

これは赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素や成長因子が含まれていることが理由で、プラセンタエキスにはその栄養が濃縮されています。

 

そのためスキンケアアイテムやサプリメントを利用すれば、さまざまな健康と美容効果を得ることが期待できます。

プラセンタは、どの動物の胎盤を利用してエキスを抽出したかにより、いくつかの種類に分けられます。

 

日本で多くのプラセンタアイテムに利用されているのが、豚の胎盤から取り出したものになります。

これは豚の飼育数が多いことと、一年に二回出産するため胎盤が入手しやすいことが大きな理由です。

 

馬プラセンタは馬の胎盤から抽出されたエキスが利用されています。

馬は豚よりも飼育数が少ないため、流通量も少ないというデメリットがありますが、飼育環境が整っているため、栄養が豊富な質の良いエキスを抽出できるのが特徴です。

中でもサラブレッドの胎盤を利用したものは、一級品のアイテムとして利用されています。

 

シーププラセンタは羊の胎盤を利用して作られています。

シーププラセンタの最も大きなメリットの1つに、人間との親和性の良さが挙げられます。

そのため体に馴染みやすく、有効成分を効率良く摂取することが可能です。

また、発疹などの副作用が出にくいのもシーププラセンタならではの利点です。

ですがシーププラセンタは日本での生成が規制されているので、利用するには輸入品を用いる必要があります。

シーププラセンタでストレスの悩みを改善できる理由

 

 

ストレスを感じる理由にはイライラや不安感、疲労感や睡眠不足など多くの原因があるのが悩みです。

 

羊の胎盤から抽出されたシーププラセンタは、これらのケアする栄養素が豊富に含まれているうえに、人との相性がいいため、効き目があらわれやすいのが特徴です。

プラセンタに含まれている栄養素にアミノ酸があり、これは皮膚や髪、臓器や血液などを作り出す原料になります。

 

体の中のアミノ酸の量が多ければ、新陳代謝がスムーズに行われ健康的な体を維持しやすくなります。

さらに血液の流れも整えることができるので、疲れを感じにくくできるのが魅力です。

 

そして、ストレスを感じると肌のツヤが悪くなったり、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなることがあります。

シーププラセンタに含まれているアミノ酸は、肌のターンオーバー改善も期待できるので、ストレスによる肌荒れもケアすることが可能です。

なかなか寝ることができなかったり、いくら眠っても疲れが残るという睡眠の質の低下は、自律神経の乱れが考えられます。

自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があり、それぞれの働きがバランス良く整うことで睡眠の質を高めることが可能です。

 

シーププラセンタに含まれている成長因子は、自律神経のバランスをケアする働きもあるので、寝不足の改善に効果的です。

自律神経バランスの乱れは、免疫力の低下や消化器官の働きの低下にも繋がります。

これにより体調を崩しやすくなったり、便秘や手足のむくみなどの症状も出やすくなるので注意が必要です。

 

プラセンタというと美容成分というイメージが強いですが、健康をサポートするのに非常に効果的な成分でもあります。

栄養が豊富なため、体全体の悪いところを改善する働きが強いので、トータルサポートできる成分として利用するのがおすすめです。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

プラセンタとは?

プラセンタには、動物性プラセンタや植物性プラセンタ、海洋性プラセンタと呼ばれるものがあります。

その内、胎盤を持つものは動物性プラセンタです。

プラセンタは胎盤のことなので、動物性プラセンタのみが、本当の意味でのプラセンタです。

 

プラセンタの最大の特徴は、様々な成長因子が含まれていることです。

成長因子とは特定の細胞や分化を促すたんぱく質の総称のことで、動物の成長を促す成長ホルモンを活性化する大切な物質です。

成長因子は胎盤に含まれています。

動物は出産後に、自分の胎盤を食べて体力回復を図ることから、体に良い影響を与えるとして、今日様々な分野で研究がなされています。

 

プラセンタのサプリメントの原料には、羊と馬と豚が使われています。

それぞれに特徴があるので、選ぶ人のニーズによって価値は変わるため、サプリメントとの相性も考慮して選択することが大切です。

日本では羊のプラセンタは流通されておらず、馬と豚のプラセンタが主流です。

プラセンタがもたらす嬉しい効能

胎盤は妊娠時のみにできる臓器であり、10ヶ月の間で、受精卵から一人の胎児として育て上げる生命の根源のようなものです。

この胎盤には成長因子という物質が含まれていると書きましたが、その中でも特にインスリン様成長因子と上皮成長因子という物質が、成長や発達を促します。

インスリン様成長因子は傷ついた細胞の再生を助け、皮膚を再生させます。

上皮成長因子は、表皮細胞を増殖させ、ターンオーバーを促進させます。

この作用が美容に敏感な方たちの注目を浴び、この成分を配合したスキンケアやサプリメントの開発がなされています。

美容面だけではないプラセンタの効能

美容面だけがプラセンタの効能ではありません。

肝機能障害やアレルギー疾患、自律神経失調症などの治療法としても医療機関で利用されています。

 

近年、特に増えた自律神経失調症は、自律神経がバランスを崩してしまうことで発症します。

乱れる原因はストレスと言われていますが、そのストレスが特定できないのが難点です。

考え方や捉え方、感じ方は人それぞれ違い、それをどう展開していくかも人それぞれ違います。

 

ある人にはストレスとなっても、ある人にはモチベーションとなることもあります。

どのように自律神経が乱れるのかももちろん違います。特効薬がないと考えられがちです。

 

しかし、自律神経が乱れることが問題ではありません。

自律神経は乱れても、それを正常に戻すことができれば良いのです。

生きていれば人間誰しも様々な感情にぶつかります。何かあるのが人生です。

受け止めて、感じて、進むことが大事です。

 

自律神経は自分の意思とは関係なく働きます。

自分が大丈夫と思っても、体の不具合を出して知らせています。

そういった体からのサインをキャッチして、自分を労わってあげたいですね。

自律神経を整える働きを持つプラセンタをぜひ試してみましょう。

 

ストレスからくる自律神経を正常に戻してくれるでしょう。

プラセンタには免疫力をアップさせる作用、血流を良くする作用など多くの働きがあります。

薬のように即効性はありませんが、傷ついた細胞を修復したり、再生したり、体のもともとの流れに沿うように、ターンオーバーに合わせてじっくりと正常にしていく特徴があります。

体に馴染むほど効果を発揮するプラセンタ

どのサプリメントにも言えることですが、サプリメントを摂取するにあたり相性は大事です。

体への浸透度が違うからです。

サプリメントに含まれる有効成分がどれだけ良くても、摂取した体に浸透せずに排出してしまっては意味がありません。

 

プラセンタの原料となる動物の中でも羊のプラセンタは、人間との相性が良く、成分が馴染みやすいと言われています。

羊はもともと病気にかかりにくく、ワクチンなどの投薬がないために、体内に不純物を保有していないことも、素材の良さとして評価を得ています。

 

また、原料になる羊の原産国は主にニュージーランドやオーストラリアとなり、この両国が作るストレスフリーの環境で飼育されていることも、素材の良さをさらに印象付けています。

実態のないストレスからくる体の不調やお肌の悩みに、シーププラセンタを試してみましょう。

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)