シーププラセンタのストレス軽減効果は動物にも効くの?活性酸素との関連性とは?
2018年10月18日
シーププラセンタで悩みの種の「ストレス」を改善
2018年10月21日
Show all

プラセンタにはどんな効果があるの?

 

 

体にいいとされるプラセンタですが、そもそもどんな効果があるのでしょうか?

 

プラセンタとは、日本語では「胎盤」のことを指します。

 

胎盤はその名の通り、赤ちゃんが母親のお腹の中で育つための大切な器官です。

ここには赤ちゃんを育てるためのすべての栄養素と機能が揃っています。

 

胎児への酸素や栄養の供給はもちろん、タンパク質の合成やホルモンの分泌、有害な物の侵入を阻止したり入ってしまった物の解毒作用、高速で正確な細胞分裂を促進するための「成長因子」がプラセンタでは生成されます。

これこそがプラセンタ特有の特徴であり、私たちの体に有効な成分です。

一般的に販売されているプラセンタを含むサプリメントの多くにはこの「成長因子」が含まれています。

 

成長因子は細胞そのものをリフレッシュする効果があり、たとえば肌などに使用した場合には細胞分裂増殖作用によりアンチエイジングに役立つとされています。

また、天然の保湿因子が多数含まれているため、角質層の保水性を高めると同時に、メラニン色素を生成するシロチナーゼを抑制する作用があるため、乾燥やシミなどから肌を守ってくれる効果も期待できます。

 

さらに抗アレルギー作用を持つことも知られ、医療現場ではアトピー性皮膚炎の治療にも活用されています。

もちろん、こうした効果は肌だけではありません。

プラセンタ注射などを使用することで新陳代謝が促進され、基礎代謝を上げ太りづらい体に体質改善したり、最近では育毛や美髪などへの効果も期待され始めています。

 

加齢やストレスなどによって起こりがちな薄毛・脱毛は、栄養不足や新陳代謝の不足、男性ホルモンの過剰分泌が原因となっている場合が多いものです。

これらに対し、ホルモンバランスを正常化する調整作用や精神安定作用・自律神経調整作用などを持つプラセンタが効果を発揮する可能性があります。

注目のシーププラセンタで健康な体を目指す

 

 

プラセンタには動物性のものと植物性のものがあり、動物性の中にはヒト・馬・豚・羊などの動物系と鮭を中心とした海洋性のものがあります。

 

プラセンタと言っても、サプリメントなどで使用されているのは、胎盤そのものではなく、そこから有用な成分だけを抽出したエキスのことを指します。

 

国内で使用されているサプリメントや化粧品のほとんどは馬や豚のものです。

ヒト由来のプラセンタは医療用のみに使用されています。

そして今、注目を浴びているのは、これまで国内ではほとんど使われていなかった羊由来のシーププラセンタです。

 

実はシーププラセンタはほかの動物系や植物系のものより人間の肌に近く、親和性が高いと言われています。

その多くを製造しているオーストラリアやニュージーランドでは古くから使われていましたし、中国や韓国などでも注目度が高くなっています。

ここで使用されるのはBSE検査を終えた若い羊の胎盤のみで、安全性にも問題はありません。

もともと羊には高い免疫力があることが知られていて、病気にもかかりづらく投薬をする機会も少ないという特徴があります。

そのため、純度が高いプラセンタを抽出することが可能です。

その上、親和性が高いということでシーププラセンタ配合の化粧品などは肌への浸透力も高く、サプリメントとして摂取した場合にもより高い効果を得られる可能性が高いのです。

 

さらに、自律神経を整えたり、ホルモンバランスを整える効果が高く、ストレスを乗り切るためのパワーをたくさん秘めているのがシーププラセンタなのです。

ただし、国内では羊を原料としたものの製造そのものに制限があり、BSE問題などがあったことから国内ではシーププラセンタ配合の製品そのものが作られていません。

30種類を超えるアミノ酸や良質なプロテインが含まれるシーププラセンタで健康な体作りを目指しましょう。

 

実際にシーププラセンタをご使用になったお客さまの感想はこちら。

お客さまの声を見てみる

 

 

 

プラセンタに含まれる成分とは?

今話題のプラセンタ、幅広い有効成分を持ち、体にも心にも嬉しい効果を発揮してくれるようです。

実際どのような成分があるのでしょうか?

 

成長因子:プラセンタの最大の特徴。

ヒトが成長するために必要な「ヒト成長ホルモン」の活性化を促します。

成長因子は細胞の種類によって働きは変わります。

アミノ酸:体の細胞をつくる原料となります。

ミネラル:カルシウムや鉄や亜鉛などの無機質。生命維持に不可欠な成分です。

たんぱく質:臓器や筋肉や皮膚など、体の大部分つくっています。

脂質:細胞膜や角膜やホルモンなどの細胞をつくります。

ビタミンの吸収を助ける働きもします。

糖質:体を動かすエネルギーとなります。

 

プラセンタには成長因子が含まれていることが、人気の秘密です。

成長因子は体の細胞に働きかけ、ヒトの成長を助けます。

この成長因子が活発であれば健康美を得られるのかもしれませんね。

プラセンタに含まれる成長因子の主な種類

成長因子は様々な器官に作用します。

プラセンタの美容効果が高いため、美容に敏感な方はよくプラセンタを愛用しているようです。

摂取しているうちに、なんとなく感じていた体の不調やストレスも緩和していたというようなことがあります。

代表的な成長因子をまとめてみました。

・線維芽細胞増殖因子:血管新生や創傷治癒。シワやたるみを改善する。

・上皮細胞増殖因子:新しい皮膚細胞の生成を助ける。

・肝細胞増殖因子:肝障害の改善予防。

・神経細胞増殖因子:自律神経やホルモンのバランスを整える。

 

これらは健康美を保つために有用な成長因子としてよく知られています。

その他、免疫力をアップさせる成長因子も含まれているので、体の機能の正常化が期待できるものとなっています。

 

特に注目したい神経細胞増殖因子

神経細胞増殖因子は、うつ病やアルツハイマー病にも効果を発揮するとして、医療現場でも注目を浴びています。

人間はストレスを受けると自律神経が乱れ、体が緊張し、それにより血管が委縮して血流が悪くなります。

それが慢性化すると自律神経失調症やうつ病を発症してしまいます。

自律神経は人間の意思とは別のところで働いているため、実感することができないのですが、自律神経の乱れがもたらす不調の症状には敏感でいたいものです。

 

神経細胞増殖因子とはそのような自律神経の乱れを正常に戻そうと作用します。

最近仕事が立て込んでいる、プレッシャーがかかっているなど、自分の予定を把握して事前に摂取しておく予防ケアのような感覚も必要です。

自分ではどうにもできない体の機能をサポートしてくれるでしょう。

プラセンタに期待できる主な効果や効能

素晴らしい成分が含まれていることがわかったところで、具体的にはどのような効果が望めるのかを見てみましょう。

・美肌
・美髪
・アンチエイジング
・疲労回復
・抗アレルギー
・ストレス緩和

実際に摂取した方が実感している効果です。

年齢を重ねるとお肌の調子も安定しなくなり、髪の毛の一本一本にまで栄養が行き渡らなくなります。

それを単なる老化では済ませたくないですね。

一般向けだけではなく、医療現場でも使われているという根拠のあるプラセンタです。

老化は間違いなく訪れます。無理に抗うではなく、年相応の美しさを求め、日々を調子よく過ごすための手段としてプラセンタのサプリメント、試してみる価値はありそうです!

シーププラセンタサプリ(羊由来 エキス) 25,000mg

1ボトルに100粒<約3か月分>


1粒に25,000㎎
シーププラセンタを配合

通常価格14,800円

12,200円 (送料無料!)